エンタメ

【No Busses】おすすめの楽曲と魅力について徹底解説!

ロックPretty old manバンドNo Busesインディーズバンド

2022/04/22

アイキャッチ引用元:「No buses公式サイト
現在インディーロック界で話題になっているNobusesについて、徹底解説していきたいと思います。

目次[ 表示 ]

No Bussesってどんなバンド

・プロフィール
2018年 1stシングル「Tic」をリリース。
    ファーストEP「Boring Thing – EP」をリリース

2019年 初となるフルアルバム「Boys loved her」をリリース。

2021年 セカンドアルバムとなる「No Buses」をリリース。

2016年に、当時同じ大学に在籍していたメンバー同士で、No busesというバンドを結成し活動を開始しました。活動開始からまだ間もない彼らですが、海外ロックに影響を受けた曲風で、国内のみならず海外にもその人気は広がりました

平均年齢も20代前半と、とても若くこれからの成長が楽しみなバンドです。
楽曲の歌詞も英語で、主にUKのガレージロックから大きな影響を受けています。

彼らの楽曲の1つである「Pretty old man」のYoutubeでの再生回数は、2022年4月時点でなんと500万越え!インディーズバンドとは思えないほどの人気を誇っています。Youtube上の楽曲のコメント欄も英語のコメントだらけで、いかに海外からの評価が高いかが伺えます。

そんな今大注目なバンド「No Buses」。さらに深掘りして徹底解説していきたいと思います!

No busesのおすすめの楽曲と魅力を徹底解説!

UKインディーズやガレージロックの影響を受けた楽曲

バンド名もUKロックのArctic Monkeysの楽曲「No Busses」が由来となっています。楽曲自体も、日本の音楽にはない、UKガレージやポップの要素を含んだ曲調になっていますしかし、彼らの楽曲はただ海外のロックを模倣しているのではなく、そこに彼らの聴いてきた音楽の要素が合わさっていたりと、懐かしくもあり新鮮な感覚をもたらしてくれます。

音楽雑誌「Rolling Stone誌」のフランス版ではNo busesについての特集が組まれました。UKロックから影響を受けているにもかかわらず、国外のみならず国内のリスナーにとってもキャッチーさを感じさせる楽曲がとても魅力です!

 

思わず動き出してしまう軽快なロック

シンプルな楽曲構成ですが、軽快でキャッチーな曲風でつい体が動いてしまうような楽曲が特徴です。いい意味で単調な曲が多く、常に楽曲のリズムに体を動かしていられるような楽曲が魅力的です!

2021年にはアルバムをリリースし、様々なフェスにも出演しています。フェスやワンマンのライブも多数行っており、そのパフォーマンスも高い評判を誇っています。

おすすめの楽曲

Pretty Old Man

彼らの楽曲の中で最も注目を浴びた楽曲です。
キャッチーな曲風と独特なミュージックビデオが高い評価を受け国内外から大きな注目を浴びることとなりました!

Girl

こちらもYoutubeで100万回再生されている、人気楽曲です。まさにUKロックに影響を受けている楽曲と言えますが、日本の音楽特有の爽やかな雰囲気が感じられる楽曲となっています。終始サビが続いているような感覚になり、軽快なロックに体が勝手に動いてしまう感覚になります。

Non Fiction

こちらも100万再生越えの人気楽曲です。こちらも洋楽的な雰囲気を醸し出す軽快なロックで多くの高い評価を獲得しています。昔の雰囲気を思い出すオシャレなミュージックビデオとなっています。

No busesの音楽を楽しもう!

いかがでしたか?

このようにNo busesには様々な魅力があります。是非この記事を読んでNo busesに興味を持ってもらえたら幸いです!

なり

この記事を書いた人

なり

東京都出身の「なり」です。 主に、音楽・映画・暮らしのジャンルを執筆しています。 音楽と映画をこよなく愛しています! 都内でバンド活動を行っています。 皆様の生活に役立つような情報を発信してまいります!

SHARE

この記事をシェアする