グルメ

キャベツの味噌汁おすすめレシピ16選│イチオシ具材や美味しく作るコツも

レシピ手料理料理自炊家事節約

2021/08/24

目次[ 表示 ]

味噌汁に合うキャベツの特徴

加熱することで甘みが増すキャベツは、汁物との相性がいいため、味噌汁の具として利用されることも多い食材です。

キャベツは1年を通して収穫されている野菜ですが、地域や収穫される時期によって分類されていて、色や葉の巻き方、具材として向いている料理などの特徴が異なります。

春に収穫されるキャベツは春キャベツ、冬に収穫されるキャベツを冬キャベツと呼びますが、味噌汁キャベツとしてより適したキャベツはどちらなのか、それぞれの特徴をみていきます。

春キャベツ

秋に種をまき、3月から5月ごろに収穫されるキャベツは春キャベツに分類されます。

春キャベツは全体が丸く、鮮やかな緑色をしています。特に外側の葉は色が濃く、内側は黄緑色をしています。暖かい時期に育っているため水分が多く、葉が柔らかくて巻き方もゆるやかなのが特徴です。

みずみずしく、甘みもあるため、生のままサラダやとんかつの付け合わせ、浅漬けにするのに向いています。加熱料理に合わないというわけではなく、火が通りやすいため、味噌汁の具として使用する場合は加熱し過ぎないのがコツです。

冬キャベツ

一方、冬キャベツは夏に種をまき、11月から3月ごろ収穫されるキャベツです。

春キャベツが丸みを帯びているのに対して、冬キャベツは平べったい形をしています。色は白に近く、葉が厚くて巻き方も固いのが特徴で、シャキシャキとした食感を楽しめます。

肉厚でしっかりした葉は春キャベツよりも歯応えがあるため、生のまま使用するよりも煮込み料理や炒めものに使用するのが向いています。煮崩れしにくいため、長時間加熱することでより甘みが増します。

キャベツの味噌汁にイチオシの具材7選

白ごはんと合わせて食卓に並ぶ機会も多い味噌汁の具材には、豆腐やわかめ、茄子、油揚げといった定番のものがたくさんあります。

じゃがいもやかぶ、玉ねぎといった根菜は食感を変えたり、味噌汁のボリュームを変えたりできますし、きくらげやしいたけといったきのこ類、肉団子や豚肉などの肉類も風味や旨味を与えてくれます。変わり種としてトマトやベーコン、納豆を使用してみるのも良いでしょう。

巣ごもりによって自宅で食事する機会も増えた現在、味噌汁に使える美味しい具材を知ることで飽きずに食事を楽しめます。

ここではキャベツの味噌汁に一緒に入れるイチオシ具材について紹介していますので、参考にしてください。

1:わかめ

もともと味噌汁の具材として定番のわかめは、キャベツの味噌汁の具材としてもおすすめで、ほんだしやいりこだしで美味しい味噌汁が簡単に作れます。

歯応えのしっかりした塩蔵わかめを使用すれば味噌汁に食べ応えが増しますし、乾燥わかめであれば調理を簡単に済ませることができます。わかめと一緒にめかぶを入れるのも良いでしょう。

火を通して甘くなった味噌汁キャベツに、磯の香りや程よい塩味を足すことができます。

2:卵

卵は味噌汁に限らず、どのような具材とも相性が良いです。

キャベツの味噌汁に入れると、キャベツの甘みに卵のまろやかさを加えられます。

卵はそのまま味噌汁に落としてもいいですし、溶いてから入れてもいいですし、ゆで卵にしてから入れても良いでしょう。

おかずとの組み合わせや、気分によって使い方を簡単に変えられるのが卵のおすすめポイントと言えます。

3:根菜類

シャキシャキやホクホクといった食感を味噌汁に足したい場合は、根菜類を具材として使用するのがおすすめです。

味噌汁の具材として使われることも多い大根やじゃがいも、玉ねぎをはじめ、れんこんやかぶ、さつまいも、里芋を入れることでボリュームを増すこともできるでしょう。

ひと手間加えて、大根を切り干し大根にしてから味噌汁に入れてみたり、じゃがいもや里芋の代わりに長芋を使ったりすることで、バリエーションも増やせます。

豚汁の具材に使うごぼうは、甘みのあるキャベツの味噌汁にごぼう独特の風味を加えられます。甘みや色味を足したい場合には、人参を使用するのも1つの方法です。

4:きのこ類

なめこやえのき、しめじなどのきのこ類も、キャベツの味噌汁に旨味や風味、食感を付け足すことに使えます。また、カロリーが低く、食物繊維も含むきのこ類は、栄養成分からみてもおすすめの具材と言えます。

なめこなどを単体で入れてもいいですし、数種類のきのこをまとめて使用してもいいでしょう。レシピサイトなどでマッシュルームを使った味噌汁も紹介されています。

えのきやしめじ、エリンギはそれぞれ異なる食感が楽しめますし、まいたけやしいたけは豊かたな香りを与えてくれるでしょう。

5:油揚げ

油揚げや厚揚げも味噌汁と相性の良い定番具材です。旨味のある油揚げを足すことで、キャベツの甘みを引き立てることができ、味わい深い味噌汁を作れます。

油抜きをしてからそのまま入れても、味噌汁の味が染み込むため良いですが、焼いてから入れるとまた違った味わいになります。

香りづけのためにネギを一緒に入れたり、相性のいい根菜類と合わせて味噌汁の具材にするのも良いでしょう。

6:肉類

豚汁を代表に、味噌汁と肉類との相性はとてもいいと言えます。肉類の油は、ほのかな甘みが特徴であるキャベツの味噌汁に足りない、旨味を加えてくれます。

ごぼうやにんじんなどがたっぷり入った具沢山な豚汁のように、肉類と一緒であれば野菜の嫌いな子供でも根菜が食べやすくなるでしょう。

豚肉の代わりに鶏肉を使えば、さっぱりとした味噌汁になり、豚肉や鶏肉を団子にして肉団子入り味噌汁にアレンジしたりすることでバリエーションも増やせます。

ただし、肉や野菜から出たアクは臭みの原因になってしまうため、味を損なわないためにも取るようにしましょう。

7:サバ缶

サバ缶も、キャベツの味噌汁に合う、イチオシの具材の1つに挙げられます。骨まで食べられるサバ缶を足すことで、キャベツの味噌汁にボリュームを足すことができます。

ヘルシーな味噌汁として、キャベツとサバ缶の他に薄切りにしたセロリを入れるのも良いでしょう。

さらに、サバ缶に含まれる魚介のだしや旨味を利用しているため、少ない手間で栄養のある美味しい味噌汁を作れるのも、おすすめのポイントです。
ただし、サバ缶は柔らく煮崩れしやすいため、味噌汁に加える際にはほぐし過ぎないように注意しましょう。

キャベツの味噌汁のおすすめレシピ16選

ここではキャベツの味噌汁のおすすめレシピを紹介します。キャベツの味噌汁に合うイチオシ具材を使ったレシピもあります。

さまざまな具材と合わせることで、キャベツの甘みだけでなく旨味や風味の加わった味噌汁を作ることができます。

紹介したレシピをレシピサイトを参考にリメイクすれば、味のバリエーションも増やせるでしょう。ぜひ作ってみてください。

1:キャベツと玉ねぎの味噌汁

玉ねぎはキャベツ同様、味噌汁の具材として使用すると甘みが加わります。味噌の塩味に、玉ねぎとキャベツの甘みが合わさった味噌汁です。

玉ねぎの良い風味を、シャキシャキとしたキャベツと玉ねぎの食感と一緒に楽しむことができます。

切り方や加熱する時間によって食感を変えることができるため、お好みで調整してみてください。

材料(4人分)
キャベツ 2枚(100g)
玉ねぎ 1/2個
油揚げ 1枚
水 3・1/2カップ
ほんだし いりこだし 小さじ山盛り1
みそ 大さじ3

2:わかめとキャベツの味噌汁

定番のわかめをキャベツと一緒に使ったヘルシーな味噌汁です。簡単に調理できる上、キャベツの甘みに塩味と海の香りを加えることができます。

また、わかめは低カロリーで食物繊維などの海藻としての栄養成分も含まれているため、健康的でおすすめです。

材料(4人分)
わかめ(乾) 4g
キャベツ 160g
おかめ豆腐 150g
だし汁 720ml
みそ 40g

3:キャベツとアスパラガスの味噌汁

アスパラガスは洋風の食材として使用されることが多いですが、味噌汁の具材として使用すると、味噌汁のだしとアスパラガスの旨味が合わさって美味しく仕上がります。

キャベツの持つ甘みと合わさって優しい味になります。

材料(2人分)
キャベツ 1枚
グリーンアスパラガス 4本
木綿豆腐 100g
ねぎ 20g
みそ 大さじ1
キッコーマンいつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ 小さじ2
かつおだし 1と1/2カップ

4:春キャベツとたけのこの味噌汁

春キャベツと同じく、4月から5月ごろが旬のたけのこを使った味噌汁のレシピです。

たけのこの歯応えのあるシャキシャキとした食感と、みずみずしい春キャベツの優しい甘みが美味しい味噌汁です。

具材として使用するたけのこを茹でられている市販のもの、生の状態から自分であく抜きしたものと変えることで、違った味を楽しむこともできるでしょう。

材料(2人分)
ゆでたけのこ 60g
春キャベツ 1枚(50g)
にんじん 20g
油揚げ 1/2枚
水 2・1/2カップ
「お塩控えめの・ほんだし」 小さじ2/3
みそ 大さじ1・2/3

5:キャベツと厚揚げの味噌汁

油揚げは味噌と同じく大豆から作られているため、相性抜群の具材です。キャベツによってほのかに甘い味噌汁に旨味を加えてくれます。

また、油揚げは赤味噌、白味噌のどちらの味噌汁の具材として使用しても美味しく仕上がるため、おすすめです。

材料(4人分)
キャベツ 4枚(180g)
厚揚げ 1/2枚
水 600ml
「ほんだし」 小さじ山盛り1
みそ 大さじ2

6:キャベツのかきたま味噌汁

どんな食材とも相性のいい卵をキャベツと一緒に使った味噌汁です。

溶き卵のふんわりした食感に、キャベツのシャキシャキした食感が合わさった美味しい味噌汁で、簡単に作れるのもおすすめのポイントです。

お菓子作りなどで余った卵白を加えれば、よりふわっとした卵を楽しむこともできるでしょう。

材料(2人分)
キャベツ 1枚
水 1・1/2カップ
「ほんだし」 小さじ2/3
溶き卵 2個分
みそ 大さじ3/4
小ねぎの小口切り 2本分

7:落とし卵とキャベツの味噌汁

かきたま同様、簡単に作れるのに美味しい味噌汁が、落とし卵とキャベツの味噌汁です。

キャベツを入れた味噌汁に卵を落とし入れるだけで完成です。卵のまろやかさと、落とし卵のボリュームが加わります。

加熱する時間を調整しながら、卵をお好みの状態にして食べてみてください。

材料(2人分)
卵 2個
キャベツ 2枚(100g)
玉ねぎ・小 1/2個(80g)
水 2・1/2カップ
「ほんだし」 小さじ2/3
みそ 大さじ2

8:キャベツと桜えびの味噌汁

海鮮の旨味が詰まった桜えびのだしと、キャベツの甘みが美味しい味噌汁です。鮮やかな緑色の春キャベツを使えば、色合いもよく見た目も楽しむことができます。

桜えびを香ばしくなるまで炒めて、キャベツとだしを加えて煮るだけの簡単なレシピです。

アレンジの1つとして天かすを加えることで、かき揚げを入れたような味噌汁にすることもできます。

材料(2人分)
キャベツ 葉1枚
桜えび(乾物) 大さじ2
ごま油 小さじ2
だし汁 300ml
「麹の花 無添加オーガニック味噌」 大さじ1

9:キャベツとアサリの味噌汁

ぷりっとした食感と、海の旨味を含んだ味噌汁の具材としても人気のあさりを使ったキャベツの味噌汁です。

砂抜きする必要がありますが、手間に見合った美味しさを楽しめます。具材にキャベツとあさりを使用しているため、食べ応えも十分です。

ただし、作る際にあさりを加熱し過ぎないようにするのがポイントです。

材料(2人分)
キャベツ 2枚
あさり(殻つき) 100g
だし汁 300ml
酒 大さじ2
麹の花 無添加オーガニック味噌 大さじ1

10:キャベツとしらすの味噌汁

キャベツとしらすを使ったあっさりとした味の味噌汁です。

キャベツの味噌汁にしらすを載せるだけの簡単レシピです。時短で栄養もある味噌汁を作る際におすすめです。

しらすは1年を通して流通していますし、味噌汁に使われている昆布やかつお節のだしとの相性も抜群です。

材料(2人分)
キャベツ 1枚(50g)
しらす 50g
すりごま 少々
液みそ 料亭の味 大さじ2
水 300ml

11:キャベツと鮭の味噌汁

キャベツと鮭の味噌汁のレシピです。鮭を入れることで、ボリュームのある味噌汁に仕上げることができます。また、魚介である鮭によって、キャベツの味噌汁に旨味が追加されます。

鮭は牛乳や豆乳を使用したクリーミーな味噌汁にもよく合う具材で、冬に食べるときにバリエーションの1つとして活用することも可能です。

材料(4人分)
さけ 2切れ(140g)
じゃがいも・正味 1個(180g)
キャベツ・正味 2枚(100g)
しめじ・正味 1/2パック(50g)
長ねぎ・正味 1/2本(50g)
水 3カップ
「ほんだし」 小さじ2
みそ 大さじ2・1/2
「AJINOMOTO サラダ油」 大さじ1
小ねぎの小口切り 1・1/2本分(10g)

12:サバ缶と野菜の味噌汁

サバ缶はボリュームを増すだけでなく、だしの代わりにすることができる具材です。

キャベツやにんじんといった甘みのある野菜に魚介の旨味が加わるため、簡単に白ごはんのすすむ味噌汁を作れます。しょうがを加えることで、鯖の臭みも和らげられるでしょう。

材料(2人分)
さば水煮缶 1缶
じゃがいも 1/2個(75g)
キャベツ 1枚(50g)
にんじん 4cm(20g)
水 1・1/2カップ
「ほんだし」 小さじ1
みそ 大さじ1・1/2
しょうがのせん切り 少々

13:豚汁

キャベツの味噌汁に豚肉やきのこ、ごぼうやにんじんといった根菜を使った豚汁は、子供にも人気なおかずにぴったりの1品です。

豚肉とキャベツを炒めることでコクを増したり、しょうが汁で風味を加えたりするのもおすすめです。

材料(2人分)
豚バラ薄切り肉 150g
キャベツ 1/4個(250g)
にんじん 1/3本(50g)
しょうが 1/2かけ(5g)
ねぎ 1/3本(30g)
水 3カップ
「ほんだし」 小さじ2
みそ 大さじ2・1/2
「AJINOMOTO 濃口ごま油」 大さじ1/2

14:鶏団子と野菜たっぷり味噌汁

キャベツに小松菜やにんじん、長ねぎ、しめじを加えた野菜たっぷりの味噌汁です。そこに鶏ひき肉や市販のすり身を使った肉団子を入れることで鶏のコクが足され、野菜の甘みをよりいっそう引き立ててくれます。

このレシピでは顆粒味噌や顆粒だしを使用すれば、時短にもなります。

材料(2人分)
キャベツ 1枚
小松菜 3本
にんじん 1/2本(70g)
長ねぎ 1/2本(50g)
しめじ 1/2株
料亭の味 フリーズドライ 顆粒みそ 大さじ2
水 300cc

15:キャベツとベーコンの味噌汁

洋風具材であるベーコンを使用した味噌汁のレシピです。ベーコンを入れることで、キャベツの味噌汁にコクが加わり美味しくなります。

キャベツやにんじんの甘み、ベーコンの旨味、味噌のまろやかさが合わさった味がおすすめです。1口大にしたキャベツと一緒に食べられるよう、ベーコンは3cm大程度にすると良いでしょう。

材料(4人分)
キャベツ 4枚
ベーコン 2枚
にんじん・5mm厚さの輪切り 8枚
水 3カップ
「ほんだし」 小さじ山盛り1
みそ 大さじ2
貝割れ菜 1/2パック(30g)

16:キャベツとウインナーの味噌汁

キャベツとウインナーを使った味噌汁です。レシピの作り方では、キャベツではなく白菜を使用しています。

キャベツとウインナーのポトフなどがありますが、味噌汁の具材としてもおすすめです。ウインナーの代わりにスパムを使うのもいいでしょう。キャベツの甘みとウインナーから出るだしが、味噌のまろやかさに合います。

ただし、ウインナーを切らずに入れてしまうとだしが出ないため、切ってから入れるようにするのがポイントです。

材料(2人分)
キャベツ 2枚
ウインナー 4本
だし汁 300ml
「無添加 円熟こうじみそ」 大さじ1

キャベツの味噌汁を美味しく作るポイント3選

ここまで、キャベツの味噌汁をより美味しく作るために、味噌汁に合うキャベツの特徴やキャベツの味噌汁に合う具材、実際のレシピについて紹介してきました。

ここでは、これまでに紹介してきた方法に加えて、キャベツの切り方や加熱の仕方など、押さえておいた方がいいポイントを3つ紹介します。 美味しくキャベツの味噌汁を作れるようにしていきましょう。

1:他の素材と大きさを合わせて切る

キャベツの味噌汁を美味しく作る1つ目のポイントは、キャベツを他の具材の大きさに合わせて切ることです。

ざく切りや千切りといった切り方でキャベツの食感は変わるため、キャベツのシャキシャキとした食感を残したい場合は1口大に切るのが良いでしょう。

しかし、他にも具材を入れる場合は、その具材の大きさに合わせてキャベツを切らないと食べにくくなってしまったり、見た目のバランスが悪くなってしまったりする可能性があります。料理によって、他の具材に合わせた切り方をするのがおすすめです。

2:味噌を入れる前にキャベツにしっかり火を通す

2つ目のポイントは、味噌汁に入れる前にキャベツにしっかりと火を通すことです。

これは、ゆっくりと加熱することでキャベツの甘みを引き出すことができるためです。沸騰するまでの時間を長くするように、弱火でじっくりと加熱すると、よりキャベツの甘みを引き立たせられるでしょう。

また、時間をかけて茹でることでキャベツを十分に柔らかくすることも可能です。

3:味噌を入れたら沸騰させない

キャベツの味噌汁を美味しく作るためには、味噌を入れたあとに沸騰させないことも大事なポイントです。

味噌を入れたあとに沸騰させてしまうと、味噌の風味や香りが飛んでしまうためです。風味や香りを飛ばすことで、味が落ちると味噌汁が美味しくないものになってしまいます。

味噌汁の香りは沸騰直前がいいとされているため、キャベツや他の具材にしっかりと火が通ったら加熱を一旦止めて、味噌を溶かすと良いでしょう。

味噌汁でキャベツの甘みを楽しもう!

1年を通して収穫されるキャベツですが、春キャベツと冬キャベツに分類され、それぞれに適した食べ方があります。

キャベツ特有のほのかな甘みは、じっくりと加熱することで引き出すことができます。特に葉が厚くて硬い冬キャベツは煮崩れしにくいため、味噌汁の具材として使用することでその甘みを堪能できます。

春キャベツと冬キャベツでは柔らかさが異なるため、加熱する時間を調整して、味噌汁でキャベツの甘みを楽しんでみてください。

Bee

この記事を書いた人

Bee

SHARE

この記事をシェアする