デジタル

ブラインドタッチ練習方法!初心者でも楽しくできる出来るおすすめタイピング練習ゲームを紹介!

タイピングゲームブラインドタッチパソコンタイピング

2021/12/13

ブラインドタッチとは、パソコンなどでキーボードを見ずにキーを打ち込むことをいいます。また、ブラインドタッチのことをタッチタイピングとも言います。今回はブラインドタッチの練習の考え方と方法、タイピングの癖を矯正する方法、おすすめのタイピング練習ゲームをご紹介いたします。

目次[ 表示 ]

大学生や社会人になるとパソコンに触れる機会が増えます。パソコンで必ず必要なスキルがタイピングスキルです。スマホのタイピングとは違いパソコンは両手を使ってタイピングをします。

同じ課題や仕事の量と質だとしてタイピングの速さのみ違いを考えてみると1文字1秒かかる人と1文字0.5秒かかる人ではタイピングにかける時間が2倍も変わります。例えば、単純計算で2万文字書く必要があるとして前者は2万秒=5.5時間かかり、後者は1万秒=2.7時間でかかります。

数字で見ると一目瞭然です。このようにパソコンを利用するのであれば必要なタイピングスキルですが

・タイピングを速くして課題や仕事をスムーズにこなしたい
・キーボードを見ずにタイピングをしたい。
・タイピング練習を楽しくできるサイトをしりたい!

といった悩みがある人向けに今回はご紹介いたします。この記事を読んで実践することでキーボードを見ずに打てるようになりスムーズにパソコンを利用することができます。

ブラインドタッチを練習する際の考え方

まず、ブラインドタッチを練習方法を見る前に練習する際の考え方を理解しておきましょう。練習する際の考え方は2つあり「ホームポジション」と「ルール」です。

ホームポジションを理解しよう

ホームポジションとは、パソコンのキーボードに指を置くときにあらかじめ手を置いておくポジションのことです。パソコンのキーボードには2つ出っ張りがある場所があります。それは、「F(は)」と「J(ま)」のキーボードの場所です。この出っ張りの部分は世界中のすべてのキーボードで共通となっています。

ホームポジションの指の配置が決まっていて上の画像のようになっています。世界共通のポジションなので必ず同じ場所を利用するようにしましょう。(上の画像では数字の段は含めていません。)

ホームポジションは、ブラインドタッチの練習方法で更に詳しく解説しています。

「ルール」を守って練習中にしよう!

ブラインドタッチを上達させるには、

「下を見ずに前を向いて入力」

「入力後にはホームポジションに戻す」

「タイピングの速さ上げるのは指の位置を覚えた後」

以上の三つをルールとして必ず守るように練習しましょう。特に3つ目タイピングの速さを上げないと上達しないというのはわかるのですが、指の位置を曖昧な状態で速さを上げてタイピングしてしまと変な癖がついてしまいます。小指で打つ場所を中指で打ったりなど癖がついてしまうと後々矯正が大変になるのでルールを守って練習しましょう!

正しいブラインドタッチの練習方法とは?

練習中に意識する2点を理解したら、正しいブラインドタッチの練習方法をしましょう。

ホームポジションを覚える

まず、先程ご紹介したホームポジションです。ホームポジションの場所とキーボードの配置場所をしっかりと覚えるようにしましょう。いきなり体で覚えるのは避けましょう。ある程度先に頭で覚えることで指を動かす作業がアウトプット作業をしてくれます。

それぞれの指の配置場所を見ていきましょう!
※今回は数字部分のキー担当の場所は入れていません。ローマ字のみで担当させています。

人差し指のポジションを確認しよう

右手の指で「Y」「H」「N」「U」「J」「M」のキーを担当しています。

左手の指で「R」「F」「V」「T」「G」「B」のキーを担当しています。

中指のポジションを確認しよう

右手の指で「I」「K」「,」のキーを担当しています。

左手の指で「E」「D」「C」のキーを担当しています。

薬指のポジションを確認しよう

右手の指で「O」「L」「.」を担当しています。

左手の指で「W」「S」「X」を担当しています。

小指のポジションを確認しよう

小指は多くの場所を担当しています。一番小指を慣らすのが難しいですが手が届かない場合は別の指で担当させるのもおすすめです。

キーボードを見ずに前を向いて打つ

まずブラインドタッチを練習するときは下を見ないのがポイントです。下を見てしまうと体がキーボードの位置にいつまでたっても慣れないからです。最初の内は場所がどこか忘れてしまうので下をみてしまうのはしょうがないですが、常に前を向くという意識はしっかりと持ってやりましょう。

入力後は必ずホームポジションに戻す

入力後は必ずホームポジションに戻すことが大事です。一文字一文字打った後に戻すのではなくひと段落着いたときに自然に戻せるようにしましょう。文章を打っている最中はずっと打っているわけではなく文の区切りで一回止まって次の文へといった具合に進めますよね。

つまり、区切りがいいところでホームポジションに戻すことで次への文へのタイピングミスを減らすことができます。

タイピングの癖を矯正しよう!

タイピングはすでにできるようになっているけど癖がついて直したい!そんな方のために癖を矯正する方法をご紹介いたします。

ブラインドタッチをマスターする前に変な癖がついてしまうとタイプミスや速さなどに影響がでるので今の内に矯正しましょう。

よくある癖として以下が挙げられます。

・小指や薬指自体使えていない

・人差し指と中指の指だけで打つ癖

・真ん中にある「B」がどちらかわからなくなる

などなど癖は人それぞれなので挙げると沢山ありますが、このような癖を直すには以下の方法を試しましょう。

ホームポジションに5本指を置く

これは先程の入力後にホームポジションに戻すと同じ原理で、ホームポジションに置くという行動が出来ていない人はまずはホームポジションに指を置くという癖をつけましょう。指を置くことで意識的にこの場所はこの指が担当すると認識できるからです。

それぞれの指が担当する場所を覚えて練習

それぞれの指が担当する場所をもう一度確認してみましょう。全然違う指で文字を打っていることが多いです。なので正しい指の担当する場所を覚えて練習することで癖を直すことができます。

しかし、癖があると意識的にタイピングしないとすぐに癖がでるので気をつけながら練習をしましょう。癖を直すにはスピードよりも正確さを重視してタイピング練習することをおすすめします。

タイピングを速くするコツ5つ!

タイピングを速くするコツ5つをご紹介します。ブラインドタッチを始めたころは下を見ながら打っていたときよりもタイピングの速さは落ちます。よって速くするコツを抑えることでブラインドタッチを上達させましょう。

自分が正確に打てる速さを知る

自分が正確に打てる速さを知ることが大事です。正確に打てなければタイプミスで何回もバックスペースを押す羽目になります。速く打てても正確に打てなければスピード感は落ち打つ速さも落ちます

なので自分がタイプミスが極力ないタイピングの速さを理解しておきましょう。それが慣れたら少しずつ速さを上げてブラインドタッチを上達させましょう。

正しい姿勢でタイピングをする

パソコン作業は画面を見るために姿勢を悪くしがちです。姿勢が悪い状態でタイピングをするとタイプミスが増えてしまいます。正しい姿勢は以下の通りです。

・ディスプレイの高さは目線より下にする

・肘の角度はなるべく90度

・椅子の背もたれは使わずまっすぐ座る

以上がタイピングをする上での正しい姿勢です。やってみると一目瞭然でタイピングの速さやミスが変わるのがわかります。一度試してみてはいかがでしょうか。

長文のタイピングをする

タイピングゲームのような練習サイトでは単語で練習する場合や変換をせずに打つ場合が多いです。しかし、パソコンを利用する学生や社会人は、課題や仕事で利用するため変換やエンターキーを合わせて文章を使います。つまり、長文のタイピングの練習もする必要があります。

毎日10分程度の練習をする

ブラインドタッチを上達するには、練習が必要です。社会人の方でデスクワーク系の仕事をする人はパソコンを毎日使用するためブラインドタッチなどを自然とできるようになりますが、大学生などあまりパソコンを使わない人にとっては毎日10分程度の練習をするだけで格段に変わります

タイプミスしやすい場所を理解する

最初の正確に打てる速さを理解すると似ていて、タイプミスしやすい場所を把握しましょう。その場所を徹底的に練習することですぐに使えるようになります。例えば、右側の薬指小指らへんのミスが多いなと感じたら、右側の薬指と小指で利用するキーボードの場所を練習してみましょう。

ブラインドタッチのおすすめタイピング練習ゲーム5選!目的別に使い分けよう!

ブラインドタッチのおすすめタイピング練習ゲームをご紹介します。楽しくタイピング練習をすることで上達しやすくなります。また、目的別に使い分けて複数のサイトを利用してみるのもおすすめです。

超初心者におすすめのタイピング練習【プレイラムタイピング】

プレイラムタイピングは、超初心者におすすめのタイピング練習サイトです。ホームポジションの基礎練習から腕試しまであります。また、タイピングをする際に画面上にキーボードと指が担当する指が表示され一緒に動いてくれるので場所の確認や初歩的な部分の練習には便利なタイピング練習ゲームです。

レベル
初心者
会員登録
なし
利用料
無料
ホームページ
https://typing.playgram.jp/

基礎をやりたい人向け【e-typing】

e-typingは、「ローマ字・英字・かな」の三種類からタイピング練習をすることができます。また、特集が豊富でビジネスやスタディなどそれぞれのシーンで使われるような言葉でタイピング練習をすることができます。腕試しで自分のレベルや、速さ、タイプミスなどを分析してみることができます。基礎を固めたい方にはおすすめです。

レベル
初心者~中級者向け
会員登録
あり
利用料
無料
ホームページ
https://www.e-typing.ne.jp/

スピード重視でやりたい人向け【寿司打】

寿司打は、左から寿司が右へ流れていく前に単語や言葉をタイピングすることでクリアしていくタイピング練習ゲームです。寿司打は小学生の子どもたちから大人まで楽しくタイピングを上達できるのでおすすめです。スピードを意識したゲームですが、正確さ重視や一発勝負など目的に合わせて調整することができます。

レベル
初心者~上級者向け
会員登録
なし
利用料
無料
ホームページ
http://typingx0.net/sushida/

自分の好きな曲でタイピング練習【Typing Tube】

TypingTubeは、自分の好きな曲を聞きながらタイピングすることができます。レベル別でわかれているのでタイピングに自信が無い方でも楽しくゲームをすることができます。また、曲はディズニーから邦楽まで幅広く揃っている音楽が好きな方は楽しみながらタイピングすることができます。

レベル
初心者~上級者
会員登録
なし
利用料
無料
ホームページ
https://typing-tube.net/

英語・英文入力の練習ならコレ【TypingClub】

Typing Clubは、英語のタイピングにぴったりのタイピングゲームです。日本語と英語のタイピングでは違いがあります。例えば、日本語の場合はスペースキーで変換をタイピングしながらしないといけませんが、英語の場合はスペースキーで英語と英語の間に空白を作らないといけません。といった具合に英語のタイピングを速くしたい人はおすすめです。

レベル
初心者~中級者向け
会員登録
なし
利用料
無料
ホームページ
https://www.typingclub.com/

ブラインドタッチを上達させて快適に作業しよう!

ブラインドタッチの練習方法やタイピングを速くするコツ、おすすめのタイピングゲームをご紹介しました。ブラインドタッチは誰でもできるようになるものなのでしっかりと練習をしてみましょう。タイピングゲームも自分の目的にあったものを使って練習してみてください。

わや

この記事を書いた人

わや

広島出身の「わや」です。 主に、ビジネス・デジタル・お金のジャンルを書いてます。 ガジェットとビジネス本を読むのが大好きです。 スタバ店員とプログラミングの先生の経験あり! 皆様が楽しめる記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする