デジタル

Windows10のタスクバーを隠す(非表示)方法!画像付きで解説!

タスクバーWindows10非表示隠す方法ショートカットキー

パソコンで作業している時に下のタスクバーを邪魔に感じたことはありませんか?

Windows10を操作するうえで、タスクバーの使い方が作業効率にも影響をもたらします。
タスクバーは起動しているアプリを切り替えたりできるため、とても重要です。

そこでタスクバーが邪魔にならないようにWindows10でタスクバーを隠す方法を画像付きで紹介していきます。

目次[ 表示 ]

タスクバーを隠す(非表示)ことでメリットが生まれる

タスクバーを隠すことによるメリットは2つあります。

まず1つ目はタスクバーを隠すことによって、タスクバー分の画面が広がるため、作業領域の幅が広くなります。そのため、タスクバーがあるより視野を広く作業することができます。

2つ目はショートカットキーを覚えることができます。
タスクバーが非表示になっているので、ショートカットキーを意識的に覚えることができます。例えば、タスクバーにあるエクスプローラーは「Windows+E」で開けることができ、
他のタスクを確認したいのであれば「alt+tab」で確認できます。また、アプリを探すなら「Windowsボタン」で検索できます。ショートカットキーを覚えることで作業効率がより向上します。

Windows10タスクバーを隠す(非表示)する方法!

1.「設定」を開く

まずは、Windowsキーから「設定」を開きます。

2.「個人用設定」を開く

その「設定」の中から「個人設定」を開きます。

3.「タスクバー」を開く

「個人設定」の一番下にある「タスクバー」を開きます。

4.「デスクトップモードで自動的に隠す」をオンにする

そして、上から2つ目の「デスクトップモードで自動的に隠す」をオフの状態からオンにします。

5.タスクバーが隠れるとこのように!

すると、タスクバーが隠れるようになり、タスクバーの分画面が広くなります。

※タスクバー非表示前

※タスクバー非表示後

Windows10のタスクバーを隠して作業領域を広げよう!

Windows10でタスクバーを隠す方法を画像付きで紹介しましたが、いかがでしたか。

タスクバーがあることが気にならない人もいますが、「画面が狭いな」「タスクバーが邪魔だな」と感じている人は、タスクバーを隠して自分の作業領域を広げてみましょう。

りょうすけ

この記事を書いた人

りょうすけ

神奈川県出身の「りょうすけ」です。 主に、エンタメ・スポーツ・暮らしのジャンルを書いてます。 アイドルとヤクルトスワローズが大好きです。 野球とバドミントンの経験があります。 皆様の人生にプラスになるような情報をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする