エンタメ

学園ドラマおすすめ10選!青春・恋愛・感動すべてがここに詰まってる

人気ドラマ胸キュン学園ドラマ青春感動懐かしの恋愛

家にいることが多くなった今だからこそ、青春・恋愛・感動を同時に味わえる学園ドラマを見て、懐かしい気持ちになってみたいと思う機会が増えたと思います。

この記事ではMola編集者がおすすめする涙あり、笑い、胸キュンありの学園ドラマを10選を紹介していきます。

目次[ 表示 ]

おすすめ学園ドラマ10選(青春・恋愛・感動)

1.『Rookies』

あらすじ

二子玉川学園高校に赴任してきた佐藤隆太演じる「川藤」。二子玉川学園高校かつて名門野球部として甲子園に出場する程の強豪校だったが、ある部員の不祥事により、活動停止に追い込まれます。そして、現在はその面影なく、不良のたまり場となっていました。川藤はそんな不良部員と出会います。川藤は野球に関しては全くの素人であったが、不良部員達の心を動かし、自ら監督となって、不良部員達と甲子園を目指す物語です。

気になる方はこちらの動画配信サービスからもご視聴いただけます!

メインキャスト
佐藤隆太 市原隼人 佐藤健 城田優 桐谷健太 中尾明慶
放送年
2008年
放送局
TBS
主題歌
GReeeeN『キセキ』

おすすめポイント

川藤が不良部員を切り開き、次々と仲間になっていく姿や部員の川藤に対する想いなど泣ける場面が次々出てきます。

顧問は素人、部員は不良の野球部を周りの人は馬鹿にします。しかし、そんなことに屈することなく、切磋琢磨し、夢を諦めず甲子園を目指していく姿は何度見ても胸が熱くなります。野球経験者はもちろん、野球未経験の方にも心突き刺さるスポコン青春ドラマです!

Mola編集部のコメント

まさに青春!!夢を追いかける姿は感動すること間違いなし

2.『ドラゴン桜』

あらすじ

阿部寛演じる元暴走族の弁護士「桜木健二」は経営難に陥っている私立龍三高校に債務者代理として乗り込み、東大合格者を輩出する進学校へ再建すると提案し、東大受験のための特別進学クラスを創設し、偏差値36の生徒を東大へ合格させるために様々な戦略を立て、導いていきます。「偏差値36の大逆転劇なるか」見ものです。

メインキャスト
阿部寛 長澤まさみ 山下智久 新垣結衣 小池徹平
放送年
2005年
放送局
TBS
主題歌
野田愛実『realize』

おすすめポイント

一番好きなセリフが「バカとブスこそ東大へ行け」です。このセリフは桜木が赴任してきて、全校集会の挨拶の際に言った言葉です。原作にはなく、ドラマで初めて放った言葉としても印象的です。初めは桜木に対して否定的だった生徒も心を開いていき生徒皆が東大を目指していく、スポーツや恋愛にはない、別ジャンルの青春と言えるでしょう。

Mola編集部のコメント

「バカとブスこそ東大へ行け」このセリフは僕の脳裏に強烈に残っています。

3.『野ブタをプロデュース。』

あらすじ

人気者を演じる「桐谷修二(演:亀梨和也)」とお調子者で変わり者の「草野彰(演:山下智久)」が通う隅田川高校に転校してきた暗い雰囲気の「小谷信子(演:堀北真希)」彼女は転校早々に、いじめられてしまいます。そんな中、彰に誘われ修二は、小谷信子を学校の人気者へプロデュースしていきます。2人のプロデュースにより、小谷信子は学校の人気者になることができるのか。

メインキャスト
亀梨和也 山下智久 堀北真希
放送年
2005年
放送局
日本テレビ
主題歌
修二と明(亀梨&山下)『青春アミーゴ』

おすすめポイント

ただの学園ものかと思いきや、メッセージ性の込められている場面が多く、心打たれることが多々ありました。おすすめのセリフは「本当のことを受け入れることって、すごくつらいけど、でも出来ないことじゃない」というセリフです。当時幼稚園児だった僕にはよくわかりませんでしたが、今となって理解できる場面です。そして、クールでかっこいい山下智久さんが天然キャラを演じているところも注目ポイント!

Mola編集部のコメント

主題歌の「青春アミーゴ」は今でもカラオケで歌うほど大好きです。

4.『ごくせん第2シリーズ』

あらすじ

舞台は黒銀学院高校、優秀な生徒が多い高校ではあるが、やんくみ(演:仲間由紀恵)は唯一不良ばかりを集めたクラス3ーD組の担任となる。初めの頃はやんくみから「こやなぎ保育園の皆さん以下」と言われていたが、根っこには責任感も強かった生徒達。当初はやんくみくを毛嫌いしていたが、生徒達と真っすぐに向かい合うやんくみを見て、不良生徒達は徐々に心を開いていく学園ドラマです。

気になる方はこちらの動画配信サービスからもご視聴いただけます!

メインキャスト
仲間由紀恵 生瀬勝久 金子賢 亀梨和也 赤西仁 谷原章介
放送年
2005年
放送局
日本テレビ
主題歌・挿入歌
D-51『NO MORE CRY』
亀梨和也『絆』

おすすめポイント

学園×極道といったジャンルの中でも代表格として幅広い年代の方に支持される「ごくせん」はドラマではシリーズ3まであるが、個人的には当時人気絶頂だったKATーTUNの亀梨和也、赤西仁がクラスのWトップとして君臨しているシリーズ2をおすすめしたいです。そして、不良生徒が仲間と成長していく様子や最終回の卒業式は涙なしでは見られない程に感動です。

Mola編集部のコメント

ヤンキー役に憧れる人が多く、不良でもないのに不良言葉を使っていた同級生を思い出しました。

5.『花より男子』

あらすじ

名門の筋や素封家の子弟など、裕福な生徒の多い学園、英徳学園に牧野つくし(演:井上真央)は娘の玉の輿を願う母の勧めで入学した。しかし、英徳学園は道明寺財閥の御曹司、司(演:松本潤)、花沢物産の御曹司、類(演:小栗旬)、日本一の茶道の家元「西門流」の跡取り、総二郎(演:松田翔太)、総合商社・美作商事の息子、あきら(演:阿部力)、この4人(F4と呼ばれる)に牛耳られていた。ある日、つくしはF4に花瓶の水をかけてしまったことからイジメにターゲットにされてしまう。しかし、つくしはそんなF4に立ち向かっていく。そんな中、F4のリーダー道明寺司がつくしに恋をしてしまう。王道ラブコメドラマです。

メインキャスト
井上真央 松本潤 小栗旬 松田翔太 阿部力 松嶋菜々子
放送年
2005年
放送局
TBS
主題歌
嵐『WISH』

おすすめポイント

道明寺とつくしのやりとりにキュンキュンしてしまう人が続出です。さらに、道明寺だけでなく、親友・類の優しさにも心惹かれてしまうシーンが多く、女性が虜になってしまうのも男の私でも理解できます。さらに、つくしが道明寺司と花沢類との間に揺れ動く恋心はどうなっていくのか、最大の見ものです。

Mola編集部のコメント

私もこんな青春を味わいたかったです…

6.『女王の教室』

あらすじ

新学期を迎えてた小学6年生の「神田和美(演:志田未来)」のクラスに、必ず成績を上げると噂の教師「阿久津真矢(演:天海祐希)」が担任としてやってきた。この真矢は成績を上げるためなら手段を選ばず、テストの点数が低かった生徒や真矢に反抗してきた生徒には「代表委員」として雑用を押しつけたりと、冷酷な教師として生徒の前に立ちはだかります。そして物語が進むに連れて、クラスが少しずつ変わっていきます。24人の生徒の考え方、心、成長を主に、物語を展開していく学園ドラマであり、ニューマンドラマでもあります。

気になる方はこちらの動画配信サービスからもご視聴いただけます!

メインキャスト
天海祐希 志田未来 松川尚瑠輝 梶原ひかり
放送年
2005年
放送局
日本テレビ
主題歌
EXILE『EXIT』

おすすめポイント

学園ドラマというと青春や恋愛を思い浮かべる人は多くいると思いますが、このドラマは人間の真理的な要素が多く含まれています。一見、ただの悪教師に見える真矢が実は違ったり、社会の仕組みを幼いことから教えたりと、今見ても考えさせられる内容になっています。

Mola編集部のコメント

本当に考えさせられる言葉や場面が多く、子供ながらに震えました。

7.『3年A組-今から皆さんは、人質です-』

あらすじ

卒業まで残り10日となった魁皇高校、3年A組の担任である「柊一颯(演:菅田将暉)」がクラス全員集めて「今から皆さんには、人質になってもらいます」と告げ、廊下を爆破させ、生徒達を教室に監禁する。そして、半年前に自殺した「景山澪奈(演:上白石萌歌)」がなぜ死ななくてはならなかったのかと課題を出す。課題にクリアできなければ一人ずつ命を奪うと脅迫する。生徒たちも初めは反抗していたが、一颯の授業を受けていき、自分で考え物事の本質を見ることを学び、過去の過ちと未来に向き合いながら事件の真相に迫っていく。

気になる方はこちらの動画配信サービスからもご視聴いただけます!

メインキャスト
菅田将暉 永野芽郁 今田美桜 片寄涼太 大友康平 椎名桔平
放送年
2019年
放送局
日本テレビ
主題歌
ザ・クロマニヨンズ『生きる』

おすすめポイント

初めはどうなるか分からないハラハラ感があり、後半に差し掛かっていくと本当に授業を受けているような感覚になり、学ぶことが多くあります。さらに、学園ドラマにしては珍しいアクションシーンもあり、菅田将暉のカッコいいシーンが見れます。そして、ところどころに菅田将暉さんの鬼気迫る演技は口が開きっぱなしで見入ってしまいます。

Mola編集部のコメント

SNSなどが普及している現代だからこそ、ぜひ若者に見てほしい作品です。

8.『花さがりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』

あらすじ

アメリカ育ちの芦屋瑞稀(演:堀北真希)は高跳び選手の佐野泉(演:小栗旬)に憧れており、彼に会うために、男装をして男子校の桜咲学園に入学する。瑞稀は高跳びを辞めてしまった佐野やお調子者の中津秀一(演:生田斗真)、チャラい寮長(演:水島ヒロ)などのイケメン学生と共に学園生活を過ごしていくのだが、女性であることを絶対にバレてはいけない中、瑞稀に様々なハプニングが起きる。バレずに学園生活を送ることができるのか…

メインキャスト
堀北真希 小栗旬 生田斗真 水嶋ヒロ
放送年
2007年
放送局
フジテレビ
主題歌
大塚愛『PEACH』

おすすめポイント

俳優も豪華で、青春あり、笑いありの王道学園青春ラブコメディーです。主役の堀北真希のかわいさはもちろん、イケメンパラダイスというだけあって、イケメンしか出てきません。あまり出番のないサブキャラまでもイケメンなので、文字通りイケメンパラダイスですね。特に小栗旬と生田斗真のイケメンが一堂に会しているのも注目ポイントです。

Mola編集部のコメント

堀北真希の男装が見れて僕は満足です。THE・恋と青春の物語という感じのドラマです。

9.『僕たちがやりました』

あらすじ

いじめに仕返しにほんのいたずら心で爆竹を仕掛け、大事になってしまった高校生の逃亡ストーリーです。普通にそこそこ楽しい人生が送れればいいやと思っている高校生がいじめの仕返しのためにヤンキー校の校舎に爆弾をしかけた。それがプロパンガスに引火してしまい、大爆発で多くの負傷者を出してしまいます。それから罪の意識に苛まれながら、逃亡生活を続けるが、耐えられなくなり、自首を決意。しかし、何者かによってその計画は失敗に終わる。トビオ(演:窪田正孝)たちはこの先どのような人生を送るのか…

気になる方はこちらの動画配信サービスからもご視聴いただけます!

メインキャスト
窪田正孝 永野芽郁 間宮祥太朗 川栄李奈 水川あさみ 新田真剣佑
放送年
2017年
放送局
フジテレビ
主題歌
Mrs.GREEN APPLE『WanteD!WanteD!』
DISH//『僕たちがやりました』

おすすめポイント

自分たちの軽率な行動で多くの人の命を奪ってしまった若者が責任と命の大切さに気付かされるという青春学園ドラマになります。一見シリアスに見えるようで、コミカル要素もしっかり入れてくるバランスがよく、社会系の作品が好きな人にも、コメディ系の作品が好きな人にもおすすめできる作品になっています。そして、個性豊かなキャラクターにも注目です。

Mola編集部のコメント

これまでの学園ヒューマンドラマとは異なり、大きさが違えど、「責任」に関しては共感できると思います。

10.『GTO』

あらすじ

元暴走族リーダーの鬼塚英吉(演:反町隆史)は高校中退後、大検を受け、優羅志亜大学に入学し、7年かけ卒業。女子高生と付き合うことができるという理由で高校の教師を目指し、私立武蔵野聖林学苑に採用され、教師になる。しかし、この聖林学苑にはイジメ・東京拒否・暴力などの問題だけでなく生徒も教師にも問題があった。そこで理事長の桜井(演:白川由美)はこの問題を解決できるのは無茶苦茶な鬼塚しかいないと一里の望みをかけて採用した。それから生徒と向き合い、教師として様々な問題に立ち向かう教師目線の学園ドラマです。

気になる方はこちらの動画配信サービスからもご視聴いただけます!

メインキャスト
反町隆史 松嶋菜々子 窪塚洋介 小栗旬
放送年
1998年
放送局
フジテレビ
主題歌
反町隆史『POISON~言いたいことも言えないこんな世の中は~』

おすすめポイント

やはり一番、鬼塚の型破りな方法で問題を解決していくことがおすすめポイントになります。元暴走族が高校教師となって体当たりでぶつかっていく設定は「ドラゴン桜」に似ているが、東大のような目標を目指していくではなく、教師と生徒の壁を自ら壊していく、年齢性別関係なく誰に対しても向かっていく姿勢は当時多くの人の心を動かしました。

Mola編集部のコメント

反町隆史がかっこよすぎる…当時見ていたら間違いなく憧れていた。

学園ドラマで青春・恋愛・感動全てを感じよう

これまで紹介してきた学園ドラマはどれも人気作品なので、どれを見ても面白いと思います。

ちなみに個人的にこの中で一番好きなドラマは「Rookies」です。私自身、野球を始めたきっかけのドラマなので、青春・感動・夢を感じるにはもってこいのドラマになります。10年以上経った今見ても泣けます。

夢を追う青春系、ドキドキを思い出せる恋愛系、涙なしでは見られない感動系、どの世代の方にも突き刺さるドラマになっているので、これを機に色んなドラマに触れてみてはいかがでしょうか。

気になる方はこちらの動画配信サービスからもご視聴いただけるので、ぜひ見てみてください!!

りょうすけ

この記事を書いた人

りょうすけ

神奈川県出身の「りょうすけ」です。 主に、エンタメ・スポーツ・暮らしのジャンルを書いてます。 アイドルとヤクルトスワローズが大好きです。 野球とバドミントンの経験があります。 皆様の人生にプラスになるような情報をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする