ビジネス

noteで収益を得るための方法を3つ例を挙げてご紹介!

note活用note収益化noteSNSビジネス

2022/02/09

noteで収益を得たい!と思う人は多くいると思います。

noteで収益を得ることができたら副業として小さな成功体験をすることができます。

実際にnoteで収益を得るのは知っているけど、例が分からないといった方には今回の記事を参考にしてほしいです。

簡単にまとめると

  • GoogleやYahoo!などの検索エンジンから記事を販売
  • SNS運用を行い集客をして記事やマガジンを販売
  • ファン化させたフォロワーに定期購読マガジンを販売

目次[ 表示 ]

GoogleやYahoo!など検索エンジン経由で販売

noteに訪れるユーザーの方法の1つとしてGoogleやYahoo!などの検索エンジン経由でnoteの記事に訪れることがあります。

この検索エンジンからnoteという導線がとても重要で、検索エンジン経由のユーザーは、何かの疑問などの解決する情報を求めています。

つまり、検索エンジンからやってくるユーザーのニーズに応える記事を作成し、解決部分を有料にするなどの工夫を加えることで成果を期待することができます。

検索エンジン経由で販売するモデルは以下の画像を参考にしましょう。

流れとしては、画像の様に「検索エンジン→記事→購入」という単純な流れですが、しっかりとした導線引きが必要になります。意識するポイントとしてはAISCEAS(アイセアス)の法則です。

AISCEASの法則とは

AISCASとは、インターネットやSNSにおける消費者行動モデルです。それぞれ簡単に下記にまとめました。

  • Attention(注意):広告やメディアに注意を惹かれる
  • Interest(興味):興味・関心を持つ
  • Search(検索):検索エンジンやSNSなどで情報収集
  • Comparison(比較):様々なサイトやSNSなどで比較
  • Examination(検討):他の人の口コミを参考に検討
  • Action(購買):お試しや実際に購入する
  • Share(情報共有):感想などを口コミとして発信共有

この頭文字を取って「AISCEAS(アイセアス)」と言います。noteに検索エンジンから訪れる人がどういった経緯で見にくるのか今一度考えて見ましょう。

SNS経由で集客記事やマガジンなどを販売

noteで作成した記事をSNSを利用して販売する手法が主流となっています。特にSNSの中でもTwitterはnoteとの相性がとても良いです。

インスタは視覚的情報でフォロワーを増やしていく手法に対して、ツイッターは短文と画像または動画を利用して情報の拡散性を利用してフォロワーなどを増やしていく手法となっています。

また、noteの特徴としてネットのプラットフォームで情報商材をOKとしたとして有名であり、ツイッター界隈の人たちが流れていったためツイッターとnoteの相性が良いとされています。

つまり、noteとTwitterを組み合わせることで集客をTwitterで行い、noteを販売として利用するモデルが出来上がります。

SNS経由でもアイセアスの法則をしっかりと理解して仕組み作りをしてみましょう。

フォロワーに向けて定期購読マガジンを販売

定期購読マガジンとは、月額制で記事を販売できる機能です。販売できるマガジンにはもう一つの種類があり主流なのが有料マガジンです。

有料マガジンとの違い

  • 開設に対して運営より審査がある
  • noteプレミアムに登録する必要がある
  • 毎月記事を追加する必要がある

SNSがビジネスとして利用されるのが当たり前になってきました。SNSを利用して販売を行う工程の中に必ず必要なのが「ファン化」です。SNSはファン化がしやすいのも特徴的です。特にnoteとTwitterとの相性が良い理由でもあります。

SNSを集客としてファン化させるために毎日の投稿やユーザーのツボを抑える、リサーチなどを行う必要があります。特にTwitterは拡散性がとても高いため一度リーチが広がればnoteを見てくれる回数も増えます。

ファン化というロジックを仕組作りの中にしっかりと組み込みましょう。

noteで収益を得て小さな成功体験をしよう!

noteはブログの様にサーバーやドメインを契約せずに利用することができ、かつ記事を有料で販売することができる便利なツールです。収益を得て小さい成功体験をしてみましょう。

わや

この記事を書いた人

わや

広島出身の「わや」です。 主に、ビジネス・デジタル・お金のジャンルを書いてます。 ガジェットとビジネス本を読むのが大好きです。 スタバ店員とプログラミングの先生の経験あり! 皆様が楽しめる記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする