旅行

福岡・博多周辺を食べ歩き感覚ではしご酒♪絶対食べてほしいご当地グルメをご紹介

博多グルメ福岡食べ歩きはしご酒

2021/01/20

日本屈指のグルメタウンとなっている福岡・博多。

旅行といっても食い倒れツアーになること必至です。

倒れても構わないから制覇したい!というあなたのために、絶対に食べるべき福岡・博多名物料理やお店をご紹介致します。

目次[ 表示 ]

1.2泊3日でも足りない!福岡の名物料理

もつ鍋

福岡・博多で外せないグルメと言えば「もつ鍋」です。そんな福岡市内には、570件以上ものもつ鍋屋があります。もつ鍋はコラーゲン満点ぷりぷりのもつが、ニンニクのスープに入った郷土料理です。第2次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものがルーツとなっており、1960年代頃にはすき焼き風に食べられていました。近年では、カツオや昆布で出しを取り、醤油味、味噌味、塩味、など様々な味が楽しめるのも魅力の一つです。

博多ラーメン

福岡・博多といえばやっぱりラーメンですよね。みそでも、しょうゆでも、しおでもない豚骨ラーメン。福岡市内には博多ラーメン以外のラーメン屋もありますが、福岡市内には約700個の博多ラーメン屋があります。博多ラーメンとは、豚骨スープと細麺をベースにした濃厚なラーメンです。麺だけをおかわりする「替え玉」も福岡発祥と言われていて、女性にも大人気のラーメンです。

餃子

福岡・博多の餃子はバラエティ豊かで、様々な種類の餃子があるのが特徴です。熱々の鉄鍋にのった「鉄なべ餃子」や、小さなフォルムにうまみが詰まった「ひとくち餃子」もあります。そんな餃子屋さんは福岡市内に250件以上もあります。ビールや博多ラーメンとの相性も抜群ですね。

焼き鳥

福岡・博多のグルメとして焼き鳥、中でもとり皮をご存知でしたら福岡通といってもいいでしょう。とり皮はカリカリな食感とジューシーな味わいが特徴で、焼き鳥の中でも人気の種類です。福岡は全国的にも焼き鳥屋が多く、福岡市内だけで1,000件以上もの焼き鳥屋さんがあります。

鯛茶漬け

九州地方発祥の郷土料理である鯛茶漬けは、福岡・博多で人気料理です。鯛の上品で淡白な旨味をが出し汁や茶をかけてお茶漬けにすることで、さらに引き立ち絶品です。福岡市内には240件以上のお店で食べることができ、人気のグルメとなっています。

イカ刺し

「イカの美味しさを堪能するなら、やっぱり刺身」といわれるように、福岡でのイカ刺しは舌を包むような美味しさがあります。イカの透明感、コリコリした歯ごたえ、口の中に広がる甘味がたまらない逸品です。福岡市内には160件以上のお店で食べることができます。海に面した福岡ならではの新鮮なイカ刺しは絶品です。



明太子

明太子の語源は、朝鮮語でスケトウダラを「明太(ミョンテ)」と呼ぶことに由来しているといわれています。福岡市内で明太子を食べられるお店は2000件以上あり、どんな料理にも相性がいい逸品です。白いご飯の上に明太子を載せれば、ご飯3杯はいけちゃいますよね。

水炊き

引用元:楽天トラベル https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/gourmet/hakata-gourmet-guide/

福岡・博多の水炊きは、日本4大鶏鍋の一つです。煮立たせた水に鶏肉と野菜を投入し、具材からのだし汁だけで煮込むというシンプルなものです。シンプルだからこそ、具材の質だったり、旨味をどこまで活かせているかお店によって差が出ててきます。

ごまさば

引用元:楽天トラベル https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/gourmet/hakata-gourmet-guide/

ごまさばとは真さばを使った郷土料理で、新鮮な真さばの刺身を特製ダレとごまであえたものです。さばは特に鮮度が大事なので、海に面した福岡ならではの郷土料理といえますね。観光や出張で福岡を訪れて一度食べたら忘れられない逸品です。

屋台料理

福岡・博多の夜の風物詩といえば屋台です。博多には高級で美味しい料理もたくさんある中、地元民の博多っ子が愛すのが屋台料理です。美味しいものが盛り沢山なので、ぜひ一度福岡の夜はを屋台街で楽しみましょう!



2.絶対に行ってほしい福岡・博多周辺の名店9選

【もつ鍋】白味噌仕立ての上品な味わい『一藤 博多店』

引用元:公式サイト https://www.ichifuji-f.jp/hakata/

百年続くもつ鍋 一藤では、こだわり抜いた極上のもつ鍋を堪能できます。

一藤のもつ鍋は、「ダシ⇒野菜⇒モツ⇒味噌」の手順を追って、オーダーを受けてから一つ一つ丁寧に創ります。これが、一度食べた人を虜にする一藤のもつ鍋の特徴です。

「一藤」は福岡市内に3店舗を構えるもつ鍋の名店です。中でも博多店は3フロアの大型店で、ビジネス・出張や観光、常連客からご家族まで、多くのお客様に愛されるお店です。
大きな一藤の文字と家紋が目印です。博多駅博多口から徒歩3分程度で店に着きます。車で来店したい方は専用駐車場がないため、近くのコインパーキングに駐車する必要があります。

高級感溢れる落ち着いた和の雰囲気の店内になってます。入口すぐに受付カウンターがあり、特に週末は沢山のお客で賑わっているので予約必須です。

1階のフロアはゆったりとご利用できます。
個室希望の方にも対応できるように、多くの個室が完備されています。(※要予約
半個室スペースもあり、テーブル席が苦手な方でも安心して利用できます。

2階は明るい雰囲気で楽しめます。(テーブル席)
1席1席余裕を持ったスペースとなっているので、気兼ねなく料理も会話も楽しむことができます。

3階フロアにも3部屋の個室があり、大人数でのご利用に最適です。

大きな一藤の文字と家紋が目印の外観で、フロアによって少し違った雰囲気をで楽しめる「一藤 博多店」。ここからは、メインとなる料理を紹介していきます。

引用元:公式サイト https://www.ichifuji-f.jp/hakata/

「一藤」のもつ鍋は、味噌・醤油・ポン酢の3つから選ぶことができます。

中でも一藤独自のブレンド味噌を使用し、おろしにんにくで味にインパクトも加わった「味噌」は人気No.1となっています。白味噌仕立ての上品な味と、口の中で肉厚な牛もつがトロける絶妙な味わいが自慢の一品です。締めにチャンポン麺を入れるのが堪んないです!

「醤油」は博多もつ鍋の昔ながらの定番の味です。かつお昆布ダシに濃厚と醤油の合わせ醤油で味付けされています。スープは喉越しを考えてスライスにんにくを使用しています。
「ポン酢」はかつお昆布ダシに薄く醤油をひいた程度のスープです。ポン酢につけて食べる水炊き風もつ鍋です。

馬刺しや牛ホホ煮込み、酢もつなどの逸品料理もとても美味しいものばかりなので、つまみながらもつ鍋の完成をゆっくり待つのがおすすめです。

一藤にはお得なコース料理もあります。

リーズナブルに堪能したい方におすすめの「基本コース」(2,500円[税込])

ちょっとリッチにもつ鍋プラスを望まれる方にお勧めの「鷹コース」(3,000円[税込])

一藤の全てが詰まったスペシャルな「藤コース」(3,500円[税込])

念日や忘年会・新年会など、特別な日に特別な料理を堪能したい方にお勧めの「極コース」(5,000~8,000円[税込])があります。

どのコースでも一藤のもつ鍋を知っていただけるメニュー内容となっています。

店名
もつ鍋 一藤【博多店】
料理ジャンル
もつ鍋、もつ料理、郷土料理(その他)
住所
福岡市博多区博多駅前2丁目4-16
電話番号
092-451-7888
アクセス
博多駅博多より徒歩3分
営業時間
日~木 17:00~23:30
金、土、三連休中日 17:00~24:00
定休日
不定(年34回 ※その他大晦日、元旦は店休日)
平均予算
¥3,000~¥3,900
公式サイト
https://www.ichifuji-f.jp/hakata/
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40040770/

【博多豚骨ラーメン】深夜2時でも行列のお店『八ちゃんラーメン』

引用元:食べログ https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40000195/

1968年創業の50年以上の歴史をもつラーメン屋さんです。最大の魅力は、超濃厚でクセになる味にあります。一度食べると病みつきになるファンが多く、終電後にわざわざタクシーで乗り付けて来る人もいるほどの人気となっています。

赤提灯に八ちゃんラーメンの文字が書かれていて、これぞ昔ながらの博多ラーメン屋といった佇まいです。夜しか営業していなくて、深夜でも行列ができるほどの人気店です。

大量の豚骨を贅沢に使用した豚100%の濃厚なスープは、臭みがなく香ばしいトロッとしています。

博多ラーメンでは珍しい平打ちの極細麺は、独特な食感が味わえます。

濃厚なのにやみつきになってしまい、結局ついつい替え玉まで頼んでしまいます。紅ショウガやにんにくをお好みで入れるとさらに美味しくなります。

店名
八ちゃんラーメン
料理ジャンル
ラーメン、餃子
住所
福岡県福岡市中央区白金1-1-27(本店)
電話番号
092-521-1834
アクセス
西鉄薬院駅から徒歩3分
営業時間
18:00~翌2:00
定休日
日曜・祝日
平均予算
~¥999
公式サイト
ホームページなし、基本的には取材拒否
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40000195/

【餃子】25年伝統の味『餃子李(ギョウザリー)』

引用元:公式サイト http://gyouza-lee.com/index.html

博多餃子と言えば「ひとくち餃子」といって、一口サイズの小さい餃子が人気です。しかし、博多餃子でないにもかかわらず、博多っ子がこぞって食べに行く人気の餃子屋があります。それが、1988年に福岡市中央区薬院にて餃子のお店として創業した『餃子李(ギョウザリー)』です。

25年以上守り続けたその味は福岡を代表する中華料理店となった現在も変わらず、福岡の食通のお客様の舌を捻らせ続けています。

店内は女性一人でも利用できるカウンター席もあり、カウンター席からは毎日炎があがる調理場が見られます。一流の調理人の技を目の前で見ることができます。

8~9名様向けの小宴会にもピッタリのテーブル席(左上)、貸し切りもOKの45名様迄一緒に利用できる円卓のあるスペース(右上)もあります。4~6名様用のテーブル席(真ん中下)は多数設けてあり、ご家族や友人、会社の仲間などと一緒に餃子李の料理をゆったりお楽しみできます。

餃子李の1番人気が店名にもある「餃子」です。毎日毎日小麦粉をこねてのばして餃子の皮をつくり、1つ1つ丁寧に具材を包むという手間暇かけた手作りならではの餃子は、一口食べると口の中にたっぷりの肉汁が溢れだしてきます。

水餃子・焼餃子・蒸餃子・花素餃子(野菜の餃子)・揚げ餃子・スープ水餃子、それぞれに、粉の配合、具を変えても最も美味しいバランスに仕上げる餃子李の「ぎょうざ」は創業時の味を頑なに守り続けています。

店名
餃子李(ギョウザリー)
料理ジャンル
餃子、中華料理
住所
福岡県福岡市中央区薬院3-1-11 福海ビル 1F
電話番号
092-531-1456
アクセス
西鉄電車薬院駅より徒歩3分
西鉄バス薬院駅より徒歩3分
地下鉄七隈線薬院駅より徒歩3分
営業時間
11:30~14:30、17:00~23:00(ラストオーダー 21:50)
定休日
毎週火曜日
平均予算
ランチ:~¥999 ディナー:¥1,000~¥1,999
公式サイト
http://gyouza-lee.com/index.html
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40000194/

【焼き鳥】仕込みに6日かけるとり皮が絶品『かわ屋 警固店』

引用元:公式サイト https://hakatakawaya.com/

博多 かわ屋の名代かわ焼きは秘伝のタレが染み込んだとり皮で、『かわ屋 警固店』は連日満席の焼き鳥屋さんです。1本ずつ焼き・タレ付け・熟成の工程を6日間繰り返したこだわりの製法でつくられるとり皮は、かわ屋でしか味わえません。

店外に掲げられた黄色い看板にはメッセージが書かれており、創業者である京谷満幸さんの強い想いが伝わってきます。

店内のカウンター山のように積まれた「とり皮」が、あちらこちらから「10本!20本!」と声がかかり、みるみるうちになくなっていく様子は圧巻です。

かわは首の周りの部位だけを使い、外はパリッと香ばしくて中はもっちり柔らかいとり皮は、女性でも10本、20本と食べる人もいるほど人気で美味しいです。

店名
かわ屋 警固店
料理ジャンル
焼き鳥、居酒屋
住所
福岡県福岡市中央区警固2-16-10 吉武ビル 1F
電話番号
092-741-4567
アクセス
福岡市営地下鉄空港線/赤坂駅(出入口2)徒歩8分
福岡市営地下鉄七隈線/桜坂駅(出入口2)徒歩10分
福岡市営地下鉄七隈線/薬院大通駅(出入口1)徒歩10分
営業時間
17:00~24:00 LO23:30
定休日
なし
平均予算
¥2,000~¥2,999
公式サイト
https://hakatakawaya.com/
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40023227/



【鯛茶漬け】本物の和食屋でいただく鯛茶『割烹よし田』

引用元:公式サイト https://www.kappo-yoshida.jp/

博多で昼から鮮魚を堪能できるお店といえば『割烹よし田』です。このお店のランチ一番人気は名物「鯛茶」です。新鮮な鯛をタレにあえ、わさびとまぜ合わせてご飯とともにいただき、2膳目のご飯では、特製のお茶をかけていただきます。

1963年創業の老舗割烹料理屋ならではのオーラを放つ外観が、銀行やオフィスが立ち並ぶエリアの一角に現れます。

和風のお洒落な店内は、ランチタイム開店と同時にスーツ姿の男性客などで一気に賑わいます。心温まる接客もとてもいいです。

4つのランチ限定定食メニューがあります。どれも美味しいですがせっかくなので、一番人気の名物「鯛茶」をお勧めします。

ご飯とお茶はお替り自由となっており、はじめの一杯目はお刺身として鯛を頂き、ご飯をお替りし2杯目にコクのある秘伝のタレにつけ込まれた鯛をご飯の上にのせ特製のお茶をかけていただくのが人気の食べ方です。ここでしか味わえない究極の鯛茶漬けをご賞味ください。

店名
割烹よし田
料理ジャンル
割烹・小料理、懐石・会席料理、魚介料理・海鮮料理
住所
福岡県福岡市中央区天神1-14-10(期間限定移転前)
電話番号
092-721-0171
アクセス
地下鉄天神駅空港線12番出口から徒歩4分。
営業時間
[平日]11:30~14:30・17:30~22:30、[土曜]11:30~14:30・17:00~22:00
定休日
日曜・祝日
平均予算
昼:¥1,000~¥1,999、夜:¥5,000~¥5,999
公式サイト
https://www.kappo-yoshida.jp/
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40000692/

【いか刺】魚のプロ!漁師料理の店『せいもん払い』

引用元:食べログ https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000029/

博多で美味しい海鮮を食べたいならここです!中でも呼子のイカは、もう他でイカ刺しが食べられなくなるくらい美味しいので、絶対に食べるべきです!

中洲川端の中ではダントツの人気のお店で、市場のような新鮮な海鮮が食べられます。

捌きたてのイカを頭から足まで刺身でいただけます。げそを刺身でいただくのは珍しく、新鮮だからこそ頂けるといえるのではないでしょうか。

名物のイカ刺しは、透明でコリコリ、心地よい歯ごたえと適度な甘みの絶品となっています。げそに関しては口の中で吸盤が吸い付いてきます。普通のイカ刺しとはレベルが違うので、是非一度足を運んでみてください。

店名
せいもん払い
料理ジャンル
割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理・居酒屋
住所
福岡県福岡市博多区上川端町5-107
電話番号
092-281-5700
アクセス
地下鉄中洲川端駅から徒歩8分
営業時間
17:00~23:45(L.O.23:00)
定休日
日曜日
平均予算
¥7,000~¥9,000
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000029/

【明太子】贅沢に明太子まるごと一本『元祖博多めんたい重』

引用元:公式サイト http://www.mentaiju.com/

お土産ではなくお食事処として、日本初の明太子料理専門店です。当店発祥として、今では博多名物めんたい重が多くの人に愛されています。

福岡の中心地から気軽に行けるアクセスのいいお店は、木箱のようにたたずんでいます。

お客様のニーズにお応えするために、カウンター席、個室、テーブル席など様々な対応のお席をご用意されています。

元祖博多めんたい重では、自家製明太子を使用しております。
明太子は味の均一化を図るため、昆布などの様々な旨味成分を取り込みながら調整した贅沢な美味しさです。店舗三階にある製造所では絶妙なタイミングで調味ダレに漬け込み、うまみが増した昆布を一つ一つ手作業で丁寧に巻きつけています。

手間暇かけた明太子を海苔を敷いたほかほかご飯の上に乗せ、旨味成分たっぷりの「特製かけだれ」をかけて食べる新しい福岡の味「めんたい重」。かつて”知る人ぞ知る逸品”として人気だったこの料理を、日本初の明太子料理専門店 元祖博多めんたい重をオープンするにあたって復刻しました。

店名
元祖博多めんたい重
料理ジャンル
郷土料理(その他)、和食(その他)、居酒屋・ダイニングバー(その他)
住所
福岡県福岡市中央区西中洲6-15
電話番号
092-725-7220
アクセス
地下鉄中洲川端駅より徒歩5分
地下鉄天神駅より徒歩5分
営業時間
8:00~22:00
定休日
年中無休
平均予算
¥2,000~¥2,999
公式サイト
http://www.mentaiju.com/
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40025222/

【水炊き】鶏の旨味が染みる…『水たき長野』

引用元:食べログ https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000010/

福岡で水炊きと言えば、まずこちらのお店を思い浮かべる人が多い有名店です。早めに予約しておくことをお勧めします。

水たき ながのに行ってみよう!

水たき長野は地下鉄中洲川端駅から徒歩10分程の距離にあるお店です。閑静な住宅街エリアにあります。

きちんと整えられた佇まいは、まるで高級料亭のようです。暖簾をくぐるとどんな水炊きが食べられるのかわくわくしちゃいます。1階はテーブル席、2階、3階はいくつかの部屋に分かれていて、畳みの部屋となっています。

水炊きは2種類

メインメニューは2種類です。骨付き肉が入っているのと、鶏のつみれが入っているものです。2つをミックスすることもできるので、ミックスで注文される人が多いそうですよ。

スープお鍋が完成するまでは、突き出しの酢もつを頂きましょう。

いよいよ水炊きのスタートです

スープが温まったらまずはスープを頂きます。シンプルな味ですが、じんわりと染みわたる旨さがあります。鶏の臭みはまったくなく、本当に美味しいスープです。

お肉に火が通ったら、酢醤油でいただきます。ポン酢ではなく、酢醤油なのがポイントです。鶏肉や野菜は酢醤油でいただくと素材の味をしっかり味わうことができるからです。

お肉や野菜をたっぷり堪能したら、最後におじやで締めましょう。鶏と野菜の旨味が溶けだし、溶き卵とご飯が最高のマッチングです。さらにここでも、酢醤油をたらすとたちまちまろやかなコクを手に入れられます。

福岡で水炊きを堪能したいならぜひ行くべきお店ですね。

店名
水たき 長野
料理ジャンル
水炊き、郷土料理、(その他)、とり料理
住所
福岡県福岡市博多区対馬小路1-6
電話番号
092-281-2200
アクセス
地下鉄中洲川端駅から徒歩10分
西鉄バス「対馬小路」停留所から徒歩3分
営業時間
12:00~22:00
定休日
日曜日
平均予算
昼:¥3,000~¥3,900 夜:¥4,000~¥4,900
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000010/

【ごま鯖】主役として食べたい!『博多ごまさば屋』

引用元:公式サイト https://hakatagomasabaya.com/

福岡の郷土料理として知られているごまさばですが、どこで食べてよいのか迷っている…
と思っているあなた!ぜひ『博多ごまさば屋』で食べていってください。絶品のごまさばをお手頃価格でランチタイムから食べられる博多っ子からも人気のお店です。

長浜鮮魚市場からほど近いところにあるこのお店は、天神から徒歩10分程の場所の舞鶴エリアに位置していてアクセスがいいです。ランチの開店時間にはいつも行列ができる有名店です。

店内はカウンター席とテーブル席両方あり、1人でも複数人でも行きやすいお店になっています。

ごまさばをメインにご飯とみそ汁、サラダ、半熟卵がついて¥1,000以内の「ごまさば丼定食」が人気メニューです。

1.まずは鯖本来の味を楽しむべくそのまま食すべし

店のオーナーさんが長浜鮮魚市場から直接仕入れているため、鮮度抜群で肉厚な脂がのったごまさばをまずはそのまま頂きましょう。さば本来の味を楽しめます。

2.ご飯の上にのせて、ごまさば丼として食す

ご飯の上に豪快に盛り付けた丼で食べると、ゴマ風味が効いた醤油ダレは、米との相性抜群でご飯がすすみます。ご飯がおかわりできるところも魅力ですね。

3.ごまさば屋こだわりのアツアツだし汁をかけてお茶漬けとして食す

特製ダシをかけてお茶漬けで食べるのも絶品です。熱々のだしでほんのりと火の通った鯖はふわっとした食感に変化します。優しい味わいにも癒されながら、サラッとしめることができます。

昼は食券制で、夜は居酒屋スタイルで営業しています。1度で3つの魅力が楽しめるこの店にぜひ行ってみてください。

店名
博多ごまさば屋
料理ジャンル
居酒屋、魚介料理・海鮮料理、定食・食堂
住所
福岡県福岡市中央区舞鶴1-2-11
電話番号
092-406-5848
アクセス
地下鉄空港線赤坂駅から徒歩5分
営業時間
11:00~14:30、17:30~22:30
定休日
日曜日
平均予算
昼:~\999 夜:¥1,000~¥1,999
公式サイト
https://hakatagomasabaya.com/
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40034751/



3.まとめ

様々なグルメで溢れている、グルメの街「博多」。

博多に行く機会があったら、グルメ三昧になることでしょう。

そんな時、ここに載っているお店に行っとけば満足できると思います。

他にも美味しいお店はたくさんありますが、ここに載せたお店は間違いありません!

ぜひ一つの参考にして頂けたら幸いです。

博多グルメツアー楽しんできてください。



Mola!編集部

この記事を書いた人

Mola編集部

SHARE

この記事をシェアする