デジタル

1分でわかるIT用語!Android(アンドロイド)の意味とは?iPhoneとの違いもご紹介!

アンドロイドスマホiPhoneAndroidGoogleApple

2021/10/28

スマートフォンの大半を占めるアンドロイドですが、どんな意味があるのでしょうか。アンドロイド使っているけどあんまり意味を知らない方や、これからアンドロイドを使いたい方に今回はアンドロイドについてと特徴、iPhoneとの違いをご紹介します。

目次[ 表示 ]

IT用語!Android(アンドロイド)の意味とは?

Android(アンドロイド)とは、2007年に米Google(グーグル)社が開発した、スマートフォンやタブレット端末など携帯機器向けのオペレーティングシステム(OS)です。

主にスマートフォンのOSとして広く普及しており、世界的に米Apple(Apple)社の携帯機器向けのOSであるiOSと市場を二分化しています。

IT用語!Android(アンドロイド)の特徴

比較的安価な機種が多い

アンドロイドスマホには、1万円程度から買える格安スマホがあります。特に、台湾や中国などの海外製のアンドロイドスマホは安く誰にでも手に入れやすい価格となっています。

スマホの二台目として安価なアンドロイドスマートフォンを選択したり、特にスマホに高性能なことを求めなければ安いので良いという人にはおすすめです!

オリジナリティの高い機能が多い

アンドロイドスマホには、様々なメーカー社が開発を行っております。そのためオリジナリティの高い機能が多くあります。日本のメーカー社で有名なXperia、韓国のメーカー社で有名なGalaxy、アメリカのメーカー社で有名なGoogleなど、それぞれオリジナリティのあるアンドロイドスマホを開発しております。

特に韓国のGalaxyが数年前に発売した折りたたみスマートフォンは世界に衝撃を与えました。このようにアンドロイドスマホには端末の選択肢が多くあります。

Android(アンドロイド)とiPhoneの違いもご紹介!

機種が豊富でデザインも多彩

先程ご紹介したようにアンドロイドスマホには様々なメーカーが開発を行っているため、選べるデザインや機能が豊富です。

しかし、AppleのスマホはiPhoneシリーズのみに限られるのでアンドロイドに比べると、デザイン面や機能など選べる機能の種類は少ないです。

使用できるアプリケーションに違いがある

アプリを使用するのにOSのアシストが必要となっています。アンドロイドのOSとiPhoneのOSではそれぞれ互換性がありません。つまり、アンドロイドで動かせるアプリはiPhoneのアプリでは動きません。

有名なアプリや、どちらでも使用できるように開発をしている企業などは多くありますが、アンドロイドOSとiOSのアプリ総数は100万以上の差があると言われています。

周辺機器の規格に差がある

アンドロイドは様々なメーカーが参入してスマホを作っているため、ハードウェアに統一された規格が存在しません。あくまで、OSの基本ソフトウェアが共通しているだけで、メーカーによって充電ケーブルやイヤホン端子の規格が異なる点に注意が必要です。

その点iPhoneのApple社は、OSからハードウェアまで全てを提供しているため、基本的に周辺機器も同じ規格が使われる傾向にあります。

Android(アンドロイド)は種類が豊富で比較的安価!

アンドロイドについて理解できましたでしょうか。アンドロイドは比較的安価であり、機種が豊富でデザインも多彩な点が優れています。ぜひ安く済ませたい場合はアンドロイドスマートフォンはおすすめです!

わや

この記事を書いた人

わや

広島出身の「わや」です。 主に、ビジネス・デジタル・お金のジャンルを書いてます。 ガジェットとビジネス本を読むのが大好きです。 スタバ店員とプログラミングの先生の経験あり! 皆様が楽しめる記事を届けします!

SHARE

この記事をシェアする