暮らし

初めてでも飼いやすいデグーの種類5選!

可愛いデグー初心者小動物ペット

2022/01/05

目次[ 表示 ]

初めてペットを飼うなら、小さくて仲良くなりやすい動物がいいという方におすすめなのが、デグーです。

野生のデグーは社会性が高く、コミュニケーション能力に優れているため、ペットとしてのデグーも飼い主に懐きやすい子が多いようです。

ここでは、デグーの見た目や性格、寿命などの特徴と、おすすめカラーを5種類紹介します。カラーごとの価格相場も参考までにチェックして下さい!

コミュニケーション能力に優れている?!「デグー」の特徴を紹介!

デグーは、アンデス山脈周辺の地域に生息し、昼行性で群れで行動する動物です。
はし歯目、テンジクネズミ亜科、デグー科、デグー属に分類されます。

デグーの性格の特徴は、なんといっても社会性が高く、常に仲間とコミュニケーションをとっていることです。
声や行動、匂いなどの5感を使ってコミュニケ―ションをとっています。

また脚力があるため、ペットとして飼う時には上下左右に広いケージを用意しましょう。

デグーの見た目は?

野生の一般的なデグーは、背中が茶色でお腹はクリーム色です。ペットショップにいるデグーもほとんどがこのカラーのデグーです。

体長は12㎝~20㎝、体重は170g~300gほどです。また、長く毛が硬いしっぽが特徴的です。

デグーの寿命

デグーの寿命は6~8年ほどです。
野生のデグーや、ペットショップにいる茶色のデグー(「アグーチ」)は寿命が6~8年ほどですが、デグーの他のカラーには体が弱く寿命が短い傾向にある種類もいます。

珍しいカラーの希少性の高いデグーは、体が弱いことがあるので飼育時に注意をはらう必要があります。

デグーの色の種類おすすめ5選!~カラーごとの値段相場~

デグーの色は10種類以上あります。異なるカラーのデグーが交配することにより、カラーの種類が豊富になっていますが、同時に体が弱くなっているカラーもあるので知っておきましょう。

①アグーチ(ノーマル)

アグーチは、野生のデグーのように、茶色と黒色が混ざったような見た目の種類です。
品種改良されていないので、丈夫です。

お値段の相場は4,000円~10,000円です。

②ブルーパイド

ブルーがかった薄いグレーのような色で、白いまだら模様が入った種類です。ブルーパイドは、①のアグーチと比較すると体が丈夫ではないことがあります。

お値段の相場は15,000円~35,000円です。

③クリーム

クリームは、全身の毛が薄いベージュ色の種類です。この種類も珍しく、日本国内ではあまりみられません。
お値段の相場は30,000円以上です。

④ホワイトパッチドアグーチ

①のアグーチより、白いまだら模様が多く入ったデグーです。

お値段相場は20,000円~30,000円です。

⑤ブルー

ブルーは、全身がグレー色の種類です。ブルーは他のデグーのカラー種類と比較すると、体が小さい傾向にあります。
人気も高いので、お値段の相場は8,000円~20,000円ほどです。

デグーとコミュニケーションをとりながら仲良くなろう!

デグーは、仲間とのコミュニケーション能力が高いといっても、新しい家、知らない人間がいる環境に最初からなれるわけではありません。

警戒心が強いので、いきなりスキンシップをとろうとせず、声をかけたりするところから始めましょう!

デグーの中には、飼い主に懐いてお膝に乗ってくるような子もいるようです。

慣れてきたら、甘えたり、撫でられたがったりする子が多いようなので、焦らずデグーと仲良くなって下さいね!

きなこ

この記事を書いた人

きなこ

東京都出身のきなこです。 主に、旅行・ヘルスケア・グルメの記事を書いています。 常に美味しいものを探したり、行ったことのない場所に足を踏み込んだりしています。 ピアノとバレーボールが好きです。 みなさんが知りたい情報をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする