デジタル

1分でわかるIT用語!eラーニングとは?活用事例も合わせてご紹介

IT用語eラーニング1分でわかるe-Learning

2021/10/26

eラーニングという言葉よく聞いたことはありませんか?聞いたことあるけどどんな意味がわからないという方に今回はeラーニングについてと活用事例も合わせてご紹介いたします。

目次[ 表示 ]

IT用語!eラーニング(e-Larning)とは

eラーニング(e-Learning)とは、簡単に「インターネットを利用した学習形態」のことを指します。eラーニングが活用される前は、集団研修といわれる方法で教育者と受講者が同じ場所に長時間拘束され、進捗状況などを全て人間が行う必要がありました。それにより時間やコストがかかっていました。

eラーニングは「いつでも、どこでも、何度でも」という特徴を持っています。パソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスを活用してインターネットを介して学習します。それ故に、時間や場所にとらわれず、いつでもどこでも何度でも教育を受けることが可能になりました。

eラーニングの活用例をご紹介!

eラーニングを理解したところで活用事例をみていきましょう。

会社の就業規則やルールの学習

企業の生産性を高めるためには、従業員にとって働きやすい環境を整備していく必要があります。そのためのルールなどの徹底さが必要になってくるのですが、会社員に直接教えるのには時間も手間もかかります。

また、セキュリティ方針などは一度教えても時間とともに絶えず変化するものなので、最新の情報を教えなければなりません。これら学習をeラーニングを利用することで、ひとりひとりの学習度を測ることができ、ムラのない指導ができるでしょう。

ビジネススキルの研修

eラーニングは、新人研修・ビジネスマナー研修といったビジネス向上を目的とした研修にも使われています。どの従業員も一律に身に付けてもらわなければならないスキルは、繰り返し学習できる機会を提供しなければなりません。

eラーニングと直接的な指導も合わせて行うことで、受講生の学習効果を高めることができます。

専門知識の習得

営業スキル・財務知識・IT知識といった選も性の高い知識を習得させるためにもeラーニングは効果的です。個々のレベルによって学習を始めることができるので、受講生が客観的にスキルを見ることができます。

どんなスキル・知識が不足しているのか可視化することで、学習に対する意欲や学習効果を高めてくれます。

社内アンケート調査

実は社内の満足度アンケート調査にも有効な方法です。もし紙でアンケートを配り集計してとなると手間と時間がかかりますが、インターネットを活用したアンケートではどこでもいつでも記入でき、集計も自動的に行ってくれるので効率的に利用することができます。

育成にeラーニングを利用しよう!

インターネットを活用するeラーニングで会社のレベルを1つ2つ上げてみましょう!時間やコストの削減に繋がるのはとても大事なことです。入ってくる新人社員にも効果的で仕事を継続してくれる意欲にも繋がるかもしれません。

わや

この記事を書いた人

わや

広島出身の「わや」です。 主に、ビジネス・デジタル・お金のジャンルを書いてます。 ガジェットとビジネス本を読むのが大好きです。 スタバ店員とプログラミングの先生の経験あり! 皆様が楽しめる記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする