エンタメ

異彩なシンガー「Vaundy(バウンディ)」の魅力を曲と一緒に紹介!

Vaundyおすすめの音楽エモい曲バウンディ人気

2022/02/28

今回は大人気アーティスト「Vaundy」をご紹介していきたいと思います。

プロフィールなどに加えて、楽曲もいくつかご紹介しますので、ぜひ楽しんで見てくださいね!

目次[ 表示 ]

Vaundyって誰?

Vaundyのプロフィール

まず名前の読み方ですが「バウンディ」と読みます。Vaundyという名前は中学時代のニックネームをそのまま英語表記にしたとのことです。

Vaundyの生年月日は2000年6月6日ですから、彼はまだ大学生で、21歳です。19歳にして大ヒットソング「東京フラッシュ」をリリースし、その後も止まることのない勢いを見せ、CMソングやドラマの主題歌に起用されています。

Vaundyってどんなアーティスト?

活動形態は?

彼はYoutubeに楽曲をあげたのがはじまりでそこから注目されるようになっていきました。

作曲は中学生の時から始めていたようで、本格的な作曲活動は高校2年生のころからだそうです。現在は大学に通いながらの活動をしており、Twitterにも「レポートあと1つ」という投稿をしたりしていて、親近感がわきますね。

音楽分野は?

アーティストはそれぞれ1つのジャンルで完結することが多いのですが、Vaundyはジャンルにこだわらないという特殊なサウンドを繰り広げています。東京フラッシュのようなシティポップから、邦ロック、R&Bなどというジャンルにも当てはまる楽曲を作っています。

Vaundyの楽曲が使われたドラマやCMなど

「花占い」が中川大志さん主演のドラマ「ボクの殺意が恋をした」の主題歌であったことは記憶に新しいのではないでしょうか。CMではトヨタ自動車の新型車カローラ クロスに「Tokimeki」、マルハニチロCMに「僕は今日も」「怪獣の花唄」、首都医校、大阪医専、名古屋医専CMに「しわあわせ」が起用されました。インターネットやSNSで多く聞くことのあったアーティストがテレビでも聞く機会が多くなり、ファンも増えたのではないでしょうか。

Vaundyのおすすめアルバムや楽曲

東京フラッシュ

Vaundyの代表曲といっても過言ではない東京フラッシュは、シティポップ系統のメロディーで、歌詞もおっていくと、決して純愛や素敵な恋ではないところがまたタイトルの「東京フラッシュ」という東京の煩雑というイメージとマッチしていて、とても良いです。

「エモい」という言葉がまさに合っていて素敵な楽曲です。

soramimi

この楽曲は社会への皮肉が詰め込まれたダンスナンバーというイメージが強いです。

「今日も愉快だね」という歌いだし、「自己満たちが踊る世界だもん」という2番の歌詞から分かるように皮肉たっぷりです。しかし嫌味なく聞けて、むしろ乗ってしまうまであります。音楽がとてもかっこよくてリズムも印象的な楽曲です。

napori

2020年5月にリリースされた「napori」は、人気アプリのTikTokでも有名になりました。独特のリズムとメロディーライン、またそれに乗せられた歌詞は聞けば聞くほど魅了されるものです。「僕が大人になって思い出すのは君じゃないかな」という歌詞があるのですが、数あるラブソングの中でもかなり至上に近い言葉なのではないかと感じます。「napori」というのはイタリアのナポリを指しており、ナポリという街は美しいことで知られていますが、相手の美しさを形容した表現かもしれませんね。

泣き地蔵

2021年にリリースされた「泣き地蔵」は世の中にあふれている誹謗中傷を風刺している楽曲だと読み取ることが出来ます。例えば、SNSでの書き込みや学校などでSNSいじめが起きてもお構いなしなこの世の中に「何度繰り返せば気が済む?」というメッセージが込められた歌詞に自然と耳が傾けられます。またMVをVaundyと同世代のMIZUNO CABBAGEが手がけています。MIZUNO CABBAGEは「東京フラッシュ」や「life hack」の制作も行っており、緻密な世界観が面白いMVです。

踊り子

MVに小松奈々さんを起用した豪華なこの楽曲は、恋人と別れてしまった自信のない男性を表しています。サビの「回りだしたあの子と僕の未来が 止まりどっかでまたやり直せたら」という歌詞から分かる、互いが違う方向に進み始めていることとそれでもまたやり直したいということを考えている主人公の気持ちをVaundyらしい「エモさ」で歌い上げています。

Vaundyの魅力は?

個性的なVaundyの音楽

Vaundyは先ほど述べたように、「このジャンル!」というこだわりがなく、色んな分野の楽曲を研究し、トレンドを分析して曲を作っているようです。そしてなんと言っても引き込まれる音楽のピッチ、リズム、歌声は魅力的です。聞けば聞くほど引き込まれるとはまさに彼のことなのではないかと感じます。お洒落なクリエイターの世界観にどんどんハマっていってしまいます。

曲をたくさん知ってVaundyの世界観を楽しみましょう!

いかがでしたか?

若者世代で大バズリしているVaundyの魅力にあなたも引き込まれてみませんか!?

今回ご紹介した楽曲以外にも素晴らしい楽曲はまだまだありますので、ぜひ好きな楽曲を見つけてみてくださいね!

なる

この記事を書いた人

なる

群馬県出身の「なる」です。 主に、エンタメ・ビューティ・スポーツの記事を書いています。 洋画とバスケが大好きです。 日常に役立つ記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする