エンタメ

『1Q84』が好きな人必見!おすすめ本5選!

ミステリー読書村上春樹小説

2022/01/25

村上春樹12作目の長編小説『1Q84』が好きならハマるおすすめの小説を5作品ご紹介します!

目次[ 表示 ]

『1Q84』とは

まずは『1Q84』について復習しましょう!

あらすじ
1984年、青豆と天吾は、別の場所でそれぞれの生活を送っていた。
ある時スポーツインストラクター兼暗殺者である青豆は、空に月が2つあるのを発見し、その不可思議な世界を1Q84と呼ぶようになる。
同じ頃、塾講師のかたわら小説を書いている天吾は、未完の大作「空気さなぎ」を加筆修正するという大仕事を引き受ける。
その時から二人の人生と世界のあり方が変わり、困難に直面し、過去と向き合い、それぞれの答えを導き出す。

2009年年間ベストセラー総合1位2010年年間ベストセラー総合5位を記録している、村上春樹の長編小説です。
現実世界におけるファンタジー要素を含んでいて読んだ後も謎が残る不思議なお話が魅力的ですよね!

『1Q84』が好きな人におすすめな本5選

続いて村上春樹の『1Q84』が好きな人におすすめの小説を5作品ご紹介します!

1984年(ジョージ・オーウェル)

あらすじ
思想・言語・結婚などあらゆる市民生活に統制が加えられているロンドンに住むウィンストン・スミスは、隠れて日記を書くという禁じられた行為を続けていた。
監視の目をかいくぐってジュリアという女性と逢瀬を重ねたり、禁書を読んで現在の体制の裏側を知ったりするうちにこうした行為が密告され、ウィンストンは思想警察に尋問と拷問を受けることになった。

『1Q84』のタイトルの元になったディストピアSF小説です。
村上春樹自身もこの『1984年』を土台に、近過去小説を書きたいという動機があったと述べていて、『1Q84』は『1984年』のオマージュ作品となっています。
この2冊に一体どのような関係があるのかは、読んでからのお楽しみです!

重力ピエロ(伊坂幸太郎)

あらすじ
泉水と春は、半分しか血のつながりがないが仲の良い兄弟だった。
ある日2人が住む仙台で連続放火が起き、泉水の会社も巻き込まれる。
これらの放火に共通しているのは奇妙なグラフィティアートであり、グラフィティアートの除去作業を生業としている春がその共通点に気づいた。
そして兄弟はこの謎に立ち向かった。

第1回本屋大賞ノミネート作品2004年版このミステリーがすごい!第3位を受賞した作品です!
村上春樹がそうであるように、伊坂幸太郎も独特な世界観を持っていて、その世界観が前面に出ている作品です!
ぜひそのユーモアあふれる伊坂ワールドに触れてみてください!

殺戮にいたる病(我孫子武丸)

あらすじ
東京の繫華街で、次々と猟奇殺人が起こった。
犯人は蒲生稔であり、彼が逮捕された経緯を殺人犯の稔、自分の息子が犯人なのではないかと疑う母・雅子、知り合いが殺害された元警部・樋口の3人の視点から謎の解明に迫る。

『殺戮にいたる病』は叙述トリック作品の最高峰ともいわれています!
解説の笠原氏は「読後しばし呆然とする」と述べており、その伏線や衝撃の展開には、読んでいて頭がくらくらするほど巧妙です!
ただし過激な描写などがあるので、読む際は注意しましょう。

占星術殺人事件(島田荘司)

あらすじ
密室状態のアトリエで殺害された画家・梅沢平吉の遺書には、若い6人の処女の肉体を組み合わせて完璧な女・アゾートを創るということが書かれていた。
そしてその直後、6人の若い女性たちが殺害される。
彼女たちは体の一部を切り取られていた。
この迷宮入りした事件の40年後、占星術師の御手洗潔が事件の解決に挑む。

イギリスの有力紙『ガーディアン』で世界の密室ミステリーベスト10の第2位に選ばれるほど、世界的に有名な小説です。
島田荘司の人気シリーズである御手洗潔シリーズの第1作目でもあります。
多くのトリックがあり、ミステリー好きにもおすすめの小説です!

悪の教典(貴志祐介)

あらすじ
高校の英語教師蓮実聖司は、爽やかなルックスで生徒や保護者からの人気を得ている半面、邪魔になった生徒や教師を排除するサイコ・キラーだった。
徹底的な証拠隠滅を行うため警察から疑われることはなかったが、それでも蓮実の本性を勘づく者が現われた。

2011年本屋大賞にノミネートされたサイコ・ホラーです。
徐々に明らかになる主人公の本性や、ストーリーのテンポの良さに一気に引き込まれ、あっという間に読めてしまいます。
映画化もされているので、ぜひそちらも視聴してみてください!

不思議なミステリー小説がおすすめ!

『1Q84』が好きな人には、不思議さや謎が詰まったミステリー小説がおすすめです!
自分の好きな作品や作者を、新たに開拓してみてください!

佐藤

この記事を書いた人

佐藤

埼玉県出身の佐藤です。 主に、スポーツ・レジャー、エンタメの記事を書いています。 ディズニーとカメラが大好きです。 価値のある情報を発信します!

SHARE

この記事をシェアする