旅行

沖縄本島周辺で絶対行くべき観光スポット20選!定番名所から穴場まで

穴場沖縄観光定番名所沖縄本島周辺おすすめ旅行

2021/12/02

沖縄には多くの観光地があり、どこに行こうか迷いますよね。沖縄といえば「海」ですが、他にも魅力的なものがたくさんあります。

そこで今回は、沖縄本島周辺で絶対行くべき観光スポットを20選に厳選して紹介していきます。沖縄本島周辺の有名なところから、あまり聞きなじみのないところまで紹介します。

沖縄に行くときの参考にして、沖縄旅行を満喫してください!

目次[ 表示 ]

沖縄本島周辺で絶対行くべき観光スポット20選

それでは早速ですが、沖縄本島周辺で絶対行くべき観光スポット20選を紹介していきます。

1.国際通り【那覇市】

引用元:楽天トラベル

沖縄屈指の観光地である国際通りは、約1.6kmの通りに沖縄ならではのお店が立ち並び、活気にあふれている場所です。戦後の復興が早かったことから「奇跡の1マイル」と呼ばれています。

現在はレストラン・雑貨店・お土産屋・ホテルなど、約600もの店舗があるので、食べ歩きからお土産購入まで1日中楽しめます!

毎週日曜日の12時~18時には、県庁北口から約1.3kmが歩行者天国になり、各種イベントが開催されるので、歩きながら鑑賞してみてはいかがですか?

詳細情報

所在地
沖縄県那覇市牧志
アクセス
ゆいレール「牧志」駅より徒歩約9分
那覇空港より車で約15分
営業時間
店舗により異なる
休業日
店舗により異なる
料金
店舗により異なる
公式サイト
https://naha-kokusaidori.okinawa/

2.沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)【那覇市】

引用元:おきなわ物語

沖縄県立博物館・美術館は、沖縄の城「グスク」がイメージされた施設です。博物館と美術館が併設されているため、沖縄の歴史や芸術などを両側面から味わえます。愛称は「おきみゅー」。

博物館の無料ゾーンにある「ふれあい体験室」では、常設展示の内容と関連した体験キットを使って遊びながら学ぶことができます。例えば、本物の芭蕉布の着物を着たり、沖縄の三線を弾くことができ、子供も大人も楽しめます!

美術館では、近現代美術作品が展示されています。

イベントなどが定期的に行われるので、何回訪れても楽しめます。カフェや限定品が並ぶショップもあり、ゆっくり過ごすことができる点もおすすめポイントです!

詳細情報

所在地
沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
アクセス
ゆいレール「おもろまち」駅より徒歩約10分
営業時間
火・水・木・金:9:00~18:00(入館は17:30まで)
金・土:9:00~20:00(入館は19:30まで)
休業日
毎週月曜日
年末年始
メンテナンス休館
料金
・博物館常設展
一般:530円
高大生:270円
県外小中:150円
・美術館コレクション展
一般:400円
高大生:220円
県外小中:100円
公式サイト
https://okimu.jp/

3.波上宮【那覇市】

引用元:沖縄REPEAT

波上宮は「琉球八社」の1つで、その中でも最も格式の高い神社です。パワースポットとしても有名で、正月三が日は多くの参拝者で大変混雑します。恋愛成就や安産祈願が有名ですが、他にも厄除・家内安全・商売繁盛などのご利益があると言われています。

断崖絶壁の岩の上にある本殿の景観が圧巻です!

下には「波の上ビーチ」という地元民に愛されるビーチが広がっています。参拝の後に立ち寄ってみてはいかがですか?

詳細情報

所在地
沖縄県那覇市若狭1-25-11
アクセス
ゆいレール「旭橋」駅より徒歩約10分
那覇空港より車で約12分
営業時間
参拝:いつでも
お守り購入:9:00~17:00
休業日
年中無休
料金
入場無料
公式サイト
http://naminouegu.jp/

4.沖縄美ら海水族館(海洋博公園)【本部町】

引用元:沖縄美ら海水族館 公式サイト

美ら海水族館は海洋博公園の中にあり、世界最大級の水槽を持っています。「黒潮の海」で、ジンベエザメやマンタをはじめとした多様な魚が優雅に泳ぐ姿は圧巻です!沖縄の海の世界が再現されていて、沖縄の海の魅力を近くで感じることができます。

他にも、「サンゴの海」や「熱帯魚の海」、「深層の海」など、ここでしか見れない魚もいるので訪れた際には見てみてください。

周辺にはイルカショーが見れる「オキちゃん劇場」や「ウミガメ館」、「マナティー館」、「エメラルドビーチ」などがあり、見どころ満載です。様々なプログラムやショップがあるため、家族連れでも楽しめます!

詳細情報

所在地
沖縄県国頭郡本部町石川424
アクセス
那覇空港より車で約2時間
営業時間
通常期(10-2月):8:30~18:30(入館締切17:30)
夏期(3-9月):8:30~20:00(入館締切19:00)
休業日
12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金
・8:30~16:00(通常料金)
大人:1,880円
中人(高校生):1,250円
小人(小・中学生):620円
6歳未満:無料
・16:00~入館締切(4時からチケット)
大人:1,310円
中人(高校生):870円
小人(小・中学生):430円
6歳未満:無料
公式サイト
https://churaumi.okinawa/

5.水納ビーチ(水納島)【本部町】

引用元:本部町観光協会 公式サイト

水納島は、周囲約4km・人口わずか50人ほどしかない小さな島で、その三日月型の形から「クロワッサンアイランド」と呼ばれています。

本島から近いため、日帰りで楽しめるのもポイント。島の西側にある水納ビーチは砂浜が美しいことで人気があります。

透明度が高いエメラルドグリーンの海で、シュノーケリングや体験ダイビングなどのマリンスポーツを通して魚と一緒に泳ぎましょう!

詳細情報

所在地
沖縄県国頭郡本部町瀬底水納島
アクセス
渡久地港より船で約15分
営業時間
遊泳可能期間:4月~10月
遊泳可能時間:8:00~17:00(季節により異なる)
休業日
年中無休
料金
入場無料
公式サイト
https://www.motobu-ka.com/tourist_info/tourist_info-post-690/

6.真栄田岬・青の洞窟【恩納村】

引用元:World Diving

真栄田岬はダイビングとシュノーケリングの人気スポットで、「青の洞窟」として知られています。洞窟に太陽光がさすことで青く光って見えることから青の洞窟と呼ばれています。

海は透明度が高く、カラフルな熱帯魚やサンゴ礁など、沖縄の海を味わうことができます。

また、泳がない方でも展望台から海を一望できるので、万人におすすめです!

詳細情報

所在地
沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1
アクセス
那覇空港より車で約1時間
営業時間
管理事務所:8:30~17:30
駐車場:7:00~19:00
シャワー・ロッカー・ドライヤー:7:00~18:30(季節により異なる)
休業日
1月1日、2日、3日
料金
入場無料
公式サイト
https://maedamisaki.jp/

7.玉泉洞(おきなわワールド)【南城市】

引用元:旅ぐるたび

沖縄には600か所以上の鍾乳洞がありますが、その中でも最大の鍾乳洞が玉泉洞です。全長5000mに及ぶ玉泉洞は、約30万年の年月をかけて創られ、100万本以上の鍾乳石があります。その内、一般公開されているのは890mですが、迫力満点です!

おきなわワールドには、他にも「熱帯フルーツ園」や「琉球ガラス王国工房」など、たくさんの見どころやイベントがあります。沖縄の魅力が詰まった観光地なので、ぜひ足を運んでみてください!

詳細情報

所在地
沖縄県南城市玉城字前川1336
アクセス
那覇空港より車で約30分
営業時間
9:00~17:30(最終受付:16:00)
休業日
年中無休
料金
大人(15歳以上):2,000円
小人(4歳~14歳まで):1,000円
公式サイト
https://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

8.ガンガラーの谷【南城市】

引用元:おきなわ物語

ガンガラーの谷は、数十万年前に鍾乳洞が崩れたあとに、亜熱帯の森が広がってできた場所です。「港川人」という古代人が住んでいたと言われ、現在でも発掘調査が継続されています。約1kmの道のりの中で、太古の自然を堪能することができます。

洞窟内にある幻想的な雰囲気の「ケイブカフェ」もおすすめです!

基本的には、ツアーに申し込む必要があります。ツアーには約1時間20分かかるので、時間に余裕をもって予定を立てましょう。

詳細情報

所在地
沖縄県南城市玉城字前川202
アクセス
那覇空港より車で約30分
営業時間
9:00~17:30
休業日
年中無休
料金
大人:2,500円
中学生以上の学生:1,500円(学生証提示必要)
保護者同伴の小学生以下:無料
公式サイト
https://gangala.com/

9.OKINAWAフルーツらんど【名護市】

引用元:沖縄ラボ

OKINAWAフルーツらんどでは、マンゴーやパパイヤをはじめ、30種類以上の南国フルーツが栽培してあります。南国気分を味わいながら、珍しいフルーツを見ることができます。他にも、カラフルな鳥たちと触れ合うことができたり、ショッピングを楽しめたりします。カフェやレストランも併設していて、南国フルーツやここでしか味わえないスイーツを食べることができます。

また、子どもが喜ぶスタンプラリーが行われており、フルーツについて学びながら19個のスタンプを集めるとオリジナルプレゼントがもらえます。家族連れでも、友達とでも楽しめるので、ぜひ足を運んでみてください!

詳細情報

所在地
沖縄県名護市字為又1220-71
アクセス
那覇空港より車で約1時間40分
営業時間
9:00~18:00(最終入園受付時間17:30)
休業日
年中無休
料金
大人(高校生以上):1,000円
小人(4歳から中学生):600円
公式サイト
http://okinawa-fruitsland.com/

10.ナゴパイナップルパーク【名護市】

引用元:ナゴパイナップルパーク 公式サイト

ナゴパイナップルパークは、パイナップルをはじめとした南国フルーツがいっぱいのテーマパークです。「パイナップル号」というカートに乗って進んでいくと、植物園内をゆっくり鑑賞できるとともに雨の日でも安心して楽しむことができます。

園内では、パイナップルそのものだけでなく、ジュースやワイン、スイーツなども楽しむことができるので、甘い物好きの方は必見です!

ショッピングコーナーでは、限定のパイナップル製品があるので見逃せません。試食が豊富なので、気に入ったものを購入できますよ!

詳細情報

所在地
沖縄県名護市為又1195
アクセス
那覇空港より車で約1時間40分
営業時間
10:00~17:00
休業日
年中無休
料金
大人(16歳以上):1,000円
小人(4歳~15歳):600円
4歳未満:無料
公式サイト
https://www.nagopine.com/

11.美浜アメリカンビレッジ【北谷町】

引用元:たびらい

美浜アメリカンビレッジは、観覧車・レストラン・映画館・ショッピングモール・ホテルなど、何でもそろっている人気観光地です。おしゃれな街並みで、様々なイベントが行われています。

併設している「サンセットビーチ」では、綺麗な夕日を見ることができます。訪れた際は、海沿いの散策もしてみてください!

詳細情報

所在地
沖縄県中頭郡北谷町美浜
アクセス
那覇空港より車で約40分
営業時間
店舗により異なる
休業日
店舗により異なる
料金
入場無料
公式サイト
https://www.okinawa-americanvillage.com/

12.DMMかりゆし水族館【豊見城市】

引用元:トラベルjp

DMMかりゆし水族館は、最新の映像技術と空間演出が目を引く新しいタイプの水族館です。

水槽のガラスの上を歩けたり、サメやヒトデに触れるタッチプールがあったり、少し変わった体験をすることができます。巨大な円柱型の水槽と光の柱が幻想的な空間を生み出している「クラゲよんなー」では、時間と共に空間演出が変化し、映える写真を撮ることができます!他にも魅力的なスポットがたくさんあるので、ぜひ行ってみてください!

館内には、軽食が楽しめるカフェやお土産が購入できるショップがあるので、水族館を一通り見終わった後に立ち寄ってみてはいかがですか?

詳細情報

所在地
沖縄県豊見城市豊崎3-35
アクセス
那覇空港から車で約20分
営業時間
10:00~22:00(日によって異なる)
休業日
年中無休
料金
大人(18歳以上):2,400円
中人(13歳~17歳):2,000円
小人(4歳~12歳):1,500円
公式サイト
https://kariyushi-aquarium.com/

13.トロピカルビーチ【宜野湾市】

引用元:たびらい

白い砂浜に青く澄んだ海。トロピカルビーチには地元民から若者、外国人観光客まで様々な人が訪れています。

事前に予約すると手ぶらでバーベキューを楽しめるので、沖縄で定番の「ビーチパーティー」を楽しめます!もちろんマリンスポーツも楽しめますよ!

コインシャワーやコインロッカー、レンタルパラソルなどの設備が充実している点も嬉しいですね!

詳細情報

所在地
沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1
アクセス
那覇空港より車で約40分
営業時間
遊泳可能期間:4月下旬~10月末
遊泳可能時間:9:00~19:00(季節により異なる)
利用時間:9:00~21:30(22:00閉門)
休業日
年中無休
料金
入場無料
公式サイト
http://www.ginowantropicalbeach.jp/

14.体験王国むら咲むら【読谷村】

引用元:楽天トラベル

体験王国むら咲むらには32の工房があり、101種類の体験ができます。沖縄そば打ち体験や吹きガラス体験、さらにはジンベエザメと泳げるダイビング体験までできてしまいます。

たくさんの体験メニューがあるので、事前にどれにするか決めてからいくといいでしょう。子どもから大人まで楽しめるスポットなので、家族一緒に行ってみてください!

詳細情報

所在地
沖縄県読谷村字高志保1020-1
アクセス
那覇空港より車で約1時間半
営業時間
9:00~18:00(入園締切17:30)
休業日
年中無休
料金
小学生:400円
中高生:500円
大人(大学生):600円
幼児:無料
公式サイト
https://murasakimura.com/

15.やちむんの里【読谷村】

引用元:読谷村観光協会 公式サイト

やちむんの里は、人間国宝である金城次郎氏がこの地に窯を移転したことをきっかけに発展し、現在では独立した19の工房が集まっています。ちなみに「やちむん」とは沖縄の方言で焼き物のことを指しています。

やちむんの里にはショップやギャラリー、カフェなどがあるので、一日中ゆっくり過ごせます。工房では迫力満点の登り窯があり、作業風景を見学できます。

沖縄を感じられる器から、現代的でカラフルな模様の器もあります。お気に入りの作品を見つけに行ってみては?

詳細情報

所在地
沖縄県読谷村座喜味2653-1
アクセス
那覇空港から車で約50分
営業時間
店舗により異なる
休業日
店舗により異なる
料金
店舗により異なる
公式サイト
https://www.yomitan-kankou.jp/tourist/watch/1611319504/

16.古宇利大橋【今帰仁村~古宇利島】

引用元:おきなわ物語

古宇利大橋は、本島と古宇利島をつなぐ全長約2kmの沖縄本島で一番長い橋です。周囲の海はエメラルドグリーンで美しく、爽快なドライブを楽しめます!

橋のたもとには「古宇利ビーチ」があり、白く美しい砂浜があり、海水浴に人気のスポットです。

古宇利島は別名「恋島」とも呼ばれ、ハートの形をした「ハートロック」も人気です!

 

詳細情報

所在地
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
アクセス
那覇空港より車で約1時間40分
営業時間
いつでも通行可能
休業日
いつでも通行可能
料金
無料
公式サイト
-

17.海中道路【うるま市~平安座島】

引用元:ドライブ旅のみちしるべ

海中道路は、与勝半島と平安座島をつなぐ全長約5kmの橋です。左右見渡す限りエメラルドグリーンの絶景が広がっていて、ドライブデートに最適です!満潮の時に行けば、海を間近で味わうことができます。

途中にある海の駅「あやはし館」には、レストランや特産品が売っているお店があります。あやはし館の近くにある「海中道路ビーチ」は透明度抜群で、マリンスポーツを楽しむ人で賑わっています。

あやはし館を通り過ぎると、平安座島、宮城島、伊計島と続いています。

詳細情報

所在地
沖縄県うるま市与那城屋平
アクセス
那覇空港から車で約1時間
営業時間
いつでも通行可能
休業日
いつでも通行可能
料金
無料
公式サイト
https://uruma-ru.jp/see/sea-road/

18.伊計ビーチ(伊計島)【うるま市】

引用元:Okinawa Holiday Hackers

伊計島へは、沖縄本島から海中道路、平安座島、宮城島を通り、伊計大橋を渡って行くことができます。

伊計ビーチは潮の干満の影響が少なく、透明度が高いため、一日中泳げます。

体験ダイビングやシュノーケルをはじめ、フライボードやマリンジェットなど、多様なマリンスポーツを楽しめます!他にもバーベキューができたり、コインシャワーやコインロッカーがあったりして設備も充実

沖縄らしい南国の海に行きたい方は、ぜひ足を運んでみてください。

詳細情報

所在地
沖縄県うるま市与那城伊計405
アクセス
那覇空港より車で約1時間半
営業時間
9:00~17:00(季節により異なる)
休業日
年中無休
料金
中学生以上(大人):400円
5歳~小学生(子供):300円
4歳以下:無料
公式サイト
http://www.ikei-beach.com/

19.ムルク浜ビーチ(浜比嘉島)【うるま市】

引用元:おきなわLikes

ムルク浜ビーチは、ホテル浜比嘉リゾートが管理している天然のビーチです。手付かずの自然が残る天然のビーチで、「さすが離島!」といった透明度です。

マリンアクティビティが豊富で、「浮原島」までを往復する無人島シュノーケルツアーやダイビングなどが楽しめます。

シーズンになっても比較的空いている穴場ビーチなので、のんびり過ごしたい人におすすめです!

詳細情報

所在地
沖縄県うるま市勝連比嘉202
アクセス
那覇空港から車で約1時間半
営業時間
遊泳可能期間:4月下旬~10月下旬
営業時間:9:30~17:00
休業日
不定休
料金
入場無料
公式サイト
https://www.hamahiga-resort.jp/activity/

20.大度浜海岸【糸満市】

引用元:糸満市HP

大度浜海岸は、ジョン万次郎が幕末にアメリカから帰国する際に上陸したことから「ジョン万ビーチ」とも呼ばれています。

マリンスポーツが盛んで、ダイビングやシュノーケリングが人気です!

ウミガメの産卵場所としても有名なので、時期が合えば見学することもできます!

比較的穴場スポットの大度浜海岸で沖縄を満喫してみては?

詳細情報

所在地
沖縄県糸満市字大度
アクセス
那覇空港より車で約30分
営業時間
-
休業日
-
料金
入場無料
公式サイト
https://www.city.itoman.lg.jp/

沖縄観光をめいっぱい楽しもう!

今回は、沖縄本島周辺で絶対行くべき観光スポット20選を紹介してきました。

沖縄には魅力的なスポットがたくさんあるので、何度行っても飽きません!

行ってみたいと思う場所はありましたか?

沖縄に行った際にはぜひ足を運んでみてください。

tomo

この記事を書いた人

tomo

埼玉県出身のtomoです。主に、スポーツ・レジャー、エンタメ、暮らしの記事を書いています。バスケとアニメとキャンプが大好きです。皆様の役に立つような記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする