デジタル

Windowsパソコンのバッテリー容量確認方法!画像付きで解説!

確認方法充電バッテリー容量バッテリー交換WIndowsパソコン

パソコンを使っている時に、「バッテリーの減りが早いな」と感じたことがあるかと思います。
パソコンのバッテリーは1年使っただけでも劣化してしまい、充電の容量が少なくなってしまいます。

そこで、この記事では、Windowsパソコンのバッテリー容量の確認方法を画像付きで紹介していきます。

目次[ 表示 ]

Windowsパソコンのバッテリー容量の確認方法とは

ここから、Windowsパソコンのバッテリー容量の確認方法を画像と共に紹介していきます。

1.「Windowsボタン」+「R」を押す

まず、キーボードで「Windowsボタン」と「R」を押します。

2.「powercfg /batteryreport」と入力実行

※画面に一瞬黒画面「コマンドプロントの画面」が表示され消えますが問題ありません。

すると「ファイル名を指定して実行」という画面が表示されるので、名前の欄に「powercfg /batteryreport」と入力し実行する。

3.「Windowsボタン」+「E」でエクスプローラーを開きます

「battery report」の起動ファイルが作成されたので、「Windowsボタン」と「E」を押し、エクスプローラーを開きます。

4.「C:¥ユーザー¥(ユーザー名)」のフォルダ内にあるhtmlを開く

「C:¥ユーザー¥(ユーザー名)」のフォルダ内にある「battery-report.html」を開きます。

5.「installed batteries」の中身を確認する

すると、Battery reportが開かれるので、「installed batteries」でバッテリー情報が確認できます。

「DESIGN CAPACITY」=パソコン購入時(新品時)のフル充電バッテリー容量
「FULL CHARGE CAPACITY」=現在のフル充電バッテリー容量

Windowsパソコンのバッテリー交換目安は?

一般的に、購入直後の容量の50%以下になった場合にバッテリーの交換した方がよいとされています。先程の手順で「 Battery report」を開き、どのくらいの容量があるか確認してみてください。

Windowsパソコンのバッテリー容量を確認してみよう!

Windowsパソコンのバッテリー容量の確認方法を画像と共に紹介していきましたが、いかがでしたか。

新品のときは問題なく使えても、使い続けるとどうしても劣化してしまいます。
そのため、バッテリー容量がどのくらいで、何時間くらいパソコンが使えるのかというのはとても重要になってきます。

「バッテリーの減りが早くなったな」と感じたら、解説した手順で確認してみてください!

りょうすけ

この記事を書いた人

りょうすけ

神奈川県出身の「りょうすけ」です。 主に、エンタメ・スポーツ・暮らしのジャンルを書いてます。 アイドルとヤクルトスワローズが大好きです。 野球とバドミントンの経験があります。 皆様の人生にプラスになるような情報をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする