デジタル

メンションの意味とは?アプリ別の使い方5選とリプライとの違いを解説

メンション意味基礎知識SNS

2021/07/24

目次[ 表示 ]

メンションの意味

SNSなどを使用していると、「メンション」という言葉を目にすることがあります。

メンションとは、英語で「mention」と書き、「言及する」「名をあげる」という意味を持ちます。SNS上では、特定の人にメッセージを通知する機能を意味します。

TwitterやFacebookの他にも、LINEやTeams、Slack、Chatworkなどの、コミュニケーションアプリでも利用できる機能です。

しかし、今までこの機能をよく知らず、使用したことがない方も多いのではないでしょうか。

メンションは、複数のユーザーが参加している会話の中でも、特定の人にメッセージを通知できる便利な機能です。それと同時に、グループ内の他のユーザーにもメッセージ内容を共有できることが、メンションという機能の特徴です。

グループトークで便利

複数のユーザーが参加しているグループトークでは、書き込みの情報量が多く、重要なメッセージに気付かない可能性があります。

その際に便利なのがメンション機能です。複数のユーザーが所属するトークの中で宛名を指定することでその人へメンションを飛ばし通知を送れます。

重要なメッセージを目立たせることができるため、見落としが少なくなります。

【アプリ別】メンションの使い方5選

メンションという機能は、さまざまなSNSやコミュニケーションアプリに搭載されています。ここからは、5種類のアプリケーションにおけるメンションの使い方を紹介します。

それぞれに違いがありますので、自分が使用しているアプリケーションの項目を参考にしてください。

1:LINE

LINEでは、グループトークでメンション機能を使用することができます。トーク内で「@(アカウント名)」を入力することで、特定の相手をメンションできます。

グループトークでメンション機能を使用すると、メンションを受け取った相手に通知が行きます。これにより、グループトークでも重要なメッセージを見逃さなくなります。

メンション通知のオフ

メンションはとても便利な機能ですが、タイミングによってはその通知が迷惑に感じる場合もあります。

その際には、メンション通知をオフにしましょう。LINEの設定画面から「通知」を選び、「自分へのメンション通知」の設定をオフにします。

このようにすることで、自分がメンションされても通知が来なくなります。

2:Twitter

Twitterでメンション機能を使用する場合は、ツイート作成画面からメンションを挿入したい箇所で「@(ユーザー名)」を入力します。これで特定のユーザーをメンションできます。

ツイート本文でメンションを付けられたユーザーに通知が届くのは、他のSNSやアプリと同様です。

3:Facebook

Facebookでメンション機能を使う際は、投稿作成画面で「@(ユーザー名)」を入力します。これで特定のユーザーをメンションできます。

通知が行くのはメンションが付けられたユーザーにだけです。また、Facebookでは、コメント欄でもメンション機能を使用できます。

4:Slack

Slackのメッセージ内でメンバーにメンションする際は、メッセージの作成時に「@(メンバー名)」を入力します。

この場合も、メッセージ内でメンションが付けられたメンバーに通知が届きます。

5:Chatwork

Chatworkでメンション機能を使用する場合は、グループチャット内で「TO」アイコンをクリックし、チャットに参加しているユーザー一覧から、メンションしたいユーザーを選択します。

この場合も、メンションされたユーザーに通知が届きます。

メンションと間違えやすいリプライの意味とは?

SNSやコミュニケーションアプリには、メンションの他にも「リプライ」という便利な機能があります。

リプライとは「返信」という意味を持ち、特定のメッセージに対して返信する機能のことを指します。

先述の通り、「メンション」は、複数のユーザーが参加している会話の中で、特定の人に自分が送ったメッセージを通知できるという機能です。

このメンションが「ユーザーのみ」を指定するのに対し、リプライは「メッセージとユーザー」を指定するという違いがあります。

ここからは、メンションと間違いやすい、2種類のアプリにおけるリプライ機能について見て行きましょう。

LINEのリプライ機能

LINEのリプライ機能では、トークルームで特定のメッセージを引用して、返信できます。

リプライをしたいメッセージを長押し、生じたメニュー画面から「リプライ」を選択します。このようにして、相手のメッセージを引用して返信できます。

Twitterのリプライ機能

Twitterのリプライ機能は、タイムライン上にあるツイートに対して返信を送る機能です。ツイートをしたユーザーに向けて、コメントを送りたい場合に使用します。

リプライ機能を使用するには、ツイートの下部にある「吹き出しマーク」をタップしてコメントを入力します。このようにして、ユーザーに対するリプライが送れます。

メンションの意味と正しい使い方を覚えよう

本記事では、メンションの意味と使い方を紹介してきました。

メンション機能を使ったことがないというユーザーも多いでしょうが、使いこなせればとても便利な機能です。

メンション機能の最大のメリットは、重要なメッセージが読み落とされることがなくなり、確実に相手と連絡をとれることです。

また、ビジネスにおける催促や、進捗を確認する場面で使用するのも便利です。対面では確認しにくく、メールで書くのが面倒な場合には、メンション機能が有効です。

例えば、メンションで「この件どうなっていますか?」と送れば重い空気にならずに催促できますし、相手に直接通知が行きますので返信ももらいやすくなります。

様々な場面で有効なメンション機能の正しい使い方を覚え、ぜひ活用してみましょう。

Bee

この記事を書いた人

Bee

SHARE

この記事をシェアする