旅行

【国内旅行編】持っていくべき持ち物リスト!必須・あったら便利等ニーズ別のチェックリスト

旅行の準備荷造り旅のしおり国内旅行旅行

2021/01/25

目次[ 表示 ]

旅行で羽を伸ばすぞ!そんな気持ちに心躍らせて、うっかり忘れもの、、、

なんてことにはなりたくないですよね。

 

旅行前の準備で入れ忘れがないように、よくある忘れ物や、持っていくと便利な物を分野ごとにまとめてみました。

 

パッキングの際や直前の忘れ物チェックの際に参考にしてくださいね。

どんな旅行でも【必須】の持ち物リスト

まずは、どこに行くにも外せない、これさえあれば何とかなる!という持ち物を簡単にリストアップしておきました。

忘れ物が無いかご確認ください。

貴重品系

これがないと何もできない。

絶対に忘れたくない貴重品リスト

 

■現金


カード払いに対応しないお店や、もしものために現金もお忘れなく。

 

■クレジットカード


旅行先のどこにATMがあるか分からないので、持っておくと安心ですね。

 

■キャッシュカード


カードを忘れた、失くしたという時に持って行った現金でお支払いが足りないと大変です。キャッシュカードも持参しましょう。

 

■携帯電話/スマートフォン


連絡手段、検索ツール、マップの役割に加え、お財布の役割も果たすのでまさしく必須アイテムですね。

 

■運転免許証


旅先では身分証として用いるのはもちろん、持っていれば移動が億劫になってもレンタカーを借りて乗ることもできますね。

 

■保険証


楽しい旅行でケガや事故にあうこともあります。万が一に備えて携帯しておきましょう。

 

■航空券や新幹線の乗車券


これを忘れたらアウトですね!移動できないうえに家族や友人に白い目で見られます…

何重にもチェックしましょう。



衣類

■旅行日数分の服や下着


洋服一式を旅先で買うのはもったいない!

旅行後もずっと笑い話として語り継がれてしまうので気を付けましょう。

 

■パジャマ


部屋着がないホテルや旅館もあるので確認が出来ていないときは念のため持参していくと安心です。

 

洗面用具・化粧品など


ほとんどの旅館やホテルは備え付けのものがありますが、肌に合わせてこだわりがある方や、お気に入りがある方は持参しましょう。

 

■化粧品


 

化粧水や乳液はもちろん、クレンジングや洗顔剤も持参しておくとグッドです。

旅行は楽しいけど帰ると肌が荒れる。こんなあるあるとはおさらばしましょう。

 

■メイク道具


自宅の一式を持っていくのはあまりに大変ですが、基本的にどんなメイクにも使っているベースや、持っていく服に合わせたメイクに必要なものだけに絞って持っていくとコンパクトに収納できますね。

 

■コンタクトレンズ用品やメガネ


コンタクトは特に、旅先で落としたり、ホテルに置き忘れることが多いので、替えを多めに持ち洗浄液や予備として眼鏡も持っておくと安心ですね。

 

■髭剃り


 

ホテルの剃刀は切れ味が良く、剃刀負けしてしまうことも多いです。自分が普段から使っているものを持参すると、肌ストレスなくキレイなお顔で遊べますね。

 

■整髪料


出発日にセットしたまま忘れがちですが、旅行中もカッコいい、可愛い自分であるためにも家を出る前に確認しておきましょう。

 

■ホテル備え付けでは不安なもの


ホテルのアメニティーや設備はとても充実しています。しかし、どんなものが用意されているかは行ってみないとわからないことが多いですよね。

旅先で髪がきしまないように、髪に合ったシャンプーやリンスを持参する。

自分に合った枕でないと寝れない方は枕を持参する。

といように、ホテル生活や翌日からのコンディション維持のために、備え付けで不安なものは持参するといいですね。

生活グッズ

■常備薬


普段から飲んでいる薬を忘れると旅先では不安です。

何かあってからでは遅いのでしつこいくらいに確認しておきましょう。

 

■充電アダプタ/充電ケーブル


 

携帯電話や、モバイルバッテリー、他にも髭剃りなど「コード忘れて使えない!」がないようにいくつか用意しておくと便利です。



必須じゃないけど【あったら便利】な持ち物リスト

思い出に残る旅行にするために、持ち物は充実させておいて損はないですよね!

【あったら便利】なグッズをリストアップしたのでチェックしてみてください。

旅を満喫するために

これがあれば…

となりがちな持ち物をリストアップ!

思い切っり旅行を満喫しましょう。

 

■小銭入れ


ちょっとジュースを買うときや、ちょっとコンビニというときに便利。

もたもたせずにスマートにお支払いしましょう。

 

■持ち運び用の三脚


集合写真や、お子さんの元気いっぱいはしゃぐ姿を撮り逃さないために持参するとデキる男ですね。

 

■自撮り棒


大事な人との写真を人に頼まずにたくさん残せます!

旅行動画を取りたい方にも欠かせないグッズですね。

 

■モバイルバッテリー


 

旅行中にスマートフォンの充電が切れたら一大事ですよね。

しっかり充電をしたモバイルバッテリーを持っておくと、写真撮影や車で音楽をかける時などに安心して使えますね。

 

■折り畳み傘


旅先で雨に濡れたくはないですよね。折り畳み傘を忘れずに。

 

■ハンカチ/ハンドタオル


トイレ後や飲み物をこぼしたとき、汗を拭くとき、多めに持っていて損はないのでしっかり準備しましょう。

 

ポケットティッシュ/ウェットティッシュ


鼻をかむにも何かを拭くにもこれがないとすっきりできません。

旅行を楽しむには欠かせないですね。

 

ゴミ袋/ビニール袋


ゴミが出た時や乗り物酔いしてしまった際、持っていると助かります。

レジ袋が有料化したので多く持っておくとちょっとした買い物の際にも便利。

 

■ガイドブック


旅行先の有名店や観光地が一目でわかるので、楽しむためのキーアイテムですね。

予定を立てて、メモしているものがあればくれぐれもお忘れなく。

 

■水筒


 

家族旅行ではお子さんに飲み物を上げるのに必須ですね。

大人のみの旅行でもどこで飲み物が買えるか、ごみが捨てられるか分からないので持っておくと非常に便利です。



快適な宿生活のために

旅行の醍醐味は旅館ホテルでの仲間や家族と過ごす時間ですよね。

その時間を快適に過ごすためにも、あると便利なグッズをご紹介します。

バッグに入れ忘れたものは急いで詰めましょう!

 

電源タップ/延長コード


 

コンセントが人数分の充電コード分無いなんてことはざらです。

電源タップと延長コードがあれば、コンセントに近いベットの取り合いもなくなるかもしれませんね。

 

■圧縮袋


旅行前、ホテルでの荷造りを楽にするだけではなく、洋服分のかさを減らして大量のお土産をバッグにしまって手荷物を減らす役割も果たすので、帰りの荷物を気にせず楽しむためにも、あると嬉しいですね。

 

■S字フック


まさに汎用性の塊。

袋をかけてゴミ箱にしたり、服やバッグをかけたり、帽子をかけたり、この後も使うマスクを一旦かけておいたり、あの小さなボディで可能性は無限大です。

 

■ジッパー付きポリ袋


 

ジップロックなどの保存用の袋があると、少し残ってしまったお菓子の保存や、濡れてしまった衣服の保管など様々な場面で活躍します。

 

Bluetoothスピーカー


部屋で気分の上がる音楽をかけたり、スピーカーから音を流してみんなで動画で見ることもできます。

レンタカーで車と携帯を接続できないときも便利ですね。

 

■洗顔料


顔専用の石鹸や洗顔料が備え付けていないホテルや旅館もあるのでお肌が気になる方は持参するといいですね。

 

■歯ブラシ


 

備え付けでは他の人と見分けがつかなくなることもあるので、そんな事態を避けたい方や、歯ブラシにこだわりのある方は、鞄に忍ばせましょう。

 

■綿棒


耳がかゆくなった時やメイク時、小さな傷を消毒する時など以外に汎用性が高い。



移動のお供に

旅行時は、観光や部屋の時間と同じかそれ以上に移動に時間があります。

この時間を快適にする物も持っていると、気持ちよく遊べますね。

 

■アイマスク


 

移動時間に周りの光で寝にくい時、あるととても便利ですね。

 

■耳栓


移動中の安眠の最大の敵は音といっても過言ではありません。小さくて邪魔にもならないので準備しておくと良いかもしれませんね。

 

車用充電器


車の中で携帯を充電できると、写真や動画を思い切り撮れます。

カーナビを携帯電話で行うときにも、充電の消費が激しいのであると嬉しいですね。

 

■ネックピロー


首を安定させてや和夜会所に頭を載せられるので、ぐっすり眠ることが出来ます。

 

■動きやすいスニ―カー


 

とっておきのおしゃれ靴一日移動しては疲れてしまうので、履き替える用の楽な靴を持っていくと、旅行中足も元気なままで色々なところへ行こうと思えますよね。

 

■ETCカード


公道で行こうとしても、道の混み具合で高速に切り替えたい場面も出てくるかもしれません。持っていて損はないですね。

もしもの時のために

楽しいイベントに行く前から悪いことは考えたくないですが、備えあれば患いなしです。

もしも、、、のために準備して行きましょう。

 

■マスク


マスクが汚れてしまったり、切れてしまった時。急病人が出た時のために、予備も持っていきましょう。

 

■絆創膏


 

擦り傷や、靴擦れを想定して何枚かは鞄に忍ばせておくと安心ですね。

 

胃薬・頭痛薬・酔い止め薬など


楽しい時間で突然体調が悪くなってしまったとき、薬さえ飲めばこの後も楽しめるという時のために、普段からよく使う薬や、旅行にありがちなトラブル用の薬を準備しておきましょう。

 

■ペンやメモなどの筆記用具


突然の事故やポイントカード作成、仲間への置手紙など、急に必要になることがあるのでバッグや車に積んでおくと便利です。

 

■吸水性の高いタオル


急な雨や、飲み物をこぼしたとき、汗などタオルが必要になるトラブルは多いです。

ハンドタオル以外にも吸水性がいいものを持っておくと、もしも、、、に活躍出来ます。



【女性】が持っていくと便利な持ち物リスト

旅行の荷物はどうしても男性より女性の方が多くなりますよね。

そのどれもが現地でないと困ってしまうもの。

このリストを出発前のラストチェックにぜひ使ってみてください。

ヘアケア

髪がキマらないと観光どころではありません。

ヘア関連をリストアップしておきましょう。

 

■ドライヤー


ツヤ髪の維持にはドライヤーが大切!

ホテルの備え付けで不安なら持参を考えるのもアリですね。

 

■ブラシ


ヘアブラシも同様に、適当なものでは抜け毛が出たり髪の量が多いとホテルのでは折れたりしてとかせないこともありますよね。

 

■ヘアアイロン


アイロンは備え付けがないホテルもありますし、髪型や好みで太さや出したい温度も変わってきます。多少荷物でも持参できると楽ですね。

スキンケア

お肌は女の子の命。

なるべく普段通りの環境、ケアが大事です。肌に合ったスキンケアグッズを持参しましょう。

 

■化粧品


化粧水や乳液、フェイスマスクといったお肌のうるおいなどを整えるものは、なるべくいつもと同じ肌に合ったものを使いたいですよね。

スプレー式の携帯化粧水などもあると便利!

 

■メイク用品


下地やリップ、マスカラといったメイク用品に加えてメイク落としも忘れずに。

コンビニなどでも買えますが、もったいないので忘れないようにチェック。

また、紫外線と戦う女子にとって日焼け止めも必須ですね。

お部屋用グッズ

ホテルのお部屋で快適に過ごすため、翌日に疲れを引きずらないために持っていきたいお部屋用グッズをリストアップ

 

■入浴剤


宿泊先がホテルなら、客室のお風呂でも気分を上げて疲れを抜けるように入浴剤を持っていくと女子力高めですね。

 

■むくみ防止用着圧ソックス


たくさん歩く旅行こそ、翌日の足のむくみ防止や、足の疲れが抜けないなんて事態を防ぐためにも忘れないようにしたいですね。

 

■足爽快シート


疲れた足を開放してくれます。



女子力見せつけグッズ

女子旅や彼との旅行で可愛らしさをアピールできるグッズも忘れられません

 

■可愛い部屋着/パジャマ


 

ホテルの部屋着や旅館の浴衣もいいけど、とっておきのパジャマで可愛さマックスのあなたを見てもらいましょう。

 

■すっぴん用メガネ


 

普段から使っているものや旅行用のおしゃれなメガネを忘れずに持っていきましょう。

部屋でもコンタクトは疲れちゃいますし、ギャップも見せれて一石二鳥です。

 

■簡易加湿器


部屋のにおいが気になるときに便利です。

消臭剤やいい香りのアロマも持っていけば女子力の高さも気付いててもらえますね。

 

便利グッズ

女子ならではの便利グッズも忘れずカバンに忍ばせましょう!

 

基礎化粧品小分けパック


メイク道具や化粧品を小分けにして簡単に管理できます。

 

■楽なお洋服


肌寒い時にサッと羽織れるパーカーやカーディガン。

ゆるめなワンピース。予備ストッキング。

ブラトップキャミソール。五本指ソックス。

こういった洋服を持っておくと、観光中やお部屋の時間を快適に、楽にしてくれます。

 

■腹巻


男性との旅行では室温が低めになることもありますし、山の方への旅行はお腹を冷やしやすいです。

そんな時には腹巻があると便利です。

 

■折り畳みサブバッグ


 

鞄に忍ばせておくと、部屋に荷物を置いてから出かけるときにとっても便利です。

ビニール袋が有料化したいま、ちょっとコンビニなんて時にもあると役立ちますね。

 

■カイロ


貼るタイプや持っておくタイプ、靴に忍ばすタイプ。

何種類か持っておくとシーンに合わせて選んで使えますね。

 

■生理用品


生理用品は必ず持つようにするとは思いますが、普段使っているものを多めに持つだけでなく、急にスポーティーなことをすることになったり、いつもよりも多い時のために複数種類持っておくと安心ですね。

お薬もなるべく多めに持っておくようにしましょう。



まとめ

旅行は行く前から楽しいですよね。

楽しいことを考えながらの準備は自然と笑顔になるものです。

その笑顔が、旅先で崩れないためにも、忘れ物がないように、そしてより楽しく安心して過ごせるように荷造りは複数回チェックしておきましょう。

この記事で挙げたものから必要なものを選んで、多すぎず足りないということもない、自分に合った旅支度をしてみてください。



Mola!編集部

この記事を書いた人

Mola編集部

SHARE

この記事をシェアする