デジタル

1分でわかるIT用語!シェアリングエコノミーとは?代表例も合わせてご紹介!

モノシェアリングエコノミー空間移動ビジネスモデルスキルお金

近年、新しいビジネスモデルとしてシェアリングエコノミーに注目する企業も多く存在します。

この記事では、シェアリングエコノ三―とはどのようなものなのか、その代表例と合わせて紹介していきます!

目次[ 表示 ]

IT用語!シェアリングエコノミーとは?

そもそも、シェアリングエコノミーというのは、消費者がモノや空間、スキルなどを必要としている人へ提供したり、共有する新しい経済の動き、そのような形態サービスのことを意味します。

一般の人が所有している物件の空き部屋をwebサイトやアプリなどを通して旅行客へ貸し出す民泊はシェアリングエコノミーの代表例の一つとして挙げられます。

まとめると「個人の所有している遊休資産の貸し出しを仲介するサービス」と言えるでしょう。

IT用語のシェアリングエコノミーの活用事例をご紹介!

引用元:SHARING ECONOMY

シェアリングエコノミーの企業は上記の画像にあるように多く存在し、大きく分けて、5つに部類されるます。ミ

その5つのシェアリングエコノミ―の領域について解説していきます。

空間のシェア

「空間のシェア」は、駐車場や会議室、民泊のような宿泊する場所の普段使用していない「空間」を貸出するサービスのことを指します。
空き部屋を宿泊施設にできるため、日本に限らず全世界で利用者が増えています。

さらに、リモートワークが多くなっている現代では、貸切のレンタルスペースやワーキングスペースなどの需要が高まっています。

代表的なサービスは「働く場所」を提供する「wework」などがあります。

移動のシェア

「移動のシェア」は、自家用車による配車サービスや、長距離移動を目的とし、相乗りをすることで、かかったコスト(お金)をシェアすることなどが例として挙げら、「ライドシェア」とも呼ばれています。

代表的なサービスとしては飲食店の宅配注文をバイクや自転車を利用して個人デリバリーする「UberEats」が挙げられ、東京をはじめ、あらゆる地域で展開されています。

スキルのシェア

「スキルのシェア」は記事などのライティングやデザインなどの、自分のスキルや経験を生かして、好きな時間に働くことができるサービスを指します。

代表的なサービスは「ココナラ」が挙げられ、イラスト作成、動画作成、音楽提供、ビジネス相談、など多岐にわたります。

最近では、農家が観光案内として農業体験を提供するサービスや外国人が自宅で料理教室を開催するサービスなど様々なサービスが存在します。

お金のシェア

「お金のシェア」は銀行が融資しない(できない)ような計画も企画次第で個人から資金調達することができるサービスなどが当てはまり、寄付型・投資型・購入型の大きく3つに分類されます。

不動産に特化したサービスなども、お金のシェアに含まれ少額の資金調達や投資のニーズなど幅広く対応しています。

「Makuake」は日本最大級のクラウドファンディングサービスで、インターネット上でプレゼンを行い、賛同者から支援を募ることが可能です。

モノのシェア

「モノのシェア」は物々交換やリサイクルなどによって、いらなくなった品物を流通させるサービスなどを指します。日本では特に衣服を貸し借りするファッション系のサービスが盛んです。

代表的なサービスは「メルカリ」です。売りたい人と買いたい人のニーズが一致するネット上のフリマサイト(アプリ)が挙げられます。

スマホ一つで行うことができるので、簡単に出品・購入することができる点が魅力の一つです。

普及が進むシェアリングエコノミーを活用してQOLを上げよう!

説明した通り、シェアリングエコノミーは今後、さらに普及してきます。企業だけでのビジネスではありません。

自治体などのシェアリングエコノミーを活用することで地方創生の解決に繋がる糸口として注目を集めています。

ぜひ、皆さんもどんどん普及が進むシェアリングエコノミーを活用し、生活の質を上げよう!

りょうすけ

この記事を書いた人

りょうすけ

神奈川県出身の「りょうすけ」です。 主に、エンタメ・スポーツ・暮らしのジャンルを書いてます。 アイドルとヤクルトスワローズが大好きです。 野球とバドミントンの経験があります。 皆様の人生にプラスになるような情報をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする