グルメ

東京のおすすめ老舗カレー屋さん13選!定番からディープなお店までご紹介!

定番老舗カレー屋さんディープおすすめ東京

2022/09/06

みなさんは、カレーは好きですか?

カレーといってもキーマカレーやグリーンカレーなどさまざまな種類があります。

そして家庭の味でもありながら、お店に行くと味わったことのない本格的な味に出会うこともできますよね。

ここでは、東京でおすすめの老舗カレー屋さんをご紹介します!

目次[ 表示 ]

ここは行くべき!東京の老舗カレー屋さん5選

まずは、絶対に外すことのできない、東京でおすすめの老舗カレー屋さんをご紹介していきます。

【銀座】ナイルレストラン

引用元:食べログ

1949年に開業した、日本最古のインド料理専門店です。

お店に入ると「ムルギーランチね!」と注文が勝手に決められてしまい、他のメニューがなかなか頼めないことで有名です。

創業者のA.M.ナイルさんは「インド独立連盟」設立にも携わった歴史的に重要な役割を果たした方です。

現在は二代目のG.M.ナイルさん、三代目のナイル善己さんがお店を切り盛りしています。

看板メニューの「ムルギーランチ」は、スパイシーなカレーとイエローライス、温野菜のキャベツとマッシュポテト、骨付き鶏モモ肉がワンプレートになって提供されます。

この骨付きチキンの身を骨から外し、全部の具材を混ぜて食べるのがおすすめの食べ方となっています。

ボリュームのあるチキンは地鶏、お米は岩手の「いわてっこ」を使用するなど、素材にもこだわった逸品です。

引用元:食べログ

住所
東京都中央区銀座4-10-7
アクセス
日比谷線・都営浅草線東銀座駅(A2出口)より徒歩1分
営業時間
〈月~土〉
11:30~21:30
〈日・祝〉
11:30~20:30
定休日
火曜日・第1第3水曜日
平均予算
1,000~1,999円

【吉祥寺】くぐつ草

引用元:食べログ

1635年に創設された「江戸糸あやつり人形劇団 結城座」の劇団員によって、1979年にオープンしたお店です。

看板メニューの「くぐつ草カレーセット」は、カレー、サラダ、ドリンクがついたセットで、創業当時から現在も製法は変わっていません。

カレーはベーシックですが、コリアンダーシードがたっぷりと入っており、炒って香りを出して麻袋に入れて煮込んだ10種のスパイスを使用しています。

玉ねぎの甘みやスパイスのザクザク感、レーズンの食感が特徴的なカレーです。

引用元:食べログ

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-7 島田ビルB1F
アクセス
吉祥寺駅より徒歩3分
営業時間
10:00~22:00
定休日
無休
平均予算
1,000~1,999円

【豊洲】印度カレー中栄

引用元:食べログ

1912年(大正元年)に創業した老舗カレー店です。

最初は築地市場の場内にありましたが、市場の移転に伴って現在は豊洲にお店を構えています。

注文は印度カレー、ビーフカレー、ハヤシライスの3種をベースに、合いがけやトッピングなどでカスタマイズするのがこのお店のスタイルです。

また、カレーには千切りキャベツが添えられていますが、これを始めたのはこのお店が最初であるといわれています。

おすすめのメニューは「炙りハーフチャーシューカレー合いがけ(印度カレー+ビーフカレー)」で、メニューに書かれてはいませんが、ハーフ&ハーフのカレーにハーフチャーシューをトッピングします。

印度カレーは辛口のポークカレーで、ビーフカレーはなめらかで甘みとコクがあります。

この2種類のカレー炙りチャーシューの相性は抜群です。

引用元:食べログ

住所
東京都江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟 3F 18
アクセス
市場前駅より徒歩4分
営業時間
5:00~14:00
定休日
日曜日・祝日・市場休業日
平均予算
1,000~1,999円

【銀座】銀座スイス 本店

引用元:銀座スイス公式サイト

1947年に創業しました。

その翌年に名物の「カツカレー」が登場します。

この料理を考案したのは巨人軍の名選手であった千葉茂さんです。

早くたくさん食べたいとの思いから、「カレーライスにポークカツレツをのせてほしい」と注文したのが始まりでした。

ルーは、食パンに水を加え裏ごししたものを使用し、すりおろした野菜とひき肉がとろとろになるまで煮込まれています。

また、揚げ物には生パン粉と純製ラードを使っており、純製ラードによって衣の旨みを引き出しています。

これは、熱々の揚げたてを提供できるからこそできる、カツの美味しさの秘訣です。

引用元:銀座スイス公式サイト

住所
東京都中央区銀座3-4-4 2F
アクセス
銀座一丁目駅より徒歩2分
営業時間
〈月・水〉
11:00~15:00(ラストオーダー14:30)
17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
〈木~日〉
11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日
火曜日
平均予算
1,000~2,999円

【神保町】スマトラカレー 共栄堂

引用元:スマトラカレー共栄堂公式サイト

26種類のスパイスとろけるほど煮込まれた野菜と肉の旨みが凝縮された、小麦粉を一切使用していない黒濃色でサラリとした食感のカレーが楽しめます。

濃厚で独特な味わいがあり、何度も食べたくなるほど中毒性があります。

サービスのポタージュスープもほっとする味で、箸休めにぴったりです。

ただし、ランチやディナーの時間で混雑している場合は相席になることがあります。

引用元:スマトラカレー共栄堂公式サイト

住所
東京都千代田区神田神保町1-6 神保町サンビルディングB1
アクセス
都営地下鉄新宿線・三田線神保町駅A5出口より徒歩1分
営業時間
11:00~20:00(ラストオーダー19:45)
定休日
日曜日
平均予算
1,000~1,999円

カレー好きにおすすめ!東京の有名カレー屋さん5選

続いて、カレー好きにおすすめの、一度は行きたい有名なカレー屋さんをご紹介していきます。

【神保町】欧風カレー ボンディ神田小川町店

引用元:欧風カレー ボンディ公式サイト

「第1回 神田カレーグランプリ」で初代王者に輝いたお店です。

看板メニューの「チキンカレー」は、野菜やフルーツを使用しており、たっぷりとした旨みが特徴です。

何種類ものスパイスを用いて具材からこだわったルーと、ジューシーなチキンとの相性は抜群です。

ここでしか味わうことのできない絶品カレーを、ぜひ一度は楽しんでみたいものです。

引用元:食べログ

住所
東京都千代田区神田小川町3-9 AS ONE 神田小川町 2F
アクセス
都営新宿線 神保町駅/小川町駅B7出口より徒歩5分
営業時間
11:00~21:00 (ラストオーダー20:30)11:00~21:00 (ラストオーダー20:30)
定休日
年中無休(年末年始除く)
平均予算
1,000~1,999円

【新宿】新宿中村屋Manna

引用元:食べログ

「新宿中村屋」は、昭和2年に日本で初めてレストランで「純インド式カリー」を提供しました。「Manna」はその本店のメインレストランです。

実は、中村屋は、インド独立運動の志士ラス・ビハリ・ボースが日本へ亡命したときに、彼を匿って支援しました。

その際の中村屋への感謝の気持ちから、ボースは本物のカリーを日本に紹介したいと思い、

純印度式カリーのレシピを提供したのが始まりだといわれています。

「純印度式カリー」は具材の溶け込んだサラリとしたルーにごろっとした鶏肉が入っていて、しっかりとした辛さを感じます。

付け合わせはピクルス、タマネギ、らっきょう、さらにマンゴーチャツネ、レモンチャツネ、粉チーズもついてくるため、お好みで使用して味の変化を楽しむことができます。

引用元:レストラン&カフェ Manna(マンナ) 新宿中村屋公式サイト

住所
東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビル B2F
アクセス
JR新宿駅東口より徒歩2分
営業時間
〈月~木・日〉
11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
〈金・土・祝前日〉
11:00~22:30(ラストオーダー21:45)
定休日
元日
平均予算
1,000~2,999円

【下北沢】Rojiura Curry SAMURAI.(路地裏カリィ侍.)

引用元:食べログ

北海道のスープカレーの名店で、隠れ家のような雰囲気のお店ですが、

平日休日にかかわらず、いつも列ができているほど人気なお店です。

外のウェイティング席でメニューを見て、お店の中に入る前に注文するスタイルです。

おすすめメニューは「路地裏カレー侍の1日分の野菜20品目」で、その名の通り、ジャガイモやブロッコリー、ホワイトコーン、カボチャなどの北海道産の契約農家野菜がたっぷりと入っています。

店内にはアンティークのインテリアがあり、落ち着いたおしゃれな空間が広がっていて、この雰囲気が人気の理由の1つでもあります。

引用元:食べログ

住所
東京都世田谷区北沢3-31-14
アクセス
小田急・京王井の頭下北沢駅より徒歩7分
営業時間
ランチ 11:00~15:30(ラストオーダー15:00)
ディナー 17:30~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日
無休
平均予算
1,000~1,999円

【新宿】カリー草枕

引用元:食べログ

2007年にオープンした、新宿唯一の新世代カレー店です。

店主は海外を旅しながらスパイス料理を学んだ方です。

玉ねぎをたっぷりと使ったシンプルで奥深いカレーで、スープカレーでもなく、いわゆるカレーライスでもない少し変わった口当たりが特徴です。

おすすめは「ナストマトチキン」 に発酵バタートッピングするという食べ方です。

ナスの旨みと発酵バターの相性がよく、リッチな味わいを楽しむことができます。

さらに、プチトマトをプラスすると、弾けたトマトの酸味でフレッシュなカレーになります。

なお、トマトの酸味を引き出すためには、辛めの注文がおすすめです。

引用元:食べログ

住所
東京都新宿区新宿2-4-9 中江ビル 2F
アクセス
JR新宿駅より徒歩7分
東京メトロ丸の内線・副都心線新宿三丁目駅A1出口より徒歩3分
営業時間
11:00~15:00(ラストオーダー14:30)
18:00〜21:00(ラストオーダー20:30)
定休日
無休(正月除く)
平均予算
~1,999円

【下北沢】旧ヤム邸 シモキタ荘

引用元:食べログ

「スパイスカレー」は大阪のカレー界において一大ムーブメントでしたが、それを初めて東京の下北沢に持ち込んだお店です。

オープン当初から大阪のスパイスカレーを求める人々で大行列となっていました。

カルダモン、クローブ、カスリメティといったスパイスの香り季節食材和出汁からなる味わいが絶品です。

おすすめは「ぜんがけカレー」で、ライスは玄米、ターメリックライス、ジャスミンライスが盛られており、添えられた「ヤムカレースープ」を途中でかけて楽しみます。

また、このお店の特徴は、月替りでカレーが登場し、かつ同じカレーは二度と現れないところです。

新しい味に出会うために、毎月行きたくなりますね。

引用元:食べログ

住所
東京都世田谷区代沢5-29-9 ナイスビル 1F
アクセス
小田急線・京王井の頭線下北沢駅より徒歩7分
営業時間
〈月・水~金〉
11:00~15:00(ラストオーダー14:30)
18:00~21:00(ラストオーダー20:30)
〈土・日・祝〉
11:00~15:30(ラストオーダー15:00)
17:30~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日
火曜日
平均予算
1,000~1,999円

本場の味が楽しめる!東京の本格カレー屋さん3選

最後に、本場の味を楽しむことができる、東京でおすすめの本格カレー屋さんをご紹介していきます。

【神保町】インドレストラン マンダラ

引用元:食べログ

2012年度の「神田カレーグランプリ」でグランプリを受賞したお店です。

おしゃれでシックな店内には、サリーを使用したアート作品や曼荼羅が飾られています。

カレーに欠かせないスパイス「ガラムマサラ」は、お店で手作りしたオリジナルのものを使っています。

看板メニューは「チキンバターマサラ」です。

たっぷりのトマトが使用され、酸味とバターのコクがありますが、甘さは控えめで、しっかりとスパイスの味を感じることができます。

また、ふわふわ、モチっとした食感のナンも自慢で、ナンのみテイクアウトする人もいるほど人気があります。

引用元:食べログ

住所
東京都千代田区神田神保町2-17 集英社共同ビルB1
アクセス
都営新宿線三田線/半蔵門線神保町駅より徒歩1分
営業時間
〈月~金〉
ランチ 11:00~15:00(ラストオーダー14:45)
ディナー 17:00~23:00(ラストオーダー22:30)
〈土・日・祝〉11:00〜22:00(ラストオーダー21:30)
定休日
年末年始、臨時休業あり
平均予算
1,000~2,999円

【中野】 トンホム中野店

引用元:食べログ

商店街の中にあり、レトロな雰囲気のお店です。

本格的なタイカレーを提供しており、スパイスの効いた料理は暑い時期にもぴったりです。

カレーのほかにも、ガパオやカオマンガイといった一品料理もあります。

料理はさわやかなタイビールとの相性が抜群であるため、一緒に注文するのもおすすめです。

ボリュームがあってリーズナブルであるため、大人数で行くのもおすすめです。

引用元:食べログ

住所
東京都中野区中野3-35-6
アクセス
JR中央線、東京メトロ東西線中野駅南口より徒歩3分
営業時間
〈月~金〉
ランチ 11:00~15:00(ラストオーダー14:30)
ディナー 17:00~25:00(ラストオーダー24:00)
〈土〉
11:00~26:00(ラストオーダー25:00)
〈日〉
11:00~25:00(ラストオーダー24:00)
定休日
無休
平均予算
~2,999円

【上町】亞細亞食堂サイゴン

引用元:食べログ

世田谷線を間近で眺めながら、オリジナルカレーを楽しむことができるお店です。

カレーは9種類から選ぶことができますが、一番の人気は「サイゴン特製カレー」です。

ネパール人のシェフがネパールカレーをベースにして、日本人に合わせてアレンジしたものです。

ルーは水を使わずに大量のタマネギを煮詰めたもので、辛さはあるものの、タマネギの甘味を感じることができます。

店内で焼き上げているナンももちもちでやみつきになること間違いありません!

引用元:食べログ

住所
東京都世田谷区世田谷3-3-5
アクセス
東急世田谷線上町駅より徒歩1分
営業時間
〈土日祝日〉
11:30~15:00(ラストオーダー14:45)
17:00~22:00(ラストオーダー21:00)
〈月〜金〉
11:30~15:00(ラストオーダー14:45)
17:00~22:00(ラストオーダー21:00)
TAKE OUT・デリバリー22:30(ラストオーダー)
定休日
月によって異なる
平均予算
1,000~2,999円

東京で老舗のカレーを楽しもう!

以上、東京でおすすめのカレー屋さんをご紹介しましたが、いかがでしたか?

レシピや素材にこだわった、どれも食べたくなるようなカレーばかりでしたね。

カレーといっても、これだけ種類が豊富であるため、カレーの世界も奥が深いです。

ぜひ、お気に入りのお店を見つけて、老舗のカレーを楽しんでくださいね!

とも

この記事を書いた人

とも

埼玉県出身の「とも」です。 主に、グルメ・旅行・暮らしのジャンルを書いています。 食べることと洋楽が大好きです。 毎日が楽しくなるような記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする