ヘルスケア

酵素とは?その成分と効果を徹底解説!ダイエット・美容・健康

酵素酵素ドリンクサプリ効果健康ダイエット美容

ダイエットや美容・健康に良いと言われている「酵素」

「酵素を取り入れると痩せる」
「酵素は体にいい」

というイメージがありますが、実際に酵素に関して理解していない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、酵素とは何か。酵素の成分と効果、さらには、酵素ドリンクの選び方を紹介致します。

目次[ 表示 ]

酵素とは?

ここでは、そもそも「酵素」って何?ということから酵素の種類を紹介していきます。

酵素ってそもそも何?

私たちの体の中では、様々な化学反応が起こっています。その化学反応を起こすために、必要なタンパク質が「酵素」です。生物は食べ物を摂取した後に、消化・吸収・代謝を行います。これらの化学反応には酵素が必要不可欠です。

しかし、タンパク質を分解する酵素は、タンパク質しか分解することができず、でんぷんや脂質を分解することはできません。このように酵素はそれぞれの特定の反応しか触媒することができないため、人の体には、約5000種類の酵素があると言われています。

酵素の種類とその働き

酵素は以下の4つからの種類が存在します。その4つの酵素の働きを紹介していきます。

消化酵素

消化酵素は、体内に取り入れた食べ物を消化するために消化液に存在する酵素の総称を指します。唾液や胃液、胆汁、膵液などもその1つであり、胆汁以外のほとんどの消化液には、消化酵素が存在します。
摂取した食べ物は、そのまま栄養になるわけではなく、消化器官を通りながら、その器官の消化液に存在する消化酵素によって分解され、栄養素となります。
代表的な例として、炭水化物(糖質)はアミラーゼ、脂質はリパーゼ、タンパク質はプロテアーゼによって分解されます。

これらのように、体に取り入れた食べ物は各消化酵素の働きによって栄養素となり、身体に吸収されます。

代謝酵素

代謝酵素とは、先程紹介した消化酵素以外の酵素を指し、代謝を担っている酵素の総称を指します。消化酵素によって分解され、吸収された栄養素は、体内の細胞に行き渡り、エネルギーを生み出します。これは代謝酵素に働きなのです。

新陳代謝によって健康を維持する作用臓器を正常に働かせる作用なども代謝酵素が関わっています。

SOD酵素

体内に存在する活性酵素はウイルスや病原体などの外敵から身を守ってくれる物質ですが、ストレスなどによって不規則な生活がきっかけで余分に増えてしまうと、生活習慣病や体の不調を引き起こしてしまいます。

SOD酵素は、この増えすぎた活性酵素を除去する働きがあります。活性酵素を除去する働きによって、老化の防止や疾病予防を行い、我々の健康を維持する重要な役割を担ってい増す。

食物酵素

食物酵素とは、食物に含まれている酵素のことを指し、消化を助け、消化酵素の無駄遣いを防いだり、消化酵素を節約し、代謝酵素の量を増やす役割を担っています。それだけなく、代謝酵素の働きをサポートする働きをしています。

この食物酵素は生野菜や生フルーツ、味噌や納豆などの発酵食品などに含まれています。

酵素の効果・不足するとどうなるのか?

ここからは、酵素が私たちの身体にどのような効果をもたらすのか、酵素が不足するとどうなるのかについて解説していきます。

酵素がもたらす体のメリット

まずは、酵素がもたらす効果とメリットについて紹介していきます。

胃もたれ軽減

消化酵素を摂取することで胃もたれを軽減する効果が期待されます。
胃もたれは食べ過ぎなどや胃の消化能力の低下による消化不全の1つです。

胃というのは、消化した食べ物を十二指腸に送る働きをしていますが、胃と十二指腸の間には逆流しないように弁がついており、その弁が消化しきれない食べ物を十二指腸へ送ることを阻む役割も担っています。

胃が消化しきれない食べ物を十二指腸へ遅れず、胃に蓄積され続けるので、胃もたれを起こします。消化酵素には、胃の働きを促進する働きもあるため、胃もたれの軽減が期待できます。

肌の調子を整える

代謝酵素が活性化すると肌の調子を整える効果が期待できます。
新陳代謝は肌荒れやシミ、くすみなどの肌の不調と大きな関わりがあります。

新陳代謝が活性化することで、肌細胞の生まれ変わりが促進されるため、古い肌細胞を新しい肌細胞への生まれ変わりが行われます。

代謝酵素を摂取することで、新陳代謝が活性化され、肌の調子を整えられます。

栄養のめぐりを良くする

食物酵素を取り入れると消化酵素の無駄遣いを防ぐことができ、酵素の分量が代謝酵素へ回すことができるため、代謝酵素が増え、栄養のめぐりをサポートしてくれます。

また、消化吸収率も上がるので、全身に栄養が行き渡ります。

体内環境を整える

酵素は、胃や腸内などの各臓器と関係しています。食物酵素を摂取すると胃と腸で消化され、腸内に残された消化物の量が減り、悪玉菌の発生が抑制され、菌バランスのサポートしてくれます。菌バランスのサポートによって体内環境を整えてくれます。

酵素が不足するとどうなるのか?

これまで、酵素による効果を説明してきました。次に酵素が不足するとどのようなことが起こるのかを解説していきます。

代謝が鈍くなり、血流が悪くなる

酵素が不足してしまうと、代謝が悪くなってしまい、血液中に代謝されなかったものが貯まり血液のめぐりを悪くしてしまう可能性があります。

血液のめぐりが悪くなると体全体に熱を運ぶことができなくなり、体温が下がります。低体温になると酵素の働きが鈍くなるため、免疫力が落ちたり、ホルモンバランスが崩れてしまったり代謝が鈍くなったりと悪循環に陥ってしまいます。

太りやすくなる

酵素が不足すると代謝されない栄養が体に貯まり栄養過多になってしまいます。栄養過多になると栄養を使いきれず、脂肪として溜まるため太りやすくなります。

食事制限や運動をしても痩せないという人は酵素が不足し、栄養を消費できていない場合があります。

酵素ダイエットのやり方や効果

酵素はダイエットにもよく活用されます。酵素ダイエットとは、食物酵素の力を利用し消化力や代謝を促進し、太りずらく痩せやすい体をつくるというものです。

酵素ダイエットの期待できる効果とやり方

酵素ダイエットにどのような効果があるのか、そしてそのやり方を紹介していきます。

期待できる効果

前述した通り、酵素の量が多いと血液循環や運動機能などの体の機能が円滑に働きようになり、栄養やエネルギーをうまく消費されやすく、太りにくい体になり、結果的に痩せすくなります。

ダイエット効果以外にも肌の調子が良くなったり、便秘解消に繋がることも酵素ダイエットでは期待できます。

やり方

酵素ダイエットのやり方はシンプルで酵素の含まれる食べ物やサプリメントを毎食取り入れるというものです。

酵素を多く含む食べ物として、大根やブロッコリースプラウト、パイナップル、キウイ、納豆、味噌などが代表例として挙げられます。注意点としては酵素は熱に弱いので、加熱せずに摂取することが重要です。

また、食べ方にも注意したいです。味噌や大根のぬか漬けには塩分が多いため、血圧を上げてしまう危険性があり、パイナップルなどの果物の糖は吸収が早く、血糖値が上がる危険性あります。そのため、食事のバランスに気を付ける必要があります。

酵素を上手に摂取するためには

酵素ダイエットをするうえで、上手に酵素を摂取する必要があります。そこで摂取するためにはどうするべきかを紹介していきます。

生野菜やフルーツを食べる

新鮮な野菜やフルーツには、酵素が多く含まれています。先程紹介した通り、酵素は熱に弱いです。そのため、野菜を摂りたい場合は野菜炒めなどではなく、サラダなどにして生野菜を摂取するようにしましょう。

また、その季節の旬の野菜ならさらにGOODです。食材が旬で元気であるということは酵素の力によるものだと言われています。そのため、旬な野菜をサラダで摂るという形が最適です。

発酵食品を食べる

味噌、漬物、チーズ、鰹節などの発酵食品には、酵素が多く含まれています。

発酵食品は、乳酸菌などの微生物によって食材のタンパク質うや糖などが分解され、作られています。発酵食品は微生物がある程度の消化してくれているので、体内に入った後は少量の消化酵素で消化できるので、体内の酵素を無駄遣いすることなく消化できるというわけです。

水分をしっかり摂る

体内の老廃物を外に出すためにも、水分をしっかり摂ることも大切になります。
老廃物を排出するためには、酵素の力だけでは難しいので、水分を摂取し酵素が代謝してくれた老廃物を体の外に排出しましょう。

おすすめは、朝起きたら白湯を飲むことです。白湯を飲むことで代謝によって溜まった老廃物の流れを良くし、排出がすんなりできます。

酵素ドリンクを飲む

本格的なダイエットをしたいのであれば、1日の食事のどこかを酵素ドリンク変えてみるのもいいでしょう。酵素ドリンクはその名の通り、酵素を多く含んだ飲み物になるので、代謝アップが期待できるうえに水分も摂ることができるので、一石二鳥です。

【ダイエット】酵素ドリンクの選び方

酵素ドリンクと言っても、種類が豊富にあり、どれを選べが良いか分からないと思います。
酵素ダイエットする際の酵素ドリンクを選び方を紹介していきます。

酸や熱に強いものか

酵素は基本的に酸や熱に弱いです。ただ、「エンザミン」という酵素は酸や熱に強く、質の良い酵素ドリンクによく使用されます。エンザミンが含まれる酵素ドリンクは酸や熱に強く、体内にしっかり吸収されるので、おすすめです。

無農薬で安心なものか

酵素ドリンクを選ぶには、無農薬で安心な材料から作られているのかも確認する必要があります。それに加えて、原産地も確認しておきましょう。原産地が明記されていない酵素ドリンクよりも明記されている酵素ドリンクの方が信憑性が高く、安心です。

無添加であるか

添加物は体の中の酵素を壊してしまうので、無添加かどうかも注意すべき点です。1日の食事のどこかを酵素ドリンクに置き換えるのであれば、空っぽになった体の方が添加物を吸収しやすくなるので、気を付ける必要があります。

酸素原液で薄められていないか

酵素ドリンクの中には、「植物発酵抽出物」や「野草発酵エキス」と明記されているものがあり、その場合酸素原液で薄められていることがあるので注意しましょう。植物原料100%のものは薄められていないので、原材料のみが明記されていることが通常です。

酵素を増やすためにはどうするべきか

酵素を増やすためには、普段の生活をしっかりする必要があります。
普段の生活の中で、酵素を増やすためにどうするべきなのか。

食生活を見直す

食生活が乱れていると、酵素は減少してしまいます。
先ほどから紹介している生野菜やフルーツ、発酵食品などの酵素の多い食べ物を積極的に取り入れるようにしましょう。

できるだけ体を温かくする

体を冷やさないように、できるだけ体を温かくすると酵素が活性化し、少量の酵素で働くことできるので、酵素の消費量を少なくすることができます。

特に腹部、首、足、腰をしっかり温めて、血流を良くしましょう。

ストレスを溜め込まないようにする

過剰なストレスを溜め込んでしまうと、酵素の動きを妨げたり、ストレスホルモンの分泌によって、酵素の消費量が増えてしまいます。
運動などでしっかりストレス発散を行い、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

睡眠時間をしっかり確保する

睡眠時間が短いと体が老化傾向になってしまい、酵素の量も減ってしまいます。
酵素は睡眠中に作られているため、睡眠時間をしっかり確保するようにしましょう。

酵素をしっかり取り入れて美容・健康両方手に入れよう!

ここまで解説してきた通り、酵素を取り入れることで代謝が上がり、美容にも健康にもいいと言われています。

酵素が不足しないように普段から野菜やフルーツを摂ったりするだけでも体は変わります。

酵素ダイエットをする時は、基本的に食べ物や酵素ドリンクで補うため、食事のバランスを崩さないように心がけましょう!

りょうすけ

この記事を書いた人

りょうすけ

神奈川県出身の「りょうすけ」です。 主に、エンタメ・スポーツ・暮らしのジャンルを書いてます。 アイドルとヤクルトスワローズが大好きです。 野球とバドミントンの経験があります。 皆様の人生にプラスになるような情報をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする