ヘルスケア

目の疲れを改善する方法やグッズ20選|疲れ目を防止する方法も紹介!

目の疲れ眼精疲労ドライアイ目薬人気ストレス解消アイマスクおすすめ

2022/01/20

スマホやパソコン作業が日常的になっている現代では、特に目を酷使している意識が無くても知らないうちに疲れさせてしまっているケースがあります。
目の疲れは、「眼精疲労」と言われ、ずっと放っておくと慢性的な肩こりや身体の不調などに繋がってしまいます。こういった日常の目の疲れを解消するには、毎日の生活習慣やケアが必要になってきます。
今回は、そんな疲れ目を改善するおすすめグッズや方法を紹介していきたいと思います!目が疲れる原因と対策法を知って、効率良くケアをしていきましょう!

目次[ 表示 ]

目の疲れ(眼精疲労)が起こる原因ってなに?

疲れ目(眼精疲労)の仕組み

目の使いすぎによって、目だけでなく全身に疲れやダルさを感じる状態を「眼精疲労」と言います。テレビ、パソコン、スマートフォンなどの画面を長時間見たり、メガネやコンタクトの不具合で目に負担がかかることなどで起こりますが、精神的なストレスも原因になっている場合もあります。

眼精疲労には、目の「自律神経」が深く関係しています。自律神経は、私たちの目がピントを調節するときに、「交感神経」と「副交感神経」があり、身体のオンとオフを切り替えるスイッチとして働きます。
遠くを見るときには、交感神経が優位になります。交感神経は、活動しているときに優位になり、目や身体を緊張させるように働きます。逆に近くを見るときには目や身体をリラックスさせる副交感神経が優位になります。

このように、交感神経と副交感神経がうまく切り替わることで、目のピントを正しく調節することが出来るのです。しかし、現代社会の私たちはこの「自律神経のバランス」が非常に崩れやすくなっているのです。
例えば、仕事をするときには交感神経が優位になることが正常ですが、デスクワークでパソコンを操作していると、近くのものを見ることになるため、副交感神経が優位になります。このような自律神経のバランスが崩れた状態が長く続くことで、「眼精疲労」に繋がるのです。

ここからは、実際に目の疲れとなる主な原因を4つ解説していきます!

目を酷使している

目に負担をかけすぎると、目の中の細胞や筋肉が疲れてしまいます。
私たちの眼球は、筋肉に支えられた状態にあります。眼球を動かすほど筋肉が疲れそうですが、実は長時間動かさないことによって疲れが蓄積されます。
特に疲れやすいのが「毛様体筋」という、ピントを合わせるときに動く筋肉です。パソコンやスマートフォン、テレビなどは比較的至近距離で見続けるので、毛様体筋が緊張し続けて硬直してしまい、他の場所へ目線を移動させるとなかなかピントが合わずにぼやけた感じになってしまうのです。

VDT(Visual Display Terminal)ストレスを知っていますか?

パソコンなどのディスプレイを長時間見続けると、目の酷使のほか、画面を凝視するため、まばたきの回数が減り、目が乾いた状態となりやすく、さらに目が疲れやすくなります。このように画面を見て操作する必要のあるパソコンやスマホなどは、必要以上に目を酷使するため、「VDTストレス」と言われています。

ドライアイ

疲れ目になる人の6割は「ドライアイ」だと言われています。ドライアイと言っても、ただ単に目が乾くという単純なものではなく、しっかりとした目の病気として認識されています。
ドライアイとは、何かしらの原因で眼球を守るための涙が不足する病気で、年齢やエアコン、パソコンやスマートフォンの使用といった様々な原因が考えられます。目が乾いた状態になることから、違和感や見づらさ、痛みなどを感じます。そのため目にかかる負担が大きくなり、疲れ目になりやすくなります。
ドライアイは角膜が傷つきやすい状態となるので、疲れ目だけでなく炎症を起こしたり視力の低下を引き起こす危険もあるので、気付いた時点で早急なケアをするようにしましょう!

視力が悪い

疲れ目の原因として、遠視や乱視、老眼などの視力に関わるものがあります。
視力が悪いから目が疲れるというよりかは視力に合った眼鏡、コンタクトをしていないというのが原因です。
私たちは、寝るとき以外常に目を開けて何かを見ている状態なので、「見づらい」という感覚は多大なストレスになります。特にしっかりと何かを見ようとする際には、必要以上に目をこらえて見なければなりません。

そうすることで目の筋肉はもちろん、首や肩までストレスを感じてしまいます。また、視力に合ったものを使っていても、コンタクトレンズを使用している場合は目が疲れやすくなります。本来目の中には無いものを入れているので、何かしらの負担はかかってしまうのです。そのため、しっかり目を休ませてあげることを意識しましょう。

何かしらの病気・全身の異常の場合

疲れ目の原因は、疲れに限ったことではありません。何かしらの病気にかかると必然的に目が疲れやすくなったり、重くなって見づらくなることがよくあります。
普段私たちが引き起こす身体の不調として、風邪やインフルエンザ、また更年期障害などが主に疲れ目を引き起こすとされています。

疲れ目と病気は一見何の関係も無さそうに思えますが、目は身体の中でも非常に弱い部分なので、些細な体調不良にも影響を受けやすくなっています。
他にも、目の疲れを引き起こすと考えられる病気を下記にまとめているので、原因不明の目の疲れを感じたときにはこれらの病気も疑ってみましょう。

目の疲れを引き起こす病気

  • 風邪・インフルエンザ
  • 自律神経失調症
  • 更年期障害
  • 虫歯・歯周病
  • 耳や鼻の病気

目の疲れ(眼精疲労)を抑える改善法を紹介!

目の周りの筋肉をほぐす

自分で出来るセルフケアの1つとして、目の周りの筋肉をほぐすマッサージをおすすめします。私たちの身体は全て繋がっているので、目の筋肉を酷使すると首の筋肉が凝り、肩も凝ってくるという悪循環に陥っていきます。また、長時間同じ姿勢で作業すると筋肉が緊張するため血流が悪くなってしまいます。
作業の合間などに、マッサージ、ツボ押し、目の運動などを行い、目の周りの筋肉の緊張をほぐすようにしましょう。

マッサージと目の運動

マッサージと目の運動

引用元:薬と健康の情報局

ツボ押し

ツボ押し

引用元:薬と健康の情報局

生活習慣を改善する

目を疲れさせない生活習慣の改善も大切です。テレビやスマートフォンを見る時間を短くしたり過労や睡眠不足を避けて、目のストレスの無い生活を心がけましょう。
また、目に良いとされる食品を摂ることも重要です。
たとえば、
・レバー
・うなぎ
・豚肉
・ビタミンA、ビタミンB1・B6、ビタミンEが豊富な食品
が目の筋肉や神経の働きを保つとされています。抗酸化作用を持つ「アントシアニン」を含むブルーベリーなども目の疲れの回復に良いとされています。

医療機関での受診

もし、セルフケアでも症状が重かったり長引いたりする場合は、眼科を受診しましょう。緑内障白内障などの目の病気が隠れている場合があります。脳神経疾患など全身の病気が原因になっている場合もあるので、疑われる場合は専門医を受診しましょう。
老眼で見えづらくなった、メガネやコンタクトレンズの度が合っていないと思われる場合は、眼科で検査を受け、適切に矯正しましょう。

目の疲れ(眼精疲労)におすすめのグッズ6選!【サプリメント編】

ここでは、目の疲れ(眼精疲労)に効果的なサプリメントの紹介をします!
目の疲れは部分的なケアでも緩和させることが出来ますが、本格的なケアをするなら身体の内側からも有効成分を摂取するのが最も効果的です。
特に仕事で忙しい人は食事の栄養バランスも崩れやすいので、こういったサプリメントを取り入れるのが手っ取り早いでしょう。
また、眼精疲労に有効な成分としてビタミン類が豊富に配合されているので、不足している栄養分を補うことも出来ます。

えんきん|ファンケル

ファンケルから発売された、疲れ目のピントを調整してくれるサプリメントです。
視界のぼやけを緩和すると言われている「ルテイン」が多く含まれています。ルテインには、光からの刺激を守ってくれる「黄斑部」と呼ばれる部分の色素を増やす役割があります。長時間集中して作業していると視界がぼやけてくるのですが、ルテインが含まれたサプリメントを摂取することでピントも調整しやすくなります。
ブルーベリーやほうれん草、魚を食べることで得られる成分が1日2粒の中に凝縮されているため、毎日の摂取もとても簡単でおすすめです。

大正ブルーベリー|大正製薬

大正製薬から発売されているビルベリー成分配合のサプリメントです。
目のピントを調整してくれる栄養成分がたっぷり含まれているので、ぼやけがちな視界もクリアになります。
アルミパウチ包装なのでどこにでも持ち運びやすく、毎日の摂取にも嬉しい機能性表示食品です。目の疲労感を軽減してくれる、ビルベリー由来のアントシアニンが1日2粒にたっぷり含まれています。スマホやパソコンの見過ぎはもちろん、新聞や本の小さな文字を読む際のストレスを軽減してくれます。

アサイベリープラチナアイ|ふくふく本舗

こちらは、発売後わずか2年で20万袋の売り上げを突破したアサイベリープラチナアイです。目に良いとされるブルーベリーの18倍ものポリフェノールを配合しており、アマゾンで採れるスーパーフルーツの1つであるアサイベリーを贅沢に使用しています。
アサイベリープラチナアイには、4種の果実が含まれています。それぞれ目に嬉しい効果が期待でき、他社製品よりも成分配合量が多いのが特徴です。さらに、ブルーライトなどの光を吸収してくれるルテイン、コエンザイムQ10の約1,000倍もの抗酸化作用が期待できる「アスタキサンチン」も含まれています。

ルテイン光対策|DHC

こちらもパソコンやスマホのブルーライトから目を守ってくれるサプリメントです。
1日1粒の摂取なので手軽に始めることが出来ます。また、この1粒のルテイン配合量は16mgと、1日の摂取量としては十分な量が含まれています。即効性はありませんが、毎日飲み続けることで疲れにくい健康な目を作ることができます!

アスタブライトEX|ナチュラス

スマホやパソコンの見過ぎによる、目の疲労感を減らしてくれるサプリメントです。
抗酸化力の高い「アスタキサンチン」が含まれるので、いつもより目の血流をスムーズにしてくれます。目の調整筋を優しくサポートすることで、長時間の疲れを和らげてくれる効果があります。さらに、ビルベリー・ルテイン・DHA・EPA・6種類のビタミンがアスタキサンチンの効果をサポートします。摂取方法も簡単で、1日3粒だけで目に不足しがちな栄養素を補うことができるのでおすすめです。

グミサプリ|UHA味覚糖

こちらは、有効西部のルテインが豊富に含まれているグミタイプのサプリメントです。
ルテインは、目の黄斑の色素密度を上げる働きがあり、ブルーライトや紫外線の光から目を保護してくれます。こちらのサプリでは2粒で10mgのルテインが摂取できるので、効率よく疲れ目予防ができるでしょう。
また、噛んで食べるタイプなので、場所を気にせずに摂取できるのも嬉しいポイントとなっています!

目の疲れ(眼精疲労)におすすめのグッズ5選!【アイピロー編】

ここでは、疲れ目におすすめのアイピローを紹介します!
疲れて血行不良が起きている目をほぐしてくれるのがホットアイロピーです。目だけでなく頭もスッキリさせることが出来るので、疲れの緩和に非常に効果的です。また、リラックスすることで気分のリフレッシュにも繋がります。商品によっては、使い捨てタイプや繰り返し使えるタイプがあるので、自分が使いやすいものを見つけてみてください。

蒸気でホットアイマスク|めぐりズム

こちらは、特許権・意匠権を獲得しているホットアイマスクです。開封するとすぐに40度ほどの温度が10分間続きます。使い捨てにも関わらず、しっかりと蒸気が出るのも魅力的で、家だけでなく、オフィスや旅先などでも大活躍してくれるでしょう!
また、ラベンダーセージの香りがするタイプなので、疲れた目を癒しながら心もリラックスさせることが出来るという優れた商品です。

あずきのチカラ|桐灰化学

こちらは、電子レンジで温めて使うタイプで、およそ250回使用できるアイマスクです。中にあずきが入っているのでしっかりとした重みがあり、デコボコしている表面が程よく目にフィットして良い刺激になります。
ただ本物のあずきを使用しているので温め過ぎるとあずきが焦げてしまうこともあるそうなので、本体に付いている「危険防止サイン」を見て注意しながら使用しましょう!

クリークアイピロー|アイクリーク

こちらは、眼科医監修で開発されたレンジで温めるタイプのアイピローです。こめかみまで覆ってくれる大きめのサイズになっているため、目の周りを全体的に温めることが出来ます。眼精疲労セラピーに基づいた形状が、疲労回復に有効なツボを優しく刺激してくれるので、お風呂上がりのリラックスタイムに使用すると全身が癒されること間違いなしです!

USBホットアイマスク|You&Me

「もう少し長い時間温めたい」という人にはこちらの商品がおすすめです。USB充電が可能で、繰り返し使用することが出来るホットアイマスクです。付属スプレーで水を吹きかければ蒸気アイマスクとしても使用できます。また、アロマオイルを数滴入れれば好みの香りで心もリラックスすることも可能です。カバーを外して洗えるので、衛生面が心配な人でも安心して使うことが出来ます!

目もとエステ|パナソニック

こちらは、パナソニックが販売している目元の立体パルスマッサージャーです。優しい電流が目の周りに素早く行き渡り、目の周りにあるツボを刺激してくれるので、すぐに心地よさを実感できます。目のストレッチと振動によるマッサージはリラクゼーション効果も高く、疲労感の強い目には特に有効です。操作法も簡単なので、日々の習慣としても使いやすいおすすめ商品です!

目の疲れ(眼精疲労)におすすめのグッズ5選!【目薬編】

目のかすみや乾きには点眼薬が最も効果的です。特にコンタクトレンズを使用している人は目が乾きやすく、目の疲れも慢性化しやすいので、こまめに潤いを与えてあげるのが良いでしょう。
点眼薬は目の角膜を覆って保護してくれますし、メントール成分が配合されているものではスーッとした爽快感を得ることもできます。
さらに、最近ではブルーライト用の点眼薬も販売されているようなので、自分に合ったものをチェックしてみてください!

CMプラス コンタクトレンズ用装着液|エイコー

こちらは、コンタクトレンズ利用者の装着薬です。点眼は出来ませんが、コンタクト装着時に1、2滴をレンズに馴染ませてから装着をします。高保温成分のヒプロメロース、ポロビニルアルコールによって、コンタクトを付けたときの潤いが長時間続くようになり、目が疲れなくなる効果があります。
また、タウリンを配合しているので、角膜細胞の栄養補給もしっかりと出来ます。

Vロートプレミアム|ロート製薬

こちらは、目を疲れさせる色々な要因をあらゆる角度からアプローチしてくれる高機能眼科用薬です。眼精疲労に有効な成分が12種類配合されているのですが、この数字は国内最多とされます。目の筋肉や角膜、涙までを1本でしっかりサポートしてくれます。清涼感レベルが高めなので、一滴の使用でもショボショボした目をスッキリさせることが出来ます。

ロートデジアイ|ロート製薬

こちらは、ピント調整を回復させるネオスチグミンメチル硫酸塩と、角膜の代謝を促進させる活性型ビタミンB2が入った目薬です。
パソコンやスマホを長時間使うことでダメージを受けた目をしっかりと修復させてくれます。スムーズに点眼出来るフリーアングルノズルを使っていることから、誰にでも使いやすいおすすめ商品です!

スマイル40プレミアム|スマイル

吸着性ビタミンAがたっぷり配合されている目薬で、疲れて乾いてしまった目にしっかりと潤いを閉じ込めてくれます。
その他にも、眼精疲労に有効な成分が10種類入っているので、これ1本で血行促進や栄養補給が出来てしまう優れモノです。防腐剤が入っていないので、目が弱い人でも安心して使うことが出来ます!

ソフトサンティア ひとみストレッチ|参天製薬

こちらは、コンタクトレンズ着用の人も使用可能な使い捨ての薬用目薬です。
有効成分がビタミンB12、ネオスチグミンメチル硫酸塩、ビタミンB6と必要な成分のみが最大濃度配合されています。さらに防腐剤無添加で、目に優しい商品です。
目の疲れ、ソフトコンタクトレンズまたはハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、眼病予防に有効で、使い捨てなので衛生面も安心して使用出来ます!

目の疲れ(眼精疲労)におすすめのグッズ4選!【メガネ編】

ここでは、おすすめのブルーライトカットメガネを紹介します!
仕事でパソコンを使うときによくブルーライトカットのメガネを着用している人がいます。このブルーライトカットメガネは、疲れ目の大きな予防となるのです。
ブルーライトには有害な紫外線が含まれているとも言われており、直視を繰り返せば視力の低下やドライアイを引き起こす可能性もあります。
ひどい場合は、不眠や気分の悪化を伴う場合もあるので、極力直視することは避けましょう。

ブルーライトカットメガネ|TERASO

こちらは、視界の良さに配慮したクリアレンズを採用し、スタイリッシュなデザインに仕上げたブルーライトカットメガネです。日本規格性能検査耐久性能検査を実施し、壊れにくさと安全性にも配慮しています。実際に掛けたときの不快感を軽減するため、高品質な素材を使用しています。
自分用としてはもちろん、デスクワークが多い友人へのプレゼントとしても人気です。

ブルーライトカットメガネ|キーポイント

こちらの商品は、JIS規格に基づく試験を実施した際、最大99.9%のブルーライトカット率を実現している優れモノです。
柔軟性の高い鼻パッドは鼻筋にフィットし、掛けた時のストレスを感じにくくしています。高い弾力性を持つテンプルを採用し、総重量22gの超軽量デザインに仕上がっています。顔にフィットするブルーライトカットメガネを探している人や、長時間のパソコン作業が多い人におすすめの商品です!

ブルーライトカットメガネ|Dollger

非常に軽く、衝撃性に優れているポリカーボネートレンズと、日本人の顔幅に合った鼻パッドにより快適な掛け心地を実現したブルーライトカットメガネです。丈夫なヒンジを採用しており、高い耐久性も特徴です。オーソドックスなウェリントンタイプなので、どのような顔の形にも合いやすいでしょう。
自分に似合うデザインのブルーライトカットメガネが分からない人は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

ブルーライトカットメガネ|Granvan

こちらは、スマートな印象を与える、丸いレンズと細身のフレームのメガネです。日本人の顔にフィットするように設計されており、長時間使用しても耳や鼻筋が痛くなりにくいのが特徴です。ブルーライト35%カットに加え、紫外線も99%カットします。
ブルーライトによるダメージをカットしつつ、知的なイメージを演出したい人は、ぜひ手に取ってみることをおすすめします。

目の疲れ(眼精疲労)を事前に予防するには?

距離を調整する

日常でパソコン作業を多く行う人は、目とパソコンの画面の間が40センチ以上になるように画面の位置を工夫し、作業姿勢を正しくしましょう。この距離で見にくい場合は、必要に応じて適切なメガネで視力を矯正しましょう!

環境を調整する

室内の照明を、ディスプレイ画面上は500ルクス以下、書類やキーボード上は300ルクス以下になるよう調整しましょう。太陽光が入り込まないよう、ブラインドやカーテンを使用するとなお効果的です。

目を休める

パソコンで1時間の連続作業をしたら、15分程度の休みをとりましょう。休憩が難しい場合は、コピーをとるなどの他の仕事を挟んだり窓の外の景色を見たりして、目を休める工夫をするように意識がけましょう。

改善法と対策グッズで目の疲れ(眼精疲労)を解消しよう

いかがでしたか?スマホやパソコン作業が当たり前になっている現代では、目の疲れ(眼精疲労)に悩まされている人が多くいると思います。しかし、日常で眼精疲労をそのままにしておくと、ストレスや体調不良の原因になってしまいます。少しでも目に違和感やダルさ、疲労感を感じたら、回復する改善法や対処法を実践するようにしましょう!
いち早く眼精疲労を予防し、ストレスのない生活を送れるようぜひこの記事を参考にてみて下さい!

mizuho

この記事を書いた人

mizuho

東京出身のmizuhoです。 主にエンタメ、ビューティ、ファッションを書いています。 特に映画が大好きで、今までで1000本ほど観てきました! 皆さんのためになるような記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする