デジタル

Windows10の仮想デスクトップとは?複数モニター構築のやり方もご紹介!

Windows10デスクトップ仮想デスクトップ作業効率複数モニター

2021/11/30

Windowsのウィンドウやアプリ・ソフトを沢山開く人にとって仮想デスクトップを利用することは作業効率を上げることができます。今回はWindows10の仮想デスクトップとは何か?使い方などをご紹介します。

目次[ 表示 ]

Windows10の仮想デスクトップとは?

まずデスクトップとは、パソコン画面のタスクバーを除いた領域、つまりWindowsでの作業領域のことを言います。一見一つにしかないように見えますが、実は仮想的に複数作成し切り替えることができます。これが仮想デスクトップです。ちなみにWindowsだけではなくMacでも利用することができます。

仮想デスクトップで複数のモニター構築の手順をご紹介!

仮想デスクトップの構築の手順をご紹介します。

1.タスクビューボタンをクリック

下のタスクバーにある「タスクビュー」をクリックしてください。

2.【新しいデスクトップ】をクリック

タスクビューを押したら左上にある「新しいデスクトップ」を押してください。

3.作成したデスクトップに表示したいウィンドウを配置

新しいデスクトップの作成ができたら、移動させたいタスクを放り込みましょう。以上のやり方が仮想デスクトップの構築の手順です。

仮想デスクトップのショートカットキーをご紹介!

仮想デスクトップを利用する上で便利なショートカットキーをご紹介いたします。

Ctrl + Windowsボタン + D:仮想デスクトップ追加

仮想デスクトップを新しく追加するには、「Ctrl + Windowsボタン + D」を押すことで追加することができます。

Ctrl + Windowsボタン + F4:仮想デスクトップ削除

すでにある仮想デスクトップを削除したい場合は、「Ctrl + Windowsボタン + F4」を押すことで削除することができます。

Ctrl + Windowsボタン + →・←:仮想デスクトップ切り替え

すでにある仮想デスクトップの切り替えをしたい場合は、「Ctrl + Windowsボタン + →or←」を押すことで切り替えをすることができます。

Windowsボタン + Tab:仮想デスクトップとタスクを一覧表示

仮想デスクトップとタスクを一覧表示するには、「Windowsボタン + Tab」を押すことで一覧表示することができます。

Windowsを使いこなして生産性を上げよう!

仮想デスクトップについて理解することができましたでしょうか。上手く使いこなすことで作業がしやすくなります。ぜひ一度利用してみてください!

わや

この記事を書いた人

わや

広島出身の「わや」です。 主に、ビジネス・デジタル・お金のジャンルを書いてます。 ガジェットとビジネス本を読むのが大好きです。 スタバ店員とプログラミングの先生の経験あり! 皆様が楽しめる記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする