エンタメ

【2022最新】おすすめのサスペンス映画5選!日本のもの~洋画まで

サスペンスサスペンス映画邦画泣ける洋画映画洋画おすすめ

2022/08/11

今回はおすすめのサスペンス映画を5つご紹介します!

ぜひ、夏はサスペンス映画でハラハラしましょう!

目次[ 表示 ]

シャッターアイランド

引用元:Amazon  

あらすじ

精神を患った犯罪者を収容するための孤島「シャッターアイランド」。ある日、レイチェルという女性患者がその病院で姿を消してしまいます。連邦保安官の主人公テディは捜査のため島を訪れますが、その島には、”真実”が隠されているのでした。

主人公の主観で物語が進んでいく「シャッターアイランド」。
なんとなく正しいと思い込んでいるものは、本当に真実なのでしょうか。
衝撃のラストに鳥肌が立つこと間違いなしの、王道サスペンス映画です!

こんな人におすすめ

✓伏線を探すのが好き

✓ザ・サスペンス映画が観たい!

✓満足感を得たい
制作会社
フェニックス・ピクチャーズ
公開年
2010年
監督
マーティン・スコセッシ
脚本
レータ・カログリディス
キャスト
レオナルド・ディカプリオ
マーク・ラファロ
ミシェル・ウィリアムズ
視聴可能サービス
Netflix
Hulu
U-Next

プラットフォーム

引用元:Yahoo!映画

あらすじ

現実に存在する社会の階層構造を暗喩するような建物を舞台とした「プラットフォーム」。

主人公が目を覚ますと、塔のような建物にいました。上下の階層は中央にある穴で繋がっています。そして、食事の時間になると上の階からの食べ残しが下の階へと運ばれていきます。極限状態に置かれると人間はどうなってしまうのか、スリラー映画です!

本当に考えさせられる映画である「プラットフォーム」。
追い込まれた状況では、誰もが自分本位になってしまうものだと思います。しかし、ひどい環境に追い込まれても、平等さを追及する主人公と結果として先に待っているもの、理想と現実のギャップが心に刺さる映画です。

こんな人におすすめ

✓考察をしたい・読みたい方

✓社会や世の中について考えたい方

✓宗教的観念が理解できる方
制作会社
Basque Films
公開年
2021年
監督
ガルデル・ガステル=ウルティア
脚本
ダビド・デソーラ(スペイン語版)、ペドロ・リベロ
キャスト
イバン・マサゲ
ソリオン・エギレオル
アレクサンドラ・マサンカイ
視聴可能サービス
Netflix
U-Next

ミスト

引用元:Yahoo!映画

あらすじ

のどかな田舎町で家族と暮らす主人公。激しい嵐の翌日、湖の向こう岸には異様に深い霧が発生していました。その霧はあっという間に町全体を覆います。
霧の正体は何なのか、ラストに何が起こるのか、衝撃のホラーサスペンスです!

この映画は、半端な気持ちで見ると精神的にダメージを受けます。見る方は、ある程度の覚悟が必要です。
サスペンスであり、ホラーであり、スリラーでもあるハラハラドキドキの映画なので、見た後満足感を得られること間違いなしです!

こんな人におすすめ

✓ハラハラしたい!

✓目が離せない映画を見たい

✓急展開が好き
制作会社
ディメンション・フィルムズ ダークウッド・プロダクションズ ワインスタイン・カンパニー
公開年
2007年
監督
フランク・ダラボン
脚本
スティーヴン・キング
キャスト
トーマス・ジェーン
ローリー・ホールデン
マーシャ・ゲイ・ハーデン
視聴可能サービス
Netflix
U-Next
Amazonプライムビデオ

白ゆき姫殺人事件

引用元:松竹株式会社

あらすじ

誰もが認める美人OLの殺人事件。この不可解な事件を巡り、同期入社の地味な女性・城野美姫に疑惑の目が向けられます。

テレビのワイドショー取材により、美姫の同僚・同級生・家族・故郷の人々がさまざまな””を語り始め、過熱するテレビ報道、炎上するネット、噂が噂を呼ぶ口コミの恐怖

果たして彼女は本当に、残忍な魔女なのでしょうか。

話が展開していくテンポが絶妙でハマる映画「白ゆき姫殺人事件」。
数年前の映画ですが、現代社会の闇を上手く風刺している映画です。

こんな人におすすめ

✓ミステリーも好き

✓現代社会の風刺が好き

✓テンポの良い映画が好き
制作会社
松竹
公開年
2014年
監督
中村 義洋
脚本
湊 かなえ
キャスト
井上真央
菜々緒
綾野剛
視聴可能サービス
Hulu
U-Next
Amazonプライムビデオ

20世紀少年

引用元:Yahoo!映画

あらすじ

大人気漫画の映画化全3部作で構成される「21世紀少年」。

舞台は20世紀末、小学生の頃に遊びで書いた“よげんの書”の内容通りに、世界滅亡の危機が現実に起こりつつあることを知った主人公ケンヂ。彼は世界を救うため、かつての仲間を集め立ち上がります。しかし、事件の裏には“ともだち”と呼ばれる謎の存在がいて…。

子供のころ仲が良かった友達や、よくしていた遊びをあなたは覚えていますか?
おそらく、幼いころの記憶が曖昧な方が多いと思います。
平凡な主人公・ケンヂも同じで、記憶の曖昧さを抱えながらも、黒幕を突き止めようと奮闘していきます。感情移入してしまうこと間違いなし、ハラハラ感がたまらない映画です!

こんな人におすすめ

✓非日常感を味わいたい!

✓手に汗握りたい

✓満足感を得たい
制作会社
Agung
公開年
2008年
監督
堤 幸彦
脚本
長崎尚志 、福田靖
キャスト
唐沢 寿明
常盤 貴子
豊川悦司
視聴可能サービス
Hulu
U-Next

サスペンス映画で非日常を感じよう!

以上、おすすめのサスペンス映画5選でした!

ぜひ、非日常感を味わってくださいね。

だみ

この記事を書いた人

だみ

茨城出身の「だみ」です。 主に、旅行・グルメのジャンルを書いています。 美味しいものを食べること、音楽、旅行が大好きです。 ピアノ・フルート・ギターできます!皆様に役立つ情報をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする