暮らし

「トワイライト」とはどんな意味なのか?類義語と対義語もあわせて解説

トワイライト類義語対義語言葉の意味映画使い方

2021/08/18

目次[ 表示 ]

「トワイライト」とはどんな意味なのか?

「トワイライト」という言葉は、映画やドラマや小説、楽曲のタイトルなど幅広いジャンルで使われているので、ご存知の方も多いでしょう。

しかし「トワイライト」の意味は、1つではありません。

この記事では、「トワイライト」の意味や使い方について解説していきます。

トワイライトの語源

「トワイライト」の語源は、英語の「twilight」で、この英語をカタカナで表記したものです。

国内外を問わず、多くのアーティストの楽曲タイトルや歌詞に、「トワイライト」や「twilight」の文字を見かけます。「トワイライト」をタイトルにした映画や小説のファンだという方も、多いでしょう。

クリエイターたちを惹き付けて止まない言葉「トワイライト」ですが、その意味はいくつかに分かれます。

ちなみに「トワイライト」は、フランス語では「crépuscule」と書きます。日本語での発音は、「クレプスキュール」です。

トワイライトの意味4つ

「トワイライト」は、「薄明り」の状態を表す言葉ですが、文脈やニュアンスによって、4つの意味に分けることができます。

ここからは、それぞれの意味や使用例について、1つずつ解説していきます。

1:曖昧さ

「トワイライト」には、「曖昧さ」という意味があります。

薄明りの下ではものが見えにくく、はっきりと捉えられないので、よく見えない「不明瞭な状態」の例えとして、「トワイライト」が使われます。

夕方に帰宅して、室内が薄暗くて見えにくい状態が、「トワイライト」と言えるでしょう。

2:日没後や日の出前の薄明り

「トワイライト」には、「日没後や日の出前の、空が薄明りの状態」の意味もあります。

日の出前からサーフィンを始めたり、初日の出を浴びる人々のニュース映像をご覧になった方も多いでしょう。あの薄明るい時間帯が、「トワイライト」です。

3:黎明期

「トワイライト」には、「黎明期」の意味でも使われます。

「黎明期」は、夜明けや始まり、物事などが新しく始まる時期を差す言葉です。新たな発明などによって、歴史的な転換期となった時期を表す場合に、使われることが多いでしょう。

例えば、1990年代後半のパソコンの一般家庭への普及は、インターネット社会の「黎明期」、すなわち「トワイライト」だったと使います。

4:終末期

「トワイライト」は「黎明期」とは反対の、「終末期」の意味としても使われます。日没後の薄暗い時間帯が、物事の終わりを連想させます。

「トワイライト」は、使い方によって意味が変化する言葉です。文章に含まれていた場合は、前後の文章と照らし合わせて解釈するのがポイントです。

トワイライトの使われ方

では、「トワイライト」は、どのような時に使われているのでしょうか。

上記4つの意味の他に、名称として使われる場合があります。例えば、豪華列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」や、高速バスの名前として採用されています。

他にも、「トワイライトクルーズ」などの観光ツアーの名称を聞いたことがある方もいるでしょう。トワイライトという言葉は、旅行に関する名称によく使われます。

また、英語圏のスラングでは、「トイレ」の意味があります。「twilight」と「toilet」の発音が似ているのが理由だと言われています。

トワイライトの例文

続いて、「トワイライト」を使った例文をいくつか紹介いたします。

1.山のふもとの湖が、トワイライトで真っ赤に染まりました。
2.この本の内容は難しくて、トワイライトのように意味が分からない。
3.この新商品は、業界のトワイライトとなるだろう。
4.人生とは、まさにトワイライトだね。
5.欲しかったゲームが売り切れで、気分はすっかりトワイライトだ。
6.トワイライトエクスプレスに乗ったのは、いつだったかな?

上記を参考に、普段の会話に「トワイライト」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

トワイライトの類義語

「トワイライト」には、意味がよく似た類義語や同義語があります。ここでは、類義語について解説します。

例えば、「黄昏(たそがれ)」はトワイライトの類義語のひとつです。「夕方の薄暗い時間帯」のことで、転じて「終わりに近い」ことを指します。こちらも映画やオペラのタイトルに使われているので、ご存知の方もいるでしょう。

また、「晩年」や「夕闇」も、「トワイライト」の類義語です。類義語には、「終末期」に似たニュアンスを持つ言葉が多くあります。

トワイライトの対義語

続いて、「トワイライト」の対義語をご紹介します。

「デイライト」と「ミッドナイト」は、「トワイライト」の対義語になります。それぞれの語源と意味、使用例を見てみましょう。

デイライト

「デイライト」は、英語で表記すると「daylight」です。「day(昼間)」と「light(光)」を合わせた言葉で、「太陽の光」という意味があります。

「デイライト」は、自動車の「昼間走行灯(デイタイム・ランニング・ランプ)」の略語として使われているので、ご存知の方もいるでしょう。

ミッドナイト

「ミッドナイト」は、英語で表記すると「midnight」です。「mid(中央)」の「night(夜)」で、「真夜中」を意味します。「デイライト」の対義語とも言えます。

「ミッドナイト」がタイトルに含まれた映画や楽曲は、多数あります。また、動物園や水族館に深夜に入館できるイベントの名称として「ミッドナイトツアー」などがあります。

トワイライトの意味について詳しく知ろう

「トワイライト」の意味や使い方などについて、解説いたしました。和訳するのも漢字で表すのも難しい言葉ですが、詳しく知るほど、興味をそそられる言葉と言えるでしょう。

「トワイライト」は、日の出と日没、黎明期と終末期のように、対極の意味を同時に持っている珍しい言葉です。

日常会話で使う機会は少ないかも知れませんが、SNSなどで使ってみてはいかがでしょうか。

Bee

この記事を書いた人

Bee

SHARE

この記事をシェアする