旅行

【2024最新】女子向け関東一人旅におすすめ!初心者でも自然に癒されリフレッシュできるスポット14選

一人旅女子関東

2024/06/29

「旅に行きたいけど、一緒に行く人がいない」「たまには自由に旅がしてみたい」そう思う時もあるのでは?今回は、関東の1人旅におすすめな場所を14選に厳選してご紹介します!ぜひ、最後まで見てくださいね!

目次[ 表示 ]

女子の一人旅におすすめな場所・注意点は?

女子の一人旅におすすめな場所とは、どのような場所なのでしょうか。また、注意点はあるのでしょうか。ここからは、以上の2点について解説します。

おすすめな場所

①人がある程度いる場所

1人でゆったりと過ごしたい一人旅ですが、あまりにも人気が少ないところに行くことは控えましょう。何かあってからでは遅いので、時間や場所は細心の注意を払って決定しましょう。

②人とは行かない場所

自分の趣味が楽しめる場所や、ニッチな場所は、友人や恋人との旅行にはあまり選びませんよね。そのため、あえて一人旅では他の人とは行かないような場所に行くことで貴重な体験を楽しめます。

③宿泊もおすすめ

一人旅なら日帰りで良いか。と考えてしまいがちですが、宿泊することで、ホテルの料理温泉を楽しむことができます。ホテルによっては、1人部屋に露天風呂が設置されている場合もあるので、一人旅ならではの楽しさを味わえます。

注意点

①荷物の管理はきちんとする

普段から、大事な荷物は肌身離さず持つべきですが、一人旅では、特に注意が必要です。万が一、携帯やお財布を盗られてしまったらせっかくの旅が台無しになってしまいます。荷物の管理は徹底しましょう

②お酒を飲みすぎない

美味しいお酒に出会えるとついつい飲みすぎてしまいますが、飲みすぎには注意です。泥酔しても旅行に出てしまうと知り合いがすぐには来れない可能性が高いです。お酒はたしなむ程度にしましょう。また、車で旅行に行く場合は、飲酒は厳禁ですよ。

③常に最新の注意を払う

誰かに旅の経過を報告したり、SNSに投稿をするのも有効な手段です。誰かに自分の行動を知っておいてもらうと、少し安心できますよね。また、犯罪やトラブルに巻き込まれるなどの重大な事態だけでなく、スマホの充電が切れた。落とし物をした。道に迷った。など、誰かといるときはなんとかなる出来事も、1人であれば大変な出来事です。常に注意を払うことを忘れずにいましょう。

一人旅は本来、とても楽しいものです。普段は経験できないことができる時だからこそ、様々なことを想定して、入念に準備を進めましょう!

女子の一人旅におすすめな場所14選!

ここからは、関東での一人旅におすすめな場所を14ヶ所ご紹介します!自然を楽しめ、ゆったりと出来る場所を集めたので、ぜひ、参考にしてくださいね!

【茨城】鹿島神宮

※引用元 観光いばらき公式ホームページ

鹿島神宮は、武道の神様「武甕槌大神」を御祭神とする神社です。東京ドーム15個分に相当する境内には、御手洗池口鳥居や御手洗池など、自然と古き良き歴史を感じられるスポットが数多くあります。

武甕槌大神の御神徳にちなみ、武道守や勝守などのお守りも購入が可能です。年間で約90の祭典が行われているため、日程によってはイベントも見ることが出来るかもしれません!

住所
〒314-0031
茨城県鹿嶋市宮中 2306-1
営業時間
神符守札授与所
8:30~16:30

御祈祷受付
※御祈祷の受付には事前予約の必要はなし
8:30~16:30 (恒例祭や特別な参拝がない限り、30分毎に祈願祭を斎行)
入場料
無料
東京駅からの所要時間
車で1時間30分
バスで2時間

【茨城】大洗磯前神社 神磯の鳥居

※引用元 大洗磯前神社公式ホームページ

神磯の鳥居は、御祭神が民を難儀から救うために降臨された「神磯」であり、神聖な場所とされています。太平洋に堂々とそびえ立つ鳥居の姿は非常に美しいです。境内には大洗海洋博物館もあり、大洗町について学ぶことも出来ます。

季節に問わず、日の出の時刻にはその絶景を写真に収めようと多くの人が訪れます。美しい景色を見れば、疲れた心も癒されると思います!

住所
〒311-1301
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
営業時間
5月~8月 5:30~18:00
9月~4月 6:00~17:00

祈祷受付 9:00~16:00
授与所 8:30~16:30
御朱印 8:30~16:30
入場料
無料
東京駅からの所要時間
車で1時30分
電車・バスで2時間半

【栃木】大谷景観公園

※引用元 一般社団法人 宇都宮観光コンベンション協会公式ホームページ

「石の里大谷」などの大谷寺や資料館を楽しめる、観光客の憩いの場です。のんびりとくつろぎながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。大迫力の岩壁はもちろんのこと「大谷資料館」は、まるで異世界に迷い込んだかのような空間が広がっています。

石と緑が象徴的で、自然の美しさを感じることができるスポットです。JR宇都宮駅からバスで30分の場所に位置しています。宇都宮を旅してから訪れても良いですね。

住所
〒321-0345
宇都宮市大谷町1224‐1
営業時間
24時間
入場料
無料
東京駅からの所要時間
車で2時間
新幹線で1時間30分

【栃木】若竹の社 若山農場

※引用元 若林の社公式ホームページ

映画やドラマのロケ地としても用いられる、幻想的な竹林です。見渡す限り竹に囲まれており、非日常的な体験ができます。別料金はかかりますが、夜のライトアップも非常に美しく、都会の明かりとはまた違う魅力に出会えます。

竹器でお抹茶や、竹工作体験として、水鉄砲や弓矢を作る体験もあります。筍関連の商品の販売や、カフェも隣接しているので楽しみ方は色々です!

住所
〒320-0075
栃木県宇都宮市宝木本町2018
営業時間
平日:9:00~17:00
土・日・祝日:9:00~20:00
(6月1日より8月31日までの期間は、土日祝日の閉園時間が21時)

​※最終受付は閉園時間の30分前
※夏季(6~8月)の土日祝日は、閉園時間が21時
入場料
大人:¥750
小・中学生:¥500
未就学児(3-5歳):¥250

​※入場料は1日を通して有効(再入場可)
※ライトアップは別途料金
東京駅からの所要時間
車で2時間
電車・新幹線で1時間40分

【群馬】草津温泉・西の河原公園

※引用元 草津町公式ホームページ

「西の河原公園」は、草津温泉の最西端にあることからこの名で呼ばれています。日本三名泉としても知られています。露天風呂に入れば、四季折々の美しい景色を感じることができます。

温泉は、日帰り旅行にもぴったりの場所です。草津は有名な観光スポットであるため、温泉にちなんだ料理を楽しんだり、近くを散策するだけでも楽しめちゃいます!

住所
〒377-1711
群馬県吾妻郡草津町大字草津521-3
営業時間
4月1日~11月30日 7:00~20:00(最終入館は19:30まで)
12月1日~ 3月31日 9:00~20:00(最終入館は19:30まで)
入場料
大人(中学生以上) 800円
子供(3歳~小学生) 400円
東京駅からの所要時間
車で3時間
新幹線・バスで3時間30分

【群馬】四万川ダム

※引用元 群馬県公式ホームページ

1999年に完成したダムです。非常に大きなダムで、湖のコバルトブルーは写真で見るよりもずっと美しいです。山の緑と、湖の青さが、まるで1つの作品のような景色を作り出しています。新緑や紅葉など、時期によって、違った景色を楽しめます

周囲には1時間ほどで回れる散歩コースが整備されており、自然を肌で感じることが出来ます。また、近くには温泉街があるため、ランチやスイーツも楽しむことが出来ます!

住所
〒377-0601 
群馬県吾妻郡中之条町大字四万字木ノ根宿4400-28
営業時間
24時間
入場料
無料
東京駅からの所要時間
車で3時間
電車で5時間

【埼玉】嵐山渓谷

※引用元 一般社団法人嵐山町観光協会公式ホームページ

嵐山渓谷は、岩畳と槻川の清流、そして木々が生み出す景勝地です。秋になると葉が色づき、非常に美しい景色が広がります。景観が京都の「嵐山」によく似ていることから、「嵐山渓谷」と呼ばれるようになりました。

初夏には新緑や小鳥のさえずり、秋になれば燃えるように赤い紅葉を楽しむことができます。紅葉の見ごろは、例年だと11月中旬~12月上旬になっていますが、事前に良く調べてから訪れてくださいね!

住所
〒355-0225
埼玉県比企郡嵐山町鎌形2627
営業時間
24時間
入場料
無料
東京駅からの所要時間
車で1時間30分
電車・バスで2時間

【埼玉】大宮公園

※引用元 さいたま市公式観光サイト

明治18年に氷川公園の名称で誕生した、非常に歴史の長い公園です。日本さくら名所100選日本の都市公園100選にも選ばれています。春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪と四季折々、美しい景色が広がります。

小動物園や、日本庭園や歴史と民族の博物館などもあります。埼玉県で一番利用の多い県営公園ということもあり、楽しめるポイントが沢山あります。

住所
〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4丁目
営業時間
24時間
入場料
無料
東京駅からの所要時間
車で1時間
電車で1時間

【千葉】根本海岸

※引用元 ちば観光ナビ公式ホームページ

白い砂浜と、青い海のコントラストが非常に美しい海岸です。さかなクンの半生を描いた映画『さかなのこ』のロケ地にもなった場所です。天気の良い日なら、伊豆七島や、美しい夕日を見ることもできます。

最寄り駅はJRの館山駅ですが、距離があるため車やバスで行くことをおすすめします!また、夏になると海水浴場が開設されるため、混雑が予想されます。時期や時間をずらせば、非常に美しい景色をゆったりと見ることの出来るスポットです。

住所
〒295-0104
千葉県南房総市白浜町根本無番地
24時間

海水浴場の開設:夏 7月22日~8月21日 09:00~16:00
入場料
無料
東京駅からの所要時間
車で2時間
電車で3時間30分

【千葉】亀岩の洞窟

※引用元 君津市公式ホームページ

清水渓流広場は、房総半島内陸部の笹川上流に位置する観光スポットです。6月下旬にはホタルを見ることもできます。季節によって姿が変わるため、自然の奥ゆかしさを感じられると思います。

洞窟から入った光が湖の水面に反射し、ハート型が現れると、SNSでも話題になりました。ハート形を見るには、3月9月のお彼岸の時期、早朝が良いとされています!

住所
〒292-0526
千葉県君津市笹1954
営業時間
24時間
入場料
無料
東京駅からの所要時間
車で1時間30分
電車で2時間30分

【東京】明治神宮

※引用元 明治神宮公式ホームページ

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を祭った神社です。東京ながら自然に囲まれており、都会の喧騒を忘れられる場所になっています。季節によって様々なに出会うことができます。

ご参拝をすると共に、明治神宮御苑で厳かな自然と触れ合ってみてはいかがでしょうか。神社でゆったりとした時間を過ごすのも、一人旅ならではの楽しみ方です。

住所
〒151-8557
東京都渋谷区代々木神園町1-1
営業時間
日の出時に開門、日の入り時に閉門
(日により異なる)
入場料
本殿参拝料
無料
明治神宮宝物殿入館料
500円
明治神宮御苑入園料
500円
東京駅からの所要時間
車で20分
電車で30分

【東京】国営昭和記念公園

※引用元 昭和記念公園公式ホームページ

春は桜や菜の花、夏はスイレンや紫陽花、秋はコスモスや紅葉、冬はサザンカやクリスマスローズを見ることができます。写真映えする場所でもあるので、旅の思い出に沢山の写真を撮るのもおすすめです。

売店には休憩できるスポットやドリンクもあります。雑貨は花をモチーフにした可愛いものを多数取り扱っているので、普段頑張っている自分へのご褒美にぜひ、購入してみては?

住所
〒190-0014
東京都立川市緑町3173
営業時間
日によって異なる
入園料
大人(高校生以上)450円
シルバー(65歳以上)210円
小人(中学生以下)無料
東京駅からの所要時間
車で1時間
電車で1時間

【神奈川】江の島サムエル・コッキング苑

※引用元 江の島シーキャンドル・江の島サムエル・コッキング苑公式ホームページ

観光名所として有名な江の島ですが、江の島サムエル・コッキング苑を目当てに訪れるのはいかがでしょうか。サムエル・コッキング氏によって明治時代に造園された庭園を、公園施設にした場所です。熱帯植物を見ることができるなど、まるで南国のような場所です。

近くにはショップやカフェなども充実しているため、長時間楽しむことが出来ます。別途料金はかかりますが、江の島シーキャンドル(展望台)からの景色も見ものです!

住所
〒251-0036
神奈川県藤沢市江の島2丁目3−28
営業時間
9:00〜20:00(最終入場19:30)
入場料
江の島サムエル・コッキング苑
通常(イベントのない終日)
大人 無料  子供 無料

イベント時(17時以降)
大人 500円 子供 250円

江の島シーキャンドル
大人 500円 子供 250円

江の島エスカー(全3区間)
大人 360円 子供 180円
東京駅からの所要時間
車で1時間30分
電車で1時間30分

【神奈川】横浜イングリッシュガーデン

※引用元 横浜イングリッシュガーデン公式ホームページ

2,200種類のバラを中心に、様々な植物を楽しめる場所です。時期によって、「ローズ・フェスティバル」や「アジサイ・フェスティバル」など様々なイベントが催されています。園芸文化の素晴らしさを感じることのできるスポットです。

実は、横浜イングリッシュガーデンのメインである「バラ」は、横浜市の花・シンボルとして定められています。バラの魅力を再発見できる、観光名所です!

住所
〒220-0024
神奈川県横浜市西区西平沼町6-1
営業時間
10:00~18:00(最終入園 17:30まで)
入場料
一般 700円
小中学生 400円
未就学児 無料
( 2024年6月24日~9月13日の料金 )
※時期によって異なる
東京駅からの所要時間
車で1時間
電車で1時間

一人旅に行こう!

いかがでしたか?1人だからこそ楽しめる旅だってあります!たまには、自然に囲まれながらゆったりとした時間を過ごしてみてくださいね!

この記事を書いた人

みちる

千葉県出身のみちるです! 映画と世界遺産が好きで、フルートが吹けます。 皆さんの毎日を鮮やかにする記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする