暮らし

【Airpods Pro】エアーポッズプロおすすめポイント8個紹介!迷っている人必見!

AirpodsProエアポッズプロイヤホン使い方おすすめ

2021/11/05

目次[ 表示 ]

Airpods Proを買おうか迷っている人、なにか新しいワイヤレスイヤホンを探している方も、多いのではないででょうか?そんなあなたに、Airpods Proのおすすめポイントや、Airpodsとの違いなど、分かりやすく解説してきます!

【Airpods Pro】どんなもの?

Airpds Proとは一体、どんなものなのか、何が出来るのか、まずは大まかに紹介します!

Airpods Proなぜ人気?

エアポッズプロは2019年10月末に発売され、その時にもアップルストアの前に行列ができるほど、当初から人気のあるものです。今でも、その人気はあり、街中で使っている人を見かけることも多いのではないでしょうか。

従来のエアポッズと比較しても、ノイズキャンセリング機能や、形状の進化など、より一層使いやすい完全ワイヤレスイヤホンになっています!

Airods Pro何ができるのか

エア―ポッズプロには、「サウンドだけを感じよう」というコンセプトがあり、「洗練された快適さを細部まで。あなたが感じるのはヘッドフォンではなく、音楽そのものです。」というメッセージからも分かるように、より一人一人の耳に合わせて、カスタマイズができ、どんな環境でも音楽を楽しむことが出来ます!

また、エアポッズプロの軸の部分を「1回押して再生、一時停止、電話に応答」、「2回押して次の曲にスキップ」、「3回押して前の曲にスキップ」することができます。

Airpods Proおすすめポイント8個!

ここからは、エアポッズプロのおすすめポイントを「8個」紹介します。具体的にどんな機能があるのか、どのように使うのか、なども分かりやすく解説します!これを知ればきっとあなたもエア―ポッズプロの魅力を知ることが出来ると思います!

ノイズキャンセリング機能

引用元:apple

エアポッズプロには、ノイズキャンセリング機能がついており、聴いているものに集中できるように周囲の環境音を遮断することが出来ます。耳の形状に合わせて、またイヤホンの装着状態にあわせて外部の音をシャットダウンして、聞きたい音楽や通話に集中することが可能です!

この機能を使えば、電車の中など騒がしい場所でも音楽を十分に楽しむことができ、とても快適に過ごせます。また、勉強に集中したい時に、音楽を書けなくても周りの音をシャットダウンするのにも使えるため、とても便利です。

AirPods の軸部分にある感圧センサーをチャイム音が聞こえるまで長押しします。そうすることで、ノイズキャンセリング機能が働き、周囲の音に左右されることなく、音楽を聞くことが出来ます。普段の生活が、ノイズキャンセリング機能があるだけでだいぶ快適になるのではないでしょうか!

外部音取り込み機能

外部音取り込みモードでは周囲の音が聞こえるので、周囲で何が起きているのか耳で察知することが出来ます。近くの人と会話するときに、イヤホンを外さなくても相手の声が自然に聞こえるので、意外と使える便利な機能です。さらに、「会話を強調」機能を使うと、AirPods Proは目の前で話している人の声を拾うようになるので、雑音の多い環境での会話が聞き取りやすくなります!

ノイズキャンセリングされている状態で、AirPods の軸部分にある感圧センサーをチャイム音が聞こえるまで長押します。そうすることで、外部音取り込み機能に切り替えることが出来ます。

バッテリーのもちの良さ

引用元:apple

エアポッズプロは、バッテリーのもちの良さも特徴の1つです。ケースで何度か充電しながらであれば、24 時間以上の再生、または 18 時間以上の連続通話が可能です。1回の充電であれば、最大 4.5 時間の再生、または最大 3.5 時間の連続通話が可能です。さらに、ケースに入れて 5 分間充電するだけで、約 1 時間の再生、または約 1 時間の連続通話が可能になります。ケースに入れるだけで充電できる、という点もとても便利です!

エアポッズプロが中に入ったままケースの蓋を開け、ケースごと iPhone、iPad、iPod touch に近付けて持ちます。数秒間待つと、エアポッズプロの充電状況が表示されます。

サイズがコンパクトに!

エア―ポッズプロのサイズは、イヤホン本体がコンパクトになり、着けていないかのような感覚になります!イヤホン本体のサイズが小さくなったことで、フィット感があるため、運動する人にも使いやすいのではないでしょうか。

イヤホンのサイズは、高さ:30.9 mm、幅:21.8 mm、厚さ:24.0 mm、重量:5.4 g(左右各)です。軸の部分も短めになっているので、何かにひっかける心配も少ないです。
ケースのサイズは、高さ:45.2 mm、幅:60.6 mm、厚さ:21.7 mm、重量:45.6 gです。横長の形になっていて、比較的コンパクトなつくりになっています。

iPhoneとの接続の良さ

引用元:apple

エアポッズプロは、同じアップル製品のiPhoneやMacbookとの接続がとてもしやすいです

接続のやり方は、以下の通りです。

<1>ホーム画面を表示します。
<2>AirPods を充電ケースに入れたまま充電ケースの蓋を開けて、iPhone の横で支えます。設定アニメーションが iPhone に表示されます。
<3>「接続」をタップします。
<4>AirPods Pro または AirPods (第 3 世代) をお使いの場合は、次の 3 つの画面を読み進めます。
<5>AirPods Pro、AirPods (第 2・3 世代) をお使いで、iPhone で「Hey Siri」をすでに設定してある場合は、「Hey Siri」をそのまま AirPods でも使えます。AirPods Pro、AirPods (第 2・3 世代) をお使いで、iPhone で「Hey Siri」をまだ設定していない場合は、AirPods の初期設定中に「Hey Siri」の設定手順が案内されます。
<6>「完了」をタップします。
<7>iCloud にサインインしている場合は、同じ Apple ID で iCloud にサインインしている対応デバイスに AirPods が自動的に設定されます。

一度設定をしてしまえば、そのあとは以後「AirPods」のケースを開けると自動的にiPhoneとBluetooth接続され、閉じると接続が解除されます。

イヤーチップのサイズを選べる

引用元:apple 

イヤーチップには、ラージ・ミディアム・スモールの3つのサイズがあり、あなたにあったものが見つかると思います。耳にぴったりと収まるような柔らかいシリコン製担っています。
さらに、最初に接続するときに「イヤーチップ装着状態テスト」を行うことでより快適に音楽を聞いたり、通話をしたりすることが出来るようになります。イヤーチップ装着状態テストでは、音質やノイズキャンセリングが一番いい状態になるように装着できているか確かめるためのものです。

イヤーチップ装着状態テストのやり方は、以下の通りです。

<1>AirPods Pro を耳に入れた状態で、iOS デバイスで「設定」>「Bluetooth」の順に選択します。
<2>デバイスのリストでエアポッズプロの横にあるinformationの丸をタップします。
<3>「イヤーチップ装着状態テスト」をタップし、続けるボタンを押します。

これをすることで、今使っているイヤーチップがあなたの耳にあっているかどうかを判断してくれます。これを行うことで、ノイズキャンセリング機能がより発揮されます!

アレンジができる

引用元:apple

エアポッズプロ、また、エアポッズには、無料で刻印サービスを行っています。文字だけでなく、イラストや数字も入れられるようになり、より、自分の好きなようにアレンジが可能になりました。誕生日に、お好みで刻印を入れて、プレゼントするのもおすすめです!

また、発売されてからしばらく経ったこともあり、エアポッズプロのケースの種類も豊富になってきています。雑貨を販売しているお店や、ネットで、お気に入りのケースを探してみるのも、いいと思います!

Apple Musicを6か月無料体験できる

引用元:apple

Apple社では、2021年9月末から、エアポッズプロやエアポッズ、エアポッズマックスなどの機器を新規で登録した方を対象に、Apple Musicを6か月無料で体験することが出来ます。
対象の期間は、最初にデバイスをペアリングしてから90日以内です。また、現在、対象デバイスをお持ちの方が6か月の無料特典を利用するには、最新のiOSやiPadOSにアップグレードしてから90日以内、になっています。

無料体験の方法は以下の通りです。
<1>対象のオーディオデバイスをあなたのiPhoneやiPadにペアリングしてください。
<2>iPhoneまたはiPadでApple Musicを開き、自分のApple IDでサインインします。すぐに得点が表示されない場合は、「今すぐ聴く」を選んで、特典を表示します。
<3>「6か月無料で体験する」をタップして、完了です。

Apple Musicには、9,000万曲と、30,000のプレイリストが聴き放題です。Siriにアーティストの名前、ムードやジャンルをいうだけでも音楽を再生してくれます。

AirpodsとAirpods Pro どう違う?

ここまで、エアポッズプロについて紹介してきましたが、一つ前の世代のイヤホンであるエアポッズ(第2世代)、また最近発売されたエアポッズ(第3世代)とはどのように違うのでしょうか。様々なポイントで解説していきます!

主な機能の違い

Airpods ProAirpods(第2世代)Airpods(第3世代)
ノイズキャンセリング××
防水機能×
連続再生時間4.5時間5時間6時間
値段30,580円(税込)16,800円(税込)23,800円(税込)

(連続再生時間とは、一回の充電で出来る再生時間。)

ノイズキャンセリング機能は、エアポッズプロにしかない、メリットであると言えます。
比較した際に、エアポッズプロの再生時間が短くなっていますが、これはノイズキャンセリング機能を使うとより電力が消費されるためである、と言えます。一見すると、デメリットのように見えますが、ケースに入れるだけ勝手に充電されるので、そこまで気にする必要はないのでは、と思います!
エアポッズ(第3世代)は、2021年10月末に発売され、再生時間は一番長く、より軽量化されている、というのが特徴です。

【Airpods Pro】エアポッズプロで音楽をもっと楽しんでみては?

エアポッズプロの魅力を、たくさん紹介してきましたが、いかがでしたか?私もエアポッズプロを愛用している一人ですが、ノイズキャンセリング機能がついていて、スタイリッシュな見た目で、日常生活がとても快適になります!普段から、よく音楽を聴く方には特におすすめしたいです!安くはない、エアポッズプロですが、長く使えるものなので、検討してみてはいかがでしょうか?

エアポッズのなかにも、種類があるので、それぞれの用途にあわせて選んでみて下さい!

定価:30,580円(税込)

yuu

この記事を書いた人

yuu

千葉県出身のyuuです。ファッション、ビューティー、暮らしの記事をよく書いています。コスメやファッション、ダンスが大好きです。皆様の役に立つような記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする