エンタメ

夏に聞きたくなる歌25選!盛り上がる曲から切ない曲までおすすめ人気曲を紹介!

フェス夏歌盛り上がる歌切ない歌邦ロックバンド

2022/05/26

今回は夏に聞きたくなる神曲たちを25曲選びました!
みんなが知っている、イベントでかけたら盛り上がること間違いなしの15曲と、夏にしんみりと聞きたい10曲をご紹介していますので、是非ご覧ください!

目次[ 表示 ]

夏曲といえばこれ!盛り上がること間違いなしの15選

1.欅坂46|アンビバレント

※引用元:欅坂46公式サイト

「アンビバレント」は欅坂46が2018年にリリースした曲です。
2つの相反する感情を表現した曲で、欅坂46の中でも特に人気の高い曲です。

イントロからイントロ直後にかけて盛り上がれる曲で、ダンスもかっこいいので、ぜひ映像と一緒に楽しんでください!

2.RADWIMPS|サイハテアイニ

※引用元:RADWIMPS公式サイト

「サイハテアイニ」はRADWIMPSが2017年にリリースした楽曲です。
アクエリアスのCMにも起用された曲であるため、爽やかで勢いのある感じが夏にぴったりの盛り上がりソングです。
曲調が次から次へと変化していくのがRADWIMPSらしくて、聞いていて楽しくなる曲です。

3.backnumber|高嶺の花子さん

※引用元:backnumber公式サイト

「高嶺の花子さん」はback numberが2014年にリリースした曲です。
とても有名な曲で、カラオケでも定番の曲なので、皆さんもうお馴染みの曲だと思います!
back numberは冬の「クリスマスソング」、夏の「高嶺の花子さん」という感じがします!

4.湘南乃風|睡蓮花

※引用元:湘南乃風公式サイト

夏歌で盛り上がる曲といったら、大定番はこの曲でしょう!
湘南乃風が2007年にリリースしてから15年経った今でも若い世代からお父さんお母さん世代にまで高い人気を誇る楽曲です。
「Ah 真夏のJamboree」からのサビにはテンションが一気に上がります!

5.ONE OK ROCK|Wasted Nights

※引用元:ONE OK ROCK公式サイト

「Wasted Nights」はONE OK ROCKが 2019年にリリースした楽曲です。
映画「キングダム」の主題歌にも選ばれ、映画とのマッチがとても印象的でした。
盛り上がる曲ですし、勇気や元気をもらえる曲でもあります!

6.Mrs.Green Apple|WanteD! WanteD!

※引用元:Mrs.GreenApple公式サイト

「WanteD! WanteD!」はMrs.Green Appleが2017年にリリースした楽曲です。
煩わしい人間関係から逃れようとする若者世代へのメッセージになっています。
ドラマ「僕たちがやりました」の主題歌で、この曲でMrs.Green Appleを知ったという人も少なくないのではないでしょうか。
だれでもノりやすく、歌いやすい曲です!

7.Mrs.GreenApple|青と夏

※引用元:Mrs.GreenApple公式サイト

Mrs.GreenAppleからもう一曲ご紹介します。
2018年にリリースした、Mrs.GreenAppleの夏の大定番曲「青と夏」です。
映画「青夏 きみに恋した30日」の主題歌にも選ばれ、『青春の歌』という感じがとても夏らしくていいです。

8.嵐|ハダシの未来

※引用元:Johnny’s net

「ハダシの未来」は2003年にリリースされた曲です。
サビ部分のリズムが特徴的で頭に残りやすく、とてもノれる曲です!
曲名は聞いたことがないという方でも、結構みんなが知っている曲なので、イベントなどでかけてもきっと盛り上がると思いますよ!

9.ORANGE RANGE|ロコローション

引用元:ORANGERANGE公式サイト

「ロコローション」はORANGERANGEが2004年にリリースした楽曲です。
イントロを聞いただけで盛り上がる曲で、みんなで歌いながら踊ることができるでしょう!

10.ORANGE RANGE|イケナイ太陽

引用元:ORANGERANGE公式サイト

ORANGERANGEからも、もう一曲ご紹介したいと思います。
「イケナイ太陽」は2007年にリリースされました。
ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」のオープニングテーマで、聞いていて気持ちがいい曲です!

11.KANA-BOON|ないものねだり

※引用元:KANA-BOON公式サイト

「ないものねだり」はKANA‐BOONが2013年にリリースした楽曲です。
インディーズ時代から演奏していて、ファンの間でも大人気の曲です。
気持ちのすれ違う男女をそれぞれの目線から並列させて描いている歌詞が面白く、キャッチーでノれる曲です!

12.WANIMA|BIG UP

※引用元:WANIMA公式サイト

「BIG UP」はWANIMAが2014年にリリースしたアルバムに収録された曲です。
「モヤモヤさまぁ〜ず2」のエンディングテーマに起用されて有名になりました。
WANIMAと言えば夏のイメージがあります。
この曲は人間味溢れた過激な表現が多く描かれており、聞いていて気持ちよくなります!

13.Mihimaru GT|気分上々↑↑

※引用元:Mihimaru  GT公式サイト

「気分上々↑↑」はMihimaru GTが2006年にリリースした楽曲です。
モノマネ番組などのテレビで聞くことが多い歌なのではないかと思いますが、明るくポップで印象に残りやすいメロディーです。
夏のドライブやパーティーなどで流れたらすごく盛り上がるのではないかと思います。

14.米津玄師|LOSER

※引用元:米津玄師公式サイト

「LOSER」は米津玄師が2017年にリリースした楽曲です。
YouTubeチャンネルの登録者数は日本人アーティストで第一位の米津玄師さんのダンスナンバーです。
バーベキューやドライブで流してみてください!イントロから盛り上がれる曲なのではないでしょうか!

15.UNIZON SQUARE GARDEN|シュガーソングとビターステップ

※引用元:UNISON SQUARE GARDEN公式サイト

「シュガーソングとビターステップ」はUNISON SQUARE GARDENが2015年にリリースした楽曲です。
この曲はアニメ「血界戦線」のエンディングテーマにもなっており、2015年のアニソン年間ダウンロードランキングでは1位になりました。
キャッチーで耳に残りやすいので、思わず口ずさんでしまう曲です!

切ない気持ちになる夏歌10選

1.GReeeeN|キセキ

※引用元:GReeeN公式サイト

「キセキ」はGreeeNが2008年にリリースした楽曲です。
ドラマ「ROOKIES(ルーキーズ)」の主題歌として名が知られたこの楽曲は、平成に発売されたシングル曲を累計ダウンロード数で集計した「レコチョク平成ランキング」で1位を獲得したロング大ヒット曲です。
ドラマのイメージと相まって、この楽曲は夏の歌と考えられますね!

2.クリープハイプ|ラブホテル

※引用元:クリープハイプ公式サイト

「ラブホテル」はクリープハイプが2013年にリリースした楽曲です。

この曲は、冬に比べて夏は大胆な気分になりやすいらしいので、「この出会いや行いは全部夏のせいにしてしまおう」という『ひと夏の男女の物語』です。

夏のせい 夏のせい
夏のせいにしたらいい
それでも駄目なら君のせいにしてもいい
これから季節が冬になってしまったら
誰が温めてくれるんだよ

「私は軽い女ではない、これは夏のせいだ、夏のせいではなかったら彼のせいだ」と言い訳をしているようです。
夏が終わってしまったら彼との関係も終わってしまう。そうしたら「誰が温めてくれるんだよ」と喪失感を抱いている様子です。

クリープハイプはメロディと歌詞で魅せてくれるアーティストです。
「ラブホテル」のように明るい曲調なのに、切ない歌詞が乗せられていることが多いので、恋愛で寂しい気持ちになったとき、クリープハイプを聞いて感傷的な気持ちになるのもたまにはいいかもしれませんね!

3.SIRUP|LOOP

※引用元:SIRUP公式サイト

「LOOP」はSIRUPが2018年にリリースした楽曲です。

皆さんはSIRUPをご存知でしょうか。
彼は1987年生まれのシンガーソングライターで、R&Bやヒップホップを取り入れた最先端の音楽で「エモい」音楽を多くリリースしている方です。

この曲は、海辺をドライブしているときに流したい曲ランキング第1位です!
昼間でも夜でも楽しめる楽曲なので、まだ聞いたことがないという方はぜひ聞いてみてください!

4.My Hair is Bad|君が海

※引用元:My Hair is Bad公式サイト

「君が海」は2019年にMy Hair is Badがリリースしたアルバム「boys」に収録された曲です。

曲名の意味が深いので簡単にご紹介させていただきたいと思います。
日本の国歌「君が代」と本楽曲「君が海」は一文字違いです。
古代日本の考え方で「き」は男性、「み」は女性を表していたようで、この考え方は日本神話に登場する「イザナギ」と「イザナミ」の最後の文字「ギ」と「ミ」を抜き出していたことから始まりました。
「君が代」では2人が超えたのは時代で、「君が海」で2人が超えたのが海と考えるなら、最高の夏歌ではないでしょうか!

5. Saucy Dog|シーグラス

※引用元:Sausy Dog公式サイト

「シーグラス」はSausy Dogが2020年にリリースした楽曲です。
疾走感溢れる爽やかなメロディーと切ない歌詞が胸に刺さります。
「海岸線」「海」「潮風」などのワードが散りばめられているので、いっけん甘酸っぱい恋模様を描いた曲そうなのに、そうではないところがまた切なさを増しています。

 

My Hair is BadやSausy Dogの詳しい情報についてはこちらをご覧ください!

2022年大注目したい邦ロックバンドと人気曲を紹介|マイヘアやサウシードックなど

6.ヨルシカ|ただ君に晴れ

※引用元:ヨルシカ公式サイト

「ただ君に晴れ」はヨルシカが2018年にリリースした楽曲です。
アルバム「負け犬にアンコールはいらない」に収録され、「あの夏」に取り残された切ない思いをヨルシカらしい、独特の世界観で描いています。

7.indigo la End|夏夜のマジック

※引用元:indigo la End公式サイト

「夏夜のマジック」はindigo la Endが2016年にリリースした「悲しくなる前に」というシングルの中に収録されたカップリング曲です。
しかしカップリングといえども、ファンの中でも、indigo la Endを少し知っているという人の中でもとても人気のある曲です。
幸せだった過去と彼女を思い出す現在を整理しながら綴られた歌詞と、切なさを助長するメロディーがとてもいいです。

8.大塚愛|プラネタリウム

※引用元:大塚愛公式サイト

「プラネタリウム」は大塚愛が2005年にリリースし、ドラマ「花より男子」の主題歌にもなった曲です。
夏といったら、満天の星空、星空といったらプラネタリウムです。
1人で夏の星空を見ながら聴きたい曲ナンバー1です。
「あの公園」「あの星座」「あの香り」「ここにある」「この空に」という指示語は2人の思い出を振り返りながらも前を向いていこうとする主人公を表していて感動してしまいます。

9.山崎まさよし|One more time, One more chance

※引用元:山崎まさよし公式サイト

One more time, One more chanceは山崎まさよしが1997年にリリースした楽曲です。
曲の雰囲気的に冬歌っぽいのですが、この曲内で回想されていたのは「夏の想い出」なのです。
「いつでも捜しているよ」という「君」へのストレートな気持ちが心苦しくなりますね。

10.菅田将暉|まちがいさがし

※引用元:米津玄師公式サイト

「まちがいさがし」は米津玄師さんが菅田将暉さんのために作詞・作曲・プロデュースし、2017年にリリースされた曲です。
「灰色と青」でコラボした2人の2曲目です。
「まちがいさがしの間違いの方に生まれてきたような気でいた」という他人と比較した自分への劣等感や葛藤と戦う姿と、「君」に出会って変わっていく主人公の姿に背中を押される一曲です。

夏歌で盛り上げましょう!

いかがでしたか。
夏歌と一口に言っても、盛り上がる歌から切なくなる歌までたくさんあります。
シーンに応じた好きな曲を聞いて、気分を盛り上げましょう!

なる

この記事を書いた人

なる

群馬県出身の「なる」です。 主に、エンタメ・ビューティ・スポーツの記事を書いています。 洋画とバスケが大好きです。 日常に役立つ記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする