エンタメ

【機動戦士ガンダム】閃光のハサウェイを見る前に抑えるべき作品を紹介|映画の見どころも解説

機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ見どころ観る順番映画

2022/02/08

2021年に放送された機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ。

ファーストガンダムの名前で有名な「機動戦士ガンダム」のように宇宙世紀時代を舞台としている作品で、ホワイトベースの艦長だった「ブライト・ノア」の息子・ハサウェイ・ノアが主人公の作品です。

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の続きの作品として公開前からかなりの期待値や注目を集めていました!

今回はそんな閃光のハサウェイを見る前に抑えておきたい作品や映画の見どころについてご紹介します!

目次[ 表示 ]

【機動戦士ガンダム】閃光のハサウェイを見る前に抑えるべき作品3選

閃光のハサウェイはアムロやシャアが活躍することでも有名な「宇宙世紀時代」を描いている作品です。

ガンダムシリーズにはこの宇宙世紀時代を描いているシリーズは沢山ありますが、その中でも特にハサウェイを鑑賞する前に見ておくと理解が深まる作品を以下にまとめました!

閃光のハサウェイを見てみたいと考えている人は是非参考にして下さい!

1. 機動戦士ガンダム

引用元:dアニメストア

1979年にテレビでの放送がスタートしたガンダムシリーズの記念すべき第1作目「ファーストガンダム」と呼ばれている作品です。

宇宙世紀0079年、地球に人口が増えすぎた人類が宇宙の人口居住施設「スペースコロニー」に地球連邦軍により半ば強制的に住民を移すようになった時代。

そこで地球連邦軍に独立を求め、反発したジオン公国軍と連邦軍がロボット兵器を使用し、戦争(一年戦争)を繰り広げる。。。

この作品は宇宙世紀時代を描くガンダムのベースとなるお話なので、見ておくとガンダムシリーズの世界観を掴めるので見ておくと良いでしょう!

特に、閃光のハサウェイの主人公である「ハサウェイ・ノア」の両親である「ブライト・ノア」や「ミライ・ヤシマ」も登場するのでハサウェイの両親の関係性についても知ることができるのでおすすめです!

ファーストガンダムは全部で50話あります。
そのため、見るのが大変という人は劇場版3部作「機動戦士ガンダム」、「機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」、「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)編」もあります。
しかし、全50話を3部作の映画にまとめているということもあり、実際のテレビアニメとは異なる部分もあるのでそちらを踏まえた上で見ることをおすすめします!

2. 機動戦士Zガンダム

引用元:Amazon

1985年にテレビでの放送がスタートした「ファーストガンダム」の続きの話を描いた作品です。

一年戦争から7年後の宇宙世紀0087年、ジオン公国軍に勝利を収めた地球連邦軍は増長し、エリート部隊の「ティターンズ」が結成され、その勢力を強めていた。

しかし、急速に力を拡大させていたため、「ティターンズ」に反発する一部連邦人達が出現し、反地球連邦組織「エゥーゴ」が結成された。

この2つの組織によるモビルスーツを使用した戦いが主軸となっていき。。。

Zガンダムを見ることで閃光のハサウェイまでの時代背景や流れなどを理解することができるので見ると良いでしょう!

更に、Zガンダムは閃光のハサウェイを理解する上で重要になってくる作品の「逆襲のシャア」と関わりが深い作品になってきます。

なぜ、シャア・アズナブルが「逆襲のシャア」でとった行動の理由などが分かる作品なので見ておくと流れがかなり分かりやすくなります!

Zガンダムは全部で50話あるので「そんなに見るのはちょっときつい」という人は劇場版3部作の「機動戦士Zガンダム A New Translation-星を継ぐ者-」、「機動戦士Zガンダム A New Translation-恋人たち-」、「機動戦士Zガンダム-星の鼓動は愛-」があります。
しかし、こちらも劇場版のため内容やキャラクターのニュアンスが少しずつ変わってきてしまうのでそちらを考慮して見ましょう!
また、結末がテレビアニメ版と劇場版で少し違うので、逆襲のシャアに続くために「テレビアニメ版の最終話」は見るようにして下さい!

3. 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

引用元:映画.com

1998年に公開されたアムロとシャアの最終決戦が描かれた劇場版の作品です。

宇宙世紀0093年。新生ネオ・ジオン軍の総帥になったシャア・アズナブルは宇宙民族の解放を唱え、地球軍との敵対を続けていた。

表向きは、政府との和平交渉としながらも、実は小惑星アクシズを地球に衝突させようと計画するシャア。

そんなシャアにアムロ・レイは人類の平和を守るために最終対決に挑むことに。。。

閃光のハサウェイを見る前に一番見たほうが良い作品が「逆襲のシャア」です!

ハサウェイ・ノアが主人公の「閃光のハサウェイ」ですが、ハサウェイ・ノアがちゃんと登場した作品が「逆襲のシャア」です。

この作品では、アムロとシャアの最終決戦を描いた作品ですが、ハサウェイ・ノアがどんな理由で反連邦テロリストの「マフティー・ナビーユ・エレン」を名乗るようになったのかなどのきっかけを描いている作品にもなっています。

そのため、逆襲のシャアを見るだけでもかなり閃光のハサウェイの理解が深まるので視聴することを推奨します!

時系列でいうと逆襲のシャアの次は「機動戦士ガンダムUC」ですが、閃光のハサウェイの方が実はUCよりも先にメディア化した作品なので、UCは見なくても問題ありません!
また、ZZはシャアが登場しない作品になるので、Zガンダムの後の作品ですが、逆襲のシャアとの関わりがかなり薄い作品なので、視聴しなくても問題なく閃光のハサウェイを楽しむことができます。

【機動戦士ガンダム】閃光のハサウェイの見どころは?

以下で実際に「閃光のハサウェイ」を視聴した筆者の私が感じた映画の見どころと簡単なあらすじをご紹介します!

あらすじ

閃光のハサウェイは第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年後(U.C.0105)を描いた作品です。

地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」も行っていた。

そんな連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始したのが、反地球連邦政府運動「マフティー」だ。

リーガーの名は「マフティー・ナビーユ・エリン」、その正体は、一年戦争も戦った連邦軍大佐ブライト・ノアの息子「ハサウェイ」であった。

アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と理想、医師を宿した戦士として道を切り開こうとするハサウェイだが、連邦軍大佐のケネス・スレッグと謎の美女ギギ・アンダルシアとの出会いがその運命を大きく変えていく。

引用元:機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ公式サイト

成長したハサウェイの姿

ハサウェイはZガンダムにほんの少しですが、幼少期に登場しています。

そのかわいらしい「男の子」の姿を見た後「逆襲のシャア」に登場したハサウェイを見るだけでも「成長したな~」と感じますが、閃光のハサウェイでは更に凛々しい姿になっています!

成長過程にはしっかりと逆襲のシャアに登場するクェス・パラヤという少女の死が関わっています。

ハサウェイの何かを悟ったような、決意したような表情や姿はマフティーのリーダーというにはふさわしいたくましさが伺えて感動します。

しかし、すぐにかっとなってしまう短絡的な性格もあります。

ハサウェイの短絡的な一面と謎の美女ギギをかばってしまうという思慮深い一面はハサウェイを人間味がありつつも謎めいた雰囲気を演出していとても魅力的に描かれているとも本作の魅力です!

アップデートされたMS vs MSの戦闘シーン

引用元:Twitter

本作でのMS戦はかなり見ごたえがあります!

というのも今回の主要機体が「Ξガンダム」と「ペネロペー」ということです。

この2機には今まで艦船サイズにしか搭載することが出来なかった、「ミノフスキー・フライト(戦艦サイズではミノフスキー・クラフト)」が搭載されています。

ミノフスキー・フライトが搭載されていることによって Ξガンダム」と「ペネロペー」は大気圏内でも今までのMSとは比べ物にならないほどのスピード感と機動力を発揮することができるので空中戦でもかなりのスピード感で空を飛び回って戦うことが可能です!

更に、武装に関しても思考誘導兵器の「ファンネル」を使用した最新兵器「ファンネルミサイル」を搭載しているほか、標準装備のビームライフルやビームサーベルもスピード感のある空中戦で使用されることによってその迫力は過去の作品とはくらべても1,2位を争うほど凄いです!

これまでのガンダムシリーズの戦闘シーンとはまた一味ちがったMS戦を見ることが出来るのは閃光のハサウェイの大きな魅力であり、見どころです!

作画の美しさ

引用元:ダ・ヴィンチニュース

本作はガンダムシリーズの最新作ということもありますが、ダントツで作画が綺麗ですし、もはや美しい芸術作品です!

芸術と呼べるほど綺麗な作画のおかげで本作の見どころの一つでもあるMS戦も臨場感があり、かつ立体的に描かれています。

また、謎の美女ギギの特徴でもある「青い目」などはギギがアップになる際に本当に吸い込まれるような美しさを表現しており、よりギギの「謎めいた美女感」を演出しています!!

ハサウェイや他キャラクターの微細な表情なども最新のアニメだからこそのクオリティで作品の世界観により吸い込まれます!

本当に作画が素晴らしいので是非見てほしいです!

ギギ・ケネス・ハサウェイの関係性

引用元:電撃ホビーウェブ

閃光のハサウェイでは、この三人の関係性がとても興味深く見ごたえがあります!

というのも、ハサウェイはマフティーのリーダー、ケネスは地球連邦軍の大佐でマフティー殲滅部隊の司令、そしてギギはハサウェイがマフティーのリーダーでハサウェイ自信もギギに自分の正体を感づかれているということを知っている。

そんな実際は張り詰めた関係性でいながらも、3人は仲の良い友人のようにふるまう姿は物語がこれからどうなっていくのかわくわくさせる良いスパイスになっています!

また、見ている視聴者は3人の関係性を理解したうえで見ることができるので、これからのハサウェイとギネスの白熱するであろう戦いの展開やギギのこれからの行動など気になる展開が沢山あるので、映画があっという間に終わる感覚に襲われます!

3人の緊張感のある関係性のおかげで本作は何度も見たくなる作品になっていると思います!

豪華声優陣

引用元:よろず~ニュース

閃光のハサウェイは声優陣が本当に豪華です!

今をときめく有名・人気声優たちが勢ぞろいしているので、声優ヲタクにとっても見たくなる作品です!

主人公のハサウェイ・ノア役には小野賢章さん、ギギ・アンダルシア役には上田麗奈さん、ケネス・スレッグ役には諏訪部順一さんなど大人気声優が声を担当しています。

更に他にも、斉藤壮馬さん(憂国のモリアーティ:ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役他)や津田健次郎さん(呪術廻戦:七海建人役他)、石川由依さん(進撃の巨人:ミカサ・アッカーマン役他)など様々な人気作品に出演している声優の方々の声が閃光のハサウェイでは聞くことができるので、声優陣目的だけで見るのもありです!

機動戦士ガンダム最新作「閃光のハサウェイ」からも目が離せない!

機動戦士ガンダム閃光のハサウェイは映画単体でも楽しめる作品と言われてはいますが、過去の作品をいくつか視聴するだけで更にストーリーの背景や時代背景がしっかりと理解できのでより面白く映画をみることが出来ます!

作画が綺麗なのはもちろんですが、キャラクター同士の関係性や豪華な声優陣など様々な魅力があります!

れいか

この記事を書いた人

れいか

埼玉出身の「れいか」です。 主に、エンタメ・ビューティー・ファッションのジャンルを書いてます。 アニメとコスメ、ファッションをこよなく愛してます。 留学とアパレル店員の経験あり! 海外のことやファッション・美容のことはお任せあれ!

SHARE

この記事をシェアする