エンタメ

アクション映画が好きなあなたにおすすめ!人気の洋画12選

洋画アクション洋画アクション映画映画鑑賞劇場

2021/04/05

日本でもアクション映画はたくさんありますよね。

ただ洋画となると、日本ではありえないくらいのスケールで爆発したり、建物が崩落したり、とんでもない高さから人が飛び降りたりと、とにかく大胆に、派手に事件が起きます。

ハラハラドキドキや爽快感を得たい人にはアクション洋画はとってもおすすめです!

そこで今回は初心者でも絶対に楽しめる洋画を厳選して12本紹介します。

目次[ 表示 ]

アクション洋画大好き女子のおすすめ洋画紹介します!

ホワイトハウス・ダウン

あのインデペンデンス・デイを手がけたローランド・エメリッヒが監督を務めた作品。元軍人のジョン・ケイルがホワイトハウスの危機とハウス内に残された娘のエミリーを救おうと大統領とともに抗戦する。本当の黒幕が誰なのか、最後まで分からないのがおもしろい!

出演
チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク
公開
2013年
監督
ローランド・エメリッヒ
上映時間
131分
制作国
アメリカ合衆国

おすすめポイント

大統領とジョンがかっこよすぎる!!他にもホワイトハウスが占領され、大統領が狙われて、、、という作品はいくつかありますが、筆者的にはこれが1番のおすすめかもしれません。。ここでの魅力はもちろん主人公のジョンの強さもなのですが、とにかく娘のエミリーが勇者!作品を見ながら、がんばれ!と応援したくなりました笑

カリフォルニア・ダウン

ホワイトハウスダウンが対人間であれば、こちらは対自然。カリフォルニアを襲った大地震によって人々がパニックに陥る中で、レスキュー隊のレイは愛する家族を救うために自然災害に立ち向かう。幾度となく襲い掛かる地震や津波、また様々な困難を抜け、娘のブレイクを助け出すことができるのか、、!

出演
ドウェイン・ジョンソン、カーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ
公開
2015年
監督
ブラッド・ペイトン
上映時間
114分
制作国
アメリカ合衆国

おすすめポイント

この作品は主人公レイ役のドウェイン・ジョンソンの活躍もそうなのですが、なんといってもアレクサンドラ・ダダリオ演じる、娘のブレイクの勇姿が見逃せない!!さすがにかっこよすぎましたね、、一緒に逃げる友人兄弟と協力してみんなで生きようとパパからの知識を駆使するんですけど、応援したくなりました。その一緒に逃げる男の子たちもいい人たちなんですよ。感動しました、、本当の家族の愛と結束、友人との信頼で次々と困難を乗り越える感じがとても素敵でした。



スーサイド・スクワッド

マーベル・コミックと並ぶ二大アメコミ出版社のひとつのDCコミックスが2017年に出した最強アクション映画。「悪をもって悪を制す」自殺決死部隊。ヒーローによって捕らえられた彼らは自らの減刑と引き換えに危険なミッションを乗り越えていく。この部隊を率いるフラッグ大佐(ジョエル・キナマン)と悪党たちの関係の変化が見どころ。ヒーローでは解決できないミッションとは?悪党たちと手を組んだことが吉とでるか、凶とでるか、、、?

出演
ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス、ジャレッド・レト、ジェイ・コートニー、ジェイ・ヘルナンデス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、カーラ・デルヴィーニュ、アダム・ビーチ、福原かれん
公開
2016年
監督
デヴィッド・エアー
上映時間
123分
制作国
アメリカ合衆国

おすすめポイント

この作品、何がいいって、それぞれの役の個性が渋滞していて、もう出演者全員主役みたいな感じが最高に面白いです。筆者の好きなキャラクターはウィル・スミス演じるフロイド・ロートン(デッドショット)とジョエル・キナマン演じる隊長のフラッグ大佐です。デッドショットは命中率100%を誇るだけに、銃を巧みに使いこなす姿が本当に魅力的です。そんな顔の半面、とても娘思いなところがギャップでした、、。フラッグ大佐は初め、上からの指示で任務を遂行していたのですが、途中からチームを守るため、彼女を取り戻すために戦うんです。もうそれがイケメン過ぎて推せました。

スカイスクレイパー

主人公のウィルは爆発で左足膝下を失い、FBIを退職する。病院で出会ったサラと結婚し、同僚であったベンの紹介で香港のパールというタワーのセキュリティ担当になり、家族でそこに住むことになったがテロでパールで大火災が発生、ウィルの家族は地上98階に取り残される。家族を救うため義足で鉄柱をのぼっていく姿にハラハラが止まらない。最後の戦闘シーンに誰もが息をのむのでは?

出演
ドウェイン・ジョンソン、ネーヴ・キャンベル、チン・ハン
公開
2018年
監督
ローソン・マーシャル・サーバー
上映時間
102分
制作国
アメリカ合衆国、中国

おすすめポイント

この作品の見どころはなんといっても1066メートルのビルの中にいる家族を救うためにその高さまでクレーン塔をのぼるシーンや、子供と引き換えに科せられた危険なミッションをクリアするところなど、まさにSKYSCRAPER(超高層ビル)を舞台としていることを意識させているところです。高い、落ちたら命はない、という点に観る側は常にドキドキです。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒

スーサイド・スクワットにも登場した最恐の女。恋に狂っていた彼女であったが、この作品では愛しのジョーカーとの破局後を描いている。恋人との別れなんてありふれた話だが、彼女の場合はそうはいかない。狂った彼女がさらに狂い散らかす姿にどんどん魅了される。この映画はラスト30分が本当におもしろい!ポップすぎる戦闘シーンはこの映画の最大の魅力。

出演
マーゴット・ロビー、ジャレッド・レト、ロージー・ペレス、ジャーニー・スモレット=ベル、エラ・ジェイ・バスコ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ユアン・マクレガー
公開
2020年
監督
キャシー・ヤン
上映時間
102分
制作国
アメリカ合衆国

おすすめポイント

とにかくハーレイが可愛い!ポップでキュートなのにド派手で容赦ないところがこの作品の魅力!!いろんな人に被害を与えすぎて、もう収集つかないことになっているのに、それでも全危険を回避しちゃうところ、本当に最強!劇中歌がまたハーレイの世界観をより際立たせています。ラスト30分が最大の見どころ!女ってやっぱり強い、、、笑

ミッション:インポッシブルシリーズ

アクション映画好きにこれを観たことがない人はいないのではないかと思うほどの有名作品。シリーズ開始は1996年で最近では2018年に公開されている。トム・クルーズ演じるイーサン・ハントが時には世界を、時には仲間を救うため、常に命がけで戦い続ける。大胆なアクションシーンが多く、ドキドキワクワクが常に止まらない。また劇中歌も有名で、シーンをより盛り上げる。2021年に最新作が公開予定なのでそれまでに今までのストーリーを把握していおくのはどうだろうか。

 

ミッションインポッシブル

出演
トム・クルーズ、ヴィング・レイムス、ジョン・ヴォイト、エマニュアル・べアール
公開
1996年
監督
ブライアン・デ・パルマ
上映時間
110分
制作国
アメリカ合衆国

ミッションインポッシブル2

出演
トム・クルーズ、ヴィング・レイムス、ダンディ・ニュートン、ダグレイ・スコット
公開
2001年
監督
ジョン・ウー
上映時間
124分
制作国
アメリカ合衆国

ミッションインポッシブル3

出演
トム・クルーズ、ヴィング・レイムス、サイモン・ペッグ、ミシェル・モナハン
公開
2006年
監督
J・J・エイブラムス
上映時間
125分
制作国
アメリカ合衆国

ミッションインポッシブル/ゴースト・プロトコル

出演
トム・クルーズ、ヴィング・レイムス、サイモン・ペッグ、ミシェル・モナハン、ジェレミー・レナー
公開
2011年
監督
ブラッド・バード
上映時間
133分
制作国
アメリカ合衆国

ミッションインポッシブル/ローグ・ネイション

出演
トム・クルーズ、ヴィング・レイムス、サイモン・ペッグ、ジェレミー・レナー、レベッカ・ファーガソン
公開
2015年
監督
クリストファー・マッカリー
上映時間
131分
制作国
アメリカ合衆国

ミッションインポッシブル/フォールアウト

出演
トム・クルーズ、ヴィング・レイムス、サイモン・ペッグ、ジェレミー・レナー、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン
公開
2018年
監督
クリストファー・マッカリー
上映時間
147分
制作国
アメリカ合衆国

おすすめポイント

ミッションインポッシブルシリーズの最大の魅力は、イーサンの圧倒的に人間離れした運動能力、知能、運の良さなどに加えて、チームの全員が仲間思いで、素晴らしいチームワークをもっているところです。筆者が特に好きな作品はミッションインポッシブル/ローグネイションで、この作品はイルサ(レベッカ・ファーガソン)とのバイクチェイスのシーンがあるのですが、イーサンもイルサも本当にかっこいいし、二人ともバイクがとても似合う!何回も死にかけるシーンがあり、常にハラハラです。ローグネイションに限らず、シリーズ通して次から次へと話が展開していくので観ていて飽きる瞬間がないですし、ずっとおもしろい!筆者がアクション映画にハマったきっかけの映画です!

 



ヴェノム

宇宙に興味を示すライフ財団の代表ドレイクは、宇宙からシンビオートを4つ持ち込んだが宇宙船は地球で墜落、そのうちの1つが作業員に寄生し、逃亡。残りの3つでドレイクは人体実験を開始し、ホームレスを捕まえては寄生させ、死亡させていた。それに気づき始めた主人公の記者エディはドレイクに取材をしますが門前払い、再び訪れたときにエディはシンビオート”ヴェノム”を寄生させられてしまいます。しかしだんだんヴェノムと一体化していくうちに互いに信頼感が生まれていきます。一方ドレイクはシンビオートによる地球侵略のため宇宙船を再度打ち上げようと試みます。それを止めるべく駆け付けたエディとドレイクとの戦いの行方は、、、!?

 

出演
トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド、スコット・ヘイズ、
リード・スコット
公開
2018年
監督
ルーベン・フライシャー
上映時間
112分
制作国
アメリカ合衆国

おすすめポイント

最初観たとき、さすがにちょっと怖かったし、気持ち悪かったです笑 でもゾンビ映画とか一人で観れない私でも楽しめるくらいSF的なおもしろさがあったし、楽しく見れました!シンビオートに初めは恐れ、戸惑う主人公でしたが、一体化していくにつれてどんどんその魅力に惹かれていき、受け入れ、共に戦うってどんな展開!?って思いましたが、そこもとてもおもしろかったです。やっぱり強さって大事。

 

ペントハウス

ニューヨークマンハッタンにそびえ立つ、最高級マンションの管理マネージャーであるジョシュ(ベン・スティラー)にとって、最上階のペントハウスで優雅に暮らす大富豪アーサー・ショウ(アラン・アルダ)は、憧れの存在だった。しかしある日、横領疑惑でショウは逮捕される。しかも、ショウはタワーの従業員の年金まで横領していた事実が判明する。ジョシュは、幼馴染の泥棒スライドを監獄まで迎えに行き、仲間とともにショウから金を取り返そうと考える

出演
ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック、ティア・レオーニ、マイケル・ペーニャ、ガボレイ・シディベ
公開
2011年
監督
ブレット・ラトナー
上映時間
104分
制作国
アメリカ合衆国

おすすめポイント

お金を取り返すために図った、幼馴染の泥棒を誘うというところから始まった奇想天外な計画を実行して成功させていくのがワクワクして観ることができました!え、なんでそんなの壊しているの?とか、なんでそんなところに車吊るしているの?などの疑問が観ているとたくさんあるのですが、ちゃんと伏線回収もされていくのがおもしろかったですね。

 

アベンジャーズ

極秘計画遂行のため集められたのは天才発明家のアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、圧倒的主導力のキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)など皆主役級のスーパーヒーローたち!それぞれの特性、考え方があり、はじめは各々が受け入れることを拒んでいたが、何度もぶつかり合う中で団結していくようになる。果たして彼らは世界を救うことができるのか、、、!?

出演
ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ、コビー・スマルダーズ、ステラン・スカルスガルド、サミュエル・L・ジャクソン
公開
2012年
監督
ジェス・ウェドン
上映時間
143分
制作国
アメリカ合衆国

おすすめポイント

本当にヒーローたち同士の仲が悪くて、アイアンマンとか特に「なんでそういうこと言っちゃうかな」と思ってしまう瞬間も多々あり、笑 それでも最後には全員で戦っている姿はやっぱりとてもかっこよかったです!筆者のおすすめキャラクターはキャプテン・アメリカとホークアイ(ジェレミー・レナー)です。キャプテン・アメリカのかっこよさはどんな状況でも冷静な判断と指示が出せるところです。チームが窮地に陥った時のキャプテン・アメリカの活躍は必見です。ホークアイは寡黙な人なのですが、ターゲットには必ず命中させ、チームを救う姿に感動させられました。

レオン

主人公のレオン(ジャン・レノ)は孤独に生きるプロの殺し屋。依頼はレストランの主人から受けるもので、唯一の友人は観葉植物だけであった。ある日の帰宅時、たばこを片手に持ったアパートの隣室に住む少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)と出会う。彼女もまた孤独で、弟にしか心を開けなかった。マチルダの家族が殺害されたことをきっかけにマチルダは弟の復讐のため、レオンに殺しを教えてもらうようになる。それと同時にマチルダはレオンに特別な感情を抱き始める。惹かれあう2人に訪れる結末とは、、?

 

出演
ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン
公開
1994年
監督
リュック・ベッソン
上映時間
110分
制作国
フランス、アメリカ合衆国

おすすめポイント

マチルダが殺しの場に出たときにレオンの真似をして、レオンと同じ帽子をかぶり、同じ形のサングラスをするんです。その姿がなんとも愛くるしいんですよ。当時マチルダを演じたナタリー・ポートマンは12才でありましたが、本当に12歳!?と思うほどの妖艶な演技で、とても魅了されました。今ではもうコンプライアンスに引っかかってしまいそうな内容ですが、当時のモダンで哀愁漂う雰囲気に筆者はのめり込んでしまいました。

 

デス・ウィッシュ

穏やかな性格の医師であったポール・カージー(ブルース・ウィリス)は妻と大学生になる娘を持つよき父であった。しかしある日強盗が家に入り、事件が起きる。復讐に燃えるポールは病院に運ばれてきた患者の手荷物から銃を拾い、そこから夜になると自警をするようになった。彼は「シカゴの死神」と呼ばれるようになり、彼の行動にはもちろん非難の声もあったが称えられることが多かった。大切なものを守るために強くなったポールとそれを奪おうとする者たちとの戦いにハラハラドキドキさせられる作品です

出演
ブルース・ウィリス、ヴィンセント・ドノフリオ、エリザベス・シュー、ディーン・ノリス、キンバリー・エリス
公開
2018年
監督
イーライ・ロス
上映時間
107分
制作国
アメリカ合衆国

おすすめポイント

ブルース・ウィリスの裏の顔感がめちゃくちゃセクシー!「医師」としての顔だけであったときには抱かなかったであろう、患者に被害を与えた者たちへの怒り。しかしポールにとって妻子に害が被れば話は違ってきます。夜の町で犯罪者たちにためらいなく制裁を与えていく姿はまさに「死神」。妻を失い、娘に深い傷を負わせた復讐に燃え、疑われてもそれをくぐりぬけていく姿に家族の愛を感じました。

 

マッドマックス 怒りのデス・ロード

水も緑も枯渇し、法も秩序も一切なくなった世界。妻子を救えなかった元警察官のマックス(トム・ハーディー)は、荒野をさまよっている中で、砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョー( ヒュー・キース・バーン)の軍団に捕らえられてしまう。しかしジョーの配下であった女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)らが現れ、マックスはジョーへの反乱を計画する彼らと力をあわせ、緑の地を探し、自由への逃走を開始する。

出演
トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
公開
2015年
監督
ジョージ・ミラー
上映時間
120分
制作国
オーストラリア、アメリカ合衆国

おすすめポイント

この映画がおもしろくなっていくのはフュリオサが登場してからです。この女隊長の強い信念には心打たれます。男顔負けの強さで軍隊に立ち向かう彼女が本当にかっこよくて素敵です。またもう一人紹介したいのが、ウォーボーイズのニュークス(ニコラス・ホルト)です。彼が本当にいい味を出している!ここでネタバレをしてしまうのはもったいないので、ぜひ観ていただきたいです!また”マッドマックス怒りのデスロード”はアカデミー賞であらゆる部門で受賞されています。そこも必見ですね!

まとめ

気になる映画はありましたか?

どれもかなり有名作品で、高評価のものが多いので、初心者の方でも十分楽しめるのではないかと思います。ぜひ観てみてくださいね!

今回紹介した映画を観れる動画配信サービスはこちらです!

Amazon Primeはこちら

U-NEXTはこちら

Netflixはこちら

なる

この記事を書いた人

なる

SHARE

この記事をシェアする