エンタメ

【元気が出る曲】辛い時に聴いてほしいおすすめ曲を歌詞と共に紹介!【前編】

洋楽元気が出る明るい曲背中を押される米津玄師B’zドリカム邦楽

2022/07/20

出典:Spotify

 

前編では日常生活で辛かったり疲れてしまったり、何かを始めたいけど前に進めないという方におすすめしたい曲を15曲選んでご紹介したいと思います。

目次[ 表示 ]

仕事や友人関係で失敗した、、そんな時に聞いてほしい元気が出る曲たち

出典:Spotify

できっこないを やらなくちゃ サンボマスター

出典:Spotify

この曲は「できっこないを やらなくちゃ」という曲名通り、背中を押すメッセージがストレートに訴えかけられます。どこをとっても元気が出る歌詞が続いていきます。

君は今 逃げたいっていうけど
それが本音なのかい?
僕にはそうは思えないよ

出典:サンボマスター『できっこないをやらなくちゃ』/作詞:山口隆

という問いかけに心をグッとつかまれた思いになります。頑張りたいけれど、辛い現実にぶち当たって顔を背けたくなっていたところにこんな言葉をかけられたら、一歩立ち止まりますよね。

あきらめないでどんな時も 君ならできるんだどんな事も
いま世界に一つだけの 強い力を見たよ
君なら出来ない事だって 出来るんだ本当さ嘘じゃないよ
今世界に一つだけの 強い光を見たよ
アイワナビーア 君のすべて!

出典:サンボマスター『できっこないをやらなくちゃ』/作詞:山口隆

ここがサビの部分です。

今流行りの音楽ではあまり見ることのない、全く飾らないストレートな歌詞がそのまま心に届いてきて、はっと胸が熱くなります。「諦めなければ夢は叶う」という気持ちにさせてくれる素敵なファイトソングです。

何度でも DREAMS COME TRUE

出典:Spotify

1999年から放送されているドラマシリーズ「救命病棟24時」の第3シリーズの主題歌になっていた楽曲です。

こみ上げてくる涙を 何回拭いたら
伝えたい言葉は 届くだろう
誰かや何かに怒っても 出口はないから

出典:DREAMS COME TRUE『何度でも』/作詞:吉田美和

ここがAメロですが、すでにグッと掴まれるものがありますよね。

怒りからは何も生まれない。そこに出口などなく、あるのは負の感情だけ。ということをドリカムらしくつづっていきます。

何度でも何度でも何度でも
立ち上がり呼ぶよ
きみの名前 声が涸れるまで

悔しくて苦しくて
がんばってもどうしようもない時も
きみを思い出すよ

10000回だめで へとへとになっても
10001回目は 何か 変わるかもしれない

出典:DREAMS COME TRUE『何度でも』/作詞:吉田美和

有名な曲ですからここのサビは皆さん知っていることでしょう。

「何度でも何度でも何度でも」くじけることはあるでしょう。けれどそのたびに諦めないという気持ちで立ち上がり、呼ぶのは「きみの名前」。ここの「きみ」を自分自身と考えてみてください。失敗もあったことでしょうが、成功したこともあるはず。その経験を思い出してその時のイメージをすることで乗り越えていけることを応援してくれている曲ではないでしょうか。

ピースサイン 米津玄師

出典:Spotify

「ピースサイン」はアニメ「僕のヒーローアカデミア」の主題歌として書き下ろされました。「ヒロアカ」が自分の持つ「個性」で敵と戦いながら切り開いていくというアニメで、ヒロアカの読者でもある米津玄師は作品と自分との共通点を探しているときに歌詞が浮かんだということでした。

いつだって目を腫らした君が二度と
悲しまないように笑える
そんなヒーローになるための歌

 

出典:米津玄師『ピースサイン』/作詞:米津玄師

ここでの「君」は自分、要するに自分が泣かないでヒーローのように強く生きていけるようにと鼓舞する歌詞なのではないかと思います。

 

次に2番の歌詞をご紹介します。

カサブタだらけ荒くれた日々が
削り削られ擦り切れた今が
君の言葉で蘇る 鮮やかにも 現れていく
蛹のまま眠る魂を
食べかけのまま捨てたあの夢を
もう一度取り戻せ

出典:米津玄師『ピースサイン』/作詞:米津玄師

幾度となく現れる困難に諦めることなく立ち向かうことでかつての自分を超えていく、そのことに意味があるのです。覚悟を決めてさあいこう!という気概をこの歌詞から受け取れます。米津玄師の曲はリズムやメロディーが独特でそちらも魅力的なのですが、歌詞もそれに負けていません。ピースサインは元気がないときに聞くとすごく背中を押される曲です。

GUTS! 嵐

出典:Johnny’s net

1999年のデビュー以来、2020年年末の活動休止まで国民的アイドルグループの第一線を走り続けてきた嵐の43枚目のシングル曲です。二宮和也さん主演のドラマの主題歌として話題になりました。

目まぐるしく回る 迷い掻き分けて
確かな正解なんて 見つかるはずもなくて

夢を見ることも 容易くはないさ
耳を澄ましてみれば 心がざわめいてた

出典:嵐『GUTS!』/作詞:eltvo・s-Tnk

壁にぶち当たり、悩みが増え続け、気分が晴れないことがあるかもしれません。経験の中で夢を見ることにすら恐れを抱くこともあることでしょう。

ここの部分はそれを代弁してくれていますね。

VIVA 青春 胸を張れ いつでも変えられるさ
イチニのサンで さあ前を向け 常識なんて吹き飛ばせ
VIVA 青春 立ち上がれ 君はひとりじゃないさ
僕らだけの革命を 夢と 希望の パレード 歓びへと舵を取れ

出典:嵐『GUTS!』/作詞:eltvo・s-Tnk

ここのVIVAとは「万歳」という意味だそうです。

悩みが多くても常識にとらわれず青春を楽しめ!というメッセージが込められていて、言葉そのままに受け止められる前向きな楽曲です。

辛くなったらこれを見て!背中を押してくれるアニメ・映画5選!

Ultra Soul B'z

出典:Spotify

B’zといったらUltra Soulでしょ!という方も少なくないと思います。

世界水泳のテーマソングとなったUltra Soulですが、サビ部分しか知らないという方に向けて他の部分も今回はご紹介したいと思います。

どれだけがんばりゃいい 誰かのためなの?
分かっているのに 決意は揺らぐ
結末ばかりに気を取られ この瞬間を楽しめない 

出典:B’z『Ultra Soul』/作詞:稲葉浩志

何かに苦しみもがき、なんのために自分は身を削って頑張っているのかと問いかけています。でも見るべきは結果のみではない、向き合っているものと今この瞬間を楽しめばいいのだというメッセージです。

夢じゃないあれもこれも その手でドアを開けましょう
祝福が欲しいのなら 悲しみを知り 独りで泣きましょう
そして輝くウルトラソウル

出典:B’z『Ultra Soul』/作詞:稲葉浩志

祝福は夢を指すと考えると、夢を叶えるためには挫折も知って、乗り越えなけばならないというメッセージになっています。自分が見た夢は夢で終わらせない、自らの手でそのドアをこじ開けていけ!という稲葉さんからの熱い言葉ですね。

 

カラオケでも定番の盛り上がる曲で、なんとなく聞かなくても知ってるから、、という理由であまり日常で聞く人がいないかもしれませんが、改めて聞いてみるととても気分が上がる曲なのでプレイリストに入れて聞いてみてくださいね!

RUN B’z

出典:Spotify

あまり知っている人は少ないかもしれませんが、とにかく一回聞いてみて欲しい曲です!

稲葉さんの歌っているところと一緒に見るとかなり痺れます。

荒野を走れ どこまでも
冗談を飛ばしながらも歌えるだけ歌おう 見るもの全部
なかなかないよ どの瞬間も

出典:B’z『RUN』/作詞:稲葉浩志

まさにRUNです。

挑戦の道はまさに荒野なのです。どこまでも挑戦をやめないで!という前向きなメッセージが見て取れます。

人間なんて誰だって とてもふつうで
出会いはどれだって特別だろう

誰かが待ってる どこかで待っている
死ぬなら一人だ 生きるなら一人じゃない

出典:B’z『RUN』/作詞:稲葉浩志

ここが特に刺さる歌詞です。
「人間なんて誰だって とてもふつう」「出会いはどれだって特別」
日常のなかに埋もれてしまう考えではあるけれど、自分を形成している大事な要素です。
立ち止まって、もう一度初めから考え直してみると、ここのフレーズ結構グってきますよね。

そして死んでしまったら孤独ですが、生きていれば誰かが助けてくれるものです。
自分は一人じゃないんだと勇気づけてくれるメッセージが真っすぐに伝わってきます。

兵、走る B’z

出典:Spotify

この曲は、ラグビー日本代表の応援ソングとしても有名な曲です。

B’zは詳しくないという方でも結構聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

イントロでは「エイエイエイオー エイエイオー」と奮起させるパートがあったりとまさしく応援歌です。

そして気がつく
皆限界まで挑む権利がある

ゴールはここじゃない
まだ終わりじゃない
止むことのない歓声

出典:B’z『兵、走る』/作詞:稲葉浩志

「皆限界まで挑む権利がある」
なんて素敵な言葉でしょうか。可能性を信じ、走り続ける、そして成長を止めないというのは、誰にでもできますが、やるかやらないかは自分次第です。闘志が燃えますね!

そしてサビの「ゴールはここじゃない まだ終わりじゃない」です。勝ったから終わり、ではなく、更に高い目標を掲げて奮起しよう!という気持ちがみなぎります。

日常の中でふとこの曲を聞くと、自分の怠惰を見直されます。ぜひプレイリストに入れてみてください。自分を奮起させてくれる一曲です。

全力少年 スキマスイッチ

出典:Spotify

長い下積み時代を経験したスキマスイッチだからこそ出来たのではないかというこの大人気曲。やはり何度聞いても良い曲ですので今回は紹介させていただくことにしました。

積み上げたものぶっ壊して 身に着けたもの取っ払って
止め処ない血と汗で乾いた脳を潤せ

あの頃の僕らはきっと全力で少年だった
セカイを切り開くのは誰だ?

出典:スキマスイッチ『全力少年』/作詞:大橋卓弥、常田真太郎

積み上げてきたものや身に着けたものを一旦リセットし、頭で考えたことや知恵などは全部取っ払う。そうすることで今まで見えなかったものが見えてくるかもしれない。なにもかもを全力で挑んでいけばセカイも切り開ける!というメッセージです。

 

悩んだときにこの曲を聞くと、悩んでいる時間がもったいないからとりあえず全力で挑戦してみよう!と背中を押されます。スッキリしたいときにおすすめします。

気分が下がったらこの言葉を胸に!アニメから学ぶ名言10選!

U R not alone NEWS

出典:Johnny’s net

知る人ぞ知るNEWSの隠れた名曲です。

2017年リリースのアルバム「NEVERLAND」に収録された曲でGReeeeNが楽曲提供しました。

拝啓 あの日の僕へ
今はココで立っています
誰かに笑われた夢を
今もココで見続けてます

出典:NEWS『U R not alone』/作詞:GReeeeN

かつての自分に向けたメッセージを「拝啓」を使って表しているのですね。

誰かに笑われたって自分は自分の目指した道を進みたいという気持ちが表されています。

時に見失いそうになって
時にすべてをあきらめて
焦って望んでは傷ついた
僕の中の弱虫笑ってた

出典:NEWS『U R not alone』/作詞:GReeeeN

諦めそうになった過去をここではつづっています。

特にこの部分が心折れそうになっている方には共通点だと思えるのではないでしょうか。

それでも どこかで明日を
諦めてないから今日もまた
傷だらけのこの足で
なんとか立っている

出典:NEWS『U R not alone』/作詞:GReeeeN

自分でここまでしかできないと決めつけるのは簡単ですし、諦めるのも簡単です。

でもそれでは意味がない、自分の決めたことや夢は追いかけていきたいのだと盛り上がります。

例えばこの声が届くならば誰でもいい
聞こえますか 胸張ってさあ叫ぶんだ
全部詰め込んだこの宣誓を

僕は誓うよ 一切引かないし 一切負けない
じぶんで決めたこの道の上 全てをかけて
笑えるように やり抜くぞ

出典:NEWS『U R not alone』/作詞:GReeeeN

どんなに難しい困難があったとしても自分が決めたこと、自分が見た夢、諦めたらそこで負け、負ける相手は諦めた自分なんだ。だからこそ乗り越えたい。強い気持ちで1度見た夢は諦めるな!という強い気持ちがNEWSの力強い歌声に乗せられています。

テレビで歌われることはほとんどありませんが、本当に良い曲ですのでぜひ皆さんに聞いていただきたく思います。

RPG  SEKAI NO OWARI

出典:Spotify

RPGはセカオワの代表曲にも数えられる1曲です。

RPGはゲームのジャンルで、プレイヤーがキャラクターになりきり、仲間と一緒に突き進む冒険のゲームです。そしてこの曲が作られたきっかけもセカオワのメンバー同士が喧嘩して、仲直りをしたときを思い出して作られたという曲なので、友人関係で心配なことがあったときに聞いてみるとグッとくるものがありますね。

大切な何かが壊れたあの夜に
僕は星を探して1人で歩いていた
ペルセウス座流星群 君も見てただろうか
僕は元気でやってるよ 君は今「ドコ」にいるの?

出典:SEKAI NO OWARI『RPG』/作詞:Saori、Fukase

壊れてしまったものを探すために出かけ、星を見て君を思い出す。

ここで友人の大切さに気づくのでしょうか。離れてしまっていても相手のことを気遣うところに、2人の関係の深さが見られます。

「方法」という悪魔に
取り憑かれないで
「目的」という
大事なものを思い出して

出典:SEKAI NO OWARI『RPG』/作詞:Saori、Fukase

方法は夢を実現させるための過程です。

しかし、だからこそ細かいところのすれ違いで仲違いしてしまうこともありますよね。

でも大事なのは目的です。目的達成のために仲間と共に突き進んでいく必要があるということを伝えられています。

 

本当に大切なものとは何かを改めて感じさせられる曲ですね。

カタルシスト RADWIMPS

出典:Spotify

RADWIMPSらしい、独特なリズム感が印象的な曲です。

2018年のFIFAワールドカップのテーマ曲になっていることもあり、とても元気が出る、背中を押してもらえる応援歌です。

勝つとか負けるとかじゃないとか
勝ちよりも価値のある待ちだとか
言いたいことは分からねぇ でもねぇが
おい勝たなければ始まらにゃーことも
あるわけであるの だからさ

詰まるところ要するに
今は御託並べずに
がむしゃらに勝ちに行くとき
今がその時 今が今まさにその時

出典:RADWIMPS『カタルシスト』/作詞:野田洋次郎

「勝ち負けではない、そこで何を学び、それをどう今後に生かせるか。だけどやっぱり勝つことが1番だ!つべこべ言い訳せずにがむしゃらに戦ってみよう」ということですかね。とりあえず勝つために一生懸命頑張れ!と努力することを促してもらえるフレーズです。

敵は強く見えるもの
いつの時代もそういうもんだもの
だとも恐れるほどのことじゃなかろう
敵にとっちゃ 君はまたその
はるか高くそびえ立つ
越えられない巨大な壁
今日までの君の日々の全てをいざ出すときは
そう今がその時 今が今まさにその時

出典:RADWIMPS『カタルシスト』/作詞:野田洋次郎

いつだって何かに挑戦しようとするときは失敗を想像してしまうこともあるでしょう。敵は大きく見えるものです。しかしそれと同じに相手も自分を大きな壁だと感じているはず。今までやってきたことを信じて、負けずに立ち向かうことが必勝のアイテムですね。

自分に直接声をかけられているかのように、話すようにメロディーに言葉をのせて、伝えることを前線にした曲というイメージで、試合前に聞くと大きく背中を押される曲です。

C’mon B’z

出典:Spotify

C’monは2011年にリリースされた曲です。

アルバムは前年から制作が始まっていたそうですが、一時完全にストップしてしまいました。その原因となったのはまさしくこの年に大きな被害を出した東日本大震災。これまで通りの気持ちでレコーディングを進めていくのは不可能だったそうです。そんな中で生まれたのがこの一曲でした。頑張る人を応援する曲になっているのでぜひ聞いてみてください。

1人じゃ何もできない
今ごろ 知らされる
風にのって飛んでくる 誰かのcryin’
いつものように僕は耳を塞ぐのか

ひざまずいて祈っても 消えた時が戻らないなら

もう一度笑いあおう 愛しい人よ
かわいたこの心 満たして
尊い時間は今始まる
先はまだ長いけど
ゆっくりでいい さあいきましょう C’mon

出典:B’z『C’mon』/作詞:稲葉浩志

これは2番の歌詞です。

誰かに支えられながら自分は生きていることに気づいたり、絆の存在を感じることがあるでしょう。それをいかに他者に自分がしてあげられるかということに人間の本質があります。

何もできないから見ているだけ、逃げるだけ。そんなことは誰でもできるのです。しかしそこでいかに一歩踏み出せるかということなのですね。

どんな道であろうと、それが逆境だろうと、焦らずゆっくりと乗り越えようと挑戦し続けることで自分を高められ、周りを救えるのだということなのではないでしょうか。

辛い時に聞きたい!明るい気持ちになれる曲5選!

やってみよう WANIMA

出典:Spotify

この曲はイギリスの童謡「ピクニック」をロック風にアレンジした曲で、CMソングにも起用されているため、多くの人が知っている曲なのではないかと思います。WANIMAらしい明るくてアップテンポな曲なのでとても聞きやすくてノリやすいです。

まずはやってみよう!という歌詞で前向きになれます。

正しいより 楽しい
正しいより 面白い
やりたかったこと やってみよう
失敗も思い出
はじめよう やってみよう
誰でも最初は 初心者なんだから

出典:WANIMA『やってみよう』/作詞:篠原誠

ここでは「楽しいことをやってしまえばいいじゃない!」ということを伝えてくれています。日常の中で忘れてしまいがちな「やりたいことをやる」ということを「初めは誰でも初心者なんだから失敗してもいいよ!」と純粋に挑戦してほしいという気持ちで励ましてくれています。

振り返るより振り向いて
掘り返すより掘り出して
過ぎた話はほどほどに
今の話をしよう
恐れず迷わず
同じ今日という日は二度とないんだから
明日よりも今日にはじめよう
知らなかった自分と一緒に走ろう
思い立った日が 思いついた日が
そこがスタートだ

出典:WANIMA『やってみよう』/作詞:篠原誠

ここもとても素敵ですよね。

過去はどうでもいいから今は未来を見よう!と背中を押してくれるところが良いです!

思いついたらあれこれ考えずにすぐやってしまおう!という、悩みが一瞬にして消える感覚がする1曲です。

Wake Me Up Avicii

出典:Spotify

皆さんはAviciiを知っていますか?

1989年生まれのDJです。しかし彼はもう亡くなっています。

若くして亡くなった天才が残した曲の中からWake Me Up をご紹介したいと思います。

Feeling my way through the darkness
Guided by a beating heart
I can’t tell where the journey will end
But I know where to start

暗闇の中 自分の道を感じている
心の鼓動に導かれた
この旅がどこで終わるかなんて言えない
でもどこから始まっているか私は知っているのだ

 

They tell me I’m too young to understand
They say I’m caught up in a dream
Life will pass me by if I don’t open up my eyes
Well that’s fine by me

彼らは私に「理解するには早すぎる」と言う
「夢に囚われている」とも
目を閉じていると人生は過ぎていく
あぁ 私はそれでも構わない

So wake me up when it’s all over
When I’m wiser and I’m older
All this time I was finding myself
And I didn’t know I was lost

だから全てが終わったら私を目覚めさせてくれ
私が賢く、年をとったときに
ずっと自分を探していて
私が自身を見失っていることに気づかなかった

出典:Avicii『Wake Me Up』/作詞:Tim Bergling、Aloe Blacc、Mike Einziger

この歌詞は全体として見ていきたいと思うのですが、イメージは「人生に迷子になってしまった若者の揺れ動く感情」を表しているのではないかと感じます。いつだって自分に自信をもって真っすぐに突き進めるという方はあまりいないのではないかと思います。だから大変な時期が過ぎたら私を起こしてくださいねと少し投げやりになってもいいのだという歌詞なのではないでしょうか。気を張ったままでいるのも、自分を大きく見せるのも疲れてしまいますよね。そんなときはこの曲を聞いて少し休んでみるのもいいですよ。

Counting Stars OneRepublic

出典:Spotify

counting starsとは星を数えろ!ということです。

星を数えるなんて不可能に近いことです。しかしそれが意味することは無駄なことをしてもかまわない、1度きりの人生だから自由に生きろということです。

Said, no more counting dollars
We’ll be counting stars
yeah we’ll be counting stars

もうこれ以上お金を数えるのは止めて
一緒に星を数えよう

出典:OneRepublic『Counting Stars』/作詞:Ryan Tedder

ここはAメロなのですが、現実に向き合うのはやめて、空想でもなんでも夢をみようと言ってくれているのがいいですよね。

I feel something so right
doing the wrong thing
I feel something so wrong
doing the right thing
I could lie, couldn’t lie, couldn’t lie
Everything that kills me
makes me feel alive

間違ったことをしながら
正しいと感じてしまうし
正しいことをしながら
間違っているのではないかと感じてしまう
偽ることはできたけど、嘘をつくことはできなかったんだ
私を苦しめるもの全てが
生きていると実感させてくれたんだ

出典:OneRepublic『Counting Stars』/作詞:Ryan Tedder

ここすごくかっこいいですよね!
なんでも苦しいものは苦しいです。での苦しみや痛みを感じられるのも生きているから。
筆者自身もこの命ある限りはなんでも挑戦しようと思わされた曲です。

この曲はサビが最高にかっこいいのにプラスしてイントロから上がれる曲です。
元気が出る曲ですが、ドライブなどで流しても盛り上がれるのではないでしょうか。

曲を聞いて元気に明日を迎えましょう!

出典:Spotify

いかがでしたか。

お好きな曲やお気に入りの曲は見つけられたでしょうか。

曲は癒しにも活力にもなります。

曲を聞いて、今日も明日もがんばっていきましょう!

なる

この記事を書いた人

なる

群馬県出身の「なる」です。 主に、エンタメ・ビューティ・スポーツの記事を書いています。 洋画とバスケが大好きです。 日常に役立つ記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする