ビューティー

マスクをしてても化粧は崩したくない!女性必見崩れないマスクメイク術!

マスク 化粧化粧崩れマスクメイクマスク 化粧崩れ化粧崩れ 防止

2021/03/15

目次[ 表示 ]

コロナウイルスが流行している現在、マスクは外出時に絶対つけている必須アイテムです!

女性は化粧をしてマスクをすると、せっかく朝早く起きてきれいに仕上げたメイクも夕方ごろには崩れてしまっているなんてことも!

そこで今回はマスクを着用していても化粧が崩れないマスクメイクの方法をご紹介します!

さらにマスクをすると化粧が崩れてしまう原因やマスクメイクのポイントについてもまとめました。

ぜひ、マスクによる化粧の崩れやよれが気になっている人は参考にしてみて下さい!

*参考価格はすべて税込みの値段で記載しています。

化粧崩れの原因は何?マスクでメイクが崩れる理由

マスクによる化粧崩れを防ぐためにはまず、化粧が崩れてしまう原因や理由について理解することが大切です。

原因を理解していれば、たくさんの種類の中から崩れにくい化粧品を選ぶことも楽になります。

そこで、主な3つのマスクによる化粧崩れの原因を以下にまとめました。

水蒸気による蒸れ

呼吸をした際に出る水蒸気がマスクの内側でこもることで、ファンデーションやベースメイクが崩れたりよれてしまいます。

これがマスクをしていると化粧が崩れてしまう1番大きな原因といっても過言ではありません!

マスクと肌の摩擦

マスクと肌がこすれることでファンデーションやベースメイクが部分的に落ちてしまいます。

部分的にメイクが落ちることで肌がむらになって見えるため汚い印象を与えてしまいます。

マスクと肌の摩擦を少なくしたければ、ぴったりのマスクよりも少し余裕があるマスクをつけることで少し解消出来ます!

乾燥

マスクで蒸れているはずなのに乾燥ってどういうこと?と思われた人もいると思います。

マスクによる乾燥は主にマスクを外した際に起こります。

マスクを外すと、今までマスクの内側にこもっていた水蒸気が一気に外に放出されます。

その際に、肌の水分が奪われ乾燥してしまいます。

さらに、一気に肌の水分が奪われることで肌が水分を保とうとして皮脂の分泌量が多くなるため、ベースメイクがよれてしまいます。

この現象を避けるためにも保湿はしっかりとすることをおすすめします!

知っておけば崩れない!崩れないけど好印象なマスクメイクの3つのポイント

メイクには様々なポイントがあります。

そのため、どこに意識をしながらメイクをすれば良いか困る人も少なくないはずです!

マスクをしていても崩れない、しかも好印象なメイクをしたい!そんな人のため、以下に3つのマスクメイクで押さえておきたいポイントをまとめました。

この3つのポイントを押さえていればマスクをしていても化粧崩れの心配をしなくても良いメイクが簡単にできるはずです!

乾燥や蒸気による蒸れにも強いベースメイク

誰もが悩むマスクによる乾燥や蒸れを対処するためには、まずベースメイクをしっかりとすることが重要です。

肌の悩みをファンデーションでカバーするのではなく、カラー下地で肌の色むらや肌トラブルを解消することでマスクによる蒸れに強い下地を作ることが出来ます。

ファンデーションはよれが目立ちやすいので、なるべく使わずにコンシーラーで下地では隠すことができなかった所をカバーしましょう。

乾燥肌の人は乾燥による崩れを避けたいのでメイクをする前はしっかりと化粧水や乳液で保湿をしてからメイクをして下さい!

余分な化粧水や乳液が肌に残っているとそちらも化粧崩れの原因になるので余分な水分はメイク前にティッシュなどでオフしましょう!

マスクメイクにおけるベースメイクの1番のポイントは化粧のよれが目立たないベース作りをすることです!

蒸気にも強いまつ毛メイク

マスクをしている際に1番目立つ部分が「目」です。

肌の大半が隠れている中で目だけはずっと見えています。

そのため、マスクメイクにおいてアイメイクは1番顔の印象を左右する部分といっても過言ではありません。

まつ毛が上がっているだけで目力がアップするため、マスクをしていてもぼやけずはっきりとした印象になります。

蒸気でまつ毛を下げないためにウォータープルーフタイプで汗や水に強いマスカラやマスカラ下地を使い、気分もまつ毛も上向きをキープしちゃいましょう!

健康的な印象を与えてくれる血色感メイク

マスクをしていると見える部分の面積も狭いため、どうしても不健康で暗い印象に見えてしまいます。

そこで、血色感をどれだけメイクで出せるかが好印象なマスクメイクをする際の重要なポイントになります。

チークで自然な血色感を演出しつつ、リップメイクでマスクを外しても不健康に見えないようにしましょう!

【工程別】化粧崩れを防止するマスクメイク術!

ここまでで、化粧崩れの原因やマスクメイクの大まかなポイントは掴んで頂けたかと思います。

次は実際に各メイク工程において注意してほしいポイントや化粧を崩れにくくする方法を以下に詳しくまとめました。

①ベースメイク

崩れにくいベースメイクを作るポイントは薄く層を重ねることです。

下地やコンシーラー、ファンデーションを厚塗りしすぎていないか意識しながらメイクをしましょう!

下地

皮脂や汗に強い下地を使い、後からのせるコンシーラーなどのよれを防ぎましょう。

コントロールカラー(色付きの下地)を使い、この時点で大まかな肌の色むらや肌トラブルをおさえておきましょう。

そうすることでコンシーラーやファンデーションなどの比較的よれが目立ちやすいものを厚塗りしなくても肌をきれいに見せることが出来ます。

自分はどのコントロールカラーを使えば良いか分からない人のため、以下にコントロールカラーの色別効果を表にしてみました。

自分はどの色を使えば良いかそれぞれの効果と自分の肌悩みを照らし合わせながら使って下さい!

色別効果(コントロールカラー)

肌を白く見せ、透明感を与える
ブルー
肌を明るく見せる
ピンク
血色感を与える
肌の赤みを消す
イエロー
肌のくすみを消し、健康的な肌に見せる

引用元:Locari Store

上の画像のように自分の気になる部位別でコントロールカラーを使い分けることで綺麗で均一な肌を作ることも出来ます!

化粧下地

【CEZANNE(セザンヌ)】

引用元:CEZANNE公式サイト

皮脂テカリ防止下地

内容量
30ml
参考価格
660円

皮脂テカリ防止下地

【ブランド】CEZANNE(セザンヌ)
【用途・タイプ】化粧下地
【内容量】30ml
【原産国】日本

コントロールカラー

【CandyDoll】

引用元:CandyDoll公式サイト

ブライトピュアベース

内容量
30g
参考価格
1,630円

ブライトピュアベース

【ブランド】CandyDoll
【用途・タイプ】化粧下地
【内容量】30g
【原産国】日本

コンシーラー

コンシーラーでは主にニキビ目の周りのくま小鼻周りの赤身などの下地では隠せなかった部分のみを隠しましょう。

部分使いをすることでよれやすい部分を最小限に抑えることが出来ます。

もしファンデーションをしたい人はコンシーラーを塗る前に顔の中央部分から外側に薄く延ばすだけにしましょう。

薄く塗ることで摩擦ではがれてもあまり目立たなくなります。

【LOREAL PARIS(ロレアル パリ)】

引用元:LOREAL PARIS公式サイト

インファリブルフルウェアコンシーラー

内容量
10ml

参考価格
1.600円

インファリブルフルウェアコンシーラー

【ブランド】LOREAL PARIS(ロレアル パリ)
【用途・タイプ】コンシーラー
【内容量】10ml
【原産国】中国

ハイライト&ノーズシャドウ

鼻にコンプレックスがある人はパウダーをする前にハイライトやノーズシャドウを塗りましょう。

ハイライトやノーズシャドウを塗った上からフェイスパウダーをすることで、マスクに直接つくことを防ぎます。

そうすることでハイライトやノーズシャドウが取れることがなく長時間キープすることが出来ます!

画像で青くなっている場所にハイライトを塗ると顔にメリハリができ、顔が明るく見えます。

さらに、鼻筋に沿ってノーズシャドウを塗ることで顔の堀がより深く見えるのでマスクをしていても華やかな印象になります!

チーク

血色感を出す上でとっても大事なのがチークです。

自然かつ、長時間もつチークを作るにはクリームチークを使うことをおすすめします。

こちらもフェイスパウダーをする前に仕込んでおきましょう。

上の画像のようにチークを塗る目安の場所は頬骨あたりの少し高めの位置がおすすめです。少し高めの位置にチークを塗ることで、マスクからもチークが少し見え、健康的でかわいらしい印象に見せてくれます!

【CANMAKE(キャンメイク)】 

引用元:CANMAKE公式サイト

クリームチーク

内容量
2.2g
参考価格
638円

クリームチーク

【ブランド】CANMAKE(キャンメイク)
【用途・タイプ】チーク
【内容量】2.2g
【原産国】日本

フェイスパウダー

コンシーラーやハイライト、ノーズシャドウ、チークなどの全てのベースメイクの工程の1番最後にフェイスパウダーを塗りましょう。

フェイスパウダーを1番最後に使用することで、マスクの裏側に直接メイクが当たることを防いでくれるのでメイクが落ちにくくなります!

コンシーラーの後すぐにフェイスパウダーでセットしてしまう人も多いと思いますが、マスクメイクにおいてはおすすめしません。

ハイライトやチークなどがセットされていないためマスクに付きやすくなってしまいます。

【SUGAO(スガオ)】

引用元:SUGAO公式サイト

シフォン感パウダー

内容量
4.5g
参考価格
1,102円

シフォン感パウダー

【ブランド】SUGAO(スガオ)
【用途・タイプ】フェイスパウダー
【内容量】4.5g
【原産国】日本

【innisfree(イニスフリー)】

引用元:innisfree公式サイト

ノーセバムミネラルパウダー

内容量
5g
参考価格
825g

ノーセバムミネラルパウダー

【ブランド】innisfree(イニスフリー)
【用途・タイプ】フェイスパウダー
【内容量】5g
【原産国】韓国

②眉毛メイク

眉毛は目の次に重要な部分です。

マスクをしていても見える部分なので丁寧に書きましょう!

全体的にぼやけた印象になってしまわないように眉尻はぼかさずしっかりと書きましょう。

いつもより少しはっきりしているかな?濃いかな?と思うぐらいがベストです!

ペンシルタイプのものでふちをしっかりと書き、間を埋めた後にパウダータイプのアイブロウでふんわりと色を乗せるときれいではっきりとした眉毛が書けます。

さらに眉メイクが落ちてきて、まろ眉になるのが心配な人はリキッドタイプのものや眉毛トップコートを使うと1日中落ちない眉毛を作ることが出来ます!

【excel(エクセル)】

引用元:excel公式サイト

ロングラスティングアイブロウ

内容量
0.61g
参考価格
1,540円

ロングラスティングアイブロウ

【ブランド】excel(エクセル)
【用途・タイプ】アイブロウ
【内容量】0.61g
【原産国】日本

【MAYBELLINE NEWYORK(メイベリン ニューヨーク)】

引用元:@cosmestore

ファッションブロウパウダーインペンシル

参考価格
1,100円

ファッションブロウパウダーインペンシル

【ブランド】MAYBELLINE NEWYORK(メイベリン ニューヨーク)
【用途・タイプ】アイブロウ
【原産国】中国

③アイメイク

マスクで顔の大半を覆っているからこそ際立つアイメイク!

アイメイクをしっかりとつくることで顔の印象をはっきりとさせることが出来ます。

マスクメイクの中で最も重要な部分なのでしっかりとポイントを押さえておきましょう!

アイシャドウ

アイシャドウの色は特に指定はありませんが、ピンク系やオレンジ系などの血色感を与えてくれる色を使うと健康的な印象にしてくれます。

まず、まぶたに色を乗せる前にアイシャドウベースをしっかりと塗ってからアイシャドウを塗るようにしましょう。

蒸気によるよれを防ぎ、アイシャドウの色をはっきりとさせてくれます。

さらにアイシャドウをよれさせたくない!色をしっかりと長時間発色させたい!という人は液体タイプのリキッドアイシャドウを使うことをおすすめします。

リキッドタイプは粉タイプのものに比べて密着力も高くいのでアイシャドウベースなしでもよれにくいです。

アイライン

目力をアップさせるためには必須アイテムのアイライン。

ナチュラルに目力をアップさせたい人はペンシルタイプのもので目の粘膜やまつ毛の生え際を埋めるようにラインを引きましょう!

目の横幅を広げたい人は目尻のみにリキッドタイプのものでラインを引くときれいに引くことが出来ます!

ペンシルタイプ、リキッドタイプのどちらもウォータープルーフタイプのものを使用しましょう!

ウォータープルーフタイプのものならば少し目をこすってしまっても落ちる心配が少ないので、花粉シーズンの今にもとってもおすすめです!

まつ毛

まつ毛はしっかりとビューラーで根元からあげましょう!

まつ毛をしっかりとあげることで目力がある大きな目に見えるだけでなく、目に光を入れることが出来るのでかわいらしい印象になります!

画像のようにしたまつ毛にもしっかりとマスカラを塗ることで目の縦の幅を広げることができるのでより目を大きく見せてくれます。

*まつ毛がビューラーで上がりずらい人はホットビューラーで上げると良く上がります!

あまりお金をかけたくないという人はビューラーをライターで人肌ぐらいに温めるてからまつ毛を上げると上手く上がります!

ぜひこの2つの方法も試してみて下さい!

【ヒロインメイク】

引用元:ヒロインメイク公式サイト

ロングUPマスカラ スーパーWP

内容量
6g
値段
1,320円

ロングUPマスカラ スーパーWP

【ブランド】ヒロインメイク
【用途・タイプ】マスカラ
【内容量】6g
【原産国】日本

【FASIO(ファシオ)】

引用元:KOSE公式サイト

マスカラベースボリューム

内容量
7g
参考価格
1,210円

マスカラベースボリューム

【ブランド】Fasio(ファシオ)
【用途・タイプ】マスカラ下地
【内容量】7g
【原産国】日本

④リップメイク

引用元:MAYBELLINE公式サイト

マスクを取った際に血色感がないと不健康で残念な印象になってしまいます。

マスクの裏側にリップが付くのもちょっと嫌だな~と思う人も多いと思います!

唇に色が定着しやすいティントリップを使いマスクに付かないようにしましょう。

マスクの裏側に色を付きにくくするためにティントリップを塗った後、しばらく放置してからティッシュで軽くオフするとマスクに色が付きにくくなります!

さらに潤い系のティントリップよりはマット系のティントリップを使うと密着度が高いため、さらに落ちにくく、色がマスクに付きにくくなるのでおすすめです。

マット系のティントリップを使う際に乾燥が気になる人はティントリップを塗る前に保湿してから塗るようにすると乾燥による唇の縦じわを抑えてくれます!

【MAYBELLINE NEWYORK(メイベリンニューヨーク)】

引用元:@cosmestore

SPステイ マットインク

内容量
5.0ml
参考価格
1,650円

SPステイ マットインク

【ブランド】MAYBELLINE NEWYORK (メイベリンニューヨーク)
【用途・タイプ】口紅
【内容量】5.0ml
【原産国】中国

⑤仕上げ

パウダーや化粧下地などで崩れないようにおさえていますが、それでもメイク直しをしたくない!という人は最後の仕上げとしてメイクキープスプレーを顔に吹きかけることをおすすめします。

メイクキープスプレーを吹きかけることでメイク全体の肌への密着度を上げるのはもちろん、乾燥も防いでくれます!

さらにスプレーを吹きかけるだけで美しいメイクの状態を長時間保ってくれるのもメイクキープスプレーの魅力です。

【GR(ジーアール)】 

引用元:GR公式サイト

うるおいミスト

内容量
65g
参考価格
1,078円

うるおいミスト

【ブランド】GR(ジーアール)
【用途・タイプ】メイクキープスプレー
【内容量】65g
【原産国】日本

【MAJOLICA MAJORCA(マジョリカマジョルカ)】 

引用元:資生堂公式サイト

モイストカクテルフィクサー

内容量
60ml
参考価格
1,320円

モイストカクテルフィクサー

【ブランド】MAJOLICA MAJORCA(マジョリカマジョルカ)
【用途・タイプ】メイクキープスプレー
【内容量】60ml
【原産国】日本

まとめ

化粧崩れのないメイクをするためにはまず原因を理解することが重要です。

肌質は人それぞれなので100%崩れを防ぐというのは難しいですが、重要なのはきれいに崩れさせるメイクをすることです。

きれいに崩れるメイクをしていれば少し崩れても簡単にお直しができたり、そのままにしていても見た目は問題ないことが多いです。

皮脂や汗、水に強いウォータープルーフタイプの化粧品を多く使うことで、普通の化粧品を使ってメイクしたものよりもはるかに崩れにくくなるので、化粧品を買う際は意識してみてみて下さい!

マスクメイクにおいて崩れないことは大前提ですが、血色感を出し、健康的な印象に見せることも重要です!

With Mask(ウィズマスク)時代でも、おしゃれをしっかりと楽しんで他と差をつけちゃいましょう!

れいか

この記事を書いた人

れいか

埼玉出身の「れいか」です。 主に、エンタメ・ビューティー・ファッションのジャンルを書いてます。 アニメとコスメ、ファッションをこよなく愛してます。 留学とアパレル店員の経験あり! 海外のことやファッション・美容のことはお任せあれ!

SHARE

この記事をシェアする