デジタル

【全機種】iPhoneでダイナミックアイランド風を使える!Widgyでのやり方や種類をご紹介!

ウィジェットダイナミックアイランドWidgyiPhoneApple

2023/01/25

iPhone14 pro / pro maxのみで対応しているダイナミックアイランドですが、

「Widgy」というウィジェットアプリを使うことで

iPhone全機種でダイナミックアイランド風のホーム画面を作ることができます。

目次[ 表示 ]

14 Pro/Maxのみ対応のダイナミックアイランドが全機種で!

Widgyというウィジェットアプリを使うことでダイナミックアイランド風のホーム画面が作成できます。

そのやり方を「設定アプリ・Widgyアプリの背景・Widgyアプリ」の3つに分けてご紹介いたします。

設定アプリでの設定

設定アプリでウィジェットを見やすくする設定を行います。
※任意なので設定しなくても問題はないです。

step1

設定アプリから「アクセシビリティ」

step2

動作

step3

視差効果を減らす

step4

完了

Widgyアプリの背景設定

Widgyのウィジェット設定する前に透明化するためにWidgyへ背景画像の設定を行う必要があります。

step1

ホーム画面カスタマイズでスクショ


※ホーム上にアプリがないようにしてください。

step2

Widgyアプリで「透明用背景を設定」

step3

先ほどのスクショを設定

step4

完了

Widgyアプリでの設定

step1

閲覧・検索からフィルター


※今回はApple Musicでの設定なのでフィルターをかけます。

step2

「Music」

step3

下の画像の赤枠を選択

step4

「インポート」

step5

「キャンセル」

step6

管理へ戻って「スロット中」を選択

step7

先ほどのインポートから選択

step8

配置場所を選択

step9

完了

あとはホーム画面にウィジェットを追加して完了です。
ホーム画面にウィジェットを追加する方法
ホーム画面カスタマイズで左上のプラスボタン

「Widgy」を選択

登録したウィジェットサイズを選択

完了

注意!iPhoneの滑らかさがなくなる!

上の設定であるようにアクセシビリティから視差効果を無くすので、iPhoneの操作の滑らかさがなくなります。

iPhoneの操作の動きに慣れた人は違和感を感じるので、Widgyのダイナミックアイランド風を使うのに注意が必要です。

視差効果を使ったままでもある程度変わらないウィジェットもあるので色々試してみてください!

Widgyのダイナミックアイランド風の種類6つ!

先ほどApple Musicのダイナミックアイランド風をご紹介しましたが、他にも種類があるので6つご紹介いたします。

Apple Music

Apple Musicで流れている音楽がダイナミックアイランド風に反映され少しシックな感じを醸し出すことができます。

気温

自分の使用しているiPhoneの端末情報と気温を表示してくれます。

フィットネス

フィットネス情報が一目でわかるダイナミックアイランド風のウィジェットです。

バッテリー

バッテリー残量が見れるダイナミックアイランド風のウィジェットです。

色々

カレンダーや気温、フィットネスなど色々な情報が表示されたダイナミックアイランド風のウィジェットです。

カレンダー

今週のカレンダーの日にちを表示したおしゃれなダイナミックアイランド風のウィジェットです。

ダイナミックアイランド風を使いこなしてみよう!

やはり純正のダイナミックアイランドと比べるとそれぞれの機能を使うのにウィジェットで分けないといけないので不憫ですが、おしゃれにカスタマイズしたい人にはうってつけのアプリです。

ぜひ参考にしてみてください!

わや

この記事を書いた人

わや

広島出身の「わや」です。 主に、ビジネス・デジタル・お金のジャンルを書いてます。 ガジェットとビジネス本を読むのが大好きです。 スタバ店員とプログラミングの先生の経験あり! 皆様が楽しめる記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする