グルメ

東京の絶品ベーグル専門店12選!値段・アクセス・通販情報も紹介

お取り寄せベーグル専門店ベーグル東京ベーグル通販東京

2022/09/15

もちもち、むぎゅむぎゅ系など様々な食感を楽しむことができるベーグル。

お店によってベーグルの特徴は異なるため、数店舗で買い物し、食べくらべてみるのも良いかもしれません。

今回は、東京の絶品ベーグル専門店12選を紹介します!

 

目次[ 表示 ]

東京の絶品ベーグル専門店12選

1. FUJI BAGEL(赤羽)

引用:東京スイーツとパン巡り

JR赤羽駅から徒歩7分の場所に位置するFUJI BAGELは、北海道産小麦・天然酵母・石垣の塩・水の4つの素材で作ったベーグルを販売しています。

油脂分や砂糖、卵や乳製品を一切使っておらず、体に優しいFUJI BAGELのベーグルは、老若男女問わず多くの人に人気となっています。白生地・全粒生地の全2種類のベース生地からできていて、むぎゅっとした食感と優しい小麦の香りを楽しむことができます。

店頭販売を行う日は、公式ホームページ・インスタグラムに掲載されているカレンダーより確認することができます。店内は入場制限1名で、並んでいるベーグルを店員さんに取って頂くスタイルになっています。

おすすめのベーグル

・あんことクリームチーズのサンド(¥400)

引用:FUJIBAGEL公式サイト

大きさと重量感にあっと驚く、FUJIBAGELの大人気商品です。

中に入っているあんこは甘めで、ほんのり黒糖の香りが感じられ、クリームチーズの酸味とよく合います。

噛むたびに美味しさが増していき、あっという間に食べ終わってしまいます。

・クランベリーミルク(¥380)

引用:FUJIBAGEL公式サイト

甘くてみずみずしいクランベリーが、ミルクの味がたっぷりと感じられる生地にたくさん練りこまれています。生地はむにっとしていて、程よい弾力があります!

ミルクの味の正体は、成形時に巻き込まれるホワイトチョコレートで、食べる際にレンジで温めると、より強くミルクの味を楽しむことができます。

情報

住所
東京都北区赤羽1-35-8
アクセス
東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道赤羽岩淵駅より徒歩3分
JR赤羽駅より徒歩6分
営業時間・定休日
【火~土】10:00~17:00(売り切れ早仕舞い)
【定休日】日・月・祝日
平均予算
¥1,000~¥2,000
イートイン
なし
通販
なし
※月に1度、店舗で受け取る形の予約注文あり
支払方法
現金・クレジットカード・交通系IC・PayPay

2. テコナ ベーグルワークス(代々木公園)

出典:テコナベーグルワークス公式インスタグラム

代々木公園駅から徒歩1分の場所に位置するテコナでは、粉と酵母を変えて作られる

「ふか」・「もち」・「むぎゅ」の3つの食感のベーグルが、常時50種類販売されています。

おかず系やスイーツ系など、バリエーションがとにかく豊富なため、何度も来店して自分のお気に入りの「食感×味」を見つける方が多いです。

一回の買い物で3種の食感のベーグルを購入すれば、一度に全ての食感のベーグルを楽しむことができます。

お店にはレジ袋がないため、買い物の際はエコバックを持参するのがおすすめです!

おすすめのベーグル

・【むぎゅ】プレーン(¥190)

テコナに行ったらまず買うべきは、小麦の香りと「むぎゅっと」食感が楽しめるシンプルな「プレーン」ベーグルです。

単体で食べるのも美味しいのですが、ポタージュ系のスープなどと合わせても美味しいです!

・【むぎゅ】レモンピール クリームチーズ(¥280)

引用:1日1パン365パン

「むぎゅ」のなかでも人気が高いこちらのベーグルは、レモンピールが練りこまれた生地に、少し酸味のあるクリームチーズが入っていて、おやつにぴったりのベーグルです。

甘さは強めで、クリームチーズとザラメの食感がたまらない一品です。

情報

住所
東京都渋谷区富ケ谷1丁目51-12代々木公園ハウスB102
アクセス
東京メトロ千代田線 代々木公園駅南口改札より徒歩1分
小田急線 代々木八幡駅出口1より徒歩1分 
営業時間・定休日
【水~日】11:00~18:30(売り切れ次第閉店)
【定休日】不定休(公式Instagramをチェック)
平均予算
~¥1,000
イートイン
なし
通販
あり
支払方法
現金・PayPay・LINEPay

3. Ano Bagel(中野新橋)

引用:なかのく通信

2021年11月にオープンした、中野新橋の『Ano Bagel(あのベーグル)』。

銀座にある有名かき氷屋『Parlor Vinefru 銀座』で働いていた女性が独立して立ち上げた店舗です。

米粉入りの「もちむぎゅ」食感のベーグルを販売していて、旬のフルーツを使ったものやおかず系サンドなど、魅力的なメニューがたくさんあります!

おすすめのベーグル

・【期間限定】ももサンド(¥440)

引用:AnoBagel公式インスタグラム

レジ横にあるショーケースには、魅力的なベーグルサンドが6~8種類ほど並んでいます。

「ももサンド」は、桃とカルピスヨーグルトのクリームチーズがサンドされているベーグルで、ジューシーな桃の甘さとさわやかなクリームチーズの味わいを楽しむことができます。

・西野の抹茶とクリームチーズ(¥300)

引用:パンめぐ

濃厚な抹茶の味を感じられる、もちもちとした生地の中に、想像以上に苦みのある抹茶クリームチーズがたくさん入っています。

サイズも小ぶりなので、最後まで飽きることなく、もちもちな食感深みのある抹茶の味を楽しむことができます。

情報

住所
東京都中野区本町3-12-8 北島ビル101
アクセス
東京メトロ丸の内線 中野新橋駅から徒歩3分
営業時間・定休日
【月・水~金】11:30~17:00
【定休日】火・土
※変更の場合あり、公式Instagramを確認
平均予算
~¥1,000
イートイン
不可
通販
なし
支払方法
現金・PayPay・LINEPay

4. 東京べーぐる べーぐり(西葛西)

引用:東京べーぐるべーぐり公式サイト

江戸川区西葛西にある『東京べーぐるべーぐり』のベーグルは、小麦粉、砂糖、塩、水だけのシンプルな素材で作られています。

バター・卵・乳製品やショートニングを使わず、「もちもち、むぎゅむぎゅ」とした食感

「美味しい、楽しい、カラダに良い」ベーグルを楽しむことができます。

おすすめのベーグル

・クランベリーホワイトチョコ(¥370)

引用:東京べーぐるべーぐり公式サイト

ホワイトチョコのやさしい甘みとクランベリーの酸味がマッチした、一度食べたら忘れられない美味しさのベーグルです。生地のもちもち感がたまりません。

・あふれるダブルチョコ(¥460)

引用:東京べーぐるべーぐり公式サイト

甘さ控えめのビターチョコが、たっぷりと使用されている「あふれるダブルチョコ」。

チョコ好きの店員さんが厳選したチョコによって作られたこちらのベーグルは、噛むほどにチョコのほろ苦さベーグル自体のもちもち感を堪能できる一品です。

情報

住所
東京都江戸川区西葛西3-14-21
アクセス
東京メトロ東西線 西葛西駅北口または南口より徒歩3分
営業時間・定休日
【火~土】11:00~22:00(無くなり次第終了)
【定休日】日・月
イートイン
あり
通販
あり
支払方法
クレジットカード・電子マネー・現金

5. Twinmam Bagel(国立)

引用:Twinmambagel公式サイト

2022年4月、国立にオープンした『Twinmam Bagel』は、油脂や乳製品を使わないヘルシーなベーグルが購入できることで有名です。

双子の女の子を出産したことをきっかけに、食の大切さを意識するようになった店主が、山形県産「つや姫」の米粉と小麦粉をブレンドして作った、きめ細やかでもっちりとした食感のベーグルを楽しむことができます。

食事系のベーグルから甘い系のベーグルまで、常時15種類ほどのベーグルが販売されていて、

白砂糖ではなく甜菜糖やラカントが使われているのも嬉しいポイントです。

おすすめのベーグル

・酒かすずんだSOYバターサンド(¥420)

引用:くにたちNAVI

他のお店にはあまりない「ずんだあん」を使った甘さ控えめのベーグルで、白あんなどの甘さは一切入っておらず、枝豆の風味をメインに感じるような商品です。

細かいけれどしっかりとした豆の粒感を感じることができ、上に乗っているあっさりとしたソイバターとのバランスが絶妙です…!

・プレーン(¥180)

引用: くにたちNAVI

お米のやさしい甘さを感じられる「プレーン」は、生地に炊き立てのつや姫と米麹で作られた酵母が使われており、おかずのお供にぴったりです。

シンプルな味のベーグルなので、和の食材にも洋の食材にも合わせることができます。

情報

住所
東京都国立市西2-25-1 ヴェスト国立1F
アクセス
JR東日本南武線 矢川駅より徒歩13分
JR東日本南武線 西国立駅・国立駅より徒歩15分
営業時間・定休日
13:00~販売終了まで
※営業日は月初めに店頭・インスタグラムで告知
※来店前に公式ホームページより整理券の予約が必要
平均予算
~¥1,000
イートイン
なし
通販
あり
支払方法
現金・PayPayのみ

6. Tanuki Appetizing(勝どき)

引用:食べログ

「#東京ベーグル」とインスタで調べると、「Tanuki Appetiing」のベーグル投稿が多く表示されることからも言えるように、ベーグル好きには言わずと知れた名店です。

具材がぎっしりと詰まったベーグルサンドが沢山売られていて、開店時刻の10:00には店舗の外にベーグルを求める人の行列ができています。

おすすめのベーグル

・いくらとエッグ(¥480)

引用:パンめぐ

口を開けるのが大変なほど分厚いサンドの中には、塩で味付けされた卵ペーストとイクラが入っています。

米粉のもっちりとした食感のベーグルと、塩味の効いた具材がよく合います!

・かぼちゃとあんこ(¥450)

引用:食べログ

「かぼちゃとあんこ」は米粉生地のベーグルで、兵庫県産丹波大納言を使った大粒のあんこ・硬めの皮が入ったかぼちゃペーストクリームチーズがサンドされています。

甘さは控えめで、飽きのこない一品です!

情報

住所
東京都中央区勝どき4-10-5としの荘103
アクセス
都営大江戸線 勝どき駅から徒歩8分
営業時間・定休日
【水・金】7:00~売り切れ次第終了
【日】10:00~売り切れ次第終了
【定休日】月・火・木・土
平均予算
¥1,000~¥2,000
イートイン
なし
通販
なし
支払方法
現金・PayPay・LINEPay
※クレジットカード不可

7. acasia bagel(武蔵小金井)

引用:アカシアベーグル公式サイト

2018年1月、武蔵小金井にオープンした『acasia bagel』は「ベーグルに楽しさを!人生にワクワクを!」を

ミッションに掲げる、個性的なベーグルが沢山並んだベーグル屋さんです。

店舗販売だけでなく、通販も人気で日本全国にファンがいるベーグル屋さんです!

おすすめのベーグル

・塩バターあんバターサンド(¥436)

引用:アカシアベーグル公式サイト

塩バター味のベーグルに、分厚いバターとたっぷりのあんこが入っている、バター要素満載なこちらの商品は、アカシアベーグルの看板商品です。

有塩バターとあんこの優しい甘みが相性ばっちりで、一度食べたらそのおいしさの虜になるはず…!

・黒オレオ(¥370)

引用:アカシアベーグル公式サイト

他のベーグル屋さんにはないビジュアルを持つこちらのベーグル。

生地をちぎって中を見ると、クランベリー・ホワイトチョコ・オレオのフィリングが沢山入っています。

クランベリーの程よい酸味とホワイトチョコの甘さが合わさって、口の中いっぱいに幸せが広がります!

情報

住所
東京都小金井市貫井北町1-7-22 ハイツコジマ1F
アクセス
JR中央線 武蔵小金井駅北口より徒歩13分
営業時間・定休日
【木~日】11:00~売り切れ次第終了
【定休日】火・水
※日・月は通常のベーグル販売はなし
(日曜は予約販売日|月曜はネット通販日)
平均予算
~¥1,000
イートイン
なし
通販
あり
支払方法
現金・PayPay

8.SONOHI BAGEL(新庚申塚)

引用:rebake

豊島区巣鴨にある『SONOHI BAGEL』は、小麦粉と砂糖、塩と少量のイーストで「毎日食べても飽きない」ベーグルを作っています。

国産小麦を使った、もっちり感とひきの強い生地が特徴で、お店の前は毎日大勢の客で賑わっています。

2022年には本郷に2店舗目をオープンしています。

おすすめのベーグル

・2種のチーズ(¥350)

引用:SONOHIBAGEL公式サイト

SONOHI BAGELの定番商品であるこちらは、中の具にプロセスチーズ、トッピングにはシュレットチーズが使われており、チーズ好きにはたまらない一品です。

噛むたびに、小麦の香りとやさしい甘さ、濃厚なチーズの味が広がります。

・全粒粉いちじくくるみ(¥350)

引用:SONOHIBAGEL公式サイト

同じく人気商品であるこちらのベーグルは、全粒粉の生地クルミとイチジクがたくさん練りこまれていて、上にもクルミとイチジクがトッピングされています。

「ぱつん!」と弾けるようなもっちり&むっちり食感を楽しむことができます!

情報

住所
東京都豊島区西巣鴨3-4-8
アクセス
都電荒川線 新庚申塚駅より徒歩1分
都営三田線 西巣鴨駅より徒歩5分
営業時間・定休日
【火~日・祝日】11:00~売り切れ次第終了
【定休日】月
平均予算
~¥1,000
イートイン
なし
通販
あり
支払方法
現金・クレジットカード・電子マネー・PayPay

9. そらとくもと(代々木上原)

引用:富ヶ谷新聞

上原仲通り商店街を入ってすぐの所にある『そらとくもと』は、こじんまりとしていて可愛らしい雰囲気のベーグル屋さんです。

店舗販売よりも通販を利用される方が圧倒的に多く、インスタには『そらとくもと』のベーグルの食レポが沢山投稿されています。

人気店舗のためいつも品薄ですが、16:00頃まで焼きたて商品が随時追加されます。

もっちりとした食感のベーグルは、一度食べたら忘れられない一品です!

おすすめのベーグル

・シナモンとクリームチーズ(¥270)

引用:食べログ

八ヶ岳の米粉を使ったもちっと食感の生地の中に、レーズンがぎっしりと入っている「シナモンベーグル」。

レーズンの甘みに程よくシナモンの味が合わさってバランスがよく、リピーターの多い商品です。

・全粒粉のブルーベリー(¥270)

引用:食べログ

少し酸味のある全粒粉の生地に、甘酸っぱいドライベリーが練りこまれています。

もちっとした生地と、ブルーベリーの相性がとても良く、飽きることなく食べ進めることができるため、「そらとくもと」の人気商品となっています。

情報

住所
東京都渋谷区上原3-2-3 1F
アクセス
東京メトロ千代田線 代々木上原駅より徒歩2分
営業時間・定休日
【金・土・日】9:00~16:00
【定休日】月~木
平均予算
~¥1,000
イートイン
なし
通販
あり
支払方法
現金
※クレジットカード・電子マネー不可

10. MARUICHI BAGEL(白金高輪)

引用:品川経済新聞

MARUICHI BAGELは、白金高輪にあるNYベーグル専門店で、ベーグルを自分の好みに合わせてカスタムできる珍しいお店です。

行列のできる人気店なので、早めに来店するのがおすすめです。

好きな具材と好きなベーグルを組み合わせて、「好きを詰め込んだ最強のベーグル」をオーダーしてみませんか…?

おすすめのベーグル

・小豆バター(¥460)

引用:食べログ

米粉で作られた生地に、たっぷりのバター一粒一粒しっかりとした小豆が挟まっています。

ずっしりとしていて、食べ応えのあるベーグルなのですが、甘さ控えめな小豆とバターのバランスが絶妙で、最後まで飽きることなく食べることができます。

 

・ROCKSALT(¥350)

引用:食べログ

なにも挟まない単体のベーグルもおすすめ。

「ROCKSALT」はその名の通り塩味が強く、クセになる味で、甘い系のベーグルとの相性抜群です。

情報

住所
東京都港区白金1-15-22
アクセス
東京メトロ南北線・都営三田線 白金高輪駅より徒歩3分
営業時間・定休日
【水~日】7:00~18:00
【定休日】月・火
※オンラインオーダーでの予約受け渡しは17:00まで
平均予算
~¥1,000
イートイン
あり
通販
あり
支払方法
現金・クレジットカード

11. Kepobagels(上北沢)

引用:kepobagels公式webshop

世田谷区上北沢に店舗を構える『Kepo bagels』は、皮はむっちり、中身はもっちり食感のベーグルが売りのお店です。

オリジナルの「和ベーグル」と、本場の伝統的な「ニューヨークベーグル」2種類のベーグルを楽しめ、店内で食事をすることもできます。

おすすめのベーグル

・【和ベーグル】かぼちゃ(¥170)

引用:Kepobagel公式サイト

人工的な甘みではなく、かぼちゃ本来のやさしい甘さが広がる、柔らかい食感のベーグルです。

生地にはかぼちゃペーストが練りこんであり、かぼちゃ好きにはたまらない一品です。

・【ニューヨークベーグル】ソルト(¥220)

引用:Kepobagel公式サイト

北米産の小麦とイーストを使用した生地に、「コーシャーソルト」という、しょっぱさが少ない岩塩がトッピングされています。

シンプルな味付けなので、どんな料理にもよく合います!

情報

住所
東京都世田谷区上北沢4-16-13
アクセス
京王線 上北沢駅より徒歩5分
営業時間・定休日
【水~日】9:30~17:00
【定休日】月・火
平均予算
~¥1,000
イートイン
なし
通販
あり
支払方法
クレジットカード・電子マネー・QRコード決済

12. 634BAGEL(ムサシ・ベーグル)

引用:パンめぐ

渋谷区幡ヶ谷の閑静な住宅街にある、『634BAGEL』。

このお店のベーグルは砂糖・油不使用で、北海道産小麦粉・天然酵母・天日塩・麦芽による生地から作られています。

クリームチーズやチーズを使ったベーグル以外は、動物性材料を使っていないので、カラダに優しく、

アレルギーのある方でも安心して食べることができます。

むっちり・ずっしりとした食感のベーグルが特徴のお店です。

おすすめのベーグル

・桜香る白あん・クリームチーズサンド「苺」(¥380)

引用:パンめぐ

インスタグラムによく出てくる、桜香る白あん・クリームチーズサンド「苺」。

全粒粉生地なのに固くなく、むっちりとしていて飽きのこない味です。

桜の風味はそこまで強くなく、クリームチーズ白あんイチゴの味を上手く引き立ててくれます。

・甘栗・雑穀(¥270)

引用:パンめぐ

生地はしっとりもっちりとしていて、栗ご飯を食べているような感覚になれるベーグルです。

時間が経っても、生地がもちもちしていて、「おいしさの期限」が長いベーグルです。

情報

住所
東京都渋谷区本町6-42-5
アクセス
京王線 幡ヶ谷駅北口より徒歩7分
営業時間・定休日
【水・日】12:00~売り切れ次第終了
【定休日】月・火・木・金・土
平均予算
~¥1,000
イートイン
なし
通販
あり
支払方法
現金
※クレジットカード・電子マネー不可

東京にはベーグル専門店がたくさん!

今回は、東京のベーグル専門店12選とおすすめメニュー、詳細情報を紹介しました。

お店によってベーグルの食感や味が全然違うし、それぞれに特徴があって面白いですよね!

紹介しきれていないお店もあるので、いろんなお店のベーグルを食べくらべて、是非「推しベーグル」を見つけてみてください!

そら

この記事を書いた人

そら

埼玉県出身の「そら」です。 主に、旅行・グルメ・エンタメの記事を書いています。 旅行に行って写真を撮ったり、美味しいものを食べることが大好きです。 皆さんに楽しんでいただけるような記事をお届けします!

SHARE

この記事をシェアする