デジタル

QRコードを作成するメリット|導入するときの注意するべきこと

作成サービス作り方メリットQRコード

2021/11/07

目次[ 表示 ]

QRコードって何?

QRコード(Quick Responseコード)とは、1994年に日本の株式会社デンソーウェーブが開発・発表したものになります。

QRコードは、既存の1次元コードである「バーコード」とは異なり、横(水平)と縦(垂直)の両方向に情報を有した2次元コードの一種です。2次元コードは、記憶密度が高く小さな面積でも多くの情報を格納することができ、さらに安定した読み取りが可能となっています。

QRコードの5つの構造

一見すると複雑なデザインに見えるQRコードは、5つの構造からできています。以下では、5つの構造についてそれぞれ詳しく解説していきます。どのようなものなのか把握しましょう。

1:切り出しシンボル

QRコードの構造の特徴ともいえるのが、3つの隅に配置されている四角い形をした「切り出しシンボル」です。切り出しシンボルは、高速にコードを読み取るための位置検出用パターンのことを指しています。

切り出しシンボルの白黒デザインは、周囲にある似たような印と誤認されないようにデザインされており、白い四角と黒い四角の幅比率が「1:1:3:1:1」となっていなければなりません。

2:フォーマット情報・誤り訂正機能

QRコードには、3つの切り出しシンボルをそれぞれ囲むように配置された、「フォーマット情報」があります。フォーマット情報には、誤り訂正機能やマスクパターンに関する情報が格納されています。

誤り訂正機能とは、QRコードが汚れていたり、破損したりしていてもコード自身で復元する機能のことです。誤りを訂正できるレベルは4段階(L、M、Q、H)に設定されており、使用環境やコードサイズなどに応じて適したレベルを選ぶことができます。

また、マスクパターンとは、QRコードの白と黒のセルの偏りや切り出しシンボルなどとの配列バランスを調整するためのものです。

3:セル

QRコードを構成する最小単位を「セル」といい、白黒の正方形で表されています。QRコードは、バージョン(1~40まで)に応じてセル数が決められており、たとえば、バージョン1では、21セル×21セルとなります。

このセル数はバージョンが上がるにつれ縦横4セルずつ増えていき、バージョン40のデータ量は数字では7089字、英数字では4296字、そして漢字では1817字になります。

4:アライメントパターン

QRコードを読み込む際に、リーダーの仰角や傾角などによってシンボルが歪んでしまうことがあります。シンボルの歪みを補正するためのパターンに、「アライメントパターン」があります。

アライメントパターンは、一定間隔で配置されているものです。シンボルの外形から推定したアライメントパターンの中心位置と実際の中心位置との誤差を求め、誤差に応じて各セルの中心位置を求めることができます。

そのため、線形だけでなく非線形の歪みを持つシンボルでも読み取ることが可能になります。

5:タイミングパターン

「タイミングパターン」とは、QRコードにあるそれぞれのセルの中心座標を求めるためのものです。このパターンは縦と横の2方向からなり、白と黒のセルが交互に配置されています。

タイミングパターンは、QRコード全体の歪みやセルピッチの誤差が生じた際に、データセルの中心座標を補正するために用いられています。

QRコードが持つ5つの特徴

QRコードは、従来のバーコードより多くのデータ量を記録できたり、あらゆる種類の情報を扱うことができたりといった優れた特徴を持っています。

以下では、QRコードが持つ5つの特徴を詳しく解説していきます。

1:どの角度からでもデータを素早く読み取れる

QRコードは、大容量データや高密度記録などの2次元コードの特長を持っています。さらに、QRコードではコーナーに3つの切り出しシンボルを配置することで、大容量データを全方向から高速処理することが可能です。

この処理速度は、他のマトリクス型よりも約20倍速くでき、さらに切り出しシンボルの検出はハードウェアで簡単にできるためより高速化できます。

2:1つのコードで大容量の文字・数字データを盛り込める

QRコードの大きなメリットの1つが、情報の種類と大容量データを扱うことができることです。

扱える情報の種類は数字や英字はもちろんのこと、ひらがなやカタカナ、漢字、記号、画像などのあらゆるデータになります。さらに、これらのデータを混在して扱うことが可能となっています。

そして、QRコードの情報量は数字で最大7089字、英字・記号で最大4296字、バイナリ(8bit)で最大2953字、そして漢字で最大1817字です。これは、1次元バーコードの数十倍から数百倍もの情報量になります。

3:誰でも作成できる

QRコードは、開発元の株式会社デンソーウェーブが特許を取得しつつも仕様をオープン化したことで、誰でも自由に作成できます。

そのため、手軽にQRコードを作成できるWebサービスが多く存在し、そのほとんどが無料で提供されています。

ただし、QRコードを作成する際にはJIS/ISOの規格に従うことや、QRコードという用語を使用する場合は事前にデンソーウェーブに確認を取る必要があります。

4:汚れや欠損に強い

前述した「誤り訂正機能」によって、QRコードは汚れや欠損に強い特徴があります。誤り訂正機能には4つのレベルがあり、それぞれのレベルまでの汚れや破損であれば正しく情報を読み取ることが可能です。

そして、優れたデータ復元力を実現するために誤り訂正機能には、バースト誤り(誤りが集中すること)に強い「リードソロモン符号」を採用しています。この符号は、誤り訂正できるようにしたいデータコード数の2倍必要となります。

5:専用のリーダーが不要である

QRコードを読み込む際に、店舗であれば専用の読み取り機器を設置していることが多いでしょう。しかし、個人では、こうした専用のリーダーは必要ありません。

以前では、iPhone、AndroidスマホともにQRコードのリーダー用アプリが必要でしたが、最近では携帯に搭載されている標準のカメラアプリで読み取ることも可能になっています。

ツールを使ってQRコード作成するメリット

ここでは、QRコード作成する際に、ツールを使用することで得られるメリットをみていきます。コストや手間の観点から得られるメリットになります。ぜひ参考にしてみてください。

コストが掛からない

QRコードをツールで作成するメリットは、作成コストが掛からないということです。その理由として、開発元の株式会社デンソーウェーブがQRコードの特許を保有しつつも、QRコードの仕様をオープン化しているためです。

つまり、JIS/ISOの規格に従って利用すれば、誰でもノーコストでQRコードの作成が可能になっています。

手軽に作成できる

QRコードの仕様はオープン化されているため、様々なWebサービスから作成ツールが提供されています。そのため、誰でも手軽にQRコードを作成することができます。

QRコードの開発元である株式会社デンソーウェーブでは、ユーザーのニーズに合わせたQRコード生成ソフトを展開しています。

QRコード作成が可能なおすすめツール8選

QRコードは仕様がオープン化されているため、様々なWebサイトでQRコード作成ツールが提供されています。

以下では、おすすめツールを8つ紹介していきます。参考にしてみてください。

1:クルクルmanager

QRコードの作成だけでなく、そのアクセス状況まで知りたい場合におすすめなのが「クルクルmanager」です。このサービスは、QRコード開発元の株式会社デンソーウェーブの提供によって実現した、アララ株式会社の公式QRコード作成サイトになります。

「クルクルmanager」の特長は4つあります。1つ目は全ての機能が無料・無制限で利用でき、商用利用も可能な点です。

ただし、QRコードという用語を商用利用する場合は、事前にデンソーウェーブに確認が必要になるため注意が必要です。

2つ目は、QRコードの読み取り回数やユニークユーザー数、そして読み取り場所といったデータの統計を取ることができ、さらにそれらをリアルタイムでチェックできる点です。

3つ目は、QRコードのリンク先をリダイレクト機能によって簡単に変更できる点です。「クルクルmanager」に搭載されているリダイレクト機能を活用することで、利用状況に合わせて、同じQRコードで異なるリンク先が設定可能になります。

4つ目は、QRコードのEPSデータがダウンロード可能な点です。「Illustrator」や「Photoshop」で編集しやすいEPS形式でダウンロードできるため、画質にこだわりたい場合にはおすすめのサイトになります。

2:QRコード[二次元バーコード]作成 【無料】

株式会社シーマンが手掛ける「CMANインターネットサービス」の1つに、QRコード作成サービスがあります。QRコード作成サービスは無料で提供されており、商用利用も可能です。

QRコード作成サービスには、4つの便利な機能があります。1つ目は、「URL(ホームページのアドレス)用QRコードメニュー」を利用することでQRコード作成だけでなく、ホームページの実在チェックも行える点です。

2つ目は、メールアドレスの体系チェックとメールサーバーの実在チェックが行われる点です。「メール用QRコードメニュー」を利用することで、メールアドレスの入力ミスを防ぐことができます。

3つ目は、Googleマップを利用した地図のQRコードが簡単に作成可能な点です。住所やランドマークを入力し、表示された目的地を地図の中央に合わせるだけで、QRコードの作成ができます。

4つ目は、作成したQRコードの保存が可能な点です。予め必要なQRコードを作成しておくことができるため利便性が高いでしょう。

3:シンプルQRコードメーカー

「シンプルQRコードメーカー」は、株式会社エイトバルーンが運営するソフトウェア・Webサービス紹介サイトに掲載されているサービスの1つです。

「シンプルQRコードメーカー」は、テキストメッセージやURLなどをQRコード化します。そのため、とにかくQRコードだけを作成したいといった場合におすすめです。

QRコード作成方法は、URL欄にホームページなどのURLやメールアドレス、あるいはテキストのメッセージを、サイズ欄には作成したいQRコードのサイズを入力します。また、余白欄には、QRコードのシンボルを囲うようにある余白(「クワイエットゾーン」)の幅を指定します。

4:QRのススメ QRコード作成サイト/無料版

「QRのススメ QRコード作成サイト/無料版」は、株式会社インフォリオが運営するQRコード作成サイトになります。同サイトでは、様々なデータをQRコード化できるツールを提供しており、使用する状況や要望、人数に合わせて最適なQRコードツールを選ぶことができます

基本的なものではホームページなどのURLを直接QRコードにするものです。また、QRコードを作成後にリンク先のURLを変えられる可変QRコードツールや、複数のURLを1つのQRコードにまとめて作成することができるツールなどもあります。

5:スマホでも簡単 QRコード作成

QRコードの作成を、スマホでも簡単に作成できるようにしたのが「スマホでも簡単 QRコード作成」です。

スマホからホームページなどのURLやメールアドレス、テキストのメッセージをQRコード化することができます。

作成方法は4ステップで、最初に”1行の文字列”か”複数行の文字列”かを選択しましょう。次に、QRコード化したい文字を入力します。そして、作成したいQRコードのサイズを小・中・大・特大から選択します。最後に、”QRコード作成する”ボタンをタッチすると完成です。

6:QRコード&シールビルダー

「QRコード&シールビルダー」は、あさひ高速印刷株式会社が提供するQRコードとシール作成ツールになります。

同サイトでは、任意のテキストやCSVファイル、さらに任意のテキストに連番指定をプラスすることで”数字部分のみ可変する”複数のテキストをQRコード化することができます。また、印刷会社ならではの有償サービスがあり、作成したQRコードをシール化することも可能です。

7:QRCodeMaker QRコード作成ツール

株式会社グラフィックが提供する「QRCodeMaker QRコード作成ツール」では、いつでも手軽にQRコードの作成が可能になります。

作成方法としては、最初にQRコードに埋め込みたい情報のデータ量・文字種・誤り訂正レベルを決め、それらに対応したバージョン、誤り訂正レベルを選択します。次に、作成する文字列の欄に任意の文字列を入力していきましょう。

最後に、QRコードのサイズやファイル形式を選択し、”作成する”ボタンをクリックすれば完成です。

8:QR Code JP

「QR Code JP」は、株式会社雅が提供するQRコード作成ツールです。同サイトでは、ホームページなどのURLやメールアドレスといったテキストをQRコード化する基本的なものだけでなく、メーラー起動用やWi-Fi設定用QRコードの作成も可能になります。

また、出力画像形式や背景の色、エラー補正(誤り訂正レベル)などの詳細設定もできるため、用途に合わせたQRコードの作成ができるのもおすすめポイントです。

QRコードのビジネスシーンにおける7つの活用方法

QRコードは、誰でも自由に作成できるため個人利用だけでなく、様々なビジネスシーンで活用されています。

以下では、QRコードをビジネスシーンで利用する際の7つの活用方法を紹介していきます。

1:メール連絡としての活用

SNSが広く普及し連絡手段として活用されていますが、ビジネスシーンでは今もメールでの連絡や問い合わせ対応が多くなっています。そのため、企業などのパンフレットやチラシには、問い合わせ先メールアドレスが記載されていることが多いでしょう。

そうしたメール連絡や問い合わせをしやすくするために、メールアプリ起動用のQRコードを作成してみましょう。パンフレットやチラシなどにメールアドレスと併せて記載しておくことで、ユーザーや顧客にとっても使い勝手が良くなるためおすすめです。

2:名刺への掲載

QRコードの特長として、大容量のデータで、さらに数字や英字、漢字・カタカナ・ひらがな・記号などのあらゆる文字種を扱いつつも小スペースで印字可能となっています。

そのため、名刺といった、限られたスペースに多くの情報を載せたいときには、QRコードはおすすめのツールです。

3:紙媒体販促物へのWebサイトURLの掲載

QRコードの読み取り機能を搭載した携帯電話が発売されたことで、QRコードが広く一般の人に使用されるようになりました。その結果、ホームページなどのWebサイトURLのQRコードを企業のパンフレットや郵送DMに印刷し活用される機会が増えています。

4:QRコード化したアカウント情報

SNSが広く普及した現在では、TwitterやLINEなどのSNSのアカウント情報を登録する機会が多いでしょう。

アカウント情報の登録を行うときに、IDや名前を直接入力すると手間が掛かってしまったり、入力ミスが起きてしまったりする可能性もあります。このようなトラブルを防ぐ際に活躍するのが、アカウント情報のQRコード化です。

自分のアカウント情報を事前にQRコード化しておくことで、初対面で連絡先を交換するときなどに役に立つでしょう。

5:QRコード決済としての活用

最近では、QRコード決済で会計を済ませる機会が増えた人も多いのではないでしょうか。こうしたQRコード決済の利用は近年増加傾向にあり、QRコード決済の市場規模・シェアは、2025年には9.7兆円に達するという予測もあります。

そのため、携帯電話会社をはじめとした様々な業種・企業から、QRコード決済サービスが展開されています。

6:製造現場での工程・在庫管理

もともとQRコードは、スーパーなどのレジで商品の価格を読み取る速度や処理できる情報を向上させるために開発された経緯があります。

その後、自動車部品業界の「電子かんばん」にQRコードが採用され、生産から出荷・伝票作成までの一連の工程管理の効率化を推し進めることとなりました。

QRコードは、今でも製造現場などで広く活躍しており、工程管理だけではなく、入荷や工程管理、梱包、棚卸、そして備品の管理といった全ての現場で活用されるようになっています。

7:チケット不要での入退場の管理

最近では、様々なレジャー施設での入退場管理にQRコードが導入されることが増えています。QRコードの導入によって、チケットが必要なくなることで施設利用者の持参忘れや紛失トラブルを防ぐこともでき、さらにチケットの発行や配送コストの削減にもつながります。

QRコード活用におけるビジネスへの影響

QRコードの読み取り機能を搭載した携帯電話の発売と普及によって、最近ではQRコード決済などといった日常生活の中で目にする機会が増えてきました。

その理由は、QRコードはあらゆる文字種を使用でき、また大容量データを埋め込むことが可能だからです。さらに、QRコードではデザイン性を高めたデザインQRコードも作成可能なため、消費者の目を惹きつけることも可能です。

こうした優れた特長を持つQRコードはキャッシュレス決済だけでなく、様々なビジネスシーンに影響を与えています。たとえば、DMにQRコードを掲載することで、小売店や飲食店の店舗集客や自社のPR活動につなげることが可能です。

企業がQRコードを導入するときの3つの注意するべきこと

QRコードは優れた特徴を持ち、そして誰でも自由に作成することができます。そのため、多くの企業がQRコードの導入を検討しているのではないでしょうか。

以下では、企業がQRコードを導入する際に注意が必要な3つの点を解説していきます。

1:不正利用に注意する

企業がQRコード決済を導入する際には、「静的」QRコードのセキュリティ面に注意が必要です。この「静的」QRコードとは、顧客やユーザーが印刷されたQRコードをスキャンすることを指しています。

飲食店や小売店に設置されているPOPなどに決済用QRコードを掲示した際に、別のQRコードにすり替えられ不正利用されてしまった事件も起きています。

そのため、QRコードで決済する場合には、アプリ上で表示し決済できる「動的」QRコードに対応できるようにした方が良いでしょう。

2:情報漏洩に注意する

QRコードで決済する場合でも、クレジットカード情報を登録する必要があります。そのため、QRコードを読み取る店舗や情報の処理を行うサーバーなどから、情報が漏洩してしまうおそれがあります。

企業がQRコードを導入する際には、こうした情報漏洩に対して注意が必要です。

3:安定した読み取りを行えるようにする

QRコードを安定して読み取れるかどうか確認しておくことが大切です。

QRコードには誤り訂正機能を設定することができ、設定されたレベルの範囲内であれば汚れや破損が生じた状態でもQRコードを読み取ることができます。

しかし、QRコードを画像加工ツールなどで拡大したり縮小したりしてしまうと、1つ1つのセルが歪んでしまい安定した読み取りができなくなってしまいます。

また、QRコードの周囲に文字や絵を配置する際には、QRコードの周囲に余白幅を残すようにしましょう。この余白幅がない場合には、読み取りにくくなったり、あるいは読み取り不可になったりしてしまうおそれがあるため注意が必要です。

QRコードをスマホで読み込む3つの方法

QRコードを使用するためには、スマホで読み込む必要があります。読み取り方法は複数あるため、QRコードの使用目的や状況に合わせて選ぶことが大切になります。

以下では、スマホで読み込む3つの方法を紹介していきます。参考にしてみてください。

1:Androidでの読み込み手順

AndroidでQRコードを読み取る際には、GoogleアシスタントのGoogleレンズを使用しましょう。

まず、スマホのホームボタンを長押しし、Googleアシスタントを起動します。次に、Googleレンズのアイコンをタップしカメラを起動させましょう。QRコード上にカメラをかざすと丸印が表示されるため、それをタップします。

そうすると、QRコードの埋め込み情報に応じて、Webサイトやメールアドレスを開くアイコンが現れます。

2:iPhoneでの読み込み手順

最近のiPhoneでは、標準カメラアプリでQRコードの読み取りが可能になっています。手順としてはとてもシンプルで、まずカメラアプリを起動させ、QRコードを画面の中に収めます。そして、画面上部に表示された読み取り結果をタップしましょう。

または、コントロールセンターを表示させ、QRコードをタップして読み込みましょう。

3:スマホアプリを使う場合

QRコードをカメラアプリより素早く読み取りたい場合には、目的に合ったスマホアプリを使用したり、QRコードリーダーアプリを使用したりするのもおすすめです。

たとえば、LINEで友だちを追加したいときやQRコード決済したいときには、それぞれのアプリで読み取る方がスムーズに行えます。

QRコード作成ツールを利用してみよう

この記事ではQRコードについてやその構造、特徴、さらに作成ツールや活用方法などを紹介しました。

QRコードは誰もが自由に作成でき、ビジネスシーンでも活用できる優れた2次元コードといえるでしょう。まずは、QRコード作成ツールを利用し、オリジナルのQRコードを作成してみてはいかがでしょうか

Bee

この記事を書いた人

Bee

SHARE

この記事をシェアする