暮らし

「チート」とはどんな意味なのか?使い方と例文や類義語もあわせて解説

チートcheatゲーム用語不正言葉の意味

2021/09/04

目次[ 表示 ]

チートとはどんな意味なのか?

チートは、いかさまを意味するcheatという英語が由来の言葉で、不正行為のことを指し示しています。

チートという言葉の意味は、主にオンラインゲームやソーシャルゲームで使われており、プログラムのバグを不正に利用したり、不正なツールを使用したりすることです。

しかし、近年では、強すぎるプレイヤーのことを皮肉を込めてチートと呼ぶこともあり、不正行為としてのチートと混同して使われることもあります。

不正ツールでのプログラム改造

チートという言葉は、本来オンラインゲームやソーシャルゲームなどのゲームにおいて、不正ツールを使ってプログラム改造することを意味しています。

ゲームにおけるチートとは、キャラクターのレベルや所持金を引き上げたり、レアなアイテムを不正に入手したりすることです。

チートは、ゲーム性を損なう行為として取り締まりが厳しく、チートツールの利用や配信が犯罪とみなされて逮捕されるケースもあります。

強いプレイヤーを指す

最近では、チートという言葉が強いプレイヤーを意味することもあります。

強いプレイヤーは、チート行為が無ければここまでのレベルに到達できないという穿った見方をされてしまい、皮肉を込めてチートと言われているのでしょう。

また、人の力だけでは到達するのが難しい強さを持つ人のことを、称賛の意味を込めてチートと呼ぶ人もいます。

チートとチーターについて

オンラインゲームやソーシャルゲームなどのゲームにおいて、チートを利用する人のことをチーターと呼んでいます。

インターネットが発達する前のオフラインゲームでも、チートを使うチーターが存在していましたが、周囲に迷惑をかけることがないので、それほど問題になりませんでした。

しかし、インターネットが発達した近年では、オンラインの対戦ゲームにチートを使って、ゲーム性を損なわせるようなチーターが問題視されています。

チートの語源について

チートは、英語でいかさまを意味するcheatが語源です。英語のcheatは、日本語のチートという言葉よりも広い意味を持ち、ゲーム以外の分野にも使われています。

日本では、チートは、主にオンラインゲームやソーシャルゲームなどのゲーム分野で使われることがほとんどです。しかし、海外では、カジノやスポーツでの不正だけでなく、軽い冗談などの幅広い分野で使われています。

チートは、外来語ではありますが、語源となる言葉と意味が少々異なるので、日本色の強い言葉として使われています。

チートのそれぞれの使い方と意味について6つ

ゲーム分野でよく使われるチートという言葉は、チート行為やチートコードなどのように、他の言葉と組み合わせて使われることもあります。

ここからは、チートのそれぞれの使い方と意味について6つ紹介していきます。

チートのそれぞれの使い方と意味には、チート級、チート代行、チートデイ、チートコード、チートモード、ハードウェアチートがあります。

1:チート級

チートのそれぞれの使い方と意味の1つめは、チート級です。

チート級は、勝負強さや能力などが非常に高いレベルであることを意味する言葉で、ゲーム以外の分野でも使われることがあります。

例えば、チームスポーツの分野などで、スキルが高すぎて手の付けられない選手のことをチート級の選手と呼びます。

2:チート代行

チートのそれぞれの使い方と意味の2つめは、チート代行です。

チート代行とは、ゲームの所有者に代わってチートを使用して、不正にアイテムを取得したりする行為のことです。

ゲームにおけるチート代行は、ゲーム性を損なうようなチートを簡単にできるようになってしまい、他のプレイヤーや運営会社に多大な損害を与えてしまう可能性が高いことから、ゲーム業界における大きな問題として取り扱われています。

3:チートデイ

チートのそれぞれの使い方と意味の3つめは、チートデイです。

チートデイとは、ダイエットなどで使われる言葉で、糖質やカロリーなどの食事制限を取り払って自分の好きなものを食べられる日という意味を持ちます。

チートデイは、ダイエット中の食事制限などによるストレスを軽減して、ダイエットのモチベーションを落とさないようにするために、重要な役割を果たしています。

4:チートコード

チートのそれぞれの使い方と意味の4つめは、チートコードです。

チートコードとは、ゲームに内蔵されているプログラミングコードのことで、隠しコマンドを入力したりすることで、いわゆる裏技を使用できるようになるのが特徴です。

チートコードは、本来ゲーム開発におけるデバッグやテスト作業のために作成されているため、通常のプレイで使われることはありませんが、やりこみ要素としてゲームに実装されることもあります。

5:チートモード

チートのそれぞれの使い方と意味の5つめは、チートモードです。

チートモードとは、特殊な状態で遊びたい人などのために、プレイヤーがゲームを有利に進められるように用意されたモードのことです。

例えば、ゲーム内の強い武器を無制限で使用できるようになったり、パラメータを自由に調整できるようになったりなど、本来のモードと違った楽しみ方をできるという特徴があります。

6:ハードウェアチート

チートのそれぞれの使い方と意味の6つめは、ハードウェアチートです。

ハードウェアチートとは、プログラムの改造などのソフトウェアを使ったチートではなく、連射機能付きコントローラーやマウス、キーボードなどのハードウェアを用いた不正行為のことです。

ハードウェアチートは、プログラムを改造しているわけではないので、一見すると普通にゲームをプレイしているかのような挙動に見えてしまいます。

チートに関する例文

チートという言葉をより深く理解するためには、チートに関する例文を読んで、どのように使われているのかをチェックすることが大切です。

ここからは、チートに関する例文を紹介していきます。

先日、とあるゲームにてチート代行していた企業が摘発された。

上記の文で使われているチート代行という言葉は、良くない行為としてネガティブな意味で使われています。

チートの英語表現について

英語表現におけるcheatは、日本語のチートと意味や使い方が若干異なるので、使い方の違いについて理解しておくことが大切です。

ここからは、cheatという言葉を使用した英語の例文を紹介していきます。

I am easily cheated by others.(私は人に騙されやすい。)

英語におけるcheatは、人を騙したり欺いたりするという意味を持っていて、上記の例文では、騙すという意味の動詞として使われています。

チートの類義語について4つ

チートの類義語にはさまざまなものがあるため、状況に応じてうまく使い分けることが大切です。

ここからは、チートの類義語を4つ紹介していきます。

チートの類義語には、イカサマ、インチキ、横着、反則があります。

1:イカサマ

チートの類義語1つめは、イカサマです。

イカサマは、本来は間違っていたり不正であったりすることを、いかにも本当らしく見せかけることを意味する言葉です。

如何にという言葉に使われている「いか」と、様子を意味する「様(さま)」を組み合わせた言葉で、元々「どのように」という意味だったものが「間違いない」という意味に転じ、最終的に現在の意味で使われるようになりました。

2:インチキ

チートの類義語2つめは、インチキです。

インチキとは、勝負事などにおける不正やごまかしのことで、本物ではないことを意味している言葉です。

インチキは、元々博打で不正な行為のあった賭博仲間を意味する隠語なため、一般的に使われる言葉ではありませんでした。

イカサマの「イカ」が「イン」に変化し、高慢ちきなどに使われる接尾語の「ちき」と組み合わさって、インチキという言葉が生まれたとも言われています。

3:横着

チートの類義語3つめは、横着です。

横着は、ずうずうしいことや押しが強くて遠慮のないことを意味しており、手を抜くことを表現する言葉として使用されます。

横着という言葉は、元々勤めを果たさずに怠けて休むという仏教用語でしたが、怠けたりサボったりするという意味がピックアップされて、世間一般の人々に広まっていきました。

4:反則

チートの類義語4つめは、反則です。

反則は、規則に違反することを意味する言葉で、特にスポーツの分野でよく使用されています。

反則は、チートと同じように不正を表す言葉ですが、規則に対する違反を意味するため、チートよりも広い分野で使われている言葉です。

チートの意味について詳しく知ろう

今回は、チートの意味や使い方などについて紹介してきました。

チートという言葉は、英単語のcheatが語源で、ゲーム分野などで不正な行為を意味する日本色の強い言葉です。

チートの意味について詳しく知って、正しい意味で使えるようにしましょう。

Bee

この記事を書いた人

Bee

SHARE

この記事をシェアする