エンタメ

【最新版】韓国映画のおすすめ32選!映画好きが選ぶ絶対外さない作品は?

韓国映画最新版恋愛映画名作映画韓国アクション映画おすすめ

2021/11/11

最近は世界中で『韓流ブーム』が到来し、その中でも韓国映画は、日本だけではなくさまざまな国で国際的な映画賞を受賞するほど、沢山の人々に指示されています。

そんな巧みなストーリー展開と迫力あふれる演技で観る人の心を鷲掴みにしている韓国映画ですが、今回は6つのジャンルに分けて、絶対に外さないおすすめの韓国映画32選を紹介していきたいと思います!

初めて韓国映画を観る人で何を観ようか迷っている人や、友達や1人の時間に観るおすすめ作品を知りたいという人に向けて、人気映画口コミサイト『Filmarks』のレビューを元に、あらすじや魅力をたっぷりと解説していきます。
ぜひあなたのお気に入りの映画作品を見つけてみてください!

目次[ 表示 ]

韓国映画の選び方

ジャンルから選ぶ

韓国映画を選ぶにあたって、何を基準に選べば良いの?という人は多いと思います。
多様なジャンルと数が豊富な韓国映画なので、観るからにはアタリの映画を見つけたいですよね。まずは韓国映画を選ぶときに重視したい「ジャンル」について各特徴を解説していきたいと思います!

韓国映画の人気のジャンルは?

引用元:gooランキング

国内人気口コミサイト『gooランキング』のアンケートでは、韓国映画の人気ジャンルや魅力を調査しています。アンケートによると、特に人気の高いジャンルは、「恋愛」「ヒューマンドラマ」でした。
韓国映画の特徴の1つとして、社会派や感動作、甘酸っぱい恋愛から大人の恋愛まで、幅広いテーマで作品を製作していることが挙げられます。さまざまなジャンルの中でも、それだけ韓国映画のラブストーリーの評価が高いことを表しています。

引用元:gooランキング

また、韓国映画の魅力として高く評価されているのは、「ストーリー性」が全体の約半数でした。物語が単純化されていなく、さまざまな伏線回収をしてからエンディングへ続く物語が多く、そのような詳細に計算されたストーリーが観る人を魅了するのではないでしょうか。

【サスペンス&ホラー系】

【サスペンス&ホラー系】

引用元:TUTAYA

ハラハラする切羽詰まった展開や怖い映画が好きな方は、「サスペンス」や「ホラー」系をおすすめします!

韓国のサスペンスやホラーは、俳優たちのリアルな演技に加えてハラハラドキドキする見ごたえのあるものが多いです。比較的作品の中でもドッキリするシーンや驚かすような演出は少なく、ジワジワと結末に向けて追いつめるようなストーリーが多いのが特徴です。

サスペンスの中でもホラー要素は強いものもあり、殺人シーンや暴力シーンなど表現が過激な場合も多いので、過激なシーンやグロテスクなシーンが苦手な人は観る前にチェックしておくのがおすすめです。

【恋愛系・ヒューマンドラマ系】

【恋愛系・ヒューマンドラマ系】

引用元:イルサン

切ない物語や泣ける王道ストーリーが好きな方は、「恋愛」や「ヒューマンドラマ」系をおすすめします!

韓国の恋愛映画は、数ある作品の中でも多くの割合を占めています。コメディ要素が強いラブコメディーが多いのも特徴です。また、前半はコメディ要素が多いものの後半には泣ける展開へと発展するようなストーリーが王道です。韓国映画は、ファンタジー要素があるものでもシリアスな展開に持っていくのが上手な作品が多く、観ていても違和感なく物語を楽しむことが出来ます。

「ヒューマンドラマ」系に多い作品だと、『私の頭の中の消しゴム』(2005年)や『ラブストーリー』(2003年)のように、全体的にしっとりとして切ない気持ちになる恋愛映画もあります。

【アクション系】

【アクション系】

引用元:イルサン

見ごたえのある激しいアクションシーンが好きという人は、「アクション」系をおすすめします!

韓国映画は、何といっても「アクションシーン」作りが大得意です。全体的にクオリティが高く、派手で残酷な描写が特徴的です。また、俳優が身体を鍛えたり、格闘技を習ったりと、本格的な役作りに打ち込んでいるので、ストーリーにリアルさが伺えます。

全体的に暴力的なシーンが多いですが、その中に人間ドラマを感じる作品が多くあり、映画ファンも絶賛するほどの韓国アクション映画をぜひ観てみて下さい。

【実話系】

【実話系】

引用元:イルサン

王道のラブストーリーやアクション以外にも、実話を題材にした韓国映画も大変人気です。
中には、法律を変えるほどの事件を元にした映画もあります。そのような映画には、社会性の強いメッセージも込められており、映画を観ると同時に韓国の歴史や文化を学ぶことが出来るでしょう。

そんな影響力の強い韓国映画のストーリーは、リアリティがとても強く、より物語に引き込まれてしまいます。

人気作・実績から選ぶ

初めて韓国映画を観る人は「受賞作」がおすすめ

初めて韓国映画を観る人は「受賞作」がおすすめ

引用元:映画com

韓国映画の中には、世界各国から評価された作品が数多くあります。代表的なもので言えば、『パラサイト 半地下の家族』(2019年)は、アカデミー賞やゴールデングローブ賞、カンヌ国際映画祭受賞など、多くの賞を総なめしています。

韓国映画を初めて観る人で、何を観たら良いか分からない、という人は映画賞を受賞している作品を選んでみるのがおすすめです。俳優のレベルも高いのでエンターテインメント性だけでなく、韓国社会そのものの世界観をまるごと楽しむことが出来るでしょう。

ジャンルにこだわらない人は「歴代観客動員数」で選ぶのがおすすめ

ジャンルにこだわらない人は「歴代観客動員数」で選ぶのがおすすめ

引用元:ペクヒャンハブログ

韓国映画を観るときに、ジャンルにとらわれずにとにかく面白い作品が観たいという人は、「歴代観客動員数」の多い作品を選ぶのがおすすめです。
その映画を観た人が多いということは、それだけ話題性があり、評価も高いということになります。沢山の人を魅了した作品なので、ハズレも少ないです!

俳優で選ぶ

人気韓国俳優①『コン・ユ』

人気韓国俳優①『コン・ユ』

引用元:Kstyle

近年では恋愛ドラマではもちろんのこと、映画界でも大活躍の俳優コン・ユです。
2016年にアジア中から大反響を得た『トッケビ』では、「百想芸術大賞」 TV部門 男子最優秀演技賞を受賞しました。そして、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』や『密偵』と、ヒット作品が生まれ、まさにコン・ユの年となっています。

特に『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、2016年韓国で公開された映画で唯一1,000万人以上を動員する大興行となり、ハリウッドでのリメイクも決定しました。
映画『82年生まれ、キム・ジヨン』、『SEOBOK/ソボク』など近年も数々の話題作に出演しています。

人気韓国俳優②『パク・ソジュン』

人気韓国俳優②『パク・ソジュン』

引用元:KAORI

韓国好きなら知らない人は居ないであろう、今若い世代に最も人気の俳優パク・ソジュンです。
韓国ドラマ『梨泰院クラス』の大ヒットで、日本でも知名度が一気に上がりました。過去作、ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』や『彼女はキレイだった』では、多くの視聴者の心を鷲掴みにしました。

映画『パラサイト 半地下の家族』でも特別出演をしていたりなど、恋愛ドラマの恋人役からシリアスな役まで、さまざまに変化する彼の姿は、一度観たらハマってしまうこと間違いなしです。

人気韓国俳優➂『ィ・ビョンホン』

人気韓国俳優➂『ィ・ビョンホン』

引用元:movie walker

元祖韓流四天王の一人で日本でも有名な国際的俳優、イ・ビョンホンです。
演技の幅が非常に広く、ロマンス、ギャング、時代劇、アクションなどジャンルに関わらずすべて演じ、キャラクターは暗殺者からコメディチックな役まですべて消化することから、「千の顔を持つ俳優」と称される演技派です。
ソン・ガンホをはじめとする実力派俳優達と共に、韓国映画界トップの演技力を持つ俳優として名前が挙げられています。

韓国の3大映画授賞式で合計8回の主演男優賞/最優秀演技賞を受賞し、トリプルクラウンを達成、TVドラマの方でもSBS、KBS演技大賞を1回獲得しただけでなく、「百想芸術大賞」最優秀演技賞では4回受賞した経歴を持ち、近年ではハリウッドに活躍の場を広げています。
海外映画でもイ・ビョンホンの顔を見ないことは無いでしょう。

人気韓国俳優④『ソン・ガンホ』

人気韓国俳優④『ソン・ガンホ』

引用元:映画com

韓国トップの名俳優と言えばソン・ガンホです。
主演を務めたほとんどの映画が興行的にも成功し、合計観客数は1億人を突破しています。単に興行成績が良いだけでなく、 作品性についても評価が良くない事がなく、最高の芸術性を持った映画で経歴を満たしています。

また、観客が選んだ「最高のチケットパワーを持った俳優」、「最も演技力に優れた俳優」などのアンケート調査でも常に最上位圏にランクされているトップ俳優です。
米「アカデミー賞」作品賞から数々の賞を総なめにし、国際的に高い評価を受けた『パラサイト 半地下の家族』では、ロサンゼルス映画批評家協会賞助演男優賞ならびに全米映画俳優組合賞キャスト賞を受賞しました。

米国の映画媒体「インディーワイヤー」が選定した今年最高の俳優15人に名を連ね、米国「ニューヨークタイムズ」が選定した21世紀の最も偉大な俳優25人にも名を連ねている韓国を代表する名優です。

人気韓国俳優⑤『マ・ドンソク』

人気韓国俳優⑤『マ・ドンソク』

引用元:映画com

韓国映画の「悪役」といったらこの俳優、マブリー(マ・ドンソク+ラブリー)ことマ・ドンソクです。
カリスマあふれるルックスと20〜21インチの巨大な腕で「男の中の男」と呼ばれながらも、やさしい心と愛嬌溢れる姿で大衆に愛されています。

2008年の映画『ビースティ・ボーイズ』でヤミ金融の役を演じ、残酷なシーンをあまりに自然に消化した事から、観客からは「本物のギャングを交渉したのではないか」という噂が出るほどに。

さらに興行にも成功した2012年の映画『隣人』では、凶悪な殺人犯を退ける姿が痛快だという反応が多く、あまりにギャング演技を自然に演じこなしてしまうことから、「殺人犯が可哀想に見えるのは初めてだ」という反応が出たほど、自然な演技が高い評価を受けています。本作で「百想芸術大賞」助演男優賞を受賞しました。

人気韓国俳優⑥『ファン・ジョンミン』

人気韓国俳優⑥『ファン・ジョンミン』

引用元:Kplaza

映画、ミュージカル、ドラマと最高の興行俳優の地位を固めている韓国トップの演技派俳優といえばファン・ジョンミンです。
映画『将軍の息子』でデビューすると、『ユア・マイ・サンシャイン』で「青龍映画賞」の主演男優賞を受賞。次々と印象的な演技で俳優としての認知度を大きく高めていき、2013年の『新しき世界』で二度目の主演男優賞を受賞しました。

『国際市場で逢いましょう』、『ベテラン』と両方万人突破という連続した興行ホームランをしたことが話題になり、名実共に映画界のエースに君臨しました。

また、2018年に公開された映画の工作で累積観客数は1億人を突破し、これは歴代6回目の突破であり、3番目となる主演作累積観客数1億突破記録を残しました。

韓国映画のレビューはどうやってチェックする?

Filmarks ロゴ

引用元:Filmarks

韓国映画を選びたくても、日本の映画と同程度の宣伝などが行われていない場合も多くあり、映画の作品情報を集めることが大変な場合がありますよね?
そんな人に向けて、国内最大級の映画レビューサイト『Filmarks(フィルマークス)』を紹介します。

Filmarksとは、国内最大級の映画・ドラマ・アニメのレビューサービスです。作品のレビューをチェック・投稿できる機能をベースに「作品の鑑賞録」や「観たい作品のメモ・備忘録」「作品の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として利用することが出来ます。

数ある映画レビューアプリの中でも人気が高く、利用者・レビュー数ともに豊富なサービスとなっています。私もさまざまなレビューアプリやサイトを使っていましたが、このアプリが一番使いやすく愛用しています。

Filmarksでは、鑑賞した作品のレビューをスコアして☆の数で評価することが出来ます。☆1.0~5.0まで表すことができ、その平均で作品のスコアが決定される仕組みです。

☆3.8以上がおすすめ!

Filmarksのレビューをもとに選ぶ基準として、☆3.8以上の作品を選ぶのがおすすめです!

基本的に☆3.5が平均的なレビューとなり、作品への評価は「安定した面白さ」といった印象です。

評価が3.5以上になると、話題性があるものが多いため、初めて韓国映画を選ぶ人でも人気な作品を選ぶことが出来ます!
※ただし、公開中の映画の評価は多少評価が過剰になる傾向があるので注意しましょう。続編やシリーズもの、同監督作品を劇場まで観に行くようなファンは、☆5.0を付けるようなレビューもたびたび見受けられます。また、人気俳優やアイドルの出演する映画も、熱狂的なファンによりスコアが上がることもあります。

また、☆4.0~の作品は名作と言われるものが多く、アカデミー賞などの受賞歴がある作品がほとんどになります。

このように、Filmarksの☆の付け方は人それぞれで、何千本も映画を観ているマニアから、普段めったに映画を観ない人までレビュワーは様々います。そのため、「絶対的」な評価を求めることは難しいです。しかし、評価の母数が多く、レビューが平均的に反映されるため、映画を選ぶ1つの基準として参考にしてみると良いでしょう。

韓国映画おすすめ6選【サスペンス系作品】

『殺人の告白』(2013年)

『殺人の告白』(2013年)

あらすじ

時効の成立後、イ・ドゥソク(パク・シフ)という男が、自分は15年前に世間を騒がせた連続殺人事件の犯人だと告白するシーンから始まります。その後、暴露本を出版した彼はそのルックスの良さも味方し、一躍時の人として世間にもてはやされる。一方、ずっと犯人を追い続けてきたチェ刑事(チョン・ジェヨン)は、本の中にまだ解決されていない事件の真相の記述がないことを不審に思うのでした。

作品詳細

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.6
監督
チョン・ビョンギル
主演
チョン・ジェヨン
上映時間
119分

簡単見どころ

テレビドラマ「検事プリンセス」「王女の男」などで人気の俳優パク・シフが、初の映画主演をこなしたサスペンスです!
突然自らの罪を告白した美貌の連続殺人犯と彼を執拗に追う刑事、そして凶行によって愛する人を失った残された者たちの物語を丁寧に紡ぎ出しています。タフな刑事を熱演するのは、『黒く濁る村』で有名のチョン・ジェヨンです。
犯人と刑事の緊迫感あふれる心理戦や、リアルで躍動感あふれるチェイスシーンに圧倒されること間違いなしです!ラストシーンの衝撃的な展開には目を離さずにはいられないでしょう。

『パラサイト 半地下の家族』(2019年)

『パラサイト 半地下の家族』(2019年)

あらすじ

全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになります。そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れますが…この相反する2つの家族の出会いは、誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していていくのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆4.1
監督
ポン・ジュノ
主演
ソン・ガンホ
上映時間
131分

簡単見どころ

100%予測不能な展開が特徴的な、超一級エンターテインメント映画です。監督は、今まさに世界中から注目を集めている若き巨匠ポン・ジュノ。世界でも問題視されている貧富格差への問題を痛快に描ききっています。
世界中からの評価も高く、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞など、数々の映画賞を総なめにしている作品です。
『グエムル -漢江の怪物-』などのソン・ガンホをはじめ、『新感染 ファイナル・エクスプレス』などのチェ・ウシク、『最後まで行く』などのイ・ソンギュンらが出演しています。

『殺人の追憶』(2003年)

『殺人の追憶』(2003年)

あらすじ

1986年10月23日、農村で若い女性の変死体が発見されます。地元の刑事パク(ソン・ガンホ)は地道な取り調べを始めますが、現場は大勢の見物人で荒らされ、なかなか証拠がつかめないままです。やがて、第ニの事件が起きてしまうのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.9
監督
ポン・ジュノ
主演
ソン・ガンホ
上映時間
130分

簡単見どころ

1980年代後半に実際に起きた迷宮入りの殺人事件である、10人の犠牲者を出した「華城連続殺人事件」を題材にしたサスペンスです。
正体不明の犯人に翻弄され、苛立ちをつのらせていく刑事たちの様子が描かれ、最後まで目が離せない構成になっています。正体不明であるところに、激動の時代の韓国社会の闇を象徴させ、人間社会の暗黒を見事に描き出した傑作と言われています。
韓国でも大ヒットし海外でも大絶賛されたサスペンスの秀作で、主演のソン・ガンホと監督のポン・ジュノは大鐘賞や大韓民国映画大賞など、数々の賞を受賞しました。
韓国映画の枠を超えて、世界の犯罪映画史上に残る作品です!韓国映画の水準の高さを実感したい人に、ぜひおすすめします。

『OLDBOY(オールド・ボーイ)』(2003年)

『OLDBOY(オールド・ボーイ)』(2003年)

あらすじ

妻と一人娘を持つごく平凡なサラリーマン、オ・デスは、ある日突然何者かに誘拐され、気が付くと小さな監禁部屋にいました。理由もわからないまま15年間監禁され、突然解放される。デスは知り合った若い女性ミドの助けを借りながら、監禁した相手の正体を探り始めます。そんな2人の前に謎の男ウジンが現れ「5日以内に謎を解き明かせ」と、お互いの命を賭けた「死のゲーム」を迫られるのでした…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.8
監督
パク・チャヌク
主演
チェ・ミンシク
上映時間
120分

簡単見どころ

狩撫麻礼・土屋ガロン作、峰岸信明画原作による日本の漫画「オールド・ボーイ」をJSAでもおなじみのパク・チャヌク監督が映画化した韓国のバイオレンス映画の傑作です。主演には国民的俳優チェ・ミンシクを迎え、スタイリッシュな映像と激しい暴力描写予測不能なストーリー展開が世界中で絶賛されました。
2004年カンヌ国際映画祭では、大絶賛のなか圧倒的なグランプリを受賞しました。突然拉致され15年もの間監禁された主人公の復讐劇。拉致監禁の真相をかけた死のゲームが描かれています。
多くの人々の愛憎が入り交じり、手に汗握るバイオレンスアクション映画です。

『母なる証明』(2009年)

『母なる証明』(2009年)

あらすじ

早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らすヘジャ(キム・ヘジャ)。そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者になってしまいます。事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにならない中、ヘジャは真犯人を捜し出し、息子の無実を証明しようとするのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.8
監督
ポン・ジュノ
主演
キム・へジャ
上映時間
129分

簡単見どころ

殺人事件の犯人として逮捕されたトジュン。障害があり純粋なトジュンが殺人なんてできるはずがないと、息子の無実を信じる母は真犯人を探すために奔走します。ストーリーが進むにつれて判明していく事実と、どんでん返しに衝撃を受けるサスペンス映画です。
他の作品のカッコよさとは打って変わって、純朴そうな青年を演じるウォンビンと、鬼気迫る母親を演じるキム・ヘジャの演技に釘付けになってしまうこと間違いなしです。

『名もなき野良犬の輪舞』(2018年)

『名もなき野良犬の輪舞』(2018年)

あらすじ

裏社会のトップをめざすジェホは、服役中の刑務所で野心あふれる美青年ヒョンスと出会います。他人を信じず生きてきたジェホだったが、窮地を救ってくれたヒョンスとは固い絆で結ばれました。出所後、二人は犯罪組織を乗っ取ろうとしますが、信頼の裏に潜む真実が発覚し、切ない運命が加速していきます!

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.9
監督
ピョン・ソンヒョン
主演
ソル・ギョング
上映時間
120分

簡単見どころ

『殺人者の記憶法』などのソル・ギョングが主演し、『戦場のメロディ』などのイム・シワンと組んだクライムドラマ。固い絆で結ばれた2人の男の関係が崩壊していくさまを描いています。『テロ,ライブ』などのチョン・ヘジンや、『愛のタリオ』などのキム・ヒウォンらが共演し、アクション、サスペンス、ヒューマンドラマが交錯するハードボイルド映画です!ラスト118秒では衝撃が走ります

韓国映画おすすめ5選【恋愛系作品】

『私の頭の中の消しゴム』(2005年)

『私の頭の中の消しゴム』(2005年)

あらすじ

建設会社の社長令嬢のスジンは、天真爛漫なお嬢様。建築家志望のチョルスとコンビニで運命的な出会いをし、二人はすぐに恋におちました。温かい家族に囲まれて育ったスジンと違い、チョルスは孤独に生きてきた男だったが、スジンの献身的な愛に結婚することを決意し、2人は晴れて新婚生活を迎えます。建築士の試験にも受かり、幸せいっぱいの2人でしたが、スジンはある時から物忘れがひどくなり、自分の家への道順すら忘れてしまうようになってしまいます。その後病院で、スジンは若年性アルツハイマー症だと診断されます。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.9
監督
イ・ジェハン
主演
チョン・ウソン
上映時間
117分

簡単見どころ

日本のドラマ「Pure Soul~君が僕を忘れても~」をベースにした映画です。新婚のヒロインが若くして若年性アルツハイマー症に侵されてしまうストーリーで日本でも大ヒットし、主演のソン・イェジンとチョン・ウソンが知名度をアップさせました。
その後日本で再びドラマ化され、朗読劇として舞台化もされるなど日本でもよく知られて親しまれているラブストーリーです!

『怪しい彼女』(2014年)

『怪しい彼女』(2014年)

あらすじ

70歳のマルスン(ナ・ムニ)は、向かうところ敵なしの口の悪さと頑固さで近所でも有名なおばあさんでした。国立大教授に出世した一人息子(ソン・ドンイル)を女手一つで育て上げたものの、アクの強い性格が災いし最近は嫁にも煙たがられる始末です。ある日、彼女が写真館で遺影のつもりで写真を撮ると、不思議なことに20歳のころの自分(シム・ウンギョン)に戻っていたのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.8
監督
ファン・ドンヒョク
主演
シム・ウンギョン
上映時間
125分

簡単見どころ

『王になった男』などのシム・ウンギョンと『ハーモニー 心をつなぐ歌』などのベテラン、ナ・ムニが二人一役を熱演する心温まるファンタジーです。70歳の老女が突然20歳の自分に若返ってしまったことから巻き起こる珍騒動を、爆笑と感動の涙で盛り上げていきます!『トガニ 幼き瞳の告発』などのファン・ドンヒョク監督が、本作ではガラッとジャンルを変えて、新境地を開拓した映画となりました。キュートな容貌とは裏腹に、相手構わず罵声を浴びせる怖いもの知らずのヒロインの魅力にとりこになること間違いです!

『ビューティー・インサイド』(2015年)

『ビューティー・インサイド』(2015年)

あらすじ

明日も君に会いたくて・・・ウジンは18歳のときから目覚めると外見が変わるようになってしまいます。男、女、老人、子ども、外国人…。人に会う仕事ができないウジンは、才能とインターネットを活かして家具デザイナーとして活躍しているのでした。そんな彼の「病気」のことは母と親友だけが知っています。ある日、家具屋で働くイスと出会い、恋に落ちたウジン。彼女に会いたい一心で、毎日初めてきた客のようにその店に通うようになります。ついに誘ったデートはうまくいくが、同じ顔をキープするため寝ないようにするウジン。三日連続で二人は会い、イスもウジンが好きになるが、ウジンはとうとう眠気に勝つことができず、うっかり寝てしまいました。起きると別の顔になっていた彼はイスに真実を話すことができるのでしょうか…?

作品詳細

Filmarksレビュー
☆4.0
監督
ペク・ジョンヨル
主演
ハン・ヒョジュ
上映時間
127分

簡単見どころ

『監視者たち』などのハン・ヒョジュや、日本から『のだめカンタービレ』シリーズなどの上野樹里らが出演したラブストーリーです。日々外見が変化する主人公が思い悩む根本的な恋愛問題を、さまざまな視点から描き出しています。悩める若者を、ユ・ヨンソクとパク・シネ、イ・ジヌクらが演じています。ユニークな設定でありつつも、複雑でピュアな恋愛模様に引き込まれます。

『建築学概論』(2013年)

『建築学概論』(2013年)

あらすじ

建築家のスンミン(オム・テウン)のもとに、仕事を依頼しにやって来たソヨン(ハン・ガイン)。ソヨンは、15年前にまだ大学生だったスンミンの初恋の相手でした。ソヨンの実家のあるチェジュ島に新しい家を造りながら、スンミンの脳裏には初恋の記憶がよみがえり、また新たな感情が芽生えていきます。しかし、スンミンには婚約をしている女性がいました…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.6
監督
イ・ヨンジュ
主演
オム・テウン
上映時間
117分

簡単見どころ

韓国で恋愛映画の興行成績を塗り替え、大ブームを巻き起こした恋愛映画です。
建築家の男性が大学時代の初恋の女性に仕事を依頼されたことにより動き出す二人の関係を、過去の記憶と現在の交流とを交錯させながら綴っています
主人公の男女を、現代パートでは『私たちの生涯最高の瞬間』のオム・テウンとテレビドラマ「赤と黒」のハン・ガインが、大学時代を『高地戦』のイ・ジェフンとK-POPグループ「miss A」のスジが演じています。鮮やかに描かれる初恋の思い出と揺れ動く二人の感情が、観る者の心をときめかせるでしょう!

『ラブストーリー』(2003年)

あらすじ

女子大生のジヘ(ソン・イェジン)は、母親の初恋の相手、ジュナ(チョ・スンウ)との思い出の詰まった日記帳と手紙の束を発見します。実は彼女にも秘かに憧れるサンミン先輩(チョ・インソン)が居ました…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.8
監督
クァク・ジェヨン
主演
ソン・イェジン
上映時間
132分

簡単見どころ

日本中を笑いと涙で熱狂させた大ヒット作、『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督、感涙の最新作です。好きな人になかなか思いを打ち明けられない奥手な女子大生を演じるのは、『酔画仙』の新星、ソン・イェジン。今回母と娘の二役を見事に演じきり、第40回大鐘賞(韓国アカデミー賞)を受賞しました。過去と現在、そして母娘二世代に渡って熟成される愛の奇跡の力に注目です。愛を信じる全ての人に贈るラブストーリーです!

韓国映画おすすめ6選【アクション系作品】

『EXIT』(2019年)

『EXIT』(2019年)

あらすじ

母親の古希を祝う会場で、大学時代に好きだった山岳部の後輩ウィジュ(ユナ)と再会した無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)は、すっかり浮かれていました。一方街では有毒ガスが発生し、道行く人々が次々と倒れ大混乱に陥ります。やがてガスは上昇し、ヨンナムたちがいる会場も危険な状態になります。ヨンナムとウィジュは、命綱なしで地上数百メートルにおよぶ高層ビル群を飛び移り、ガスが万蔓延した街から決死の緊急脱出が始まります!

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.7
監督
イ・サングン
主演
チョ・ジョンソク
上映時間
104分

簡単見どころ

高層ビル群を舞台にしたサバイバルパニック映画です。
有毒ガスが街に広がる中、危機を回避しようと奮闘する人々を映し出しています。監督と脚本をイ・サングン、製作を『ベテラン』などの監督を担当したリュ・スンワンが担当しています。『あの日、兄貴が灯した光』などのチョ・ジョンソク、『ラブレイン』シリーズなどのユナが主演を務めており、現代韓国風な設定を演出しながら、基本は圧倒的な面白さで押し切る痛快な良質のエンタテインメントです!友達や家族と観たら笑いが止まらないでしょう。

『新しき世界』(2011年)

『新しき世界』(2011年)

あらすじ

韓国最大の犯罪組織に潜入し、8年になる警察官ジャソン(イ・ジョンジェ)。潜入捜査に疑問を感じながらも、上司のカン課長(チェ・ミンシク)の命令に服従するしかありませんでした。一方でジャソンは、自分と同じ中国系韓国人である組織のNO.2、チョン・チョン(ファン・ジョンミン)が、自分に寄せる信頼と実の兄のような情を裏切っていることに深く葛藤しています。そんなある日、組織のリーダーが急死し、後継者争いが勃発。カン課長は一気に組織の粉砕を目論み、「新世界」作戦を始動させるが、その作戦とは、ジャソンを組織のトップに据えることでした。ジャソンは自身の「新しき世界」の選択を迫られます…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆4.1
監督
パク・フンジョン
主演
イ・ジョンジェ
上映時間
134分

簡単見どころ

本国の韓国をはじめ、映画祭や映画賞で高い評価を獲得したクライムストーリーです。
犯罪組織に潜入する警察官が、組織のナンバー2と育んだ絆と職務の間で葛藤するさまを映し出していくのが見どころです!監督は、『悪魔を見た』などの脚本も手掛けてきたパク・フンジョンです。『10人の泥棒たち』などのイ・ジョンジェ、『悪いやつら』などのチェ・ミンシクなど、実力派俳優が結集しています。
緊張感にあふれた語り口もさることながら、男たちの情や信念が激しくぶつかり合う熱いドラマにも魅了されること間違いなしです!

『The Witch 魔女』(2018年)

『The Witch 魔女』(2018年)

あらすじ

ある特殊な施設で育ったジャユン。8歳のときに逃げ出し、記憶を失ったジャユンは助けてくれた酪農家の娘として暮らしています。そして10数年の歳月が過ぎ、ジャユンは頭に異変を感じるようになります。手術費用と経済状況が厳しい養父母のため賞金が出る歌のオーディションを受けることを決意しましたが、テレビ番組であるマジックを披露したことで謎の男たちから追われるこ とになるのでした…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.8
監督
パク・フンジョン
主演
キム・ダミ
上映時間
125分

簡単見どころ

本作は記憶を失ったヒロインが謎の組織と対決し、自らの過去を取り戻していくサイキックアクション映画です。ヒロイン役のキム・ダミさんは本作により演技派女優として広く知られるようになり、とても新人とは思えない程の存在感を発揮するなど、彼女の演技力あってこその作品となっています。
遺伝子操作、サイキックなどといったSF要素と、韓国映画ならではのバイオレンスとスタイリッシュなアクションが上手く融合していて、そこに作品のミステリアスな雰囲気やミステリー的どんでん返しなどもあり、特に後半の怒涛の展開はアクション好きなら見逃せません!

『ミッドナイト・ランナー』(2018年)

『ミッドナイト・ランナー』(2018年)

あらすじ

警察大学で勉強し始めて2年になる熱血学生、行動派のギジュンと頭脳派のヒヨル。親友の2人は外出先で偶然、拉致現場を目撃します。学校で学んだとおり警察に通報するも複雑な手がかりと不足した証拠で捜査は一向に進まず、1分1秒と緊迫した中で時間だけが過ぎていくのでした。ギジュンとヒヨルは自らの足で直接捜査を始めるが、予測不能な状況に出くわすこととなります…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.8
監督
キム・ジュファン
主演
パク・ソジュン
上映時間
108分

簡単見どころ

人気韓国ドラマ『梨泰院クラス』で話題のパク・ソジュンとカン・ハヌルのW主演が話題な、韓国で動員550万人突破した痛快アクション映画です。社会の闇と出会った若く青い警察学生が主人公、原題は「青年警察」です。主演を務めたのは「彼女はキレイだった」「花郎」などのパク・ソジュン、韓国を代表する実力と人気を兼ね備えた若手俳優が、豪華ダブル主演しています。
警察大学に在学中の学生ふたりが、偶然に事件を目撃し、実践捜査に着手するというストーリーです。体当たりのアクションシーン満載で、コミカルな笑いも織り交ぜて、2017年夏の韓国においてクチコミが広がり、大ヒットを記録しました。

『犯罪都市』(2018年)

『犯罪都市』(2018年)

あらすじ

舞台は2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事です。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生します。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男でした。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていました。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んできます。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を乗っ取り、次第に勢力を拡大していくことに。縄張りを荒らされたイス組や、最大勢力の韓国人暴力団も黙っておらず、一触即発の事態に。ついに強力班は組織の一掃作戦を立てることになりますが・・・。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.9
監督
カン・ユンソン
主演
マ・ドンソク
上映時間
121分

簡単見どころ

韓国に進出してきた中国人の犯罪者集団と戦う、韓国の刑事の活躍を描くアクション映画です!街の平和を脅かす犯罪者を次々とたたきのめす刑事マ・ソクトは、街を脅かす、悪事の限りを尽くす中国人のチャン・チェンが率いる犯罪者集団と対峙します。
しかもそこには韓国のマフィアも登場し、2004年ソウルが舞台で、イフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すアクション中国から新興勢力の黒竜組との激しい戦闘が見ものです。非常に豪傑で爽快なアクションなので、ストレス解消にうってつけの映画です。

『アジョシ』(2011年)

『アジョシ』(2011年)

あらすじ

過去の事件が原因で心に闇を抱え、街の片隅で質屋を営んで生きる男で、元・特殊要員のテシク。隣に住む孤独な少女ソミは、テシクをただ1人の友人として慕っていましたが、ある日ソミが麻薬中毒の母親共々犯罪に巻き込まれ、組織に誘拐されてしまいます。ソミを救い出すため、立ち上がったテシクは果たして…?

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.9
監督
イ・ジョンボム
主演
ウォンビン
上映時間
119分

簡単見どころ

2010年に韓国で公開され、韓国興行収入1位を記録し、その年のナンバーワンヒット作となりました。韓国のアカデミー賞ともいうべき大鐘賞で主演男優賞を受賞したほか、計8部門にノミネートされたアクション映画です!心に闇を抱えながら生きる男と、彼と心を通わせる少女のドラマが展開していきます。主演は『母なる証明』のウォンビン。『冬の小鳥』で絶賛された子役キム・セロンが少女を演じています。ウォンビンが鍛え上げられた肉体で披露する本格アクションも見どころです!

韓国映画おすすめ5選【ホラー系作品】

『哭声 コクソン』(2016年)

『哭声 コクソン』(2016年)

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知らないよそ者がやってきます。彼がいつ、なぜこの村に来たのかを誰も知りません。この男について謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を殺す事件が多発していきます。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することも出来ない状態で現場にいるのでした。この不可解な事件を担当している村の警官ジョングは、ある日自分の娘に殺人犯と同じ湿疹があることに気付きます。ジョングは娘を救うためによそ者を追いつめていきますが、そのことで村は混乱の渦に巻き込まれていき、誰も想像出来ない結末へと走り出すのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.7
監督
ナ・ホンジン
主演
クァク・ドウォン
上映時間
156分

簡単見どころ

得体の知れない不安が極限の恐怖へと変わりゆく、血生臭くも巧妙なオカルト心理劇です!
『アシュラ』などのクァク・ドウォンが主演を飾り、『チェイサー』『哀しき獣』などのナ・ホンジン監督と組んで放つ異色サスペンスなストーリーとなっています。とある田舎の村に一人のよそ者が出現したのをきっかけに凶悪な殺人事件が頻発し、人々が混沌の中に突き落とされるさまを描きます。『華麗なるリベンジ』などのファン・ジョンミンをはじめ、日本からは、ベテラン俳優の國村隼が参加している豪華なキャストです。
映画からもあふれ出る異様な雰囲気と心理的に迫るホラーな展開に目が離せないでしょう!

『新感染』(2017年)

『新感染』(2017年)

あらすじ

ソウルで腕利きのファンドマネージャーとして働くソグは、妻と別居状態で幼い娘スアンと共に暮らしていました。ある日、スアンの希望でスアンの誕生日に妻のいるプサンへ高速鉄道KTXで向かうことになりました。そんな中、車内で起こった感染爆発。韓国中に謎のゾンビウイルスが発生し、失踪する密室と化した列車の中で凶暴化する感染者たち。列車に八合わせたのは、出産間近の妻とその夫、そして高校生の恋人同士。果たして彼らは安全な終着駅に辿り着くことが出来るのでしょうか?目的地までは約2時間、時速300㎞の絶対絶命のサバイバルが始まります。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.9
監督
ヨン・サンホ
主演
コン・ユ
上映時間
118分

簡単見どころ

スティーヴン・キング監督や樋口真嗣監督達が大絶賛したサバイバルパニックアクション映画です!主人公を、あの人気俳優のコン・ユが熱演しています。世界的な大ヒットを記録し、日本でも待望の続編『新感染半島 ファイナル・ステージ』が公開され、話題を呼びました。
ゾンビ映画の新境地とも言えるこの映画は、極限下に置かれた乗客どうしの軋轢が、事態をこれ以上ないほどに悪状況へと向かわせます。加えて、主人公ソグと娘スアンのエピソードが、観る者の感情の持って行きどころを「怖さ」だけに留めず拡げていきます。仕事で家庭を顧みなかった父が、ゾンビとの戦いを通じて子との絆を取り戻す。そんな二人の末路もまた、ゾンビ映画という枠を超えた感動をもたらす映画となっています!

『ドアロック』(2019年)

『ドアロック』(2019年)

あらすじ

銀行に勤めるギョンミンは、都心の古びたマンションで1人暮らしをしています。ある朝、ドアロックのナンバーキーに不審な粉が付いているのを見つけ、念のためパスワードを変更するのでした。帰宅後に部屋で寛いでいると、突然誰かがドアロックを操作し、ドアノブを荒々しく回し始めます。もし、今朝パスワードを変更していなかったら…。恐怖に駆られたギョンミンは警察に通報しますが、被害が無いために取り合ってくれません。それからというもの、ギョンミンの部屋で不審な痕跡が続々と見つかります。タバコの吸い殻、持ち上がった便座…。仕事も手につかず新たな引っ越し先を探し始める中、ギョンミンの部屋で変死体が発見され…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.5
監督
イ・グォン
主演
コン・ヒョジン
上映時間
103分

簡単見どころ

1人暮らしをする女性が狙われる恐怖を描くスリラー作品です!単身世帯数が増えている韓国を舞台に、背筋の凍るストーリーが展開します。
『女は冷たい嘘をつく』などのコン・ヒョジンが主演を務め、ドラマ「リッチマン ~嘘つきは恋の始まり~」などのキム・イェウォン、『カンチョリ オカンがくれた明日』などのキム・ソンオらが共演しています。
1人暮らしだからこそあり得るような内容の物語に、人間の怖さを感じざるを得ない映画でしょう。

『ビー・デビル』(2010年)

『ビー・デビル』(2010年)

あらすじ

ソウルで働く独身の女性ヘウォンは、抱えているさまざまな問題を忘れるために人口たった9人の美しい弧島へ行きます。そこで、純粋で人のいい幼なじみ、ボクナムと再会しました。しかし、ボクナムは夫や住民から奴隷のように扱われ、果てには男の相手をさせられています。何とか島から抜け出そうとするボクナムでしたが、ある日、悲劇が起き……。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.6
監督
チャン・チョルス
主演
ソ・ヨンヒ
上映時間
115分

簡単見どころ

チャン・チョルス監督の長編デビュー作で、絶望や憎しみを生々しく描くバイオレンスサスペンス&サイコスリラーな映画です。
人間の根底にある感情を映し出し、カンヌ国際映画祭批評家週間に出品されるやいなや注目を集めた衝撃の問題作と言われています。監督は、『サマリア』などで知られる韓国の鬼才キム・ギドクの助監督として活躍し、本作で韓国アカデミー賞の新人監督賞を受賞したチャン・チョルスです。出演は、『チェイサー』のソ・ヨンヒと「女子万歳」のチ・ソンウォン。
人間の心の闇を鮮烈な映像美の中で描き上げていくストーリーが見どころです!

『悪魔を見た』(2011年)

『悪魔を見た』(2011年)

あらすじ

国家情報院捜査官のスヒョン。ある日婚約者を殺され、死体の一部が発見されたことで絶望した彼は、極秘に捜査を始めます。そこで真犯人の連続殺人鬼、ギョンチョルを捕まえることに成功し、体にGPSチップを埋め込んで解放したのでした。それ以降はギョンチョルが罪を犯そうとする度にスヒョンが現れ、彼に制裁を与えることに…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.7
監督
キム・ジウン
主演
イ・ビョンホン
上映時間
144分

簡単見どころ

こちらもとにかくバイオレントで閲覧注意な作品で、R18に指定されています。人間の内なる悪魔を描いたサイコサスペンスストーリーです。
婚約者を殺された男が、血も涙もない卑劣なシリアスキラーを執拗に追いかけ回す様子を映し出しています。殺人鬼ギョンチョルの殺害シーンや、制裁を加えるシーンはグロ過ぎると話題に。ノンストップで繰り広げられる衝撃のシーンの数々に、思わずギブアップしそうになります…。『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』『G.I.ジョー』などで国際的に活躍するイ・ビョンホンと、『オールド・ボーイ』の名優チェ・ミンシクが熱演し、息の詰まるような攻防を展開。善悪を超越した人間の執念と、驚がくのラストシーンに背筋が凍ること間違いなしです!

韓国映画おすすめ5選【感動系作品】

『7番房の奇跡』(2014年)

『7番房の奇跡』(2014年)

あらすじ

「春には黄色いランドセルで学校へ」。娘の入学式を夢見ていた知的年齢が6歳の父親ヨングと、しっかりものの6歳の娘イェスンに突然の事件が影を落とします。ヨングは殺人の容疑で逮捕、収監され、娘はひとり寂しく父を思い、塀の中では父が娘に会いたいと思いを馳せていました。そんなある日、ヨングに命を助けられた7番房の房長と仲間たちが、娘イェスン潜入大作戦を決行します。しかし、二人の幸せな時間は長くは続かず。裁判の最終弁論、ヨングは最後の最後になぜか無実の罪を認めてしまうのでした。 数年後、娘イェスンは弁護士となり父の無罪を証明するために奔走します。そして父が本当に守りたかったものが時を越えて明かされるのでした…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆4.2
監督
イ・ファンギョン
主演
リュ・スンリョン
上映時間
127分

簡単見どころ

『王になった男』などのリュ・スンリョンが主人公を演じ、突然仲のいい父娘を襲う悲劇と、その後刑務所内で起きる思いがけない奇跡を描く、涙なしでは観れない感涙ストーリーです。無実の罪を着せられ服役することになった父親と、6歳のまな娘との深い絆が周りの人々の心まで変えていく過程を回想します。本作でデビューした名子役カル・ソウォンが幼少時代の娘を演じ、その可憐さで多くの人の涙を誘いました。
あまりにも厳しい現実を、ユーモアと優しさと愛情で包み込む物語に感極まること間違いなしです。

『マラソン』(2005年)

『マラソン』(2005年)

あらすじ

主人公のチョウォンは、自閉症という障害を持つものの走ることの才能に恵まれていました。母親のキョンスクは、なんとかチョウォンの長所を伸ばしてやりたいと思い立ち、かつての名ランナー、チョンウクのもとを訪ねます。チョンウクは今やただの飲んだくれとなっていたが、母子の熱意に打たれて、ついにコーチ役を承諾。こうしてチョウォンはフルマラソンのトレーニングを開始するのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.8
監督
チョン・ユンチョル
主演
チョ・スンウ
上映時間
117分

簡単見どころ

実話に基づくチョ・スンウ主演の感動映画です!監督は本作が長編デビュー作となるチョン・ユンチョル。息子を想う母親を熱演したのは、22年ぶりにスクリーンに復帰をはたしたキム・ミスクです。
韓国で社会現象を巻き起こすほど最大の話題作となった作品で、自閉症の障害を持つ少年が、母親の愛を受けながらマラソン大会に挑戦する様を描いたストーリーは誰が観ても心打たれること間違いなしです。

『国際市場で逢いましょう』(2015年)

『国際市場で逢いましょう』(2015年)

あらすじ

幼い頃に朝鮮戦争時の興南撤収作戦による混乱の中、父、そして末の妹と離れ離れになり、母と残された2人の兄妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクスは父親の代わりに家計を支えるため、西ドイツの炭鉱へ出稼ぎや、ベトナム戦争で民間技術者として働くなど、幾度となく生死の瀬戸際に立たされます。しかし、彼は家族のためにいつも笑顔で必死に激動の時代を生きていくのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.9
監督
ユン・ジェギュン
主演
ファン・ジョンミン
上映時間
127分

簡単見どころ

朝鮮戦争やベトナム戦争という戦乱の中で、家族を守るために懸命に生きた男性が主人公の物語です。戦争で離れ離れになった妹と再会するシーンは必見。兵役中の実在の歌手を演じた東方神起のユンホの演技も評判でした。
戦争の悲しさを描くとともに、家族の絆の大切さも描いた感動作で、大規模なロードショー公開はなかったものの、感動作として話題を呼んでヒットしました。戦争ものが苦手な方にもおすすめで、逞しく生きる人々の姿に泣き笑いすること間違いなしです。

『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』(2018年)

『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』(2018年)

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指します。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊るのでした。「危険だからソウルに戻ろう」というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始めます。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆4.1
監督
チャン・フン
主演
ソン・ガンホ
上映時間
137分

簡単見どころ

1980年に起こった民主化弾圧事件「光州事件」を題材にした作品です。
政治的な要素が強いですが、それを見事なエンターテインメントとしてみせており、民主化運動の歴史を忘れないことの大切さを、多くの人に伝えました。ソウルのなにも知らないタクシー運転手が、暴動の渦中の光州にドイツ人記者を乗せていくことになり、まったく報道されていない悲惨な実態を目の当たりにします。政治に無頓着だった主人公が、徐々に民主化運動に目覚めて暴動の真っ只中に飛び込んでいき、やがて名もなき英雄となる姿はとても感動的で見どころです。
民主主義の大切さを知るとともに、緊迫感のあるアクション映画を観たいという人におすすめの映画です!

『友へ チング』(2001年)

『友へ チング』(2001年)

あらすじ

ジュンソク、ドンス、サンテク、ジュンホの4人は幼い頃からいつもつるんでおり、同じ高校に通うことになった4人は、相変わらず行動を共にしています。
ある日、ジョンソクとドンスは教師に反抗し、教室を出て行ってしまいます。そのまま映画館で会った不良たちと大喧嘩に。高校卒業後、ジョンソクとドンスは対立する暴力団組織の一員となっていました。2つの組織は、それぞれ勢力を拡大し、ジョンソクとドンスが違う立場で裏社会に足を踏み入れて行きます。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.6
監督
クァク・キョンテク
主演
ユ・オソン
上映時間
118分

簡単見どころ

1970代の釜山に住む4人の若者の生き方を描いたストーリーです!
韓国では、『シュリ』『JSA』が持つ興行記録をその半分にも満たない日数で軽々と破ったという韓国で大ヒットした話題の作品です。
韓国が激動の時代であった70年後半から90年代にかけて、運命に翻弄された4人の幼なじみの壮絶な人間ドラマを描いています。実体験を基に脚本を書き上げ、自ら監督したのはクァク・キョンテク。主演は『アタック・ザ・ガス・ステーション!』のユ・オソンと、歌手としても活躍する美形俳優チャン・ドンゴンが演じています。

韓国映画おすすめ5選【コメディ系作品】

『LUCK-KEY ラッキー』(2017年)

『LUCK-KEY ラッキー』(2017年)

あらすじ

裏社会で「成功率100%のパーフェクトな殺し屋」として知られる伝説の男・ヒョンウク。その日、仕事を片付けた帰りに偶然立ち寄った銭湯で石鹸を踏み転倒し、床に頭を強打したことで記憶喪失になってしまいます。更に偶然その場に居合わせた売れない貧乏役者のジェソンが、ヒョンウクのロッカーの鍵と自分の鍵をすり替えてしまったことで、ヒョンウクは記憶喪失の売れない役者ジェソンとして生きることになってしまうのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.8
監督
イ・ゲビョク
主演
ユ・ヘジン
上映時間
112分

簡単見どころ

2012年の内田けんじ監督作『鍵泥棒のメソッド』を原案にしたアクションコメディーです!韓国での観客動員数は、約700万人という大ヒット映画となりました。
転倒して記憶を失ってしまった殺し屋と、彼に成り済ました売れない役者が巻き起こす騒動を描いています。監督を務めるのは、『野獣と美女』などのイ・ゲビョクです。『あいつだ』などのユ・ヘジンが主演を務め、その脇を『俳優は俳優だ』などのイ・ジュン、『朝鮮魔術師』などのチョ・ユニ、『背徳の王宮』などのイム・ジヨンらが熱演しています。

『完璧な他人』(2019年)

『完璧な他人』(2019年)

あらすじ

豊胸整形医ソクホと精神科医の妻イェジンの新居に集まった親友とその妻たち。亭主関白で気難しい弁護士のテスと、貞淑な専業主婦スヒョン。新婚ホヤホヤのイケメン社長ジュンモと若妻セギョン。新恋人を連れてくるはずが、一人でやって来た教師ヨンベ。
久々の再会を喜び、変わらぬ友情や夫婦愛を確かめ合い、お酒も会話も弾んでいきます。そして自分たちの間には隠し事がないことを証明するため、「今からスマートフォンに届く電話やメールを全員に公開しよう」と皆のスマホロックを解除することに…。次々と届く着信やメール。他人に知られたくない「大人のウラ事情」が露わになり、楽しいはずのパーティーは想像を絶する修羅場と化していくのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.5
監督
イ・ジェギュ
主演
ユ・ヘジン
上映時間
116分

簡単見どころ

パオロ・ジェノヴェーゼ監督のイタリア映画『おとなの事情』を韓国でリメイクしたコメディー作品です!
再会した7人の男女が、あるゲームによって思わぬ事態に陥る様子が観る人にも気まずさや面白さを感じさせます。監督は『王の涙 イ・サンの決断』などのイ・ジェギュが務めました。『レッスル!』などのユ・ヘジン、『明日へ』などのヨム・ジョンア、『犯人は生首に訊け』などのチョ・ジヌンらが出演しています。

『ベテラン』(2015年)

『ベテラン』(2015年)

あらすじ

犯罪の匂いを嗅ぎ分け、悪党はぶちのめす武闘派ベテラン刑事ソ・ドチョル。勝負師オ チーム長、スタイル抜群の紅一点ミス・ボン、肉体派ワンに、末っ子刑事ユンが揃った特殊強力事件担当、広域捜査隊。 長い間追ってきた国際詐欺集団を捕まえ、昇進に浮かれていたドチョルは、あるパーティーで財閥3世チョ・テオと出会います。テオに犯罪の匂いを嗅ぎとったドチョルは、「罪は犯すな」と警告しますが、まもなくテオの同族会社シンジンブ物産で社員が遺書を残し飛び降り自殺を図ります。ドチョルはこの不審な自殺の裏にはテオが絡んでいると疑い、一人捜査を始めるのでした。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.8
監督
リュ・スンワン
主演
ファン・ジョンミン
上映時間
123分

簡単見どころ

ベテラン俳優のファン・ジョンミンが演じるベテラン刑事を筆頭に、個性豊かな警察メンバーが繰り広げる笑いあり・アクションありのクライムエンターテイメントです。タブーとされる財閥の横暴に立ち向かう刑事の姿に迫り、悪の限りを尽くす財閥側のユ・アインの悪者演技も見どころです。
正義感の強い主人公を『国際市場で逢いましょう』などのファン・ジョンミンが演じ、財閥の金と権力でやりたい放題な御曹司を、『ワンドゥギ』などのユ・アインが熱演しています。勧善懲悪なスカッとするストーリーが好きな方におすすめの作品です!

『ハロー!?ゴースト』(2012年)

『ハロー!?ゴースト』(2012年)

あらすじ

主人公サンマンは一人で生きることに疲れ果て、何度も自殺を図るもののいつも失敗します。ある日、川に飛び込んだが助けられた彼が目を覚ますと、なぜかゴーストたちの姿が見えるようになっていました。ヘビースモーカーのおじさんや、泣き女ら4人が彼に取りつき、困ったサンマンは、霊媒師に助けを求めるも、彼らの願いをかなえなければならないと言われるのでした…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆4.0
監督
キム・ヨンタク
主演
チャ・テヒョン
上映時間
111分

簡単見どころ

とぼけた青年を演じさせたらピカイチの、『過速スキャンダル』などのチャ・テヒョンを主演に迎えた新感覚コメディーです!
自殺することばかりを考えていた主人公の前に突然おばけたちが現われ、願いをかなえてほしいと迫る姿を笑いと感動を交えて映し出しています。いきなりデビュー作でハリウッドリメイクを決めたのは、新星のキム・ヨンタク監督。
途中まではゆるいコメディノリで話が進みますが、ラストは思わぬ展開に号泣間違いなしです!生きることのつらさや大変さと、人生の喜びや幸せを同時に描く普遍的な物語が観る人の共感を呼ぶ映画です。

『過速スキャンダル』(2008年)

『過速スキャンダル』(2008年)

あらすじ

かつてのアイドルスター、ヒョンスは、今や30代半ばにさしかかっていましたが、現在も人気ラジオ番組のDJとして活躍しています。ある日、自由な独身生活を楽しんでいる彼の前に、子連れのジョンナムが現れ、自分はヒョンスの実の娘だと言い始めるのでした。彼女は、自宅だけでなく職場にまで執拗に押しかけてきて…。

作品詳細

Filmarksレビュー
☆3.7
監督
カン・ヒョンチョル
主演
チャ・テヒョン
上映時間
108分

簡単見どころ

『カンナさん大成功です!』や『猟奇的な彼女』を超え、2008年に韓国ラブコメディー部門興行成績ナンバーワンを記録した、心温まるコメディ映画です!また映画が公開されてから初登場1位を獲得し、観客動員数が830万人という大ヒット作品となりました。
突然出現した娘と名乗る女性に振り回される元アイドルの激動の日々を、卓越した笑いのセンスで魅せています。
監督は、これがデビューとなる新鋭のカン・ヒョンチョル。巻き込まれ型の主人公を『Sad Movie <サッド・ムービー>』のチャ・テヒョンが熱演しています。前向きで、おかしくて胸がキュンとする物語に夢中になること間違いなしです!

韓国映画の世界観を楽しもう!

いかがでしたか?今回は、韓国映画のおすすめ32選をたっぷりと紹介してきました!
韓国映画初心者の方でもハズレを引かない選び方や数々の代表作品を取り上げたので、ぜひ映画選びの参考にしてみてください。

mizuho

この記事を書いた人

mizuho

東京出身のmizuhoです。 主にエンタメ、ビューティ、ファッションを書いています。 特に映画が大好きで、今までで1000本ほど観てきました! 皆さんのためになるような記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする