グルメ

【2022年版】コンビニコーヒー徹底比較!人気3社をレビュー!

コンビニコンビニコーヒーアイスコーヒーコーヒー

2022/04/05

コンビニのコーヒーって安くて美味しいって有名ですよね!

100円で飲めるためカフェで買うよりもお得に飲むことができます。

どのコンビニがいいか迷いますよね…

そこで下記についてご紹介いたします。

・コーヒーがあるコンビニはどこ?
・セブン・ファミマ・ローソンのホット・アイスコーヒーレビュー
・コンビニによってフタやストローに違いはあるのか

上記について詳しく解説していきます。参考にしてみてください!

目次[ 表示 ]

コンビニコーヒーがあるコンビニはどこ?

コンビニコーヒーがあるコンビニは全国規模で展開しているコンビニをご紹介します。

・セブンイレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ
・サークルKサンクス
・デイリーヤマザキ
・ポプラ

有名なコンビニだと上記の7社があります。やはり全国展開しているコンビニだとコーヒーマシーンを置いて販売しています。

どのコンビニでもホットコーヒー・アイスコーヒーとホットカフェラテ・アイスカフェラテが主流です。

大手コンビニになるとコーヒーやカフェラテ以外にもスムージーやフラッペなどのドリンクなどが販売されています。

コンビニのホットコーヒーを比較!値段や味などをご紹介!

大手コンビニ3社のセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのホットコーヒーを徹底比較します。

セブンイレブンのホットコーヒー

酸味:★★☆
苦味:★★☆
コクがある:★★★

※筆者の評価です。

セブンイレブンのホットコーヒーは、酸味からガツンと苦味が感じられます。ホットコーヒーにしては、カフェのコーヒーと変わらない美味しさがあります。

バランスの取れた味となっているのでコンビニコーヒーでも人気のあるコーヒーです。初心者の方から毎日コーヒーを飲む方まで好まれています。

名称
7カフェ ホットコーヒー
抽出方法
ドリップ抽出
サイズ
R:100円(税込)
L:150円(税込)
値段
R:100円(税込)
L:150円(税込)
R:150m
L:235ml

ファミリーマートのホットコーヒー

酸味:★★☆
苦味:★☆☆
コクがある:★☆☆

※筆者の評価です。

ファミマのホットコーヒーは、苦味があまりなく酸味が少し効いている味です。コーヒー独特の苦味が嫌いという方にはとてもおすすめできるコーヒーです。

ファミリーマートの特徴として、シナモンシュガーやキャラメルシュガーなどのトッピングを無料で使用することができます。ホットコーヒーにシナモンシュガーを入れるアレンジは人気があるので試してみてください!

名称
ブレンド
抽出方法
エスプレッソ抽出
サイズ
S、M、L
値段
S:100円(税込)
M:150円(税込)
L:180円(税込)
S:155ml
M:220ml
L:310ml

ローソンのホットコーヒー

酸味:★☆☆
苦味:★☆☆
コクがある:★★★

※筆者の評価です。

ローソンのホットコーヒーは、酸味が少なくコクが深い味わいです。近年新しいブレンドに変わり苦味などのコーヒー感が少し弱くなったと感じました。

ホットコーヒーには少し変わった素敵なデザインのカップがあります。SDGsの推進に積極的に取り組むためコンビニでは始めての取り組みだとのこと!

名称
コーヒー
抽出方法
エスプレッソ抽出
サイズ
S、M、L、メガ
値段
S:100円(税込)
M:150円(税込)
L:180円(税込)
メガ:270円(税込)
S:160ml
M:250ml
L:300ml
メガ:500ml

ホットコーヒーで一番お得なのはどれ?

ホットコーヒーの中で、一番お得なのは「ローソンのメガホットコーヒー」が1mlあたり0.54円で一番お得でした。しかし、セブンやローソン、他サイズで0.6円台くらいなのでそこまで変わりはありません。

コンビニのアイスコーヒーを比較!値段や味などをご紹介

大手コンビニ3社のセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのアイスコーヒーを徹底比較します。

セブンイレブンのアイスコーヒー

酸味:★☆☆
苦味:★★☆
コクがある:★☆☆

※筆者の評価です。

セブンイレブンのアイスコーヒーは、酸味があまりなく苦味がほどよいゴクゴク飲みやすい味わいです。スッキリとした味わいが好き!という方にとってはとてもおすすめです。

しかし、フタがストロータイプから飲み口タイプに変わったので、ストローなしで飲むときに氷も一緒に口の中に入ってきて飲みづらいといった意見もありました。(ストローは無料で貰えます。)

名称
7カフェ アイスコーヒー
抽出方法
ドリップ抽出
サイズ
R(レギュラー)、L(ラージ)
値段
R:100円
L:180円
R:150ml
L:270ml

ファミリーマートのアイスコーヒー

酸味:★☆☆
苦味:★★☆
コクがある:★☆☆

※筆者の評価です。

ファミリーマートのアイスコーヒーは、セブンのアイスコーヒーと少し味わいが似ています。酸味が少なく苦味がほどよいごくごく飲めるコーヒーです。

ファミマのアイスコーヒーは初心者にもおすすめなのでぜひ飲んでみてください。

名称
アイスコーヒー
抽出方法
エスプレッソ抽出
サイズ
S、M、L
値段
S:100円
M:150円
L:250円
S:230ml
M:310ml
L:420ml

ローソンのアイスコーヒー

酸味:★★☆
苦味:★★☆
コクがある:★★☆

※筆者の評価です。

ローソンのアイスコーヒーは、苦味が強くセブンやファミマと違いコクがしっかりとした味わいでした。香りもしっかりとしており、コーヒー独特の苦味や香りが好きな方にはおすすめです!

また、ローソンのアイス系の商品は、キャラメルマキアートやダブルエスプレッソラテなど幅広い種類を飲むことができ、サイズもメガサイズがあります。

名称
アイスコーヒー
抽出方法
エスプレッソ抽出
サイズ
S、M、メガ
値段
S:100円
M:150円
メガ:270円
S:240ml
M:295ml
メガ:600ml

アイスコーヒーで一番お得なのはどれ?

アイスコーヒーの中で、一番お得なのは「ローソンのアイスコーヒーS」が1mlあたり0.41円で一番お得でした。しかし、ファミマのアイスコーヒーともそこまで値段は変わりがないですが、セブンのアイスコーヒーは0.6円台と2社よりも値段に違いがでました。

コンビニコーヒーでフタやストローに違いはある?

コンビニコーヒーでフタやストローなどの備品に違いはあるのかどうがご紹介いたします。

考えられる備品やトッピングは下記の通りです。

・フタ
・ストロー
・紙袋
・スリーブ
・ミルク
・ガムシロップ
・砂糖

などが考えられ、レビューと同様にセブン・ファミマ・ローソンの3つで比較いたします。

セブンイレブン

セブンの備品系が乏しいのが少し目立ちます。その分セブンはシンプルでわかりやすいなと思います。期間限定のコーヒーブレンドには青や赤の色合いを変え分かりやすくなっています。

フタ
ホット・アイス:飲み口ありフタ
ストロー
紙ストロー
紙袋
20円
スリーブ
なし
ミルク
無料
ガムシロップ
無料
砂糖
無料

ファミリーマート

ファミリーマートはトッピング系が無料で使用できるので、カスタマイズを自分好みにできるのが人気の1つとしてあります。

フタ
従来のフタ
(飲み口タイプも店舗によってある)
ストロー
あり
紙袋
無料
(店舗によってない場合あり)
スリーブ
無料
ミルク
無料
ガムシロップ
無料
砂糖
無料

ローソン

ローソンのコーヒーマシンは、自分でやるのではなくて店員が入れてくれる場合が多いです。地域によって従来型の自分で入れるタイプもありますが、ローソンは基本的には手渡しで渡す理念があります。

フタ
飲み口タイプ
ストロー
あり
紙袋
無料
(店舗によってない場合あり)
スリーブ
無料
ミルク
無料
ガムシロップ
無料
砂糖
無料

コンビニコーヒーは100円なのにとても美味しい!

コンビニコーヒーは、100円から飲めて他カフェの飲み物代と比べるとお得になっています。

今回の記事を簡単にまとめると

・コンビニコーヒーがある有名コンビニは7社
・セブンホットコーヒーは酸味からガツンと苦味
・ファミマホットコーヒーは苦味があまりなく酸味が少し効いている
・ローソンホットコーヒーは酸味が少なくコクが深い味わい
・セブンアイスコーヒーは酸味があまりなく苦味がほどよいゴクゴク飲める
・ファミマアイスコーヒーは酸味があまりなく苦味がほどよいゴクゴク飲める
・ローソンアイスコーヒーは苦味が強くコクがしっかり
・備品などの充実さはセブン△ ファミマ〇 ローソン〇

コンビニはどこにでもあるためいつでもコンビニコーヒーを利用することができます。それぞれ特徴があり、自分好みにあったコンビニコーヒーを選んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、筆者が一番好きなのは「ファミマのアイスコーヒー」です。

わや

この記事を書いた人

わや

広島出身の「わや」です。 主に、ビジネス・デジタル・お金のジャンルを書いてます。 ガジェットとビジネス本を読むのが大好きです。 スタバ店員とプログラミングの先生の経験あり! 皆様が楽しめる記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする