暮らし

ディズニーランドで身長制限があるアトラクション一覧|ジャンル別で紹介

子連れディズニージェットコースターアトラクション身長制限リストバンドディズニーランド

New2022/09/22

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ディズニーランドには子供と一緒に家族で出かける方も多いと思います。
しかし、身長が低いと、どのアトラクションに乗るか迷ってしまいますよね?

以下にディズニーランドで身長制限があるアトラクションや身長制限は無くても、小さい子が乗るためには条件があるアトラクションなどをまとめました!
ジェットコースター系や揺れる系などジャンル別に分けてご紹介しているので、是非参考にしてみてください!

目次[ 表示 ]

ジェットコースターの身長制限があるアトラクション4選

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

まず初めに、ディズニーランドのジェットコースターで、身長制限があるアトラクションを4つご紹介します!

1. スプラッシュ・マウンテン|90cm以上

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
クリッターカントリー
怖さ
★★★★☆

言わずとしれたディズニーランドの絶叫系アトラクションといえばスプラッシュマウンテン!
意外にも身長制限は低く、”90cm以上”ある方なら乗ることができます。
しかし、最後の落ちるスポットだけではなく、何回か落ちるスポットがあるので、絶叫系特有のあの「ふわっと感」にまだ慣れてないお子さんと乗る際は注意しましょう!

ただ、基本的には動物たちが歌ってくれているかわいらしい世界が広がっているので、意外と小さいお子様も乗ることができるアトラクションです!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

スプラッシュマウンテンはクリッターカントリー内にあります。
ホーンテッドマンションを過ぎると、少し坂になっている場所があるので、その坂を少し上がるとアトラクションがあります!

2. ガジェットのゴーコースター|90cm以上

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
トゥーンタウン
怖さ
★☆☆☆☆

天才発明家のガジェットが作ったどんぐりの形をしたジェットコースターです!
こちらのアトラクションも身長制限は低く、”90cm以上”になっています。

スピードもすさまじく早いわけではなく、落ちる角度もそこまで急なスポットはないのでおすすめです!
少し、安全バーなどが低いので、大人の方は逆に怖いと感じてしまうかもしれません…!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ガジェットのゴーコースターはトゥーンタウン内にあります。
ドナルドの家のすぐ近くにあると覚えておきましょう!

3. ビッグサンダーマウンテン|102cm以上

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ウエスタンランド
怖さ
★★★☆☆

ディズニーランドのアトラクションの中でも人気が高いのがビッグサンダーマウンテン!
身長制限は少し高めの”102cm以上”です。

スピードは早いですが、最後の落下スポット以外あまり急な角度で落ちるスポットがないので、身長制限ぎりぎりのお子様でも乗ることができると思います!
しかし、乗車時間が他のアトラクションに比べて長いので、乗る前には本当に乗りたいか確認してから乗ることをおすすめします!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ビッグサンダーマウンテンはウエスタンランド内でも一番目立つアトラクションです。
そのため、アトラクションの鉱山を目指して歩けばすぐに見つかります!

4. スペース・マウンテン|102cm以上

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
トゥモローランド
怖さ
★★★★☆

スピード感満載のアトラクションといえばこれ!
身長制限は高めで”120㎝以上”です。
真っ暗の中をハイスピードで駆け巡るアトラクションなので、お子様の中には最初怖がる方もいるかもしれません。

実際に、大人でも毎回スピードの速さには驚かされる人も多いはずです!
しかし、そこまで急降下はしないアトラクションでもあります。
暗闇の中、レールが見えないため、怖がる方も多いので、乗る際は注意しましょう!
実際に筆者の私も小さい頃は乗ったら怖くてびっくりしてしまったので…

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

スペース・マウンテンはトゥモローランド内にあります。
近くにはベイマックスのアトラクションはスターツアーズがあると覚えておくと良いでしょう!

揺れが激しい身長制限があるアトラクション2選

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

次に、急降下などはしませんが、揺れが激しいアトラクションで、身長制限がある乗り物を2つ紹介します!

1. ベイマックスのハッピーライド|81cm以上

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
トゥモローランド
怖さ
☆☆☆☆☆

ベイマックスのハッピーライドは身長制限なさそうで、あるアトラクションなので乗る際は注意しましょう!
身長制限は一応ありますが、制限があるアトラクションの中では一番低い身長でも乗れる”81cm以上”です。

横揺れが激しい乗り物なので、必ず大人の方と乗るようにしましょう!
楽しい音楽に合わせて動くアトラクションは大人でもかなり揺さぶられますが、乗ったら絶対に楽しくなるアトラクションです。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ベイマックスのハッピーライドはトゥモローランド内にあります。
近くにスペース・マウンテンや美女と野獣の新エリアがあるのでわかりやすいと思います!

2. スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー|102cm以上

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
トゥモローランド
怖さ
★☆☆☆☆

スター・ツアーズにも実は身長制限があります!
意外と高めの”102cm以上”で設定されているのには驚きですよね。

シートベルトはしますが、結構揺れるのはもちろん、3D眼鏡をつけるアトラクションなので、乗り物酔いをしやすいお子様と乗る際は注意が必要です!
しかし、ストーリー性もしっかりしていて待ち時間もたくさんのロボット達がいたりと、面白いアトラクションなのでおすすめです。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

スター・ツアーズはトゥモローランド内にあります。
近くには、スペース・マウンテンや、モンスターズ・インクのアトラクションがあると覚えておきましょう!

身長制限なしだけど条件があるアトラクション9選

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

次に身長制限はありませんが、乗る際に「補助なしで座れること」という条件付きで乗ることができるアトラクションを紹介します!

1. 白雪姫と七人のこびと

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
★★★★☆

「白雪姫と七人のこびと」という名前のアトラクションですが、意外と怖いアトラクションとしても有名です。
というのも白雪姫が出てくるのは本当に一瞬

最初から真っ暗な中、骸骨がたくさん出てきたり、魔女の変身シーンがあったりと、白雪姫が出てくる楽しいアトラクションと思って乗ってしまうと、ちょっとしたトラウマになってしまう可能性があるので注意が必要です。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

白雪姫と七人の小人はファンタジーランド内にあり、近くにはピノキオのアトラクションやピーターパンのアトラクションがあります。
ピノキオのアトラクションと間違いやすいので、乗る際は注意しましょう!

2. モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
トゥモローランド
怖さ
☆☆☆☆☆

乗り物に乗って、街中に隠れているモンスターたちをフラッシュライトを当てて探すゲーム系のアトラクションです。
運営スタート当初からかなりの人気がありますね!

激しい動きもなく、フラッシュライトを当てて、かわいいモンスターたちを探すゲームは補助なしで座れるお子様であれば、誰でも楽しむことができるのでおすすめです。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

モンスターズ・インク”ライト&ゴーシーク”はトゥモローランド内にあります。
近くにはスター・ツアーズがあるのでわかりやすいと思います。
また、フォトスポットにもなっている赤い車もあるので目印にするのもおすすめです!

3. ピーターパン空の旅

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
★☆☆☆☆

空飛ぶ海賊船にのって、ロンドンの街からネバーランドまで旅をすることができるアトラクション!
自分が本当に空を飛んでいるかのような錯覚になる乗り物は子供の頃の夢を叶えてくれます。

少し高さがあるので、補助なしで落ち着いてお子様が座ることができるかが重要です!
また、基本的には怖くないアトラクションですが、チック・タックワニが出てくる所が苦手なお子様もいるので気を付けましょう。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ピーターパン空の旅はファンタジーランドにあります。
近くには空飛ぶダンボや白雪姫のアトラクションがあると覚えておくとわかりやすいです!

4. 空飛ぶダンボ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
★☆☆☆☆

ダンボの背中に乗って空を飛んでいるような気分を味わえるアトラクションです!
高い場所から見る、ディズニーランドの風景は絶景!
しかし、高所が苦手なお子様の場合はおすすめできないので注意しましょう。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

カリブの海賊はアドベンチャーランドにあるアトラクションです。
ワールドバザールを抜けてすぐ左に向かうとあると覚えておきましょう!

6. キャッスルカルーセル

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
☆☆☆☆☆

キャッスルカルーセルはお子様にも大人気のアトラクションです!
上下に動く木馬の上に乗って回る乗り物なので、安心です。

ちゃんとベルトもついているので落ちる心配も少ないですが、木馬の上はつるつると滑りやすくなっているので、特に小さいお子様からは目を話さないようにだけ注意しましょう!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

キャッスルカルーセルはファンタジーランドにあるアトラクションです。
ほぼ真ん中にあり、アリスのアトラクションや空飛ぶダンボが横にあるのでわかりやすいと思います!

7. プーさんのハニーハント

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
★☆☆☆☆

意外にも小さいお子様の乗車の際に条件があるプーさんのハニーハント!
プーさんと100エーカーの森に住む仲間たちの世界観を、気まぐれに動くハニーポットにのって味わえます。

怖いポイントはあまりありませんが、「きをつけろ~」とちょっと不気味な感じでささやかれるポイントなどがあるので、一瞬怖いと感じるお子様もいるかもしれません!
基本的には楽しく乗れるアトラクションなので、補助なしで乗れるお子様には是非乗ってほしいアトラクションです。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

プーさんのハニーハントはファンタジーランドにあるアトラクションです。
イッツ・ア・スモールワールド付近にあると覚えておくか、トゥーンタウン入口を少し通り過ぎた所にあると覚えるのがおすすめです!

8. 美女と野獣”魔法のものがたり”

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
★☆☆☆☆

美女と野獣の新アトラクション!
こちらも、意外にも「補助なしで乗れること」という条件がある乗り物です。

怖さはあまりありませんが、アトラクション前のベルが野獣のお城を初めて訪問するシーンで野獣の雄たけびなどが大きな音で流れる所があるので、そこだけ気を付けましょう!
実際にそこで泣いてしまうお子様を見かけたことがあります…

そこ以外はとにかく美女と野獣の世界観を細かく再現しているので、感動すること間違いなしです!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

美女と野獣”魔法のものがたり”はファンタジーランド内にあるアトラクションです。
美女と野獣エリアに入ると大きなお城があり、一瞬で見つけることができます!

9. ビーバーブラザーズのカヌー探検

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
クリッターカントリー
怖さ
☆☆☆☆☆

実際にカヌーをみんなで漕いで進むアトラクションです。
こちらも小さなお子様は補助なしで乗れることが条件で乗ることができます。

大人でもかなり腕が疲れるアトラクションとしても有名ですね!
しかし、アクティブなお子様からしたらカヌーを漕げるのは結構楽しいのかもしれません。
カヌーに乗ってる際はボートでお子さまが落ちないようにだけしっかり注意して見るようにしましょう!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ビーバーブラザーズのカヌー探検はスプラッシュマウンテンがあるクリッターカントリーにあるアトラクションです。
少しわかりづらいのでクリッターカントリーにいるキャストさんに聞いてしまうのがおすすめ!

10. ピノキオの冒険旅行

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
★★★☆☆

ピノキオの冒険旅行も、白雪姫と七人のこびと同様に意外と怖いアトラクションとして有名です。
筆者の私も、小さい頃は特に大きなくじらが怖くてビビっていました…!

更に、ピノキオがロバになってしまうシーンなど、ピノキオの世界観の中でも怖いシーンがアトラクションでも再現されているので、小さいお子様には怖いかもしれません。
トラウマになってしまう可能性もあるので乗る際は注意しましょう!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ピノキオの冒険旅行はファンタジーランドにあります。
アリスのアトラクションの前らへんと覚えておくと良いでしょう!
近くの白雪姫と七人のこびとと見た目が似ていて間違えることもあるので乗る前には看板を良くチェックしてください!

身長制限&条件がないアトラクション16選

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

次に身長制限と条件の両方がなく、誰でも乗ることができるアトラクションを紹介します!

1. ウエスタンリバー鉄道

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
アドベンチャーランド
怖さ
★☆☆☆☆

ウエスタンリバー鉄道は蒸気機関車に乗って、アドベンチャーランド、クリッターカントリー、ウエスタンランドを一周するアトラクションです。
西部開拓時代のアメリカ西部の街並みを見ることができます!

見た目も古典的でノスタルジックな雰囲気のある蒸気機関車は乗ってるだけでテンションが上がります。
しかし、最後に恐竜が出てくるスポットがあるのですが、その恐竜のとこを怖がるお子様もいるので注意が必要です!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ウエスタンリバー鉄道はジャングルクルーズのすぐ近くにあります。
たまにジャングルクルーズと間違えてしまうことがあるので注意しましょう!

2. ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
アドベンチャーランド
怖さ
☆☆☆☆☆

ジャングルクルーズは実写映画化もされたディズニーでも不動の人気を誇るアトラクションです。

愉快な船長と一緒に冒険するジャングルの旅はリアルな動物たちや自然と相まって大人から子供まで楽しむことができます!

怖いスポットなども一切ないので、安心してアトラクションに乗ることができると思います!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ジャングルクルーズはアドベンチャーランドにあるアトラクションです。
近くにはウエスタンリバー鉄道があるので、間違えないようにだけ注意しましょう!

3. スイスファミリー・ツリーハウス

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
アドベンチャーランド
怖さ
☆☆☆☆☆

スイスファミリー・ツリーハウスは映画「スイスファミリー・ロビンソン」のロビンソン一家が暮らした大きな木の家を再現した体験型ウォークスルーアトラクションです。

アトラクションに乗っているだけでは、満足に体を動かせないので、こういうウォークスルータイプのアトラクションがあると助かりますね!

大きな木の上にある家は秘密基地のような感じで、子供心をくすぐること間違いなしです。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

スイスファミリー・ツリーハウスはアドベンチャーランド内にあります。
魅惑のチキルームやウエスタンリバー鉄道付近にありますが、意外と通り過ぎてしまうので、近くに来たら周りを良く見るようにしましょう!

4. 魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
アドベンチャーランド
怖さ
★☆☆☆☆

鳥たちが繰り広げるショーにスティッチが参加!
屋内施設の座ってみるショースタイルのアトラクションなので、お子様が少し疲れた時などに入るのもおすすめです。

最初スティッチが参加するまでのほんの少しですが、音が大きかったり、アトラクションの最初の雰囲気が少しお子様には怖いと感じることもあります…!

しかし、ショーがしっかりと始まってしまえば、かわいいスティッチと鳥たちによる歌のショーなので楽しく見ることができると思います!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”はアドベンチャーランドにあるアトラクションです。
レストランと間違いやすいので注意しましょう!

5. カントリーベアシアター

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ウエスタンランド
怖さ
☆☆☆☆☆

ディズニーランドの中でも特に癒し系のアトラクションです。
かわいいクマたちの歌のショーが本当にキュート!
怖い要素もまったくないので、ショーの約15〜17分間座って静かに見ることができれば大丈夫です。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

カントリーベアシアターはウエスタンランドにあるアトラクションです。ファンタジーランドからウエスタンランドに入ってすぐ左側にあります!

6. 蒸気船マークトウェイン号

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ウエスタンランド
怖さ
☆☆☆☆☆

豪華な蒸気船マークトウェイン号にのってゆったりアメリカ河を一周するアトラクションです!
夜はライトアップされて更に綺麗です。
お子様〜おじいちゃん・おばあちゃんとも楽しめるアトラクションなのも家族ディズニーにはピッタリですね!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

蒸気船マークトウェイン号はウエスタンランドにあるアトラクションです。
アトラクション「空飛ぶダンボ」を少し通り過ぎた場所に乗り場があり、通り過ぎやすいので注意しましょう!

7. トムソーヤ島いかだ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ウエスタンランド
怖さ
☆☆☆☆☆

アメリカ河にあるトムソーヤ島を目指してすすむ丸太のいかだです。
いかだを見た時点で冒険したくなるようなわくわく感を味わうことができます!

小さいお子様は特にテンションが上がる見た目をしていますね。
このいかだをおりた後もトムソーヤ島で様々な冒険をすることができるので、是非小さなお子様や走り回りたいお子様をいかだに乗ってトムソーヤ島に連れて行ってあげてください!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

トムソーヤ島いかだはウエスタンランドにあるアトラクションです。
ビッグサンダーマウンテンの出口付近に乗り場があると覚えておきましょう!または、蒸気船マークトウェイン号の乗り場を通りすぎ、少し歩いたとこと覚えるのもおすすめです。

8. アリスのティーパーティー

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
☆☆☆☆☆

アリスのティーパーティーは映画「不思議の国のアリス」のお茶会のわちゃわちゃした雰囲気を体験できるアトラクションです。
カラフルでかわいいティーカップの中央にあるハンドルを回せば、自由自在に回る速度を変えることができます!

小さいお子様もハンドルを回して速度を自分で変えることができるので楽しく遊べるアトラクションの1つだと思います!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アリスのティーパーティーはファンタジーランドにあるアトラクションです。
キャラバンカルーセルの隣、ハートの女王のレストランの前にあるアトラクションなのでわかりやすいと思います!

9. イッツ・ア・スモールワールド

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
☆☆☆☆☆

イッツ・ア・スモールワールドはディズニーランド内で、家族ディズニーをしている方に人気のあるアトラクションだと思います!
ボートに乗って歌いながら踊るかわいい世界各国の人形たちを眺めることができるアトラクションは特に小さいお子様からの人気が高いです。

ディズニーキャラクターの人形たちもいたりとかなりかわいい世界が広がっており、カリブの海賊のように、急降下するスポットもまったくないので安心して乗ることができるアトラクションなのでおすすめです!

他のアトラクションに比べて、比較的すいていることが多いので、待ち時間が苦手なお子様にもピッタリです。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

イッツ・ア・スモールワールドはファンタジーランドにあるアトラクションです。
アトラクションの建物自体が大きく、カラフルな見た目をしているので、見つけやすいです!ハートの女王のレストランの隣と覚えておくのも良いでしょう!

10. シンデレラのフェアリーテイル・ホール

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
☆☆☆☆☆

シンデレラのフェアリーテイル・ホールは小さい時に誰でも一度はあこがれたシンデレラの世界観を味わうことができる体験型のアトラクションです。
シンデレラ城の中に入ると、ガラスの靴や王座などを見ることができます!

プリンセスが好きな小さなお子様と一緒に行けば、喜ぶこと間違いなし!
物語にまつわる様々な作品たちが展示されており、屋内施設で雨の日もオッケーなのが嬉しいポイントですね。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

シンデレラのフェアリーテイル・ホールはファンタジーランドにあるアトラクションです。
パーク内中央のシンデレラ城の中にあるアトラクションなので、簡単に見つけることができます!

11. ホーンテッドマンション

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
★★★☆☆

ホーンテッドマンションは999の幽霊が住んでいる館を乗り物に乗って巡るアトラクションです。
小さいお子様には少し怖い要素が強いかもしれませんが、一応身長制限や条件はありません!

乗り物に乗ってからは幽霊たちが歌を歌ったりと楽しく見れる場面も多いですが、乗り物に入る前に絵画がどんどんゴーストになっていく場面や最後に大きな音で断末魔の叫びが聞こえ、首を吊った人が見えるあたりはお子様には怖いかもしれません…

しかし、ハロウィンとクリスマス期間限定で開催される映画「ティムバートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス」をモチーフにした内容に変更されるホーンテッドマンション”ホリデーナイトメアー”は小さいお子様でも楽しくのることができるのでおすすめです!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ホーンテッドマンションはファンタジーランドにあるアトラクションです。
アトラクション「空飛ぶダンボ」の前にあり、建物のたたずまいも他のアトラクションと違って不気味なので、すぐにわかると思います!

12. ミッキーのフィルハーマジック

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
ファンタジーランド
怖さ
☆☆☆☆☆

2022年9月15日からディズニーピクサー映画「リメンバー・ミー」のシーンが追加されることでも話題のフィルハーマジック!
3Dグラスをかけて楽しむショーなので小さいお子様は絶対に楽しいと思います!

美女と野獣のルミエールの歌うシーンでは甘い匂いがしたり、水がかかってくるシーンもあったりとエンタメ性も高いので本当に楽しいです。

映画の人気も高い、「リメンバー・ミー」のシーンには期待大なので、大人〜子供まで楽しめるアトラクションなのでおすすめです!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ミッキーのフィルハーマジックはファンタジーランドにあるアトラクションです。
アトラクション「アリスのティーパーティー」の前にあると覚えておきましょう!

13. グーフィーのペイント&プレイハウス

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
トゥーンタウン
怖さ
☆☆☆☆☆

グーフィーのペイント&プレイハウスはグーフィーの家で遊ぶアトラクションです。
他のキャラクターたちの家とは違い、かなり遊び要素が強いのが特徴!
更に、屋内施設なので、雨の日にも遊べるのも嬉しいポイントですね。

小さいお子様が絶対に喜ぶような仕掛けやゲームがあるので、是非行ったことない人は行ってみてください!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

グーフィーのペイント&プレイハウスはトゥーンタウンのグーフィーの家の中にあります。
見た目でもグーフィーの家とすぐにわかりますが、ドナルドの家の隣の家と覚えるのもお勧めです!

14. ロジャーラビットのカートゥーンスピン

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
トゥーンタウン
怖さ
☆☆☆☆☆

ロジャーラビットのカートゥーンスピンは小さなお子様に人気の高いアトラクションです。
トゥーンタウンの裏通りや路地をキャブに乗って探検します!

その道中にはウサギのロジャーラビットを消そうとたくらむ悪党のイタチが登場し、ハラハラドキドキのドライブはわちゃわちゃしていて本当に楽しいのでおすすめです。

また、並んでいるときも楽しい内装になっているので、お子様も他のアトラクションに比べると飽きないのも嬉しいポイント!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

ロジャーラビットのカートゥーンスピンはトゥーンタウンにあるアトラクションです。
トゥーンタウンに入り、左側に進むと、車が壁から飛び出した建物があるので比較的わかりやすいと思います!

15. スティッチ・エンカウンター

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
トゥモローランド
怖さ
☆☆☆☆☆

スティッチエンカウンターはスティッチとお客さんがおしゃべりできるアトラクションです。
シアター内に映し出されるスティッチと”交信”できるのは夢がありますね!
更に、シアタータイプのアトラクションで雨の日でも大丈夫なのも嬉しいポイントです。

大きな音もするので、大きな音が苦手なお子様には少し注意しましょう!

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

スティッチ・エンカウンターはトゥモローランドにあるアトラクションです。
スペースマウンテンの真ん前にあるアトラクションと覚えておきましょう!

16. バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

アトラクションエリア
トゥモローランド
怖さ
☆☆☆☆☆

バズ・ライトイヤーのアストロブラスターはスペースクルーザーに乗り、光線銃で悪の帝王ザーグを倒すアトラクションです。
子供~大人まで人気がある乗り物で、いつも長蛇の列ができています。

怖いポイントも全くなく、ただただゲームを楽しむことができるのが嬉しいポイントです!
おもちゃの世界観もしっかりとあり、リトルグリーンメンたちも可愛いのでおすすめ!

お子様と一緒に点数で争ってみるのも楽しいですね。

アトラクションマップ

引用元:ディズニーリゾート公式サイト

バズ・ライトイヤーのアストロブラスターはトゥモローランドにあるアトラクションです。
スティッチ・エンカウンターの前にあるアトラクションで、建物の前にはリトルグリーンメンたちもいてわかりやすいと思います!

身長制限ギリギリの時にもらうリストバンドとは?

引用元:Instagram(@petitkyoko

ディズニーには身長制限があるアトラクションに乗る前に身長がギリギリのお子様につけるリストバンドがあります。
乗り物に乗る前に身長を測り、ぎりぎりクリアしていた場合は上記画像のようなリストバンドをつけてもらえます!

色にも意味があり、「90㎝以上が青色」、「102cm以上が赤色」、「117cm以上が緑色」です。
このカラーのリストバンドをつけていると、同じ身長制限があるアトラクションは身長を図らずに乗ることができます。

逆に、身長制限を越えていないカラーのリストバンドをつけている場合は乗ることができないので注意しましょう!
また、厚底の靴を履いて底上げしようとしても、バレてしまうのもそうですが、安全面を考慮しての身長制限なので、厚底の靴を履いて底上げするのは危ないのでやめましょう!

家族でディズニーランドを楽しもう!

いかがでしたか?

ディズニーランドには様々なアトラクションがありますが、お子様とディズニーランドに行く際は身長制限と条件を考慮した上で安全に楽しく遊びましょう!

れいか

この記事を書いた人

れいか

埼玉出身の「れいか」です。 主に、エンタメ・ビューティー・ファッションのジャンルを書いてます。 アニメとコスメ、ファッションをこよなく愛してます。 留学とアパレル店員の経験あり! 海外のことやファッション・美容のことはお任せあれ!

SHARE

この記事をシェアする